内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2013年4月

聖書を読んで十分な益を得る

聖書を読んで十分な益を得る

「わたし は……神  律法  ほんとう  喜ん   ます」。―ロマ 7:22

1‐3. 聖書  読み,教え  当てはめる なら,どんな    られ ます か。

「聖書  理解 できる よう 助け  くださっ  こと を,毎朝 エホバ  感謝    ます」。これ は,ある 年配  姉妹  言葉 です。この 姉妹  聖書  40  以上 読み通し まし  が,今  通読  続け   ます。若い   姉妹 は,聖書  読む こと  より,エホバ  現実  存在  ある こと  理解 でき,天    いっそう 近づく こと  でき   書き まし た。「これ ほど 幸せ  感じ  こと  あり ませ ん」と  述べ   ます。

2 使徒 ペテロ は,「み言葉  属する,何  混ぜ物  ない   慕う 気持ち  培い……なさい」と,すべて    勧め まし た。(ペテ 一 2:2)聖書 研究  通し    慕う 気持ち  満たし,聖書  教え  当てはめる  たち は,清い 良心  生きる 目的  持つ こと  でき ます。また,真    愛し その   仕える  たち   永続   友情  培う こと  でき ます。これら  みな,「神  律法 を……喜(ぶ)」べき 理由 です。(ロマ 7:22)しかし,もっと 多く     られ ます。どんな  でしょ  か。

3 エホバ  み子  つい  学べ  学ぶ ほど,この お二方  人々  対する   深まっ  ゆき ます。聖書  正確  知識  得る なら,神  この   ゆく 体制 から 従順  人類    なく 救っ  くださる こと  理解 できる よう  なり ます。あなた  は,宣教  人々  伝える べき 良い たより  いう 積極   音信  あり ます。神  言葉  読ん  学ん  事柄      教える なら,エホバ  あなた  祝福   ください ます。

読ん  黙想 する

4. 聖書 を「小声 で」読む  は,どう いう 意味 です か。

4 エホバ は,ご自分   たち  み言葉  急い  読む こと  望ま  ませ ん。エホバ  ヨシュア    よう  言わ  まし た。「この 律法    あなた   から 離れ   いけ ない。あなた  それ      小声  読ま なけれ  なら ない」。(ヨシュ  1:8。詩 1:2)では,創世記 から「啓示」の  まで,すべて  言葉  文字通り 小声  発音  なけれ  なら ない,と いう こと でしょ  か。そう   あり ませ ん。黙想 できる よう  速度  読む 必要  ある,と いう 意味 です。聖書 を「小声 で」読む なら,今  自分  とっ  特に 有益  励み  なる 箇所  注意  集中 する こと  でき ます。その よう  聖句  記述  見つけ  なら,舌    動かす よう   て,ゆっくり 読ん  ください。その よう  する と,聖書  教え は,あなた    奥底  まで 達し ます。これ  大切  こと です。なぜ でしょ  か。神 から  諭し  意味  理解 する と,それ  実行 する ため  強い 動機づけ   られる から です。

5‐7.   言葉  小声  読む なら,(イ)道徳   清さ  保てる,(ロ)辛抱強く 親切    接する こと  できる,(ハ)困難     エホバ   信頼  築ける,と いう こと を,例  挙げ  説明   ください。

5 自分  とっ  あまり 馴染み  ない  も,小声  読む   有益 です。例   て,三つ  場面  取り上げ ましょ う。一   は,若い 兄弟  個人   聖書 通読  予定  従っ て,ホセア  預言  入っ  ところ です。兄弟  4  11  から 13   小声  読ん  ところ  止まり まし た。ホセア 4:11‐13  読む。なぜ でしょ  か。学校    道徳  誘惑  ずっ  抵抗      で,この 箇所    留まっ   です。兄弟  この 部分  つい  黙想 し,「エホバ は,人  密か  行なう 悪い こと    おら れる。エホバ  怒らせ たく  ない」と 考え まし た。そして,神  み前  道徳   清さ  保と う,と 決意  ます。

6     場面 は,ある 姉妹  ヨエル  預言  読ん   て,2  13     ところ です。ヨエル 2:13  読む。姉妹  その 聖句  小声  読み,どう すれ  エホバ  倣える   黙想  ます。その 聖句  は,エホバ は「慈しみ  憐れみ  持ち,怒る こと  遅く,愛 ある 親切  富ん  いる」,と あり ます。それで,夫     たち  時々 使う 皮肉  怒気  含ん  言葉  もう やめ よう,と 決意  ます。

7    は,仕事  失い,妻  子ども たち  どう やっ  養お  か,と 心配   いる 父親   です。ナホム 1  7   小声  読み ます。そこ  は,エホバ は「ご自分  もと  避け所  求め  来る  たち  知っ  おら れ」,「苦難    とりで」の よう  守っ  くださる,と 記さ    ます。この 言葉  父親  慰め られ ます。エホバ   ある 気遣い  感じ,心配 し過ぎる   やめ よう,と 思い ます。それ から 15   小声  読み ます。ナホム 1:15  読む。そこ  読ん で,困難     良い たより  宣べ伝える なら,エホバ  とりで    いる こと  示せる,と 思い ます。そして,世俗  仕事  探し ながら も,週中  野外 奉仕  支持  よう,と いう   なり ます。

8. あなた  聖書  読ん  見つけ  霊的  宝石  つい て,簡単  説明   ください。

8 ここ  取り上げ  有益  言葉 は,聖書    難しい  思わ   いる   含ま    ます。ホセア 書,ヨエル 書,ナホム   意欲   調べる なら,それら  預言     聖句  小声  読み たく なる でしょ う。そこ  は,何  多く  知恵  慰め  含ま   いる  でしょ う。聖書   それ 以外    どう です か。神  言葉  埋蔵   豊富  ダイヤモンド 鉱山  よう です。しっかり 掘っ  ください。神 から  導き  励まし  いう 宝石  見いだす ため に,聖書 全体  読ん  ください。

理解  得る ため  努力 する

9. どう すれ ば,神  ご意志  関する 理解  深める こと  でき ます か。

9 聖書  毎日 読む こと  大切 です が,理解  洞察  得る こと  重要 です。ですから,エホバ  組織  出版   活用  て,登場 人物  場所  出来事  つい  調査  ましょ う。聖書   特定  教え  生活  どう 当てはまる   分から  ない なら,会衆  長老 か,他  円熟   クリスチャン  助け  求める こと  でき ます。理解  深める こと  大切   知る ため,その   努力   1 世紀  ある クリスチャン  つい  考え ましょ う。アポロ  いう  です。

10,11. (イ)アポロ  良い たより  奉仕     進歩 する よう,どの よう  助け られ まし  か。(ロ)アポロ  関する 記述 から   学べ ます か。(「最新  事柄  教え   ます か」と いう 囲み  参照。)

10 アポロ  ユダヤ   クリスチャン で,「聖書  よく 通じ」,「霊  燃え て」い まし た。「使徒 たち  活動」の   アポロ  つい て,「イエス  関する 事柄  正しく 話し たり 教え たり する よう  なっ  が,ヨハネ  バプテスマ  つい  知っ  いる のみ  あっ た」と 述べ   ます。アポロ  それ  知ら  に,古い 理解  基づい  バプテスマ  関する 事柄  教え   まし た。しかし,エフェソス  アポロ  教える   聞い  アクラ  プリスキラ  いう 夫婦 が,アポロ に「神    より 正しく」説明  ます。(使徒 18:24‐26)アポロ  どんな     でしょ  か。

11 アポロ  エフェソス  伝道   後,アカイア  行き ます。こう 記さ    ます。「彼  そこ  着く と,神  過分  ご親切  ゆえに 信者  なっ     たち  大いに 助け た。彼 は,ユダヤ   誤り  熱烈  態度    また 徹底   証明 し,いっぽう  は,イエス  キリスト  ある こと  聖書 から 論証     ある」。(使徒 18:27,28)アポロ は,クリスチャン  バプテスマ  意味  正しく 説明 できる よう  なっ   まし た。理解  深め  アポロ は,新しい  たち    崇拝  おい  進歩 できる よう「大いに 助け」まし た。この 記述 から   学べる でしょ  か。わたしたち  アポロ  よう に,聖書  読ん  事柄  理解 する ため  努力  ます。しかし,経験 ある 兄弟 姉妹 から,より 効果   教え方  提案    なら,感謝   謙遜  受け入れ たい   思い ます。そう する なら,神聖  奉仕    向上  せる こと  でき ます。

学ん  事柄      助ける ため  用いる

12,13. 聖書  巧み  用いる なら,進歩 する よう 研究   助ける こと  でき ます。その  を,例  挙げ  説明   ください。

12 アクラ  プリスキラ,そして アポロ  よう に,わたしたち      祝福  なれ ます。あなた  励まし  よっ て,関心  持つ   霊的  進歩  妨げ  克服 でき    たら,どう です か。長老  皆さん  あれ ば,仲間  兄弟 姉妹 が,あなた  与え  聖書   諭し  よっ  難しい 問題  切り抜ける こと  でき,その こと  感謝   くれ たら,どう 感じる でしょ  か。進歩 向上 できる よう     助ける ため    言葉  用いる なら,満足  喜び   られる  違いあり ませ ん。 * どの よう  その 目標  達成 できる でしょ  か。

13   崇拝  偽り  崇拝  関し て,エリヤ  時代  多く  イスラエル   どっちつかず  態度  取っ   まし た。彼ら  対する エリヤ  諭し は,霊的  進歩  よう   ない 優柔 不断  研究   とっ  助け  なる でしょ う。列王  一 18:21  読む。    考え   ましょ う。関心  持つ   友人  家族  反応  恐れ  いる なら,イザヤ 51  12,13   基づき 筋道 立て  考える こと  より,エホバ  崇拝 する 決意  強める こと  できる でしょ う。―読む。

14.     助け られる よう 聖句  思い起こす うえ で,何  助け  なり ます か。

14 明らか に,聖書  多く  言葉 は,読む   励まし,正し,強める こと  でき ます。それでも,「適切  聖句  すぐ 使える よう  なる  は,どう すれ  よい  か」と 思う   いる でしょ う。毎日 聖書  読み,神  お考え  つい  黙想 する こと です。その よう   て,神  言葉      蓄える こと  でき ます。その 蓄え  あれ ば,必要  とき  エホバ    それ  思い起こさ   くれ ます。―マル 13:11。ヨハネ 14:26  読む。 *

15.   言葉  より 十分  理解 する うえ で,何  助け  なり ます か。

15 ソロモン   よう に,神権   責任  果たす ため  知恵  エホバ  祈り 求め  ください。( 二 1:7‐10)昔  預言  たち  よう に,エホバ  その ご意志  関する 正確  知識  求め て,神  言葉 の「勤勉  探究  注意深い 調査」を 行なっ  ください。(ペテ 一 1:10‐12)使徒 パウロ  テモテ  対し て,「信仰 と……りっぱ  教え   言葉」で 自分  養う よう 勧め まし た。(テモ 一 4:6)その よう  自分  養う なら,他    霊的  助ける ため  十分  備え  できる だけ  なく,自分  信仰  築き上げる こと  でき ます。

  言葉  より 守ら れる

16. (イ)「日 ごと  聖書  注意深く 調べ」る こと は,ベレア   たち  どんな   もたらし まし  か。(ロ)今日  わたしたち  とっ  も,日々 聖書  読む こと  重要   は,なぜ です か。

16 マケドニア  都市 ベレア  住む ユダヤ  たち  は,「日 ごと  聖書  注意深く 調べ」る 習慣  あり まし た。パウロ  良い たより  宣べ伝え  時,ベレア   たち  聖書  つい  知っ  いる 事柄  パウロ  言葉  比較  まし た。どう なり まし  か。多く   が,パウロ  真理  教え  いる  確信 し,「信者  なり」まし た。(使徒 17:10‐12)日 ごと  聖書  読む なら, エホバ   強い 信仰  育ま れる  です。その よう  信仰,つまり「望ん  いる 事柄  対する 保証    期待」は,神  新しい   生き残る ため  不可欠 です。―ヘブ 11:1

17,18. (イ)強い 信仰   は,クリスチャン    どの よう  守っ  くれ ます か。(ロ)希望  どの よう に,危険 から 守っ  くれ ます か。

17 パウロ    よう  述べ  こと  は,もっとも  理由  あり まし た。「昼  属する わたしたち は,冷静   保ち,信仰    胸当て を,また,かぶと    救い  希望    着け   ましょ う」。(テサ 一 5:8)兵士  心臓    攻撃 から 守る 必要  あり まし た。同様 に,クリスチャン       から 守ら なけれ  なり ませ ん。エホバ   が,神  約束  対する 強い 信仰 と,神 および 人々     併せ持つ なら,どう なる でしょ  か。最高 品質  霊的  胸当て    着ける こと  なり ます。その  は,神  恵み  失う よう  こと  行なわ ない でしょ う。

18 パウロ は,かぶと  ある「救い  希望」の こと  述べ まし た。聖書 時代,戦闘     保護  ない 兵士 は,あっけなく   失う こと  あり まし た。しかし,頑丈  かぶと  かぶっ  いれ ば,頭  一撃  受け  も,大 けが  する こと なく,生き延びる こと  でき まし た。わたしたち  み言葉  研究  より,エホバ  救い    対する 希望  強める こと  でき ます。強い 希望  あれ ば,背教   その 脱疽  よう な「むだ 話」に 抵抗 する こと  でき ます。(テモ 二 2:16‐19)希望  また,エホバ    される 行ない  させ よう  する  たち  はっきり「ノー」と 言える 強さ  与え  くれ ます。

生き残る ため  かぎ

19,20.   言葉  深い 敬意  払う べき    なぜ です か。その 敬意  どの よう  示せ ます か。(「エホバ は,わたし  本当  必要  する もの  与え  くださる」と いう 囲み  参照。)

19 終わり    進む  つれ,エホバ  言葉  頼る 必要   いよいよ 大きく なり ます。み言葉 から  諭し は,悪い 習慣  正し たり,罪  傾向  制御  たり する 助け  なり ます。み言葉  励まし  慰め  ある  で,わたしたち  サタン  その   もたらす 試練  耐え忍ぶ こと  でき ます。さらに,エホバ  み言葉  通し  導き  与え  くださる  で,命    とどまる こと  でき ます。

20   ご意志 は「あらゆる   救わ れ」る こと  す。「あらゆる 人」に は,エホバ    含ま  ます。また,宣べ伝え  教える   こたえ応じる  たち  含ま  ます。しかし,救い  達成  たい  思う   皆,「真理  正確  知識」を   けれ  なり ませ ん。(テモ 一 2:4)ですから,終わり    生き残る ため  は,聖書  読み,霊感  受け  その 教え  当てはめる こと  絶対  必要 です。そう です,聖書  毎日 読む  は,エホバ  貴重  真理  言葉  深い 敬意  示し  いる  です。―ヨハ 17:17

^ 12節 もちろん,圧力  かけ たり 責め たり する ため  聖書  諭し  用いる べき   あり ませ ん。エホバ  わたしたち  辛抱  親切  示し  ください ます。研究   対し   同じ よう   べき です。―詩 103:8

^ 14節 ある 聖句  キーワード  思い出せ  も,書名      番号  分から ない とき は,どう  たら よい でしょ  か。聖書  後ろ  ほう  ある 語句 索引  Watchtower Library や「新 世界  聖書 総合 語句 索引」(英語)で その キーワード  調べる なら,聖句  見つかる   しれ ませ ん。