アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年7月

「忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか」

「忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか」

「主人 が……その 召使い たち……の   任命  た,忠実  思慮深い 奴隷  いったい だれ でしょ  か」。―マタ 24:45

1,2. 今日,イエス  わたしたち  養う 経路    用い  いる  は,だれ です か。その 経路  認識 する   肝要   は,なぜ です か。

「皆さん は,わたし  本当  必要  する 記事 を,ちょうど 必要    出し  ください ます。そういう こと  数え切れない ほど あり まし た」。ある 姉妹 は,世界 本部  働く 兄弟 たち  宛て  手紙   で,その よう  感謝  気持ち  言い表わし まし た。あなた  この 姉妹  よう  感じ ます か。多く    そう 感じ ます。しかし,これ  驚く べき こと   あり ませ ん。

2 わたしたち  受け取る,時  応じ  霊的 食物 は,会衆   イエス  わたしたち  養う  いう 約束  果たして おら れる こと  証拠 です。イエス  だれ  通し  そう   ます か。イエス  ご自分  臨在  しるし  述べ  際,「忠実  思慮深い 奴隷」を 用い て,召使い たち に『時  応じ  食物』を 与え させる,と 言わ  まし た。 *マタイ 24:45‐47  読む。この 忠実  奴隷 は,イエス  この 終わり    おい    追随  たち  養う 経路 です。この 忠実  奴隷  認識 する   肝要  こと です。わたしたち  霊的 健康     関係 は,この 経路  依存   いる から です。―マタ 4:4。ヨハ 17:3

3. わたしたち  出版  は,忠実  奴隷  関する 例え  つい て,何  述べ   まし  か。

3 では,忠実  奴隷  関する イエス  例え は,どう 理解  べき でしょ  か。これ まで 出版   は,次  よう  説明     まし た。西暦 33   ペンテコステ に,イエス  召使い たち    忠実  奴隷  任命  た。奴隷  は,それ 以降  どの   せよ,地上  いる 一つ  グループ     油そそが   クリスチャン 全員  こと  あり,召使い  は,その 同じ 油そそが    たち 一人一人  こと  ある。1919 年,イエス  忠実  奴隷  任命  て,「すべて  持ち物  つかさどら せ」た。すべて  持ち物  は,地上  おける 王国  関心事 すべて  表わす。しかし こう   以前  理解 は,注意深い 研究  祈り  こもっ  黙想  重ね  結果,調整 する 必要  ある こと  分かり まし た。(箴 4:18)では,この 例え    意味 する  でしょ  か。 天的  希望  持つ   あれ 地的  希望  持つ   あれ,わたしたち  この 例え  どう 関係  ます か。調べ   ましょ う。

その 例え  いつ 成就 する 

4‐6. 忠実  奴隷  関する イエス  例え は,1914     なけれ  成就  ない,と 結論 できる   なぜ です か。

4 忠実  思慮深い 奴隷  関する 例え  文脈 から すれ ば,その 成就  西暦 33   ペンテコステ   なく,この 終わり    始まり まし た。聖書  その 結論  どの よう  裏づけ   ます か。

5 忠実  思慮深い 奴隷  関する 例え は,イエス  述べ た「[ご自分 の]臨在  事物  体制  終結  しるし」に 関する 預言  一部 です。(マタ 24:3)その 預言  最初  部分  マタイ 24  4‐22   あり,二   成就  ます。1    西暦 33  から 西暦 70  まで  期間 に,2    現代  おい て,もっと 広い 範囲  成就  ます。では,忠実  奴隷  関する イエス  言葉     成就 する  でしょ  か。そう   あり ませ ん。

6 イエス  マタイ 24  29  から  部分 で,現代  生じる 事柄  焦点  合わせ   ます。マタイ 24:30,42,44  読む。 患難    生じる 事柄  つい  イエス  述べ  言葉  よる と,人々 は「人   が……天    乗っ  来る   見」ます。それ から イエス は,終わり    生き  いる  たち  向け  言葉   で,目覚め  いる こと  励まし,「あなた方 は,自分 たち    どの   来る   知ら ない」,「あなた方  思わ  時刻      来る」と 述べ   ます。 * イエス  忠実  奴隷  例え  語っ   は,この 文脈  おい  でし た。つまり,終わり    起こる 事柄  つい        です。ですから,忠実  奴隷  関する イエス  言葉 は,1914   終わり    始まっ    なけれ  成就  ない,と 結論 できる でしょ う。この 結論    かなっ   ます。なぜ そう 言え ます か。

7. 収穫  季節  始まっ て,どんな 重要  質問  生じ まし  か。なぜ です か。

7 「忠実  思慮深い 奴隷  いったい だれ でしょ  か」と いう 質問  つい  考え    ください。1 世紀 当時,そう   質問  する 必要 は,まず あり ませ  でし た。前  記事    よう に,使徒 たち    後ろ盾    いる 証拠   て,奇跡  行なう だけ  なく,奇跡   賜物      伝える こと さえ でき   です。(使徒 5:12)ですから,キリスト から 任命      いったい だれ か,など  尋ねる 必要  あり ませ  でし た。しかし 1914   状況  全く 異なり ます。その   収穫  季節  始まり まし た。雑草  小麦 から 分ける   ついに 到来    です。(マタ 13:36‐43)その 収穫  季節  始まっ  重要  質問  生じ まし た。それ は,多く   クリスチャン  イエス    追随   ある  主張 する  で,油そそが     ある 小麦  どう すれ  見分け られる か,と いう 質問 です。その 答え は,忠実  奴隷  関する 例え    あり まし た。キリスト  油そそが   追随  たち は,霊的  よく 養わ   いる  たち  ある  違いあり ませ ん。

忠実  思慮深い 奴隷  だれ 

8. 忠実  奴隷 が,油そそが   クリスチャン  構成    いる  は,なぜ ふさわしい こと です か。

8 忠実  奴隷 は,地上  いる 油そそが   クリスチャン  構成    いる  違いあり ませ ん。油そそが   クリスチャン は「王 なる 祭司」と 呼ば れ,「闇 から ご自分  驚く べき     呼び入れ  くださっ   の『卓越   広く 宣明 する』」務め  与え られ   ます。(ペテ 一 2:9)ですから,その「王 なる 祭司」に 属する  たち  直接,仲間  信者  真理  教える  は,非常  適切  こと です。―マラ 2:7。啓 12:17

9. 油そそが   クリスチャン 全員  忠実  奴隷  構成 する  でしょ  か。説明   ください。

9 地上  いる 油そそが    全員  忠実  奴隷  構成 する  でしょ  か。そう   あり ませ  ん。事実 から 言え ば,すべて  油そそが    たち が,世界   兄弟 姉妹  霊的 食物  分配 する 務め  担っ  いる わけ   あり ませ ん。小麦    は,地元  会衆  奉仕    長老    奉仕 する 油そそが   兄弟 たち  いる でしょ う。彼ら   から    会衆   教え,本部 から  指示  忠節  従い ます。それでも,世界   兄弟 たち  霊的 食物  分配 する 仕事   参加    ませ ん。また,油そそが       は,謙遜  姉妹 たち  含ま    ます。姉妹 たち  決して 会衆  教え手  なろ     ませ ん。―コリ 一 11:3; 14:34

10. 忠実  思慮深い 奴隷   だれ  こと です か。

10 では,忠実  思慮深い 奴隷   だれ  こと でしょ  か。それ は,キリスト  臨在  期間 中,霊的 食物  準備  分配  直接 かかわる,油そそが   兄弟 たち   人数  一団  構成     ます。これ は,少数    通し  多く    養う  いう イエス    倣っ  もの です。忠実  奴隷  構成 する 油そそが   兄弟 たち は,終わり    通じ  世界 本部  一緒  奉仕    まし た。ここ 数十 年,その 奴隷  エホバ  証人  統治   密接  結びつけ られ   まし た。注目  べき   は,イエス  例え の「奴隷」と いう   単数   あり,集合      奴隷  ある こと  示唆    いる  です。したがって,統治   よる 決定  集団   もの です。

召使い たち   だれ 

11,12. (イ)忠実  思慮深い 奴隷 は,どんな 二つ  任命  受け ます か。(ロ)イエス  いつ,忠実  奴隷  召使い たち    任命  まし  か。だれ  選び まし  か。

11 イエス  例え  おい て,忠実  思慮深い 奴隷  二つ  別個  任命  受ける こと  注目  値し ます。最初 は,召使い たち    任命   ます。二   は,主人  すべて  持ち物  つかさどる よう  任命   ます。この 例え は,今  終わり    初めて 成就 する ため,これら 二つ  任命  いずれ も,イエス  1914   王権  執っ  臨在  始め    行なわ れる はず です。

12 イエス  召使い たち    忠実  奴隷  任命     いつ です か。それ  答える  は,収穫  季節  始まっ  1914   戻ら なけれ  なり ませ ん。先  学ん  よう に,その ころ,クリスチャン  唱える グループ  数多く あり まし た。イエス  どの グループ     忠実  奴隷  任命 する  でしょ  か。その 質問  答え   られ   は,イエス  み父  神殿  検分,つまり 崇拝  ため  霊的  取り決め  検分    おら    期間(1914  から 1919   初め ごろ まで)が 過ぎ  から でし た。 *マラ 3:1)お二方 は,忠節  聖書 研究  たち   人数  隊伍  喜ば  まし た。その グループ は,心  エホバ および み言葉    ある こと  示し   です。もちろん,彼ら  幾らか 清め  必要     まし  が,試み  精錬  続い  しばらく  期間,謙遜  こたえ応じ まし た。(マラ 3:2‐4)それら 忠実  聖書 研究  たち    クリスチャン,つまり 小麦 でし た。霊的  回復    なっ  1919 年,イエス  聖書 研究    から,有能  油そそが   兄弟 たち     忠実  思慮深い 奴隷  し,召使い たち    任命  まし た。

13. 召使い たち   だれ  含ま  ます か。なぜ です か。

13 では,召使い たち   だれ です か。端的  言え ば,養わ れる  たち です。終わり    初期,召使い たち  すべて 油そそが    でし た。その 後,召使い たち に,ほか     群衆  含ま れる よう  なり ます。ほか    現在,キリスト  指導  もと  ある「一つ  群れ」の  多数  占め   ます。(ヨハ 10:16)これら 二つ  グループ は,忠実  奴隷  より 分配  れる,時  応じ  同一  霊的 食物 から      ます。今日,忠実  思慮深い 奴隷  構成   いる 統治   メンバー  どう です か。それら  兄弟 たち  霊的  養わ れる 必要  あり ます。ですから,個人    は,イエス    追随  たち すべて  同じく,召使い  ある こと  謙遜  認め ます。

天的  希望  抱い     地的  希望  抱い    も,わたしたち  すべて 召使い  あり,時  応じ  同一  霊的 食物  必要  する

14. (イ)忠実  奴隷   どんな 責任  課さ    ます か。それ  は,何  含ま  ます か。(ロ)イエス は,忠実  思慮深い 奴隷  どんな 警告  与え まし  か。(「もし その よこしま  奴隷 が……」と いう 囲み  参照。)

14 イエス  忠実  思慮深い 奴隷  重要  責任  お与え  なり まし た。聖書 時代,信頼  厚い 奴隷 つまり 家令 は,家  管理  でし た。(ルカ 12:42,脚注)ですから 忠実  思慮深い 奴隷  は,信仰     たち  世話 する 責任  課さ    ます。それ  は,物質   資産  伝道 活動  大会   プログラム  監督 する 責任,さらに  宣教 で,また 個人 研究  会衆  集会  用いる 聖書 文書  生産  監督 する 責任 など  含ま    ます。召使い たち は,集合      奴隷  よっ  分配  れる 霊的 食物 すべて  必要     ます。

主人  すべて  持ち物  つかさどる よう  任命  れる ― いつ?

15,16. イエス  自分  すべて  持ち物  つかさどら せる ため  忠実  奴隷  任命 する  は,いつ です か。

15     任命,つまり イエス が「自分  すべて   持ち物  つかさどら せる」ため  任命  いつ 行なわ  ます か。イエス  こう 言い まし た。「主人  到着  て[字義,「来   て」,脚注],そう   いる ところ  見る なら ば,その 奴隷  幸い です。あなた方  真実  言い ます が,主人    任命   自分  すべて  持ち物  つかさどら せる でしょ う」。(マタ 24:46,47)二    任命 は,イエス  到着 し,奴隷 が「そう   いる」ところ,つまり 霊的 食物  忠実  分配   いる ところ      行なわ れる こと  注目   ください。ですから,二つ  任命  間隔  置い  行なわ  ます。イエス  自分  すべて  持ち物  つかさどら せる ため  奴隷  いつ,どの よう  任命 する   理解 する  は,次  二つ  こと  知る 必要  あり ます。イエス  いつ 到着 する か,そして イエス  持ち物     含ま れる か,と いう こと です。

16 イエス  いつ 到着   ます か。その 答え  文脈 から 分かり ます。すでに 学ん  よう に,マタイ 24  46,47   少し   幾つ     ある,イエス が「来る」と いう 表現 は,イエス  この 体制  終わり  裁き  宣告  執行 する   こと  言っ   ます。 *マタ 24:30,42,44)ですから,忠実  奴隷  例え  イエス が『到着 する』つまり「来る」と 言わ   いる  は,大 患難    こと です。

17. イエス  持ち物     含ま  ます か。

17 では,「[イエス の]すべて  持ち物」に    含ま  ます か。イエス は「すべて の」と いう   修飾   加え ず,持ち物  地上  物事 だけ  限定   ませ  でし た。実際,イエス  広範  わたる 天的  権威  持っ  おり,「わたし      おける すべて  権威  与え られ   ます」と 述べ   ます。(マタ 28:18。エフェ 1:20‐23)今 その 持ち物  は,メシア 王国  含ま    ます。1914  以来 この 王国  イエス   もの  あり,油そそが   追随  たち  分け合う こと  なり ます。―啓 11:15

18. イエス が,自分  すべて  持ち物  つかさどら せる ため  任命  喜ん  行なう  は,なぜ です か。

18 以上  事柄 から,どんな 結論  下せ ます か。イエス   患難  おい  裁き  ため  来る 時,忠実  奴隷  召使い たち    応じ  霊的 食物  忠節  分配        ます。そして,二    任命,つまり 自分  すべて  持ち物  つかさどら せる ため  任命  喜ん  行ない ます。忠実  奴隷  構成 する  たち は,天的  報い  受け  キリスト  共同 支配   なる 時,この 任命  受け ます。

19. 忠実  奴隷    油そそが    たち より 大きな 報い    受け ます か。説明   ください。

19 忠実  奴隷    油そそが    たち より 大きな 報い    受ける  でしょ  か。そう   あり ませ ん。少 人数  一団  約束    報い が,最終        与え られる  いう 場合  あり ます。例えば,イエス が,死ぬ     11   忠実  使徒 たち  述べ  こと  考え  ください。ルカ 22:28‐30  読む。イエス は,少 人数  男性  一団 に,前途   忠実   報い  ある,と 約束  まし た。彼ら  イエス        権威    着く こと  なり まし た。しかし イエス   に,14万4,000  全員    着き,イエス    支配 する こと  示さ  まし た。(啓 1:1; 3:21)また,マタイ 24  47   ある よう に,イエス は,少 人数  男性  一団 ― 忠実  奴隷  構成 する 油そそが   兄弟 たち ― が ご自分  すべて  持ち物  つかさどる よう 任命  れる こと  約束  まし  が,実際  は,14万4,000  全員 が,イエス  広範  わたる 天的  権威    行使 する  です。―啓 20:4,6

14万4,000  全員 が,イエス  広範  わたる 天的  権威    行使 する(19   参照)

20. イエス  忠実  奴隷  任命     なぜ です か。あなた  どんな 決意  抱い   ます か。

20 イエス は,少数    通し  多く    養う  いう 1 世紀  定め    従っ  おら  ます。忠実  思慮深い 奴隷  任命 し,油そそが     あれ ほか    あれ,ご自分    追随  たち  終わり     中,時  応じ  霊的 食物  定常    られる よう    いる  です。では,固い 決意  もっ て,忠実  思慮深い 奴隷  構成 する 油そそが   兄弟 たち  忠節  支持  ましょ う。その よう   て,ぜひとも 感謝  表わし ましょ う。―ヘブ 13:7,17

 

^ 2節 2 節: イエス  その 少し  に,類似   例え  述べ  おら  ます。その   イエス は「奴隷」を「家令」と  て,「召使い たち」を「自分  従者 団」と   表わし まし た。―ルカ 12:42‐44

^ 6節 6 節: キリスト が「来る」こと(ギリシャ 語,エルコマイ)は,キリスト の「臨在」(パルーシア)と  異なり ます。目  見え ない イエス  臨在 は,イエス  裁き  執行 する ため  来る   始まり ます。

^ 12節 12 節: この  の「見よ,わたし は……いつ    あなた方    いる  です」と いう 記事  10‐12 ページ5‐8  参照。

^ 16節 16 節: この  の「わたしたち  お話し ください。その よう  こと  いつ ある  でしょ  か」と いう 記事  7‐8 ページ14‐18  参照。