内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2013年7月

 ライフ  ストーリー

どこにいても熱心にエホバに仕える

どこにいても熱心にエホバに仕える

それ まで,わたし  独り  伝道   こと  あり ませ  でし た。伝道  出かける   とても 緊張 し,脚  がくがく   もの です。しかも,区域   たち      貸そ    ませ  でし た。中   非常  攻撃  で,ひどい   遭わ   やる  言っ  脅す    まし た。開拓 奉仕  始め  最初   は,1   小冊子 しか 配布 でき ませ  でし た。―マルクス。

この 経験 は,今 から 60  以上   1949    です。しかし まずは,わたし  生い立ち  つい  お話し  ましょ う。父  ヘンドリク は,オランダ  ドレンテ  北部  小さな  ドンデレン で,靴 職人 また 庭師    働い   まし た。わたし  7  きょうだい  4   で,1927   生ま  まし た。我    田舎  あり,道路  舗装     ませ  でし た。近所  ほとんど  農家 で,わたし  農村  生活  好き でし た。真理  接し    1947 年,19    です。近所  住ん    トゥニス  ベーン から 聞き まし た。それ まで  トゥニス  好き   あり ませ  でし  が,トゥニス     世界 大戦    なく エホバ  証人  なり,以前 より かなり 親しみ やすく なっ   まし た。わたし  この 変化    興味  そそら れ,神  地上  楽園  する  いう トゥニス      傾け まし た。そして,すぐ  真理  受け入れ まし た。トゥニス  わたし  生涯    なり まし た。 *

わたし  1948  5   伝道  始め,翌月  6  20 日,ユトレヒト  大会  バプテスマ  受け まし た。1949  1  1    開拓 奉仕  始め,オランダ 東部 の,小さな 会衆  一つ ある ボルクロー  いう   割り当て られ まし た。その   行く   130  移動  なけれ  なり ませ ん。それで,自転   使う こと   まし た。当初,6 時間  走れ  着く だろ   考え   まし た。ところ  大雨  強烈  向かい風  ため,最後  90   鉄道  使っ    かかわら ず,12 時間  かかり まし た。夜中  なっ  ようやく, 目指し    証人    着き まし た。その   滞在   開拓 奉仕  行ない まし た。

戦後   ない 当時,人々  ほとんど   持っ   ませ  でし た。わたし も,だぶだぶ  スーツ   と,丈  短すぎる スラックス   しか あり ませ  でし た。冒頭   述べ まし  が,ボルクロー   最初    大変 でし た。と  いえ,エホバ  祝福  よっ  聖書 研究     司会 でき まし た。そこ   9 か月  奉仕  後,今度  アムステルダム  割り当て られ ます。

田舎 から  都会 

農村  生ま  育っ  わたし が,オランダ 最大  都市  奉仕 する こと  なっ   です。区域  非常  産出  でし た。最初  1 か月  ボルクロー   9 か月  上回る 文書  配布 し,やがて 聖書 研究  8   司会 する よう  なり まし た。会衆  僕(現在 の,長老   調整 者)に 任命    後,初めて 公開 講演  割り当て  いただき まし た。わたし  自信  なかっ   で,講演    直前  会衆  移動 する こと  なっ   は,本当  ほっ   まし た。その   まだ,これ から 5,000  以上  講演  行なう こと  なろ   は,知る   あり ませ  でし た。

アムステルダム 近郊  街路 伝道  行なう マルクス(右端),1950 

1950  5 月,ハールレム  割り当て られ,その    なく 巡回 奉仕  招待  受け まし た。それ から 3    ほとんど 眠れ ませ  でし た。それで,支部 事務   働い    兄弟 ローベルト  ヴィンクラー に,自分   この 奉仕  向か ない  いう 気持ち  伝え  ところ,「とにかく 申込   記入   ください。何とか なる もの です」と 言わ  まし た。その  しばらく  て,わたし  1 か月  訓練  受け,巡回  僕(巡回 監督)の 奉仕  始め まし た。ある 会衆  訪問   時,ヤニー  タートヘン  いう 若く  快活  開拓   姉妹  出会い まし た。エホバ  深く 愛し,自己 犠牲  精神  抱く 姉妹 です。わたしたち  1955   結婚  まし た。ヤニー  どんな いきさつ  開拓   なっ   でしょ  か。わたしたち  夫婦   て,どの よう  奉仕     でしょ  か。ヤニー  語っ  もらい ましょ う。

夫婦    奉仕 する

ヤニー: 1945 年,わたし  11       エホバ  証人  なり まし た。母  聖書  子ども たち 3   教える 大切   すぐ  理解  まし  が,父  真理  反対     ため,父  留守   子ども たち  教え まし た。

わたし  初めて 出席   集まり は,1950   ハーグ   大会 です。大会  1   後,地元 アッセン(ドレンテ 州)に ある 王国 会館   集会  出席  まし た。父  激怒  て,わたし   から 追い出し まし た。母 から,「どこ  行っ たら いい か,分かる  ね?」と 言わ  まし  が,それ は,兄弟 姉妹  助け  もらう よう   いう こと でし た。わたし  最初,近く  証人      寄せ まし  が,父  反対  続い   で,100  ほど 離れ  デーフェンター(オーファーアイセル 州)の 会衆  移動  まし た。しかし,当時  わたし   成年 だっ  ため,父  民事 当局     一悶着 あり まし た。結局,戻っ     よい  いう こと  なり まし た。父  決して 真理  受け入れ ませ  でし  が,やがて,すべて  集会  出席 する こと  伝道  出る こと  許し  くれ まし た。

休暇 開拓   ヤニー(右端),1952 

  戻っ  すぐ,母  重い 病気  なり,家事  すべて わたし  行なう こと  なり まし た。それでも,わたし  霊的  進歩 し,1951   17   バプテスマ  受け まし た。母  病気  治っ   で,1952 年,3   開拓   姉妹 たち  加わっ て,休暇(補助)開拓 奉仕  2 か月  楽しみ まし た。みんな  ハウスボート  寝泊まり し,ドレンテ  二つ    伝道  まし た。1953   正規 開拓   なり,その 1  後,若い 巡回 監督  訪問  受け まし た。その 兄弟 が,マルクス です。わたしたち  1955  5   結婚  まし た。エホバ  もっと 良い 奉仕  ささげ られる,と 思っ  から です。―伝 4:9‐12

結婚   日,1955 

マルクス: 結婚 後,まずは 開拓     フェーンダム(フローニンゲン 州)に 割り当て られ まし た。住ん    部屋  かなり 狭く,幅 3 ㍍,奥行き 2  しか あり ませ  でし た。それでも ヤニー は,部屋  きれい   心地  良い 空間    くれ まし た。夜  なる と,テーブル  二つ  小さな 椅子  どけ て,壁  収納    ベッド  引き出し  もの です。

半年 後,ベルギー   旅行 する 奉仕  招か  まし た。1955   時点 で,ベルギー   奉仕   4,000  程度 しか  ませ  でし た。しかし 現在,その   6   まで 増え   ます。北部  フランドル 地方   オランダ       いる もの の,発音  オランダ 国内   大分 異なり ます。その ため,言語  問題  克服 する 必要  あり まし た。

ヤニー: 旅行 する 奉仕  は,真  自己 犠牲  求め られ ます。夫  わたし  自転   色々  会衆  訪問 し,兄弟 姉妹    滞在  まし た。訪問  合間  帰る   なかっ   で,滞在     月曜  まで とどまり,火曜   午前     会衆  移動  まし た。それでも,いつも この 奉仕  エホバ から  祝福  考え   まし た。

マルクス: 訪問   会衆  知り合い  だれ   ませ  でし  が,兄弟 姉妹  とても 親切 で,わたしたち  温かく もてなし  ください まし た。(ヘブ 13:2,脚注)何     に,夫婦    ベルギー 国内  すべて  オランダ  会衆     訪問 し,数々  祝福  経験  まし た。例えば,親しく なっ  オランダ   会衆  兄弟 姉妹 は,わたしたち  とっ  大切  存在  なり まし た。また,何百    若い  たち が,身体    霊的   成長   エホバ  献身 し,生活    王国     する   見る こと  でき まし た。その 多く   時間 奉仕  行なっ  忠実  エホバ  仕え  いる  は,本当  うれしい こと です。(ヨハ 三 4)この よう に「相互  励まし合う」こと は,心  こめ  割り当て  果たす ため    なっ   まし た。―ロマ 1:12

 大きな 試み    祝福

マルクス: わたしたち は,結婚 当初 から ギレアデ 学校  行き たかっ   で,英語  勉強  毎日 最低 1 時間  行なっ   まし た。しかし,本  学ぶ だけ     着か ない  で,休暇  利用   英国  行く こと   まし た。実際  英語  使っ  伝道 する ため です。1963 年,ブルックリン  世界 本部 から,待ち  待っ  知らせ  届き まし た。その 封筒   手紙    入っ  おり,一つ  わたし に,もう 一つ    宛て られ   まし た。わたし  手紙 は,ギレアデ  特別  10 か月  課程   招待 でし た。その 課程  おも  目的 は,兄弟 たち  訓練 し,組織  関連   教育  施す こと  あり ます。実際,招待    100   うち,82   兄弟 でし た。

ヤニー: その  わたし  受け取っ  手紙 は,マルクス  ギレアデ 学校  出席   いる 間,ベルギー  とどまれる  どう   祈り  うち  考慮   ほしい,と いう 内容 でし た。正直  ところ,最初  がっかり  まし た。ギレアデ 学校  行く ため  努力 を,エホバ  祝福   くださら なかっ  よう  思え まし た。と  いえ,この 学校  目的 は,良い たより  世界 じゅう  宣べ伝える  いう   成し遂げ られる よう,兄弟 たち  助ける こと  あり ます。わたし  その 目的  思い返し,ベルギー  とどまる   伝え まし た。その 後,特別 開拓   任命  れ,経験 ある 特別 開拓  アンナ  コルパート  マリア  コルパート    ベルギー  都市 ヘント  奉仕 する よう 割り当て られ まし た。

マルクス: わたし  英語  まだ 改善  必要 だっ  ため,ギレアデ 学校  始まる 5 か月   ブルックリン  来る よう に,と 言わ  まし た。発送 部門  奉仕 部門  働き まし た。アジア  ヨーロッパ  南米   文書 発送  仕事 など,世界 本部   奉仕  通し て,国際   兄弟 関係    感じる こと  でき まし た。特に 記憶  残っ  いる  は,ラッセル 兄弟  時代  巡礼 者(旅行 する 監督)と   奉仕  た,A  H  マクミラン 兄弟  こと です。兄弟  高齢 で,かなり   遠く なっ   まし  が,集会  欠かさ  出席    まし た。わたし  深い 感銘  受け まし た。クリスチャン  交友  決して 当然  考え   なら ない,と いう こと  教え られ まし た。―ヘブ 10:24,25

ヤニー: わたしたち は,週     手紙  やり取り  まし た。でも,会え なく  本当  寂しく 思い まし た。と  いえ,夫  ギレアデ  訓練 から     おり,わたし  宣教  大いに 楽しみ まし た。夫  帰っ    時,わたし  聖書 研究  17   司会    まし た。1  3 か月  会え ない   確か  試み でし  が,わたしたち  払っ  犠牲  エホバ  祝福   くださっ   感じ まし た。夫  帰国  日,飛行    時間  遅れ まし た。ようやく 到着   会え  時,二   抱き合っ  泣き まし た。以来,わたしたち  いつも 一緒 です。

どんな 奉仕  特権   感謝 する

マルクス: 1964  12   ギレアデ から 戻っ  時,妻    ベテル   奉仕  割り当て られ まし た。その   知り ませ  でし  が,ベテル 奉仕  最終   割り当て   なり ませ  でし た。わずか 3 か月  に,フランドル   地域  奉仕  与え られ   です。その 後,ベルギー    宣教  アールゼン  ウィーガーズマ  エルス  ウィーガーズマ  地域  奉仕  行なう よう  なっ  ため,わたし       ベテル  戻り,奉仕 部門  働き まし た。1968  から 1980  まで,わたしたち  割り当て は,ベテル 奉仕  なっ たり 旅行 する 奉仕  なっ たり と,何   変わり まし た。1980  から 2005  まで は,再び 地域 監督    奉仕  まし た。

割り当て  度々 変わっ  も,魂  こめ  エホバ  お仕え する ため  自分    ささげ た,と いう 事実  決して 見失い ませ  でし た。どんな 割り当て   から 楽しみ まし た。奉仕  おける どんな 変更 も,王国  関心事  推し進める ため  もの  ある  確信     から です。

ヤニー:   1977   ブルックリン で,1997    パタソン  支部 委員     付加   訓練  受け まし た。わたし  同行 でき    素晴らしい 特権 でし た。

エホバ  わたしたち  必要  知っ  おら れる

マルクス: ヤニー  1982   手術  受け まし  が,順調  快復  まし た。3  後,ルーバン  会衆  王国 会館    部屋  提供   くださり,30    初めて,狭い ながら  自分 たち  住まい  持つ こと  でき まし た。と  いえ,会衆  訪問  始める 火曜   は,まとめ  荷物  降ろす ため 54  ある 階段     往復 する 必要  あり まし た。2002 年,うれしい こと  アパート  1   住める よう  なり まし た。78   なっ  から,ローケレン  特別 開拓     奉仕 する よう 割り当て られ まし た。この よう  立場    毎日 奉仕   られる こと を,本当  幸せ  思っ   ます。

「どこ で,あるいは どんな 立場  奉仕 する   大切   なく,だれ  お仕え する   いう こと こそ 重要   固く 信じ   た」

ヤニー: わたしたち は,二  合わせ  120  余り  時間 奉仕  行なっ   まし た。エホバ は,「わたし  決して あなた  見捨て ない」と 約束   おら  ます。また,ご自分  忠実  仕える なら「何一つ  欠く こと  な(い)」と  言っ  おら  ます。本当  その 通り   実感    ます。―ヘブ 13:5。申 2:7

マルクス: わたし   も,若い ころ  エホバ  献身  まし た。わたしたち は,自分  ため  大いなる こと  求め たり  ず,どんな 割り当て  喜ん  受け入れ まし た。どこ で,あるいは どんな 立場  奉仕 する   大切   なく,だれ  お仕え する   いう こと こそ 重要   固く 信じ    から です。

^ 5節 その 後,わたし  両親,姉,弟    エホバ  証人  なり まし た。