アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年4月

『うみ疲れてはなりません』

『うみ疲れてはなりません』

「りっぱ  こと  行なう   あきらめ ない よう   ましょ う」。―ガラ 6:9

1,2. エホバ  宇宙  組織  つい  考える とき,どう する よう 動かさ  ます か。

広大  宇宙  組織  一員  ある こと  考える 時,わたしたち  畏怖    打た  ます。エゼキエル 1   ダニエル 7     生き生き  描か   いる よう に,エホバ  物事  最高潮   導い  おら  ます。イエス  どう でしょ  か。エホバ  組織  地上  部分  良い たより  宣べ伝える   特に 注意  向け,その   行なう  たち  霊的  世話 し,エホバ    崇拝  促進 する よう 指導    ます。ですから わたしたち は,エホバ  組織  信頼 する よう 動かさ れる はず です。―マタ 24:45

2 わたしたち 各自 は,この 素晴らしい 組織  歩調  合わせ  いる でしょ  か。真理   熱意  高まり 続け   ます か。それ   冷え つつ あり ます か。この 問い  対し て,自分  疲れ 始め  いる,熱意  幾分 失っ  いる,と 答える   いる でしょ う。そう   状況  あり得 ます。1 世紀,使徒 パウロ  仲間  クリスチャン に,イエス  熱心  手本  つい  考える よう 勧める 必要  あり まし た。そして,その よう  する なら,「疲れ て,……魂  弱り果て  しまう」こと  防げる,と 述べ まし た。(ヘブ 12:3)先週  研究 記事  は,エホバ  組織  今日 行なっ  いる 素晴らしい   つい  考え まし た。キリスト  手本  1 世紀  クリスチャン  励まし  よう に,エホバ  組織  示す 模範 は,わたしたち  忍耐     仕え,熱意  保つ 助け  なり ます。

3. うみ疲れ  しまわ ない ため に,何  必要 です か。この 記事   どんな こと  取り上げ ます か。

3 しかし パウロ は,うみ疲れ ない ため   さらに   もの  必要   述べ   ます。それ は,「りっぱ  こと  行なう」よう 努力 する こと です。(ガラ 6:9)わたしたち    行動 する 必要  ある  です。では これ から,堅く 立ち続け,エホバ  組織  歩調  合わせる うえ  役立つ 五つ    取り上げ ましょ う。その 際,自分  家族  いっそう 注意  払う  べき   ある  どう か,自己 吟味 する こと  でき ます。

励まし  崇拝  ため  集まる

4. 集まり合う こと    崇拝  重要  部分  言える  は,なぜ です か。

4 集まり合う こと  いつ  時代 も,エホバ    とっ  重要  活動 でし た。目  見え ない 領域  は,霊   造物  エホバ  ご意志  より,直接 み前  出る よう 招か  ます。( 一 22:19。ヨブ 1:6; 2:1。ダニ 7:10)古代 イスラエル  おい て,民 は「聴く ため,また 学ぶ ため」集まる こと  なっ   まし た。(申 31:10‐12)1 世紀  ユダヤ  たち は,聖書  読む ため 会堂  行く こと  習慣     まし た。(ルカ 4:16。使徒 15:21)集まり合う こと は,クリスチャン 会衆  設立      続き,今  崇拝  重要  部分  なっ   ます。真  クリスチャン は「互い  こと  よく 考え    りっぱ     鼓舞  合い」ます。「互い  励まし合い,[エホバ の]日  近づく     ますます」そう する 必要  ある  です。―ヘブ 10:24,25

5. 集会  どの よう  励まし合う こと  でき ます か。

5 励まし合う ため  大切  方法  一つ は,集会  参加 する こと です。印刷    質問  答え たり,聖句  適用  述べ たり,聖書  原則  従う こと  知恵  示す 経験  簡潔  紹介  たり  て,信仰    表明 する こと  でき ます。(詩 22:22; 40:9)どれ ほど 長く 集会  出席        も,様々  年齢  兄弟 姉妹  述べる   こもっ  注解  聴く こと  励み  なり ます。皆さん  きっと そう お感じ  なる でしょ う。

6. 霊的  活発  状態  保つ うえ で,集会  どの よう  助け  なっ   ます か。

6 定期   集まり合う こと    重視   おら れる 理由  ほか   あり ます。会衆  集会  大会 は,奉仕 区域  勇気  もっ  大胆  語り,反対   関心  対処 する ため  助け  なり ます。(使徒 4:23,31)また,聖書  基づく   討議  より,わたしたち  強め られ,信仰  おい  確固      され ます。(使徒 15:32。ロマ 1:11,12)さらには,崇拝  ため  集会  受ける 教え  励まし  よっ て,真  幸福 や,「災い   から  平穏」を 味わう こと  でき ます。(詩 94:12,13)統治   教育 委員  は,全地  エホバ    教える ため  霊的 プログラム  準備  監督    ます。毎週  集会  健全  教え  受け られる よう,こう   備え  設け られ  いる こと に,本当  感謝 できる    ない でしょ  か。

7,8. (イ)集会  主要  目的   です か。(ロ)あなた  集会 から,どんな 霊的  助け     ます か。

7   いえ,集会  大切   は,単に 個人      られる から   あり ませ ん。集まり合う 主要  目的 は,エホバ  崇拝 する こと です。詩編 95:6  読む。  素晴らしい   あり,その   賛美 できる  は,実  大きな 特権 です。(コロ 3:16)エホバ は,わたしたち  神権   集会  出席  参加 する こと  より,定期   崇拝  ささげる  値する    です。(啓 4:11)ですから,「ある 人々  習慣    いる よう に,集まり合う こと  やめ たり」し ない よう 勧め られ  いる  は,当然  こと  言え ます。―ヘブ 10:25

8 エホバ  この 邪悪  事物  体制  滅ぼす  まで,わたしたち  忍耐  なけれ  なり ませ ん。そう する ため  集会  大切  備え です。あなた  そう 考え  おら  ます か。もし そう なら 集会 は,忙しく   その ため  時間  割く べき,「より 重要  事柄」の 一つ  なる はず です。(フィリ 1:10)よほど  事情  ない 限り,エホバ   崇拝  おい  兄弟 たち  結び合わさ れる この 機会  逸する こと  ない でしょ う。

   正直   たち  探し出す

9. 宣べ伝える   大切   いう こと は,どうして 分かり ます か。

9 宣べ伝える   十分 参加 する こと も,エホバ  組織  歩調  合わせる ため  助け です。イエス  地上  おら   時,その   始め まし た。(マタ 28:19,20)それ 以来,王国  宣べ伝え  弟子  作る  は,エホバ  組織 全体  主要  関心事  なっ   まし た。現代  多く  経験 は,み使い  この   支え,わたしたち を「永遠    ため  正しく 整え られ た」人 たち  もと  導い  いる こと  示し   ます。(使徒 13:48。啓 14:6,7)今日,エホバ  組織  地的  部分 は,極めて 重要  この   支える ため  きちんと 組織     ます。あなた  宣教  主要  関心事     ます か。

10. (イ)どう すれ ば,真理  対する 熱意  保てる か,例  挙げ  説明   ください。(ロ)うみ疲れ ない ため に,宣教  どの よう  助け  なっ   まし  か。

10 宣教  熱心  あれ ば,真理  対する 熱意  保つ こと  でき ます。長老   て,また 開拓     長い 経験  持つ ミッチェル  言葉  注目   ください。「真理  つい  話す   好き です。新しい『ものみの塔』や『目ざめよ!』を 読む と,その 知恵  洞察,その 完全  バランス  取れ  内容  驚嘆   られ ます。奉仕   て,区域    どういう 反応  示す か,どう すれ  関心  高め られる   知り たく なり ます。野外 宣教  おかげ  安定   保て ます。宣教  ため  取り分け  時間  守り, ほか  こと  それ 以外    行なう よう     ます」。わたしたち  神聖  奉仕  忙しく 行なっ  いる なら,この 終わり    引き続き 堅く 立つ こと  でき ます。―コリント  一 15:58  読む。

霊的 食物  取り入れる

11. エホバ から 与え られる 霊的 食物  十分  活用  べき   は,なぜ です か。

11 エホバ  わたしたち  強める ため,出版   かたち  霊的 食物  豊か  与え  くださっ   ます。きっと 皆さん  出版   読ん で,「これ  欲しかっ た! エホバ  わたし  ため  書い  くださっ   だ」と 感じ  こと  ある でしょ う。それ  単なる 偶然   あり ませ ん。エホバ  そう   備え  通し て,わたしたち  教え,導い  おら れる  です。「わたし  あなた  洞察   持たせ,その 行く べき   教え諭す」と 述べ  おら  ます。(詩 32:8)わたしたち  霊的 食物  すべて 取り入れ  黙想 する よう 努力 する でしょ  か。そう する なら,この 厳しい 終わり    あっ     結び続け,霊的    枯れ  しまう こと  ない でしょ う。―詩編 1:1‐3; 35:28; 119:97  読む。

12. 霊的 食物  正しく 評価 する ため に,どんな こと  考える   有益 です か。

12 健全  霊的 食物  途絶える こと なく 確実  届ける ため,どんな 仕事  行なわ   いる   考える   有益  こと です。統治   執筆 委員  は,出版  および ウェブサイト  掲載  れる 資料  ため  調査,執筆,校正,挿絵  写真,翻訳 など  仕事  監督    ます。印刷 施設  ある 支部 は,管轄 地域   会衆  文書  発送  ます。こう   仕事  行なわ   いる   なぜ です か。エホバ    霊的  十分 養わ れる よう  する ため です。(イザ 65:13)ですから,エホバ  組織  通し  与え られる すべて  霊的 食物 を,勤勉  取り入れ たい もの です。―詩 119:27

組織   取り決め  支持 する

13,14.    だれ が,エホバ  取り決め  支持    ます か。地上  いる わたしたち は,どの よう  そう   支持  示せ ます か。

13 使徒 ヨハネ  与え られ      イエス は,エホバ  反逆 する  たち  征服 する ため 白い   乗っ   ます。(啓 19:11‐15)その すぐ 後ろ  忠実  み使い たち   ます。すでに    報い  受け  油そそが   征服  たち も,イエス     ます。何  信仰  強める 光景 でしょ う。(啓 2:26,27)エホバ  取り決め  支持 する  で,これ 以上  手本  ある でしょ  か。

14  群衆  その 手本  倣い,地上  組織    指導    当たっ  いる 油そそが   兄弟 たち    十分  支持    ます。ゼカリヤ 8:23  読む。では,エホバ  取り決め  対する 支持  個人   示す  は,どう  たら よい でしょ  か。その 一つ は,指導    当たっ  いる  たち  従う こと です。(ヘブ 13:7,17)それ  自分  会衆 から 始まり ます。長老 たち  つい  語る あなた  言葉  聞い   は,長老 たち  その 働き  対する 敬意  深める でしょ  か。子ども たち  も,そう   忠実  男子  敬意  払い,聖書  助言  求める よう 勧め ます か。また,宣べ伝える   ため  寄付  つい て,家族    計画  立て ます か。(箴 3:9。コリ 一 16:2。コリ 二 8:12)王国 会館  清掃 など  仕事  大切  特権  みなし ます か。そう   敬意  一致  ある ところ  は,エホバ    自由  流れ ます。その   通し  わたしたち は,この 終わり    うみ疲れ ない ため  助け  得る こと  でき ます。―イザ 40:29‐31

 音信  調和   生活  する

15. エホバ  崇高  目的  調和   生きる ため に,絶え  闘う べき   は,なぜ です か。

15 最後   です。忍耐 し,エホバ  組織  歩調  合わせる ため  は,「何    受け入れ られる   を……確かめ」つつ,伝える 音信  一致   生活  送ら なけれ  なり ませ ん。(エフェ 5:10,11)肉   完全 さ,サタン  働きかけ,さらに  邪悪  この   ゆえに,わたしたち  悪い 影響   いつも 闘っ   ます。エホバ   関係  保つ ため  日々 厳しい 闘い  行なっ  いる 兄弟 姉妹  おら れる でしょ う。その 闘い  エホバ  とっ  大いに 価値  あり ます。あきらめ   なり ませ ん。エホバ  目的  調和   生きる なら,深い 満足 と,自分  崇拝  無益   ない  いう 確信   られ ます。―コリ 一 9:24‐27

エホバ  大きな 組織  一員  なれる  いう こと を,熱心  教え なさい

16,17. (イ)重大    犯し  なら,どう  べき です か。(ロ)アン  経験 から,どんな    られ ます か。

16 では,重大    犯し  なら,どう  べき でしょ  か。できる だけ 早く 助け  求め  ください。隠し  おく なら,問題  悪化 する だけ です。ダビデ  言葉  忘れ   なり ませ ん。罪  つい  黙っ    時,「わたし    わたし  一日 じゅう うめく ため  疲れ果て まし た」と,ダビデ  述べ   ます。(詩 32:3)そう です,罪  隠し  おく なら,感情    霊的   うみ疲れる だけ です。しかし,「それ  告白   捨て  いる   憐れみ  示さ れる」の です。―箴 28:13

17 アン  経験  つい  考え ましょ う。 * アン     後半,正規 開拓     奉仕    まし  が,裏表  ある 生活  始め まし た。その 影響  想像 以上  大きな もの でし た。アン  こう 言い ます。「良心  うずき まし た。惨め  なり,いつも 落ち込ん   まし た」。では どう  まし  か。ある   こと,集会  ヤコブ 5  14,15   討議   まし た。アン  助け  必要  ある こと  悟り,長老  近づき まし た。こう 述べ   ます。「その 聖句 は,霊的  いやし  ため  エホバ  書い  処方  です。薬  飲む   簡単   あり ませ  が,効き目  あり ます。わたし  その 聖句  助言  聞き入れ   で,良い 結果  得る こと  でき まし た」。何    たっ  今,アン  再び    て,正しい 良心  抱い  熱心  エホバ  仕え   ます。

18. どの よう  努力  する 必要  あり ます か。

18 この 終わり    生活 し,エホバ  卓越   組織  一員  なる  は,まさに  ない 特権 です。今   いる もの  決して 当然  思わ ない よう   ましょ う。むしろ,家族    一緒  努力  ましょ う。崇拝  ため 会衆   たち  定期   集まり 合い,区域     正直   たち  勤勉  探し,絶える こと なく 与え られる 霊的 食物  大切   ましょ う。指導    当たる  たち  支え,伝える 音信  調和   生き方   ましょ う。そう する なら,エホバ  組織  歩調  合わせる こと  できる だけ  なく,りっぱ  こと  行なう   うみ疲れる こと  決して ない  です。

^ 17節 名前  変え  あり ます。