内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用)  |  2013年1月

喜んで自分を差し出した人たち ― ノルウェー

喜んで自分を差し出した人たち ― ノルウェー

   まで,ローアル  エルセベス  いう 夫婦 は,ノルウェー    都市 ベルゲン  快適  生活  送っ   まし た。当時  40  後半 で,娘 イサベル  息子 ファビアン    忠実  会衆  活動  参加    まし た。ローアル  長老   て,エルセベス  開拓     奉仕 し,子ども たち  伝道     頑張っ   まし た。

2009  9 月,この 家族  いつも   違う こと  行なう こと   まし た。1  間,孤立   地域  奉仕 する  です。ローアル  エルセベス  当時 18  だっ  ファビアン  連れ て,北極   ある,フィンマルク  ノールキュン   行き,ヒェレフィヨール  いう  で,やはり 宣べ伝える ため    兄弟 姉妹 たち  奉仕  まし た。ローアル  こう 述懐    ます。「この 特別  活動   1    費やせる よう 自分  事情  調整    で,週  初め  満足   浸っ   まし た」。しかし その   後半,気持ち  落ち着か なく なり まし た。何  起き   でしょ  か。

 思い  寄ら  誘い

ローアル  こう 述べ ます。「フィンマルク  開拓     奉仕   いる マリーヨ から 突然,ラクスエルブ  いう   引っ越し  来る   ない   尋ね られ まし た。奉仕  23  から 成る そこ  会衆  援助   ほしい  言わ    です」。ローアル  思い  寄ら  その 誘い  驚き まし た。こう 説明    ます。「妻  わたし は,必要  大きな    奉仕  つい  考え  こと  あり まし  が,それ は,将来,子ども たち  独立   から  こと   思っ   まし た」。それでも,この 孤立       奉仕   だけ で,人々  エホバ  つい  学び たい  願っ  いる   分かり まし た。人々 は,将来   なく,今 助け  必要     ます。「マリーヨ  言葉    かかり,数   よく 眠れ ませ  でし た」と ローアル  言い ます。その 後,ローアル  家族  マリーヨ  連れ られ て,ヒェレフィヨール から   240  ほど 離れ  ラクスエルブ  行き ます。マリーヨ  ラクスエルブ  小さな 会衆  じかに   もらい たい  願っ     です。

ラクスエルブ  は,会衆     長老  うち    アンドレアス が,区域  王国 会館  案内   くれ まし た。ローアル  家族  会衆 から 温か  歓迎  受け,王国    援助  ため  ここ  引っ越し    くれる なら 本当  うれしい  言わ  まし た。また,アンドレアス  笑み  浮かべ ながら,もう すでに ローアル  ファビアン  仕事  面接  お願い   ある,と 言い まし た。この 家族  どう する でしょ  か。

移動 する? し ない?

ファビアン  最初,「引っ越し たい  いう 気持ち  あり ませ ん」でし た。生ま  育っ  地元  会衆  親しい 友人 たち  別れ て,小さな   住む こと  気乗り  ませ  でし た。それ に,電気 技師  なる ため  教育  まだ 終わっ   ませ ん。一方,移動  つい  どう 思う  尋ね られ    イサベル(当時 21 歳)は,「そう   いと ずっ  思っ   た!」と 言い まし  が,「その こと  つい  もっと よく 考え たら,『本当  大丈夫 だろ  か。友達  会え なく なっ たら 寂しく ない だろ  か。慣れ親しん    会衆  とどまる ほう  いい    ない か』と  思い まし た」。母親  エルセベス  どう でしょ  か。こう 語っ   ます。「エホバ から わたしたち 家族  与え られ  割り当て   思い まし た。でも,リフォーム   ばかり  自宅  こと  25     増え  家財  こと    よぎり まし た」。

エルセベス  イサベル

特別  1    終わる と,ローアル  家族  ベルゲン  戻り まし た。しかし,2,100  離れ  ラクスエルブ  兄弟 姉妹  こと   から 離れ ませ ん。エルセベス  こう 言い ます。「エホバ  たくさん 祈り まし た。また,知り合い  なっ  兄弟 姉妹 たち と,写真  経験  交換   連絡  取り合い まし た」。ローアル    よう  述べ   ます。「移動 する 気持ち  固まる まで,時間  かかり まし た。また,現実   事柄  考える 必要  あり まし た。どう やっ  生計  立て たら いい か,と いう よう  こと です。何   エホバ  祈り,家族  経験 ある 兄弟 たち  話し合い まし た」。ファビアン  こう 振り返っ   ます。「考えれ  考える ほど,移動 でき ない  言える もっとも  理由  ない こと  気づき まし た。頻繁  エホバ  祈っ  ところ,移動  たい  いう 気持ち  強く なっ  いき まし た」。イサベル  どう でしょ  か。移動   場合  備え て,地元  開拓   なり,聖書  個人 研究   多く  時間  費やし まし た。そして,開拓 奉仕  始め  半年 後,“大 移動”の 用意  でき   感じ まし た。

目標  とらえる ため  行動 する

必要  大きな   奉仕  たい  いう 願い  深まる  つれ,この 家族  目標  とらえる ため  行動  起こし ます。ローアル は,やりがい  あり 給料  良い 仕事  就い   まし  が,1    休職  願い出 ます。ところが,雇い主 から パート 従業     とどまる   どうか  提案   ます。2   働き,6   休む  いう 条件 です。「収入  激減  まし  が,物事  うまく 運び まし た」と ローアル  言い ます。

エルセベス  こう 語っ   ます。「主人 から ラクスエルブ    見つけ,ベルゲン    借り手  探し  ほしい  言わ  まし た。時間  労力  かかり まし  が,そう でき まし た。しばらく する  子ども たち  パート  仕事  見つかり,食費  交通  など  出費  賄う   助け  くれ まし た」。

イサベル  こう 言い ます。「小さな   引っ越し   で,開拓     自活 する ため  仕事  見つける   本当  大変 でし た。もう だめ   思っ  こと  あり ます」。それでも,見つかっ  ちょっと   パート  仕事     行ない,最初    仕事  9  変わっ  もの の,出費  賄う こと   でき まし た。ファビアン  場合  どう でし  か。「電気 技師  課程  修了 する ため  は,見習い    働く こと  必要 でし た。それで,ラクスエルブ  そう  まし た。その 後,試験  合格 し,電気 技師  パート  仕事  見つけ まし た」と 述べ   ます。

ほか   たち  どの よう  奉仕  拡大   

サーミ   女性  証言   いる マレリヤス  ケシア,ノルウェー

マレリヤス    ケシア も,必要  大きな   奉仕  たい  思っ   まし た。現在 29   なる マレリヤス は,「大会  開拓 奉仕  つい     インタビュー  聞い て,自分  奉仕  拡大 する こと  考える よう  なり まし た」と 言っ   ます。一方,現在 26   ケシア  とっ て,家族 から 離れ    引っ越す こと  障害  なり まし た。「家族 から 遠く 離れ  しまう  考える だけ で,怖ろしく なり まし た」と 言い ます。さらに,マレリヤス    ローン  支払い  ため   時間 働い   まし た。「生活  調整  たい   助け  ください  いう 祈り  たくさん  まし た。エホバ  助け  くださっ    移動 でき まし た」と マレリヤス  述べ ます。二   まず,聖書  研究  もっと 多く  時間  費やす よう   まし た。次い  自宅  売却 し,仕事  やめ,2011  8   ノルウェー 北部  アルタ  移動  まし た。マレリヤス  会計    て,ケシア  店員    働き ながら,開拓 奉仕  行なっ   ます。

現在 30  半ば  なる 夫婦 クヌート  リスベト は,「年鑑」で,王国 伝道   必要  大きな 場所  奉仕   いる 兄弟 姉妹  関する 記述  読み,心  打た  まし た。リスベト  こう 語っ   ます。「それら  経験  読ん で,外国  奉仕 する こと  つい  考え させ られ まし た。でも,気後れ   まし た。わたし  よう  普通     でき そう  ない,と 感じ  から です」。それでも,二   目標  向かっ  努力  ます。クヌート    よう  述べ   ます。「住ん    アパート  売り,資金  蓄える ため      同居    もらい まし た。その 後,外国     働く   どう いう もの  知る ため に,1  間,ベルゲン  英語 会衆  移動  まし た。ベルゲン   リスベト  母親  同居  まし た」。クヌート  リスベト    なく,外国  移動 できる  感じ まし た。移動  は,何  ウガンダ です。二     2   ノルウェー  戻っ  仕事   ます。こう  て,残り     ウガンダ  生活   時間 奉仕  する ため  お金     ます。

「エホバ  善良  ある こと  味わい知れ」

「家族いっそう親密なりました」。―ローアル

これら  奉仕     言っ  いる でしょ  か。ローアル  こう 言い ます。「この 孤立   場所    から,ベルゲン   より  家族  過ごす 時間  多く なり,家族  いっそう 親密  なり まし た。また,子ども たち  霊的  進歩    できる   祝福 です。それ に,物質  こと  あまり    なく なり まし た。わたしたち 家族  とっ て,物質  それ ほど 重要   なくなり まし た」。

エルセベス    言語  学ぶ 必要  感じ まし た。どうして でしょ  か。ラクスエルブ 会衆  区域  は,カラショク  いう   含ま   おり,そこ  サーミ 族 ― ノルウェー,スウェーデン,フィンランド,ロシア  北部 地域  住む 先住  民 ― の 中心   から です。エルセベス は,その  たち    傾け  もらえる よう サーミ   講座  受講 し,今   サーミ   簡単  会話  できる よう  なり まし た。姉妹  この 新しい 区域   奉仕  楽しん  いる でしょ  か。目  輝かせ ながら,こう 言い ます。「聖書 研究  6  司会    ます。ほか  場所  行き たく  あり ませ ん」。

現在 開拓  また 奉仕      仕え  いる ファビアン は,イサベル    会衆  3      若者  援助   こと  つい  語っ   ます。3   会衆  活動  もっと 加わる よう 励まし  必要 でし た。今   3    活発  奉仕    ます。その うち    バプテスマ  受け,2012  3    補助 開拓     奉仕  まし た。そして,真理 から 漂い出そ   なっ        は,「また 頑張れる よう」助け  くれ  こと  ファビアン  イサベル  感謝  まし た。「その 言葉  聞い  本当  うれしく なり まし た。だれ   援助 する   喜び です」と ファビアン  語っ   ます。イサベル も,「割り当て られ  この  で,『エホバ  善良  ある こと  味わい 知』り   た」と 言い ます。(詩 34:8)そして こう 続け ます。「ここ   奉仕  本当  楽しい です」。

マレリヤス    ケシア  以前 より 質素  生活     ます が,より 豊か  人生  送っ   ます。移動   アルタ  会衆  は,現在 41   奉仕    ます。マレリヤス    よう  述べ ます。「振り返っ  みる と,生活  大きく 変わっ  こと  実感 し,元気づけ られ ます。ここ  開拓     エホバ  お仕え  きる こと  感謝    ます。これ 以上 充実   生活  ない  思っ   ます」。ケシア  こう 付け加え ます。「エホバ  もっと 依り頼む こと  学び まし た。そして エホバ  わたしたち  本当  よく 世話   くださっ   ます。また,親族  遠く 離れ  暮らす よう  なっ  から,親族  過ごす 時間  以前 より 大切  もの  見る よう  なり まし た。移動   こと  後悔   こと  あり ませ ん」。

ある 家族  研究  行なっ  いる クヌート  リスベト,ウガンダ

クヌート  リスベト  ウガンダ  元気  やっ  いる でしょ  か。クヌート  こう 伝え   ます。「新しい 環境  文化  順応 する   時間  かかり まし た。また,断水  停電,それ  お腹  こわす  いっ  こと  時々 あり ます。でも,聖書 研究  望む だけ 司会 できる  です」。リスベト  こう 言い ます。「わたしたち   から 30   行く と,良い たより  まだ 一度  伝え られ   ない 区域  幾つ  あり ます。それら  区域  は,人々  聖書  読ん   て,わたしたち  聖書  教え  ほしい  言い ます。そう   謙遜   たち  聖書  音信  伝える   感じる 喜び は,ほか   味わえ ませ ん」。

わたしたち  指導   ある キリスト  イエス は,ご自分  開始    宣べ伝える   ますます 多く  地域  なさ   いる    から ご覧  なり,本当  喜ん  おら れる  違いあり ませ ん。そう です,神   すべて は,心 から 喜ん  自ら  差し出し,「すべて    人々  弟子  し」なさい   イエス  命令  遂行   いる  です。―マタ 28:19,20