アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年4月

 ライフ  ストーリー

50年にわたる北極地方での全時間奉仕

50年にわたる北極地方での全時間奉仕

「あなた  開拓 奉仕  する   そんな  難しく ない わ。ご両親  真理  うち  いる し,援助   もらえる でしょ」。わたしたち   時間 奉仕  行なっ    友人  そう 言い まし た。すると   よう  答え  返っ   まし た。「ちょっと 待っ  よ,わたしたち  お父さん  同じ でしょ」。友人  言葉   大切  教訓  含ま    まし た。天   は,ご自分   たち  顧み,強め  くださる  です。自分 たち  経験 から   も,それ  確か です。

 わたしたち  フィンランド   ポフヤンマー   農家  生ま  まし た。10  きょうだい です。子ども 時代  こと は,第   世界 大戦  抜き     語れ ませ ん。家  前線 から 何百 キロ  離れ   まし  が,戦争  恐ろしさ  実感  まし た。近隣  都市 オウル  カラヨキ  爆撃  れ,夜空  真っ赤  染まる    まし た。また 両親 から は,戦闘   来る   分かっ たら すぐ 隠れる よう に,と 言わ    まし た。それで,一番    タウノ から,不 公正  ない 地上  楽園  つい  聞い  時,感動  まし た。

  14    に,聖書 研究   出版  から 聖書  真理  知り まし た。第   大戦  始まる と,聖書  よっ  訓練    良心 ゆえに 兵役  拒否 し,投獄   まし た。刑務    残忍  扱い  受け まし  が,それ  エホバ  お仕え する  いう 決意  強め  だけ  よう です。釈放  れる と,宣教 奉仕  いよいよ 熱心  なり まし た。兄  りっぱ  手本  励まさ   わたしたち は,近く    行なわ     集会  出席 する よう  なり まし た。大会   行き まし た。でも,その ため  お金  貯め なけれ  なり ませ ん。近所      縫っ たり,玉ねぎ  作っ たり,ベリー 摘み   たり   頑張っ  もの です。農家   たくさん  仕事  ある ため,大会   たいてい 一緒  行け ず,交替  行き まし た。

 から: マティ(父),タウノ,サイミ,マリア  エミリア(母),バイノ(赤ちゃん),アイリ,アニッキ。1935 

エホバ  その お目的  関する 真理  学ん  エホバ     深まり,神  献身 する こと  決意  まし た。1947     献身  象徴      バプテスマ  受け まし た。(アニッキ  15 歳,アイリ  17 歳。)同じ    サイミ  バプテスマ  受け まし た。結婚      リンネア   聖書  研究 し,その   家族  エホバ  証人  なり まし た。わたしたち    バプテスマ 後,開拓 奉仕  目標  し,時折,休暇 開拓(補助 開拓)奉仕  行ない まし た。

 時間 奉仕  行なう

 から: イーバ  カッリオ,サイミ  マッティラ‐シュルヤラ,アイリ,アニッキ,サーラ  ノポネン。1949 

1955 年,実家 から さらに   ケミ  いう 都市  引っ越し まし た。二     時間  仕事  就い   まし  が,開拓   なり たい  思っ   まし た。と  言う もの の,自活 でき ない    ない   いう 不安  あり,少し お金  貯める   先決   思っ   まし た。冒頭  開拓   姉妹   やり取り  あっ   は,そんな   こと です。姉妹  言葉 から,エホバ   時間 仕える こと は,自分 たち  資力  家族 から  援助 だけ  かかっ  いる わけ   ない こと  学び まし た。一番 大切   は,天    依り頼む こと   です。

1952   地域 大会  行く 途中。左 から: アニッキ,アイリ,イーバ  カッリオ

当時,2 か月  生活 する だけ  貯金  あり まし た。それで,1957  5 月,恐る恐る ラップランド  ペッロ  いう 場所   開拓 奉仕  申し込み まし た。ペッロ  北極    あり ます。2 か月  過ぎ,貯金  そっくり 残っ      で,もう 2 か月  申し込み まし た。その 2 か月    貯金  全額 残っ  おり,エホバ  世話   くださる  確信  まし た。開拓 奉仕  行なっ  50  たっ   も,あの お金  残っ   ます。振り返っ  みる と,エホバ  わたしたち    握り,「恐れ   なら ない。わたし 自ら あなた  助ける」と 言っ  おら     よう  感じ ます。―イザ 41:13

開拓 奉仕  行なっ  50  たっ   も,あの お金  残っ   ます

野外 奉仕   カイス  レイッコ  アイリ

1958 年,巡回 監督 から,特別 開拓     ラップランド  ソダンキュラ  いう   移動   奉仕 する よう 勧め られ まし た。当時,その 地域  エホバ  証人 は,姉妹   しか  ませ  でし た。姉妹  興味深い 方法  真理  知り まし た。息子 さん  修学 旅行  フィンランド  首都 ヘルシンキ  行き,グループ    歩い      こと です。列  最後尾    その  に,ある 年配  姉妹 が「ものみの塔」誌  手渡し,お母さん  渡し  ください  言っ  そう です。その   母親  雑誌  渡し,母親  すぐ  真理  響き  感じ取っ   です。

わたしたち  製材   2   ある 部屋  借り,集会  そこで 開き まし た。最初,出席  は,地元  姉妹   さん  わたしたち  4  だけ でし た。研究 資料  読み合い まし た。後 に,エホバ  証人  聖書  学ん  ある 男性  製材   働き 始め,家族    集会  交わる よう  なり まし た。やがて,その   奥さん  バプテスマ  受け,集会  その 兄弟  司会 する よう  なり まし た。製材   働い          集会  出席 する よう  なり,聖書  真理  受け入れ まし た。群れ  成長 し,数    会衆  なり まし た。

苦労   事柄

区域  広大 だっ   で,大変 でし た。夏場 は,徒歩,自転 車,ボート  奉仕  まし た。特に 重宝     自転  です。大会  行く   何百 キロ  離れ  実家  帰省 する    自転  でし た。冬場 は,朝早く バス  乗っ  ある  まで 行き,歩い   から   訪問 し,その   回り 終える と,徒歩      向かい まし た。雪  深く,道路  除雪    いる   限り ませ ん。馬橇  残し  道筋  沿っ  歩い  もの です。でも,雪  それ  見え なく なる こと  あり まし た。また,春先    とても 柔らかく  湿っ  いる ため,歩く   苦労  まし た。

  寒い 

気温  氷点下  なり,雪  多い ため 温か  服装  心がけ まし た。毛糸  ストッキング   から ソックス   二,三  重ね  履き,それ から ショートブーツ  履き ます。ブーツ       たくさん 入っ  しまう  で,家  訪問 する   玄関   階段  ブーツ  脱ぎ,中    振り落とし  もの です。また,雪  長い オーバー    濡れ  しまい,気温  下がる  それ  かちかち  凍っ て,まるで 金属    よう  なり まし た。ある 主婦 から,「あなたたち  信仰  本物  わ。こんな 天気    わざわざ 出かけ  くる  だから」と 言わ   こと  あり ます。わたしたち  11    道のり  歩い て,その   訪問    です。

地元    泊め  もらう こと  よく あり まし た。暗く なり 始める と,そう     探し  もの です。家  質素 でし  が,人々  親しみ やすく 親切 で,寝る 場所 だけ  なく 食事  出し  ください まし た。普通,トナカイ  ヘラジカ    毛皮  ベッド 代わり  なり まし た。でも 時折,少し 贅沢  味わう こと  あり まし た。例えば,ある 邸宅 で,2   客間  通さ れる と,そこ   素敵  ベッド  あり,真っ白  レースシーツ  敷い  あっ   です。わたしたち  しばしば     夜遅く まで 聖書  つい  話し合い まし た。ある 場所  は,家  夫婦  部屋  片側 で,わたしたち  もう 片方    休み まし た。聖書  話し合い  延々 夜明け まで 続き まし た。ご主人  奥さん  代わる代わる たくさん  質問      ため です。

報い  多い 宣教 奉仕

ラップランド  不毛   です が,本当  美しい  で,四季 折々  美しさ  あり ます。と  いえ,わたしたち  とっ  もっと 美しい  は,エホバ  関心  示し   たち です。その よう  誠実   たち    は,木材  伐採  仕事  ラップランド  やっ     たち   ます。証言  ため に,小柄  わたしたち  飯場  入る と,数十   男性  会う こと  あり ます。筋骨 たくましい  たち  喜ん  聖書  音信  聞き,出版   受け取る  です。

わくわく する よう  経験  たくさん  まし た。ある 日,バス 発着   時計  5  進ん    ため,バス  置い  行か   しまい まし た。それ      行く バス  乗る こと   まし た。その    一度  奉仕   こと  あり ませ  でし  が,最初    ある 若い 女性  会い,こう 言わ  まし た。「わぁー,来  くださっ   です ね。お待ち    まし た」。わたしたち  その 女性  お姉さん  聖書  研究      です が,女性  その   訪問   もらい たい  お姉さん  頼ん    よう です。でも,わたしたち   それ  伝わっ   なかっ   です。妹 さん,そして     住む 親族   たち  幾つ   研究  始まり まし た。しばらく  て,わたしたち  研究  一つ  まとめ,12  ほど    教え まし た。その 後,この 家族  多く  エホバ  証人  なり まし た。

1965  に,クーサモ  現在  会衆  割り当て  変更   なり まし た。クーサモ  北極   すぐ 近く  位置    ます。当時,会衆  奉仕   わずか で,区域  少し 固い よう  感じ まし た。人々  非常  信心深く,わたしたち  偏見       まし た。それでも,聖書  敬意  抱く   少なく あり ませ  でし た。これ  会話  ため  共通  土台  なり まし た。少し ずつ 人々  知り合う よう 努力   ところ,2   する と,聖書 研究  見つけ やすく なり まし た。

  活発  奉仕   いる

わたしたち  研究        たち 

  野外  長い 時間 奉仕 する 体力  あり ませ  が,それでも 奉仕   ほぼ 毎日    ます。アイリ    励まさ   運転  習い,1987   56   免許  取り まし た。それ  広大  区域  住む 人々  良い たより  伝え やすく なり まし た。また,新しい 王国 会館  建設  れ,大変 有り難い こと に,それ  付随 する 宿舎  住める よう  なり まし た。

この    拡大  見る こと  でき,大きな 喜び  感じ   ます。わたしたち  フィンランド 北部   時間 奉仕  始め  時,わずか  奉仕   広大  地域  散らばっ   まし  が,現在  幾つ   会衆  あっ  一つ  巡回   形成    ます。大会 で,よく 兄弟  姉妹 から 自己 紹介 され,わたし  こと  覚え   ます か,と 聞か れる こと  あり ます。子ども だっ  ころ に,その   わたしたち  研究  司会     よう です。幾 年,あるいは 幾十     まい   が,実  結ん     です。―コリ 一 3:6

     野外 奉仕  楽しん  いる

2008 年,特別 開拓   なっ  50   過ぎ まし た。この 貴重  奉仕  行ない 続ける よう,互い  励まし合え  こと  エホバ  感謝    ます。わたしたち  生活  簡素 です が,何   不足   こと  一度  あり ませ ん。(詩 23:1)最初,開拓 奉仕  始める こと  ためらい まし  が,そんな 必要 など なかっ   です。イザヤ 41  10   エホバ  こう 約束    ます。「わたし  あなた  強く する。わたし  あなた  本当  助ける。わたし  わたし    右手  あなた  本当  しっかり  とらえ  おく」。うれしい こと に,エホバ  これ まで ずっ  その 約束 どおり わたしたち  強め  ください まし た。