内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2013年7月

少数の人を通して多くの人を養う

少数の人を通して多くの人を養う

「[イエス は]パン  割い  弟子 たち  配り,つい  弟子 たち  群衆  配っ た」。―マタ 14:19

1‐3. イエス  ベツサイダ  近く で,どの よう  群衆  養っ    述べ  ください。(冒頭  挿絵  参照。)

  場面  想像     ください。マタイ 14:14‐21  読む。西暦 32   ペンテコステ  直前  こと です。約 5,000    たち,それ    幼子 たち が,イエス  弟子 たち  一緒   ます。そこ は,ガリラヤ    北岸   ベツサイダ  近い 寂しい 場所 です。

2 イエス  群衆    哀れみ  感じ,その   病気   たち  いやし,人々    王国  つい  多く  こと  教え られ ます。夕方  なっ  弟子 たち  イエス に,人々  解散  せ,彼ら  近く  村々  行っ    食べ物  買える よう    ください,と 言い ます。しかし イエス は,「あなた方  彼ら    食べる   与え なさい」と 答え ます。弟子 たち  その 言葉  戸惑っ   違いあり ませ ん。手元  ある 食物   どう    足り なかっ  から です。五つ  パン     小さな  しか あり ませ  でし た。

3 イエス  同情   動かさ れ,奇跡  行なわ  ます。四 福音  すべて  記録    いる 奇跡  これ だけ です。(マル 6:35‐44。ルカ 9:10‐17。ヨハ 6:1‐13)イエス  弟子 たち  指示  与え,群衆    また 五十   群れ  なっ  青草      横たえる よう  させ ます。そして 祝とう  述べ  から パン  割き,魚  分け まし た。その 後,人々  じかに 食物  与える    なく,「弟子 たち  配り」まし た。「つい  弟子 たち  群衆  配」り   た。この 奇跡  よっ て,すべて    食べ   余る ほど  食物  備え られ まし た。考え    ください。イエス  少数  人,つまり 弟子 たち  通し て,多く   たち  養わ    です。 *

4. (イ)イエス  実際  食物 以上 に,どんな 食物  与える こと  関心  抱い  おら  まし  か。なぜ です か。(ロ)この 研究 記事    研究 記事  は,どんな   取り上げ ます か。

4 イエス  実際  食物 以上 に,霊的 食物  追随  たち  与える こと  関心  抱い  おら  まし た。霊的 食物,つまり    言葉  真理  取り入れる こと  永遠    至る こと  ご存じ でし た。(ヨハ 6:26,27; 17:3)イエス は,群衆  パン    与え    同じ よう に,同情   動かさ  て,追随  たち  個人   教える こと  多く  時間  割き まし た。(マル 6:34)しかし,地上  生活 できる 時間  残り少なく,やがて   戻ら なけれ  なり ませ ん。(マタ 16:21。ヨハ 14:12)天  戻っ  あと は,どう すれ  地上  追随  たち  霊的  十分 養える  でしょ  か。少数    通し  多く    養う  いう   倣う  です。この 場合  少数     だれ です か。では,イエス  少数    用い て,どの よう  1 世紀  多く  油そそが   追随  たち  養っ    考え   ましょ う。そして,次  研究 記事  は,わたしたち すべて  とっ  非常  重要  質問,つまり 今日 キリスト  わたしたち  養う ため  用い  いる 少数    どう すれ  特定 できる   取り上げ ます。

少数    通し て,多く    養わ  た(4   参照)

イエス  少数   たち  選ぶ

5,6. (イ)イエス は,ご自分  死後  追随  たち  きちんと 霊的  養わ れる よう,どんな 重要  決定  下し まし  か。(ロ)イエス は,ご自分  死後  使徒 たち  重要  役目  担える よう,どの よう  彼ら  整え られ まし  か。

5 家族   は,自分  死ん  場合   家族  引き続き 世話  れる よう  準備  ます。同様 に,クリスチャン 会衆    なる イエス も,自分  死後  追随  たち  きちんと 霊的  世話  れる よう,様々  準備  行ない まし た。(エフェ 1:22)例えば,死ぬ 2  ほど  に,重要  決定  下し  おら  ます。多く    養う こと  なる 少数    最初   たち  選ん   です。詳しく 調べ   ましょ う。

6 イエス  夜通し 祈っ    弟子 たち  集め,その  から 12   使徒  選び まし た。(ルカ 6:12‐16)その   2   は,それら 12   特に 密接  関係  保ち,言葉  模範  よっ  教え まし た。使徒 たち   学ぶ べき こと  たくさん あり まし た。実際,彼ら  その  も「弟子」と 呼ば    ます。(マタ 11:1; 20:17)イエス  個人   有益  助言  与え,宣教    広範  わたる 訓練  施し まし た。(マタ 10:1‐42; 20:20‐23。ルカ 8:1; 9:52‐55)ご自分  死ん    戻っ    重要  役目  担える よう,彼ら  整え  おら     明らか です。

7. イエス は,何  使徒 たち  主要  関心事  なる   つい て,どんな 手がかり  与え まし  か。

7 使徒 たち  どんな 役目  担う  でしょ  か。西暦 33   ペンテコステ  近づい    ころ,使徒 たち が「監督  職」の 立場  奉仕 する こと  明らか でし た。(使徒 1:20)彼ら    主要  関心事  する  でしょ  か。その 手がかり は,復活   イエス  使徒 ペテロ  交わし  会話    あり ます。ヨハネ 21:1,2,15‐17  読む。イエス      使徒  いる ところ  ペテロ に,「わたし  小さな  たち  養い なさい」と 言わ  まし た。その 言葉 は,ご自分  霊的 食物  多く    与える 経路  なる 少数   たち   に,使徒 たち  含ま れる こと  示唆    まし た。「小さな  たち」に 対する イエス  思い  ひしひし  伝わっ  くる,実  感動   言葉 です。 *

ペンテコステ 以降,多く    養う

8. ペンテコステ    信者  なっ   たち は,キリスト  用い  いる 経路  はっきり 認識   こと を,どの よう  示し まし  か。

8 西暦 33   ペンテコステ 以降,復活   キリスト  使徒 たち を,それ 以外  油そそが   弟子 たち  養う 経路    お用い  なり まし た。使徒 2:41,42  読む。ペンテコステ      よっ  油そそが   クリスチャン  なっ  ユダヤ   改宗  たち は,その 経路  はっきり 認識  まし た。そして,ためらう こと なく,「使徒 たち  教え……に その   専念  し」まし た。ある    よる と,「その   専念  た」と 訳さ   いる ギリシャ  動詞  は,「特定  行動  仕方  対する,確固 たる ひたむき  忠誠 心」を 抱く,と いう 意味  あり ます。新しい 信者 たち は,霊的 食物  対する 渇望  持ち,どこ  その 食物  ある   きちんと 理解    まし た。彼ら  揺らぐ こと  ない 忠節   抱き,使徒 たち  イエス  言葉  行ない  説明 する こと と,イエス  関する 聖句  意味  解明 する こと  期待  寄せ まし た。 *使徒 2:22‐36

9. 使徒 たち は,イエス   たち  養う  いう 責任  しっかり 銘記   いる こと を,どの よう  示し まし  か。

9 使徒 たち は,イエス   たち  養う  いう 責任  しっかり 銘記    まし た。例えば,設立    ばかり  会衆  生じ  問題 を,どう 扱っ    注目   ください。それ  細心  注意  要する,分裂  招きかね ない 問題 でし た。食物  関係    まし  が,それ  物質   食物 でし た。ヘブライ   話す やもめ たち   違い,ギリシャ   話す やもめ たち   ごと  食物  分配    見過ごさ      です。使徒 たち  扱い にくい この 問題  どう 解決   でしょ  か。「十二   者」は,資格 ある 7   兄弟  任命 し,食物  分配  いう「必要  仕事」を 監督   まし た。使徒 たち  多く  以前,イエス  奇跡  よっ  備え  食物  群衆  分配    違いあり ませ ん。それでも 使徒 たち は,霊的  食物  与える こと  集中 する ほう  重要   判断  まし た。その ため,「み言葉  奉仕」に 専念  まし た。―使徒 6:1‐6

10. キリスト は,エルサレム  いる 使徒  年長  たち を,どの よう  用い まし  か。

10 西暦 49  まで  は,生き残っ    使徒 たち に,資格 ある   長老 たち  加わっ   まし た。使徒 15:1,2  読む。「エルサレム  いる 使徒  年長  たち」が 統治     奉仕  まし た。会衆    ある キリスト は,この  人数  資格 ある 男子 から 成る 一団  用い て,教理   問題  解決  せ,王国  良い たより  宣べ伝え  教える   監督  指導   まし た。―使徒 15:6‐29; 21:17‐19。コロ 1:18

11,12. (イ)エホバ は,み子  1 世紀   会衆  養う ため  用い  取り決め  祝福   まし た。なぜ そう 言え ます か。(ロ)人々  霊的  養う ため  イエス  用い  経路  はっきり 識別 でき   は,なぜ です か。

11 エホバ は,み子  1 世紀   会衆  養う ため  用い  この 取り決め  祝福    でしょ   か。間違い なく 祝福   まし た。どうして そう 言え ます か。「使徒 たち  活動」の  は,こう 伝え   ます。「さて,彼ら[使徒 パウロ   仲間 たち]は  都市  回っ  旅行  続け ながら,エルサレム  いる 使徒  年長  たち  決め  定め  守り行なう よう そこ   たち  伝える   あっ た。こう   まさに,諸 会衆  信仰  おい  堅く され,日 ごと  人数  増し  いっ た」。(使徒 16:4,5)諸 会衆  繁栄 が,エルサレム  統治    全面   協力  よっ  もたらさ   こと  注目   ください。それ は,み子   会衆  養う ため  用い  この 取り決め を,エホバ  祝福    証拠   ない でしょ  か。霊的  繁栄 は,エホバ  豊か  祝福  あっ  初めて,もたらさ れる  です。―箴 10:22。コリ 一 3:6,7

12 ここ まで,イエス  追随  たち  養う   従っ    つい  調べ   まし た。それ は,少数    通し  多く    養う,と いう  です。人々  霊的  養う ため  イエス  用い  経路 は,はっきり 識別 できる もの でし た。使徒 たち ― 統治   最初  成員 ― は,天的  支援    いる 証拠 を,見える かたち  提出 でき  から です。「使徒 たち    通し  その   多く  しるし  異兆      起こっ た」と,使徒 5  12   述べ  いる とおり です。 * ですから,クリスチャン  なっ   たち は,「キリスト  ご自分   たち  養う 経路  なっ  いる   だれ か」と 考える 必要  あり ませ  でし た。しかし,1 世紀  終わり まで  は,状況  変化  ます。

1 世紀 当時,イエス  会衆  養う ため  だれ  用い     は,証拠 から   明白 だっ た(12   参照)

雑草  多く,小麦  少なかっ  時期

13,14. (イ)イエス は,ある 攻撃  つい て,どんな 警告  与え まし  か。イエス  予告 どおり  こと  生じ 始め   は,いつ です か。(ロ)攻撃 は,どんな 二つ  グループ から 加え られる こと  なっ   まし  か。(注記  参照。)

13 イエス は,クリスチャン 会衆  攻撃  れる こと  予告  まし た。小麦  雑草  関する 預言   例え   で,小麦(油そそが   クリスチャン)が 植え られ  ばかり   に,雑草(偽 クリスチャン)が まき足さ れる,と 警告   おら  ます。イエス  よれ ば,これら 二つ  グループ は,「事物  体制  終結」の   始まる 収穫   まで,妨げ られ     成長 する こと  許さ  ます。(マタ 13:24‐30,36‐43)この 例え  語ら   から あまり 時間  たた ない うち に,予告    とおり  こと  生じ 始め まし た。 *

14 背教  1 世紀  幾らか 入り込み まし  が,イエス  忠実  使徒 たち が「抑制 力」となり,偽り  教え  汚染  影響  押しとどめ まし た。(テサ 二 2:3,6,7)しかし,使徒 たち  最後     亡くなる  背教    下ろし,その   世紀  続く 成長  季節  勢い  増し  ゆき ます。それ  加え,その 成長  季節   小麦  少数 でし  が,雑草  多く なり まし た。霊的 食物  分配 する ため の,組織  かつ 安定   経路  存在  ませ  でし た。しかし やがて 変化  訪れ ます。それ  いつ  こと です か。

収穫  時 ― だれ  養う  

15,16. 聖書 研究   勤勉  研究 は,どんな 成果  生み出し まし  か。どんな 質問  生じ ます か。

15 成長  季節  終わり  近づい  ころ,聖書  真理  対する 関心  非常  高まり まし た。1870 年代  は,誠実  真理  探究 する  人数   たち  集まり,“バイブル  クラス”を 設け まし た。彼ら は,雑草(キリスト  世界   教会 および  宗派  属する  クリスチャン)と  一線  画し   まし た。偏見  ない   持ち,誠実 かつ 謙遜  彼ら は,自分 たち  聖書 研究   呼び,聖書  注意深く,祈り  うち  調べ まし た。―マタ 11:25

16 聖書 研究   勤勉  研究 は,かなり  成果   生み出し まし た。それら 忠節  男女 は,聖書 文書  出版   広範  地域  配布 し,偽り  教理  暴露  て,霊的  真理  広め まし た。その 活動 は,霊的  真理  渇望     多く      とらえ,確信  与え まし た。ですから,次  よう  興味深い 質問  生じ ます。1914  まで  期間  おける 聖書 研究  たち は,キリスト  ご自分    養う ため の,任命    経路 だっ   でしょ  か。そう   あり ませ ん。成長  季節  まだ 続い  おり,霊的 食物  与える 経路  関係   取り決め は,形成 途上  あっ  から です。雑草  よう   クリスチャン が,小麦  よう    クリスチャン から 分け られる  は,まだ    ませ  でし た。

17. 1914  から,重要  どんな 進展   られる よう  なり まし  か。

17   記事  学ん  よう に,収穫  季節  始まっ    1914  です。その  から,幾つ   重要  進展   られる よう  なり まし た。イエス      即位 し,終わり    始まり まし た。(啓 11:15)1914  から 1919   初め ごろ まで,イエス  み父  伴っ  霊的 神殿   て,大いに 必要  され    検分  清め    行ない まし た。 *マラ 3:1‐4)そして,1919   は,小麦  集める こと  始まり まし た。では ついに,霊的 食物  分配  ため キリスト  一つ  組織    経路  任命 する      でしょ  か。その とおり です!

18. イエス は,どんな 取り決め  設ける  予告   まし  か。終わり    始まる と,どんな 重要  質問  生じ まし  か。

18 イエス  終わり    関する 預言   で,『時  応じ た[霊的]食物』を 与える 経路  任命 する,と 予告   まし た。(マタ 24:45‐47)どんな 経路  お用い  なる  でしょ  か。1 世紀  定め    倣い,少数    通し  多く    養わ  ます。しかし,終わり    始まる と,だれ  その 少数    なる  か,と いう 重要  質問  生じ まし た。次  記事  は,イエス  預言  関する この 質問    質問  扱わ  ます。

 

^ 3節 3 節: その 後,イエス  奇跡   4,000   男,それ    幼子 たち  養っ   も,食物  まず「弟子 たち に」与え,「つい  弟子 たち  群衆  配っ た」と 記さ    ます。―マタ 15:32‐38

^ 7節 7 節: ペテロ  生き    時代,この「小さな  たち」は 皆,天的  希望  抱く  たち でし た。

^ 8節 8 節: 新しい 信者 が「使徒 たち  教え……に その   専念  た」と いう こと は,使徒 たち  定期   人々  教え    こと  示唆    ます。使徒 たち  教え  一部 は,現在 クリスチャン  ギリシャ  聖書  構成 する,霊感  受け  幾つ   書物  永久   保存     ます。

^ 12節 12 節: 聖霊  奇跡   賜物  使徒 たち 以外    受け まし  が,たいてい  使徒 から 直接 に,あるいは 使徒  いる ところ  授け られ  よう です。―使徒 8:14‐18; 10:44,45

^ 13節 13 節: 使徒 20  29,30   パウロ  言葉 は,会衆  二つ  グループ から 攻撃  れる こと  示し   ます。一つ  グループ は,偽  クリスチャン(「雑草」)で あり,真  クリスチャン の『中  入り』ます。もう 一つ  グループ は,真  クリスチャン の「中 から」出る 背教   あり,「曲がっ  事柄」を 語り ます。