アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年6月

 ライフ  ストーリー

エホバに従い,たくさんの祝福を受けてきました

「ノア から 本当  素晴らしい こと  学べる ね」と   言い まし た。「ノア  エホバ  従っ    よ。それ  家族  愛し   た。ノア  家族   洪水  生き残っ   は,箱船  入っ  から   だ」。

わたし  子ども  ころ から,こう     言葉  聞い  育ち まし た。父 は,慎み深い  で,働き者 でし た。また,正義   強い    あり まし た。それで,聖書  音信  聞く と,すぐ  その 音信  引きつけ られ まし た。1953   こと です。それ から  いう もの,父  自分  学ん  いる 事柄  わたしたち 子ども  伝える ため  最善  尽くし まし た。母  最初,カトリック  伝統  捨て たがり ませ  でし  が,やがて 聖書  教え  受け入れる よう  なり まし た。

両親  とっ て,子ども たち  聖書  教える   大変  こと でし た。母  ほとんど   読め ませ  でし  し,父   時間,畑  一生 懸命 働い    から です。父  疲れ切っ て,研究   眠っ  しまう こと  あり まし た。と  いえ,父  努力  報わ    思い ます。一番 年上 だっ  わたし は,妹       教える   手伝い まし た。「ノア  家族  愛し    こと は,神  従っ  こと から  分かる ね」と いう,父  よく 言っ    言葉   たち  話し  もの です。わたし  この ノア  関する 聖書    大好き でし た。やがて わたしたち 家族 は,イタリア 東部  アドリア  沿岸  位置 する ロセト  デリー  アブルッツィ   王国 会館   集会  出席 する よう  なり まし た。

1955 年,11     初めて 大会  出席  まし た。母  幾つ     越え て,イタリア 西部  ローマ   開か れる 大会  行っ   です。それ 以来,こう   大きな 集まり は,わたし  クリスチャン 人生    とりわけ 素晴らしい ひと時  なっ   ます。

翌年,わたし  バプテスマ  受け,すぐ   時間 奉仕  始め まし た。17     特別 開拓   任命  れ,実家 から 300  離れ た,ローマ    ラティナ  いう 都市  奉仕  まし た。そこ  新しく でき  都市 で,因習  なく,隣 近所  こと    する   だれ   ませ ん。パートナー  わたし は,たくさん  聖書 文書  配布 でき,大喜び  まし た。その 反面,まだ 若かっ  わたし  実家  恋しく  たまり ませ  でし た。それでも,与え られ  指示  従い たい  思っ   まし た。

結婚  

その 後,ミラノ  任命 替え  なり ます。1963   開か れる「永遠   福音」国際 大会  準備  手伝う ため です。その 大会 中,大勢  自発 奉仕   働き まし  が,その  に,パオロ  ピッチョーリ  いう 兄弟   まし た。フィレンツェ から   若い 兄弟 です。大会    に,兄弟  独身  関する   鼓舞 する   行ない まし た。「あの 兄弟  絶対 結婚  ない わ」と 思い まし た。ところが,わたしたち  手紙  やり取り  する よう  なり,多く  共通   ある こと  気づき まし た。目標 や,エホバ   愛,エホバ  従い たい   強い 願い など です。わたしたち  1965   結婚  まし た。

聖職  たち   討論

わたし  フィレンツェ  10  間,正規 開拓     奉仕  まし た。諸 会衆  成長 や,とりわけ 若い  たち  進歩    でき   は,喜び でし た。主人  わたし も,若い  たち と,霊的  会話 だけ  なく レクリエーション  楽しみ まし た。主人 は,よく 若者 たち  サッカー    もの です。もちろん,わたし  主人     過ごせる  本当  うれしく なり まし た。でも,主人  会衆  若者  家族   関心  示し,共  時間  過ごす 必要  ある こと  分かっ   まし た。そして,それ  有益  こと だっ   思い ます。

   司会   たくさん  聖書 研究  つい  思い返す と,今   喜び  わい   ます。研究      アドリアーナ   ます。アドリアーナ  自分  学ん  いる 事柄  二つ  家族  話す と,その 家族 は,三位一体  霊魂 不滅  いっ  教会  教理  つい  話し合う ため,一   司祭  会合  取り決め まし た。その 集まり に,3   司教  現われ,複雑    通ら ない 説明   まし た。その 家族 は,聖書  明快  教え  比較  て,すぐ 矛盾  気づき まし た。集まり は,その 二つ  家族  大きな 影響  及ぼし まし た。やがて 15   エホバ  証人  なっ   です。

  伝道 方法  もちろん   ずいぶん 異なり ます が,当時,主人  司祭   討論     行ない,その“エキスパート”に なり まし た。聴衆  エホバ  証人      ない 討論   こと  覚え   ます。反対  たち は,聴衆      厄介  質問  する よう 仕組ん   まし た。ところが,討論   思わ  方向  行き まし た。だれ  が,教会   世紀   あいだ 政治  干渉     が,それ  正しい  か,と 質問    です。司祭 たち  窮地  立たさ  まし た。すると 突然,停電  真っ暗  なり,集まり  解散  なり まし た。わたしたち      に,司祭  思惑 どおり  集まり  進ま なかっ  場合,照明  消さ れる よう 計画      こと  知り まし た。

新た  奉仕  分野

結婚   10  後,わたしたち  巡回 奉仕  招待   まし た。主人  良い 仕事  就い     で,容易  決定    あり ませ  でし  が,よく 祈っ  考え  末,この 新た  奉仕  分野    踏み入れる こと   まし た。巡回 奉仕  は,宿舎  提供   くださっ  家族   交わり  楽しん  もの です。晩  みんな  研究  し,その 後,主人  子ども たち  宿題    あげ まし た。算数  数学   は,特に   入り まし た。また,大  読書  だっ  主人 は,読ん  興味深く 思っ    築き上げる 事柄  熱心  語り まし た。わたしたち  月曜   なる と,よく エホバ  証人  住ん   ない   出かけ  行き,その   計画    いる 講演  人々  招待  まし た。

主人  わたし  若い  たち  時間  過ごし  が,主人  よく 若者 たち  サッカー   

巡回 奉仕  始め  わずか 2  後,ローマ  ベテル  招待   ます。主人  法律 関係  仕事  行ない,わたし  雑誌 部門  割り当て られ まし た。異なる 分野  奉仕  順応 する   容易   あり ませ  でし  が,組織  指示  従う  決め   まし た。うれしい こと に,イタリア 支部  徐々  拡張  れ,エホバ  証人    爆発   増加  まし た。その ころ,イタリア  エホバ  証人  重要  法的 認可   まし た。わたしたち 夫婦 は,ベテル 奉仕  行なえる こと  とても 幸福  感じ まし た。

主人  ベテル  仕事  好き だっ 

ベテル  奉仕     ころ,イタリア    関する エホバ  証人  聖書   立場  問題  なり まし た。1980 年代 初め,血  関する 訴訟 事件  起き,大騒ぎ  なっ   です。エホバ  証人  ある 夫婦 が,娘  死な      偽り  告発  受け まし た。しかし  さん  実際  は,地中海 地域  多く    患っ  いる 重い 遺伝   血液 障害  ため  亡くなっ   です。ベテル 家族 は,この 夫婦  代理   ある 弁護  たち  支援  まし た。また,人々    真相  知らせ,血  関する   言葉  正しい 理解    もらう ため に,ちらし  特別  の「目ざめよ!」誌  準備  れ,配布   まし た。その  か月 間,主人  しばしば   16 時間 休み なく 働き,わたし  一生 懸命,主人  支え まし た。

もう 一つ  転機

結婚  20 年,わたし  41 歳,主人  49    に,予期  なかっ  こと  生じ まし た。妊娠   みたい,と 主人  伝え まし た。主人  その   日記  は,次  よう  言葉  あり まし た。「祈り: もし それ  本当 なら,夫婦   時間 奉仕  留まれる よう 助け  ください。霊的  怠慢  なる こと  あり ませ  よう に。親    良い 手本  示せ ます よう に。何 より も,自分  30   演壇 から 教え    事柄  1    実践 できる よう 助け  ください」。結果 から 判断 する と,エホバ  主人 の,そして わたし  祈り  聞き届け  くださっ   思い ます。

  イラリア  生ま れる と,生活  大きく 変わり まし  た。正直  ところ,気落ち する こと  あり まし た。「あなた  苦難    自分  失望   いる こと  明らか    か。あなた    乏しく なる」と いう 箴言 24  10   言葉  実感  まし た。でも,互い  励まし合う こと  価値  知っ     で,夫婦  支え合い まし た。

  この ごろ よく,忙しく  時間 奉仕  行なっ    二親    生ま   こと  とても 幸せ  思っ  いる,と 言い ます。自分  ないがしろ  され  いる  感じ  こと  なく,ごく 普通  家庭  育っ   感じ  いる よう です。日中  わたし   まし  し,晩  主人    時間  過ごし まし た。主人    帰っ  来る と,行なう べき こと  あっ     遊ん だり 宿題    あげ たり  まし た。その 後,自分  用事  取りかかり ます。夜中  2 時,3   寝る こと  あり まし  が,そう    です。イラリア  よく,「パパ  わたし  一番  親友」と 言っ   まし た。

想像   いただける  思い ます が,クリスチャン    留まる よう   助ける  は,一貫  と,時   毅然    態度  求め られ まし た。ある 時,友達  遊ん     は,その   意地悪  こと   まし た。主人  わたし は,なぜ その よう  こと     いけ ない  か,娘  聖書 から    聞かせ,わたしたち    友達  謝ら  まし た。

 は,宣教  対する   示し  くれ    感謝   いる,と よく    ます。大人  なり 結婚   から は,エホバ  その 導き  従う こと  重要   いっそう 理解 する よう  なっ   ます。

悲しみ    も,従う

2008 年,主人  がん  見つかり まし た。最初,がん  克服 できる よう  見え,主人  わたし  こと  元気づけ  くれ まし た。最善  医療   アドバイス  求める こと  加え,将来  立ち向かう 助け  求め て,家族  エホバ  長い 祈り     ささげ まし た。しかし,強く  活動  だっ  主人  徐々  弱っ  ゆき,2010   亡くなり まし た。大きな ショック でし た。しかし,主人  過ごし  45       行なっ    事柄  思い起こし,大きな 慰め   まし た。わたしたち  エホバ  最善  もの  ささげ まし た。また,わたしたち  行なっ  事柄   永続   価値  ある こと  知っ   ます。ヨハネ 5  28,29   イエス  言葉  成就 する 時,主人  復活 する こと   から 待ち望ん   ます。

「わたし      は,今  ノア  物語  大好き  少女  まま です。わたし  決意  変わっ   ませ ん」

わたし      は,今  ノア  物語  大好き  少女  まま です。わたし  決意  変わっ   ませ ん。エホバ から   求め られ よう と,従い たい  思っ   ます。どんな 障害  犠牲,また 不幸  出来事 も,愛情 深い   与え  くださる 素晴らしい 祝福  比べる なら,本当  取る  足り ない もの です。わたし  それ    もっ  知り まし た。エホバ  従う だけ  価値  ある  です。