アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2013年2月

心の意向に注意を払いなさい

心の意向に注意を払いなさい

「心  ほか  何物   勝っ  不実  あり,必死  なる」と,聖書  述べ   ます。(エレ 17:9)心  強く    欲する と,人  それ  行なう 口実  見つけ よう  する    ない でしょ  か。

聖書  こう 警告    ます。「心 から,邪悪  推論,殺人,姦淫,淫行,盗み,偽証,冒とく     ます」。(マタ 15:19)心   に,わたしたち  裏切っ たり,神  ご意志  反する 行動  正当   たり する こと  あり ます。そして,愚か  行ない    初めて,それ  気づく  です。では,間違っ  歩み  する  に,自分    意向  見極める     助け  なり ます か。

  意向  見極める ― どの よう に?

聖書  毎日 読む こと は,どの よう    感化  与える 

毎日 聖書  読み,読ん  事柄  黙想 する。

「神  言葉  生き   て,力  及ぼし,どんな もろ刃   より  鋭く,魂  霊,また 関節  その 骨髄  分ける まで  刺し通(す)」と 使徒 パウロ  書き まし た。聖書    見いださ れる   音信  よっ て,「心  考え  意向   見分ける こと  できる  です」。(ヘブ 4:12)自分  聖書    照らし  見る こと は,心  意向  見極める   とても 役立ち ます。ですから,毎日   言葉  読ん  黙想 する こと  本当  大切 です。その よう   て,エホバ  考え  見方  取り入れる こと  できる  です。

聖書  助言  受け入れ,その 原則  適用 する なら,「証し」を する 内面  機能,つまり 良心  感化  与える こと  でき ます。(ロマ 9:1)良心   は,間違っ  歩み  正当  する   とどめ  くれ ます。さらに,聖書   は,「わたしたち  対する 警告」と なる 悪い 手本  含ま    ます。(コリ 一 10:11)それら から 教訓  得る なら,間違っ  方向  進ま ない よう 守ら  ます。では,わたしたち 各人    行なう 必要  あり ます か。

祈り  よっ て,自分   なる   知る こと  できる

自分    意向  見極め られる よう,神  祈り 求める。

エホバ は「心  調べ られる 方」です。( 一 29:17)「わたしたち   より 大きく,すべて  こと  知っ  おら れ」ます。(ヨハ 一 3:20)神  欺く こと  でき ませ ん。祈り   で,自分  心配事,気持ち,願い  率直  述べる なら,エホバ    意向  見極め られる よう 助け  くださる でしょ う。「わたし  うち  浄い   創造   ください」と,祈る こと  できる  です。(詩 51:10)ですから,心  傾向  知る ため  は,祈り  いう 備え  見過ごし   なり ませ ん。

集会 は,心  意向  知る 助け  なる

集会 中,注意  集中 する。

集会  内容  注意  集中 する こと は,内 なる 人,つまり   正直  見つめる   役立ち ます。毎回  集会  必ずしも 新しい 情報  与え られる わけ   あり ませ  が,集会  出席 する なら,聖書  原則  大切  諭し  より 良く 理解 できる よう  なり,心  意向  分析 する   役立ち ます。また,兄弟 姉妹  注解 も,内 なる   精錬 する うえ  貴重  助け です。(箴 27:17)集会   定期   交わり  楽しま  に,自分  孤立  せる なら 悪い 影響  受ける こと  なり ます。「利己   願望  追い求める」こと  なり かね ない から です。(箴 18:1)それで,こう 自問 する   良い こと です。「わたし は,すべて  集会  出席 し,そこ から   受ける こと  習慣    いる だろ  か」。―ヘブ 10:24,25

  わたしたち  どこ  導く 

不実    導か れる まま  する なら,生活  様々  分野    踏み外す おそれ  あり ます。これ から 四つ  分野  つい  考え   ましょ う。物質 主義,飲酒,友達,レクリエーション です。

物質 主義。

物質  必要  満たし たい  願う   自然  こと です。しかし イエス は,物質  過度  重き  置か ない よう 警告   まし た。一つ  例え  用い て,ある 富ん    つい  考える よう 勧め  おら  ます。その     幾つ  所有    まし  が,穀物  満ち    ため,さらに 大量  穀物  収穫    貯蔵 でき ませ ん。それで,倉  取り壊し て,もっと 大きな もの  建て よう  考え,こう 言い ます。「そこ  わたし  穀物  良い   みんな 集める  だ。そして 自分    こう 言お う。『魂 よ,お前   たくさん  良い       ため  ある。楽   て,食べ て,飲ん で,楽しめ』」。しかし,この   決定   事実  見逃し   まし た。その   自分    終わる  です。―ルカ 12:16‐20

年齢  進む  つれ,老後  経済   安定  心配 する あまり,集会    残業    よい  考え たり,クリスチャン  責任  なおざり   たり する   しれ ませ ん。そう   傾向  注意 する 必要  あり ます。あなた は,全 時間 奉仕 こそ 最善     ある  思っ  いる 若者   しれ ませ ん。それでも,経済   安定   から  考え,開拓 奉仕  先延ばし   ます か。神  対し  富む ため に,今  きる 限り  こと  行なう べき   ない でしょ  か。自分  明日 生き  いる  どう   分から ない  です。

飲酒。

「ぶどう   多量  飲む 者……の 仲間  加わっ   なら ない」と,箴言 23  20   述べ   ます。アルコール 飲料  対する 渇望  ある と,常習   飲酒  正当  する よう  なる でしょ う。くつろぐ ため で,酔う ため   ない  言う   しれ ませ ん。もし,くつろぐ ため  アルコール  必要  する なら,それ  自分    傾向  正直  吟味  べき    しれ ませ ん。

友達。

もちろん,学校  職場  宣教 で,信者  ない    接触  避け られ ませ ん。しかし,不 信者  付き合っ たり,親しい 交友 関係  築い たり する  なれ ば,話  全く 違い ます。彼ら  良い 特質  たくさん 持っ  いる  言っ て,そう   交友  正当  する でしょ  か。「惑わさ    なり ませ ん。悪い 交わり  有益  習慣  損なう  です」と 聖書  警告    ます。(コリ 一 15:33)ほんの 少し  汚染 物質  きれい    汚す よう に,敬虔  専心  実践    ない    交友  よっ て,わたしたち  霊性  汚さ れ,世  同じ 見方  服装,話し方,振る舞い  する よう  なっ  しまう でしょ う。

レクリエーション。

現代  科学 技術  よっ て,あらゆる 種類  娯楽  手軽  楽しめる よう  なり まし た。しかし,その 多く  クリスチャン  とっ  好ましく ない,あるいは ふさわしく ない もの です。パウロ は,「あらゆる 汚れ……が   上る こと さえ あっ   なり ませ ん」と 書き まし た。(エフェ 5:3)では,何  汚れ  もの   たり 聞い たり  たく なっ たら どう でしょ  か。だれ   少し  気晴らし  レクリエーション  必要 で,どの よう  楽しむ   個人   事柄   考える   しれ ませ ん。しかし,パウロ  助言    留め,汚れ  もの     から 入っ   ない よう   ましょ う。

変化 できる

不実    傾向  負け て,間違っ  行動  正当         も,変化 する こと  でき ます。(エフェ 4:22‐24)現代  二つ  実例  考え   ましょ う。

ミゲル  * 物質  対する 見方  変え なけれ  なり ませ  でし た。こう 述べ   ます。「息子  わたしたち 夫婦 は,最新 かつ 最高  ハイテク 機器  家電 製品 など  重視  れる   住ん   まし た。この  から できる だけ 多く  もの   よう    時期  あり まし た。物質 主義  なら   そう できる  思っ   です。でも すぐ に,物質  追求   終わり  ない こと  気づき まし た。わたし は,自分  見方    意向  つい  エホバ  祈り,家族    あなた  十分 お仕え  たい  申し上げ まし た。そして,生活  簡素    必要  大きな 場所  移る 決定  でき まし た。もう すぐ 家族  開拓 奉仕  でき そう です。充実   幸福  生活  する  に,物質  あまり 必要  ない  いう こと  分かり まし た」。

リー  いう 兄弟  経験 は,悪い 交わり  絶つ うえ で,正直  自己 吟味  役立つ こと  示し   ます。こう 言っ   ます。「仕事  関係 で,よく 外国  業者 から 接待  受け まし た。お酒  たくさん 振る舞わ れる こと  分かっ     です が,楽しかっ    断わり ませ  でし た。泥酔 すれすれ  いう こと  多々 あり,いつも 後悔  まし た。自分    正直  吟味 する 必要  あり まし た。神  言葉  助言  長老 たち  提案 から,エホバ  愛し   ない  たち   交友  求め  いる こと  気づかさ  まし た。今  は,仕事  できる だけ 電話  済ませる よう  し,業者   接触  最小限  とどめ   ます」。

わたしたち は,自分  正直  なり,心  意向  見極める 必要  あり ます。その 際,「神    秘密  知っ  おら れる」こと  思い  留め,エホバ  助け  祈り 求め ましょ う。(詩 44:21)神 は,鏡  よう  役割  果たす,み言葉  備え  ください まし た。(ヤコ 1:22‐25)クリスチャン  出版   集会  与え られる 諭し  助言 も,貴重  助け です。こう   備え  通し て,わたしたち    守り,義    歩み 続ける こと  でき ます。

^ 18節 名前  変え  あり ます。