アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年2月

親衛隊は証言を受ける

親衛隊は証言を受ける

西暦 59   こと です。長旅  疲れ  兵士 たち  監視  下,囚人 たち  カペーナ   通っ  ローマ   入り ます。パラティヌス     皇帝 ネロ  宮殿  あり,トーガ  いう 外衣      帯び  親衛   兵士 たち  警護  当たっ   ます。 *  隊長 ユリウス  囚人 たち  引い て,フォロ  ロマーノ(ローマ  公共 広場)を 通り,ウィミナリス    登っ て,ローマ  神々  祭壇  たくさん 置か   いる 庭園  過ぎ,練兵   そば  通り ます。

親衛   兵士  レリーフ。西暦 51   建て られ  クラウディウス  凱旋   もの  思わ れる

囚人 たち    使徒 パウロ   ます。その  か月 前,荒れ狂う   浮かぶ     パウロ    み使い から,「あなた  カエサル    立た   なら ない」と 告げ られ   まし た。(使徒 27:24)本当  そう なる  でしょ  か。後ろ  振り返っ て,ローマ 帝国  首都      パウロ は,エルサレム  アントニア     イエス から 告げ られ    言葉  思い出し   違いあり ませ ん。「勇気  出し なさい! あなた は,わたし  関する 事柄  つい  エルサレム  徹底   証し      が,それ  同じ よう  ローマ   証し   なけれ  なら ない」。―使徒 23:10,11

パウロ  立ち止まっ て,カストラ  プラエトリア  見つめ    しれ ませ ん。それ   レンガ   ある 大きな 要塞 で,狭間 胸壁    あり,皇帝  護衛  行なっ     親衛   都市 警察  兵舎 でし た。そこ  は,親衛   12  歩兵   *と,都市 警察  幾つ   歩兵      思わ  ます。騎兵   その   含ま    まし た。カストラ  プラエトリア  皇帝  権威  象徴 でし た。親衛   ローマ  属州  囚人  対する 責任  負っ     で,ユリウス  囚人 たち  引き連れ   まし た。ローマ   主要  四つ    一つ  通っ  市内  入り ます。数 か月  わたる 危険    末,ようやく 囚人 たち  目的   連れ  来る こと  でき   です。―使徒 27:1‐3,43,44

使徒 は「妨げ られる こと なく」宣べ伝える

ローマ  向かう 途中,パウロ      受け,全員  難船  生き残る  告げ られ まし た。また,毒蛇  かま    危害  受け ず,マルタ   病人  癒やし,人々 から    言わ  まし た。こう   事柄  迷信 深い 親衛     話題  なっ  こと でしょ う。

パウロ は「“アピウス  市場”および“三軒宿”まで……出迎え    くれ た」兄弟 たち  すでに 会っ   まし た。(使徒 28:15)しかし,ローマ   良い たより  宣明  たい  願っ   まし た。囚人    あり ながら,どの よう  できる でしょ  か。(ロマ 1:14,15)囚人  まず 護衛    引き渡さ  た,と 考える    ます。もし そう   すれ ば,パウロ  おそらく,皇帝  次ぐ 地位     思わ れる 親衛   司令  アフラニウス  ブルス  もと  連れ  行か   こと でしょ う。 * いずれ    も,パウロ は,百  隊長   なく,親衛    兵士  監視  れる こと  なり ます。パウロ は,自分    借り て,「妨げ られる こと なく」訪問   宣べ伝える こと  許さ  ます。―使徒 28:16,30,31

 なる    なる   証し  する

今日  カストラ  プラエトリア  

ブルス  この   ネロ  提出 する  先立ち,司法   務め  一環   て,使徒 パウロ  宮殿  親衛   兵舎  尋問   よう です。パウロ は,「小 なる     なる    証し」する この 貴重  機会  逃す こと  あり ませ  でし た。(使徒 26:19‐23)ブルス  評価  どの よう  もの  あっ   せよ,パウロ  親衛   兵舎  監獄  収容     済み ます。 *

 パウロ  借り   は,「ユダヤ   主立っ  人々」や,「さらに 大勢    宿所  やっ   た」人々  迎え入れ  証言 できる ほど 広い もの でし た。親衛   兵士 たち は,パウロ  証言  いや応なく 聞かさ  まし た。パウロ  王国  イエス  つい て,ユダヤ  たち に「朝 から  まで」「徹底   証し」を する   聞い     です。―使徒 28:17,23

パウロ  捕らわれ    間,兵士 たち  パウロ  手紙  口述 する   聞い 

宮殿  警護  当たる 親衛  は,毎日  8   交替  まし た。パウロ  監視      兵士  一定  間隔  交替  まし た。パウロ  捕らわれ    2   間,兵士 たち は,パウロ  エフェソス   フィリピ 人,コロサイ 人,ヘブライ   クリスチャン たち  宛て  手紙  口述 する   聞い たり,フィレモン  いう クリスチャン  手紙  書く    たり    まし た。パウロ  逃亡 奴隷 オネシモ  個人   関心  示し,「獄  つなが   いる   その   な(り)」,主人  もと  送り返し まし た。(フィレ 10)監視  当たる 兵士 たち  も,パウロ  個人   関心  示し   違いあり ませ ん。(コリ 一 9:22)兵士 たち  様々  武具  目的  つい  質問 し,得 られ  情報  例え    用い   でしょ う。―エフェ 6:13‐17

 「神  言葉  恐れ   語る」

パウロ  投獄 は,親衛   全員  ほか  人々   で「良い たより(が)前進」する   役立ち まし た。(フィリ 1:12,13)カストラ  プラエトリア  兵士 たち は,ローマ 帝国 各地  人々 および 皇帝  その 大勢     たち  接触  あり まし た。家   たち  は,皇帝  親族   たち,奴隷 たち  おり,その    クリスチャン  なっ     ます。(フィリ 4:22)パウロ  大胆  証言  より,ローマ  兄弟 たち は「神  言葉  恐れ   語る」勇気   まし た。―フィリ 1:14

どんな 状況  置か     も,色々  世話    くれる  たち  証言 できる   しれ ない

わたしたち  とっ  も,ローマ  おける パウロ  証言 は,「み言葉 を……順調  時期   難しい 時期  も」宣べ伝える 励み  なり ます。(テモ 二 4:2)介護 施設  病院    外出 でき ない 兄弟 姉妹 たち や,信仰 ゆえに 投獄    いる  たち   ます。どんな 状況  置か     も,例えば,往診  来る 医師 たち や,色々  世話    くれる  たち など  証言 できる   しれ ませ ん。勇気  出し  あらゆる 機会  証言 する なら,「神  言葉  つなが   いる わけ  は(ない)」こと    当たり  する でしょ う。―テモ 二 2:8,9

^ 2節 「ネロ  時代  親衛 隊」の 囲み  参照。

^ 4節 ローマ  一歩 兵隊 は,最高 1,000   兵士  構成     まし た。

^ 7節 「セクストゥス  アフラニウス  ブルス」と いう 囲み  参照。

^ 9節 ヘロデ  アグリッパ  西暦 36   37 年,ティベリウス  カエサル  よっ  ここ  投獄   まし た。カリグラ  皇帝  なっ  ほしい   願い      ため です。カリグラ  皇帝  即位 する と,ヘロデ  報い    王権  授け ます。―使徒 12:1