アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年6月

エホバの懲らしめによって形作られる

エホバの懲らしめによって形作られる

「あなた  ご自分  助言  もっ  わたし  導き,その 後,わたし  栄光  連れ  行っ  くださる  です」。―詩 73:24

1,2. (イ)エホバ   良い 関係  持つ ため に,どうして  必要  もの   です か。(ロ)聖書  記さ   いる,神  懲らしめ  対する 人々  反応  調べる なら,どの よう     られ ます か。

「わたし  つい  いえ ば,神  近づく こと  良い こと   です。主権  なる  エホバ  もと に,わたし  自分  避難   置き まし た」。(詩 73:28)なぜ 詩編 作者  この よう     信頼  言い表わす こと  でき   でしょ  か。それ より 前,この 詩編 作者  邪悪  人々  平穏 無事  様子    最初   愉快  なり,「わたし  自分    清め  こと も,潔白  うち  自分    洗う こと  確か  無駄  こと   だ」と 不平  述べ まし た。(詩 73:2,3,13,21)しかし「神  大いなる  なる 所」に 入っ  考え  調整  れ,神   親密   保てる よう  なり まし た。(詩 73:16‐18)この 経験 は,神  恐れる この   重要  教訓  与え まし た。エホバ   親しい 関係  保つ  は,神        置き,神  諭し  受け入れ  当てはめる こと  不可欠   です。―詩 73:24

2 わたしたち も,生ける まこと     親密  関係  持ち たい  思い ます。その ため  重要   は,神  諭し  懲らしめ  よっ  自分  形作る こと です。そうすれば,神  喜ば れる   なれ ます。神  昔,ご自分  懲らしめ  応じる 機会  憐れみ深く 個々     国民 全体   お与え  なっ  こと  あり ます。聖書  は,その 懲らしめ  対する 反応  仕方  記録     ます。それ は「わたしたち  教え  ため」で あり,「事物   体制  終わり  臨ん  いる わたしたち  対する 警告  ため」です。(ロマ 15:4。コリ 一 10:11)それら  記述  詳しく 調べる なら,エホバ  ご性格  洞察 でき,人々  形作る その  から どの よう     られる   分かる でしょ う。

偉大  陶器   どの よう  権威  行使  れる 

3. イザヤ 64  8   エレミヤ 18  1‐6   は,人々  対する エホバ  権威 が,比喩   どの よう  表現     ます か。(冒頭  挿絵  参照。)

3 イザヤ 64  8   は,個々    国民 全体  対する エホバ   権威 が,比喩   こう 表現     ます。「エホバ よ,あなた  わたしたち   です。わたしたち  粘土 で,あなた  わたしたち  陶器  です。わたしたち  皆,あなた  み手     です」。陶器   は,粘土  自分  望み どおり    形作る 全面   権威  あり ます。粘土  どう する こと  でき ませ ん。神  人間  関係  同じ です。粘土  陶器   言い争う   正しく ない よう に,人間    言い争う   正しい こと   あり ませ ん。粘土    与え  いる   陶器   から です。―エレミヤ 18:1‐6  読む。

4.   ご自分  望む まま  人々  国民  形作ら れる  です か。説明   ください。

4 陶器   粘土  形作る よう に,エホバ  古代 イスラエル  形作ら  まし た。しかし,実際  陶器   エホバ      大きな 相違  あり ます。陶器   粘土   から 作り たい   自由  作る こと  でき ます。エホバ  どう でしょ  か。ご自分  望む まま に,ある 人々  国民  良い もの に,あるいは 悪い もの  形作ら れる  でしょ  か。聖書  よれ ば,そう   あり ませ ん。エホバ  人間  極めて 貴重  贈り物  下さい まし た。自由 意志 です。エホバ  ご自分  主権  行使 する 際,その 贈り物  無視   ませ ん。創造  エホバ  形作っ  いただく  どう  は,人間  決め なけれ  なら ない  です。―エレミヤ 18:7‐10  読む。

5. 人間  エホバ  形作ら れる こと  かたくな  拒む なら,エホバ  どの よう  権威  行使   ます か。

5 人間 が,偉大  陶器   形作ら れる こと  かたくな  拒む なら,どう なり ます か。その 場合,神  どの よう  権威  行使   ます か。実際  陶器   粘土 から 思っ  よう    形作れ なかっ  場合,その 粘土 から     作る こと も,粘土  処分 する こと  でき ます。しかし その 場合,責任  たいてい 陶器   あり ます。エホバ  場合  決して そう   あり ませ ん。(申 32:4)人間  エホバ  形作ら れる こと  拒む とき,その 責任    人間    あり ます。エホバ  人間  反応  応じ  扱い方  調整 する こと  より,陶器   よう  権威  行使   ます。正しく 反応 する  たち は,有用  もの  形作ら  ます。例えば,油そそが   クリスチャン は,『誉れ ある 用途  ため  器』つまり「憐れみ  器」に 形作ら  ます。一方,神  かたくな  敵対 する  たち は,最終   は「滅び  ため  整え られ  憤り  器」と なり ます。―ロマ 9:19‐23

6,7. エホバ から  助言  対し て,ダビデ   サウル   どの よう  異なっ  反応  示し まし  か。

 6 エホバ  人々  形作る ため  用いる 一つ  方法 は,助言  懲らしめ です。イスラエル  最初     王,サウル  ダビデ  つい  考える なら,神  どの よう  権威  行使   人々  形作ら れる   分かり ます。ダビデ  バテ  シバ  姦淫  行なっ  こと は,ダビデ 自身     たち  悪い 結果  もたらし まし た。ダビデ   でし  が,エホバ  確固    懲らしめ  与える こと  差し控え ませ  でし た。預言  ナタン  ダビデ  もと  遣わし,強力  音信  伝え させ ます。(サム 二 12:1‐12)ダビデ  どう 反応  まし  か。心  痛み,悔い改め まし た。その ため,神  憐れみ  受け まし た。―サムエル  二 12:13  読む。

 7 対照  に,ダビデ      あっ  サウル  助言  しっかり こたえ応じ ませ  でし た。エホバ  この   預言  サムエル  通し て,すべて  アマレク   彼ら  家畜  滅び  ため  ささげる よう,はっきり 命じ  おら  まし た。サウル    この 命令  逆らい,王 アガグ  選り抜き  家畜  生かし  おき まし た。そこ  は,自分  誉れ  受け たい  いう 気持ち  働い   まし た。(サム 一 15:1‐3,7‐9,12)サウル  助言  受け  時,心  柔らかく   偉大   陶器  エホバ  形作ら れる よう   べき でし た。しかし,それ  拒み,自分  行動  正当   まし た。家畜  犠牲    使える   自分  取っ  行動  問題  ない,と いう 理由 づけ  し,助言  軽視    です。サウル    立場 から 退け られ,まこと   エホバ   良い 関係  取り戻す こと  決して あり ませ  でし た。―サムエル  一 15:13‐15,20‐23  読む。

サウル  助言  軽視 し,退け た。神  形作ら れる こと  拒ん だ( 7  参照)

ダビデ    痛み,助言  受け入れ た。神  形作ら れる よう   た。あなた  どう です か( 6  参照)

   公平   ない

8. エホバ  イスラエル 国民  形作ろ     とき   国民  反応 から,どんな 教訓   られ ます か。

8 エホバ  個々   たち だけ   なく 国民 全体  も,ご自分  よっ  形作ら れる 機会  お与え  なり ます。西暦  1513 年,エジプト   奴隷 状態 から 自由  され  イスラエル    は,神   契約 関係  入り まし た。イスラエル    選民  あり,陶器   ろくろ    ある   よう に,エホバ  形作ら れる 特権  与え られ まし た。しかし,民  エホバ    悪い こと  行ないつづけ,周辺  国民  神々  崇拝 する こと まで 始め ます。エホバ  イスラエル  立ち返らせ よう       預言   遣わし まし  が,彼ら  聞こ    ませ ん。(エレ 35:12‐15)その かたくな  歩み  ゆえに,イスラエル  厳しく 懲らしめ られる 必要  あり まし た。滅び  ため    よう に,北   部族 王国  アッシリア   よっ て,南   部族 王国  バビロニア   よっ  征服   まし た。これ  重要  教訓  なる はず です。エホバ  わたしたち  形作ろ   する とき,正しく 反応  ない 限り,有益  結果   なら ない  です。

9,10. ニネベ  人々   から  警告  どの よう  応じ まし  か。

 9 エホバ  アッシリア  首都 ニネベ  住人  も,警告  応じる 機会  お与え  なり まし た。エホバ  言葉  ヨナ  臨み まし た。それ は,「立っ て,大いなる 都市 ニネベ  行き,彼ら    わたし    達し  こと  ふれ告げよ」と いう 命令 でし た。ニネベ  滅び  定め られ   まし た。―ヨナ 1:1,2; 3:1‐4

10 しかし,ヨナ  滅亡  音信  ふれ告げ  ため,「ニネベ  人々    信仰  置く よう  なり,断食  ふれ告げ  粗布  まとい,その 最も  なる  から 最も  なる  まで が」そう  まし た。ニネベ   は「自分  王座 から 立っ  職服  脱ぎ,粗布    覆っ      座」り   た。ニネベ   たち は,彼ら  形作ろ   する エホバ  働きかけ  応じ,悔い改め まし た。その ため エホバ  災厄  差し控え られ まし た。―ヨナ 3:5‐10

11. イスラエル  ニネベ  対する エホバ  行動  は,エホバ  どんな 特質  明確  表われ   ます か。

11 イスラエル  選ば   国民 でし  が,懲らしめ  免れる こと  あり ませ  でし た。一方,ニネベ   たち     契約 関係   あり ませ  でし  が,エホバ  裁き  音信  伝え,彼ら  み手  うち  ある 柔らかい 粘土  よう  ある こと  示し  時,憐れみ  お示し  なり まし た。この 二つ   は,わたしたち   エホバ が『だれ  対し    公平  扱い  され ない』と いう こと を,雄弁  物語っ   ます。―申 10:17

エホバ  道理  かな い,融通   ある

12,13. (イ)エホバ  形作ら れる 機会  人々  どう 反応 する   よっ て,エホバ  方針  変化  せる  は,なぜ です か。(ロ)サウル  場合,エホバ が「悔やま  た」こと    意味  まし  か。ニネベ  場合  どう です か。

12 わたしたち  形作ろ     エホバ  お用い  なる 方法  は,エホバ  道理  かな い,融通   ある こと  示さ    ます。その  は,公正  判断  基づい  ある 人々  関する 行動 方針  定め  後,その 人々  反応 ゆえに 考え  変える こと  表われ   ます。例えば,聖書  イスラエル  最初   サウル  つい て,エホバ は『サウル      治め させ  こと  悔やん だ』と 述べ   ます。(サム 一 15:11)ニネベ  人々  悔い改め,悪   から 立ち返っ    どう でし  か。聖書   こう 記さ    ます。「まこと   は,彼ら  加える  語ら   その 災い  関し  悔やま  た。そして,それ  加え なかっ た」。―ヨナ 3:10

13 「悔やま  た」と 訳さ   いる ヘブライ  は,態度  意図  変化  関係  あり ます。サウル  対する エホバ  態度  確か  変化  まし た。王    選ん  サウル    退け  から です。その よう  変化     なぜ でしょ  か。サウル  選ん  エホバ  間違っ    から   あり ませ ん。サウル  信仰  ない 行動  取り,不 従順  なっ  から です。エホバ  ニネベ   たち  関し   悔やま  まし た。つまり,意図  変化   まし た。陶器  エホバ  道理  わきまえ,融通  利か   くださり,慈しみ  憐れみ  富み,過ち  犯し    良い 変化  基づい  進ん  方針  変え  くださる  は,わたしたち  とっ  大きな 慰め です。

エホバ から  懲らしめ  退け   なら ない

14. (イ)エホバ  今日,どの よう  わたしたち  形作っ  ください ます か。(ロ)神  よっ  形作ら れる こと に,どの よう  こたえ応じる べき です か。

14 エホバ  今日,おもに み言葉 聖書  ご自分  組織  通し て,わたしたち  形作っ  ください ます。(テモ 二 3:16,17)それら  通し  与え られる 助言  懲らしめ は,すべて 受け入れる べき   ない でしょ  か。バプテスマ    たっ    も,どれ ほど 多く  奉仕  特権         も,引き続き エホバ  助言  こたえ応じ, 誉れ ある 用途  ため    形作っ  いただく よう   べき です。

15,16. (イ)懲らしめ  結果    特権  失う とき,どんな 消極   気持ち  生じる   しれ ませ  か。例  挙げ  説明   ください。(ロ)懲らしめ  関連   消極   感情  負け ない ため に,何  助け  なり ます か。

15 わたしたち  諭し たり 考え方  正し たり する  も,エホバ  お与え  なる    懲らしめ,つまり 鍛錬 です。しかし,悪い こと  行なっ  ため  懲らしめ  必要  なる こと  あり ます。その 結果,特権  失う   しれ ませ ん。長老    奉仕     デニス  * 経験  考え ましょ う。デニス  事業   事柄  判断  誤っ  悪行  陥り,個人   戒め  受け まし た。長老   なくなっ   いう こと  会衆  発表    夜,デニス  どう 感じ  でしょ  か。こう 語っ   ます。「挫折   打ちのめさ  まし た。それ まで  30  間,多く  特権  いただい   まし た。正規 開拓  でし  し,ベテル 奉仕    こと  あり ます。奉仕    なり,長老   なり まし た。初めて 地域 大会      ばかり でし た。そう   特権  突然,なくなっ  しまっ   です。恥ずかしく,惨め でし た。会衆   もう 自分   場所  ない  思い まし た」。

16 デニス は,矯正  受ける 原因  なっ  悪行 から 離れ て,歩み方  変え なけれ  なり ませ  でし た。では,消極   気持ち  負け ない ため に,何  助け  なっ  でしょ  か。こう 説明    ます。「霊的  良い 日課  保つ こと  決意  まし た。それ  同じ ほど 大切 だっ   は,仲間  クリスチャン たち  支え と,出版  から 得る 励まし です。『ものみの塔』2009  8  15   『以前  奉仕  立場  再び 仕える こと  でき ます か』 記事 は,わたし  祈り  答える 個人   手紙  よう でし た。わたし    最も 響い   は,『会衆    付加   責任  ない 今,自分  霊性  強める こと  専念   ください』と いう 助言 でし た」。デニス  懲らしめ から どの よう      でしょ  か。数    こう 述べ   ます。「エホバ  再び,奉仕      仕える 特権  与え  祝福   ください まし た」。

17.   犯し    回復 する うえ で,排斥  どの よう  役立ち ます か。例  挙げ  説明   ください。

17 排斥  エホバ から  懲らしめ  一つ です。この 方法  会衆  悪い 影響 から 守り,罪  犯し    回復  役立ち ます。(コリ 一 5:6,7,11)ロバート  16  ほど 排斥     まし た。その 期間 中,ロバート  両親    兄弟 たち    言葉  ある 命令  忠節  態度  守り通し まし た。悪行    交友  やめ,その   あいさつ     なら ない,と いう 命令 です。ロバート      復帰  まし  が,霊的  順調  進歩  遂げ   ます。長い 排斥 期間  経て エホバ  その   もと  戻る こと      なぜ   尋ね られ,ロバート は,家族  確固    態度  あっ  から です,と 答え まし た。「家族  少し でも わたし  交流  持っ たり,わたし  様子  つい  尋ね たり  たら,そう いう わずか  交わり  満足 し,神  もと  戻り たい  いう 動機 付け  生ま  なかっ   思い ます」。

18. 偉大  陶器     あっ て,わたしたち  どの よう  粘土  ある こと  示す べき です か。

18 わたしたち   それ  同じ 懲らしめ  必要     しれ ませ ん。でも,偉大  陶器     あっ て,どの よう  粘土  ある こと  示す でしょ  か。懲らしめ られる とき,どの よう  反応  ます か。ダビデ  よう  反応  示し ます か,それ   サウル  よう  なり ます か。偉大  陶器   わたしたち   です。次  こと  決して 忘れ   なり ませ ん。「エホバ は,父  その 楽しみ  する   戒める よう に,ご自分  愛する   戒め られ」ます。ですから,『エホバ  懲らしめ  退け   なら ず,その 戒め  憎悪    なら ない』の です。―箴 3:11,12

^ 15節 名前  変え  あり ます。