内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

読者からの質問

読者からの質問

真理​を​知る​前,私たち​夫婦​は​子ども​が​欲しく​て​体外​受精​を​受け​まし​た。受精​卵(胚)は​全部​が​使用​さ​れ​た​わけ​で​は​なく,その​幾つ​か​は​凍結​され​保存​さ​れ​て​い​ます。それら​は​今後​も​保存​す​べき​でしょ​う​か,それ​と​も​処分​し​て​も​よい​でしょ​う​か。

夫婦​は​体外​受精​を​受ける​場合,慎重​な​判断​を​要する​多く​の​道徳​上​また​倫理​上​の​問題​に​直面​し​ます。この​質問​は,その​よう​な​問題​の​一つ​です。それぞれ​の​夫婦​は,どう​す​べき​か​を​エホバ​の​み前​で​決定​する​と​いう​責任​を​負っ​て​い​ます。決定​する​に​当たり,この​生殖​補助​医療​の​全容​を​まず​把握​する​こと​は​有益​でしょ​う。

1978​年,英国​の​ある​女性​は,試験​管​ベビー​と​呼ば​れる​よう​に​なっ​た​子ども​を​初めて​生み​まし​た。その​女性​は,卵管​閉塞​に​よっ​て​精子​と​卵子​が​出会え​なかっ​た​ため,子ども​が​でき​ませ​ん​でし​た。医師​たち​は​手術​に​よっ​て​この​女性​から​成熟​し​た​卵子​を​取り出し,シャーレ​に​載せ,夫​の​精子​で​受精​さ​せ​まし​た。こう​し​て​でき​た​胚​は​培養​液​の​中​で​育ち,その​後​この​女性​の​子宮​に​移さ​れ,着床​し​まし​た。やがて,この​女性​は​女​の​子​を​出産​し​まし​た。この​方法,さらに​は​これ​に​類する​方法​は​体外​受精​と​呼ば​れる​よう​に​なり​まし​た。

国​に​よっ​て​細か​な​違い​は​ある​と​は​いえ,一般​に​体外​受精​は​次​の​よう​な​手順​で​行なわ​れ​ます。まず,妻​に​排卵​誘発​剤​が​数​週​に​わたっ​て​投与​され,卵巣​で​多く​の​卵子​が​作ら​れ​ます。夫​は​たいてい,マスターベーション​に​よっ​て​新鮮​な​精子​を​提供​し​ます。卵子​と​洗浄​さ​れ​た​精子​は​研究​室内​で​結合​さ​れ​ます。幾つ​か​の​卵子​が​受精​する​と,それら​は​分裂​を​始め,人​の​胚​に​なり​ます。一日​ほど​後,形成​さ​れ​て​間​も​ない​胚​は​注意深く​検査​され,欠陥​の​ある​もの​を​選り分け​ます。健康​で,着床​し​成長​し​て​ゆく​可能​性​の​高い​胚​を​残す​ため​です。三​日​目​ぐらい​に,妻​の​子宮​に​質​の​良い​胚​が​普通​は​一つ​だけ​で​なく,二つ​か​三つ​移さ​れ​ます。妊娠​の​可能​性​を​高める​ため​です。もし​一つ​か​それ​以上​の​胚​が​着床​する​なら​女性​は​妊娠​し,順調​に​いけ​ば​やがて​出産​し​ます。

しかし,子宮​に​移さ​れ​なかっ​た​胚​は​どう​なる​の​でしょ​う​か。それ​に​は,あまり​健康​で​は​なさ​そう​な​胚​や,欠陥​の​ある​胚​も​含ま​れ​ます。使わ​れ​なかっ​た​胚​は,放置​さ​れる​なら,早い​段階​で​そのまま​で​は​生き​続け​られ​なく​なり​ます。そう​なる​前​に,液体​窒素​で​凍結​さ​せる​こと​が​あり​ます。なぜ​でしょ​ う​か。1​回​目​の​体外​受精​が​成功​し​なかっ​た​場合,それら​の​胚​を​用い​て,もっと​低い​額​で​体外​受精​を​再度​行なえる​よう​に​する​ため​です。と​は​いえ,倫理​上​の​問題​が​持ち上がり​ます。冒頭​の​質問​を​提起​し​た​夫婦​の​場合​と​同じく,多く​の​人​は,凍結​し​た​胚​の​扱い​に​つい​て​苦慮​し​ます。これ​以上​子ども​は​要ら​ない​と​いう​場合​も​あり​ます。自分​たち​の​年齢​や​経済​力​を​考え,体外​受精​は​もう​受け​ない​こと​に​する​か​も​しれ​ませ​ん。多胎​妊娠​の​リスク​に​つい​て​考える​場合​も​ある​でしょ​う。 * 夫婦​の​一方​もしくは​両方​の​死亡​または​再婚​に​よっ​て​事情​が​複雑​に​なる​場合​も​あり​ます。この​よう​に,いろいろ​な​事情​を​考え​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​ため,保存​の​費用​を​何​年​も​払い​続ける​夫婦​も​い​ます。

2008​年​の​ニューヨーク​・​タイムズ​紙(英語)に,ある​研究​施設​の​主任​の​言葉​が​掲載​さ​れ​まし​た。それ​に​よる​と,多く​の​患者​は,使わ​れ​なかっ​た​胚​の​扱い​に​つい​て​大きな​悩み​を​抱える​と​の​こと​です。記事​に​は​こう​あり​ます。「国内​各地​の​クリニック​に​は​少なく​と​も​40万​個​の​胚​が​凍結​保存​され,その​数​は​毎日​増え​て​いる。……胚​は​適切​に​凍結​さ​れれ​ば​10​年​以上​生き​続ける​が,融解​の​際​に​すべて​が​生き延びる​わけ​で​は​ない」。(斜体​は​本誌。)クリスチャン​の​中​に​は,この​最後​の​点​を​考える​べき​要素​と​見る​人​も​い​ます。なぜ​でしょ​う​か。

体外​受精​に​よる​問題​の​対応​に​つい​て​考える​クリスチャン​の​夫婦​に​とっ​て,医療​に​関係​し​た​別​の​状況​に​目​を​向ける​こと​は​助け​に​なる​でしょ​う。クリスチャン​は,愛する​家族​が​末期​的​な​状態​に​あり,人工​呼吸​器​など​の​生命​維持​装置​に​よっ​て​命​を​保っ​て​いる​場合,その​扱い​に​つい​て​決定​し​なけれ​ば​なら​ない​こと​が​あり​ます。真​の​クリスチャン​は​医療​の​放棄​を​よし​と​は​し​ませ​ん。出エジプト​記 20​章​13​節​と​詩編 36​編​9​節​に​従っ​て,命​を​大切​な​もの​と​見​ます。「目ざめよ!」1974​年​7​月​22​日​号​に​も​こう​あり​ます。「聖書​の​原則​に​一致​し​た​生活​を​する​こと​を​願う​人びと​は,命​を​神聖​視​さ​れる​神​の​見方​を​尊重​する​の​で,自分​自身​の​良心​を​考慮​し,また​政治​上​の​法律​に​従っ​て,積極​的​な​安死​術​に​訴える​よう​な​こと​は​し​ない​でしょ​う」。それ​は,患者​の​生命​を​意図​的​に​終わらせる​ 行為​です。一方,愛する​家族​が​生命​維持​装置​に​全く​依存​し​て​命​を​保っ​て​いる​と​いう​状況​も​あり​ます。家族​は,その​よう​な​生命​維持​装置​の​使用​を​続ける​べき​か​どう​か​の​判断​を​求め​られ​ます。

もちろん​これ​は,体外​受精​を​受け​て​胚​を​保存​し​て​いる​夫婦​の​直面​する​状況​と​同じ​で​は​あり​ませ​ん。と​は​いえ,その​よう​な​夫婦​に​は​選択​肢​の​一つ​と​し​て,胚​を​液体​窒素​から​取り出し​て​解ける​に​任せる,と​いう​方法​を​提示​さ​れる​場合​が​あり​ます。凍結​装置​と​いう​人工​的​な​環境​に​置か​れ​なけれ​ば,その​胚​は​ほどなく​し​て​損なわ​れ,生き​続ける​こと​が​でき​ませ​ん。夫婦​は,その​よう​な​扱い​を​認める​か​どう​か​決定​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。―ガラ 6:7

ある​夫婦​は,妊娠​し​子ども​を​持つ​と​いう​目的​で​体外​受精​を​受け​た​の​だから,費用​を​払い続け​胚​を​そのまま​凍結​保存​し​て​おく,または​将来​子ども​を​持つ​時​に​使える​よう​に​する,と​いう​選択​を​する​か​も​しれ​ませ​ん。別​の​夫婦​は,凍結​さ​れ​た​胚​は​人工​的​な​手段​に​よっ​て​のみ​生き​続ける​の​だから,その​保存​を​やめ​て​も​よい​と​判断​する​か​も​しれ​ませ​ん。決定​を​迫ら​れる​クリスチャン​は,聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​を​神​の​み前​で​働か​せる​と​いう​責任​を​負い​ます。夫婦​は,汚れ​の​ない​良心​を​保つ​こと​を​願う​べき​で​あり,他​の​人​の​良心​に​も​配慮​を​払い​ます。―テモ​一 1:19

この​決定​を​する​クリスチャン​は,聖書​に​よっ​て​訓練​さ​れ​た​良心​を​神​の​み前​で​働か​せる​と​いう​責任​を​負う

生殖​内​分泌​の​一​専門​家​は,ほとんど​の​夫婦​が​凍結​さ​れ​た「胚​の​扱い​に​つい​て​決定​する​責任​の​ため​に​困惑​し,深く​苦悩​する」と​述べ​て​い​ます。そして,「多く​の​夫婦​に​とっ​て,こう​すれ​ば​よい​と​いう​答え​など​ない​よう​だ」と​結ん​で​い​ます。

真​の​クリスチャン​が​もし​体外​受精​を​考え​て​いる​と​し​た​なら,この​技術​を​用いる​こと​に​伴う​容易​なら​ぬ​状況​すべて​を​比較​考量​す​べき​です。聖書​は​こう​助言​し​て​い​ます。「災い​を​見​て​身​を​隠す​者​は​明敏​で​ある。しかし,経験​の​ない​者​たち​は​進ん​で​行っ​て,必ず​報い​を​身​に​受ける」。―箴 22:3

聖書​研究​を​し​て​いる​カップル​が​結婚​し​て​おら​ず,バプテスマ​を​受ける​こと​を​希望​し​て​い​ます​が,二​人​は​結婚​する​ため​の​法的​な​手続き​を​取れ​ませ​ん。男性​は​不法​滞在​者​で,政府​が​不法​滞在​者​の​結婚​を​認め​て​い​ない​から​です。二​人​は“忠実​を​誓う​宣言​書”に​署名​し​て​バプテスマ​を​受ける​こと​が​でき​ます​か。

それ​は​解決​策​に​思える​か​も​しれ​ませ​ん​が,聖書​的​な​解決​法​で​は​あり​ませ​ん。なぜ​でしょ​う​か。その​理由​を​知る​ため​に,まず“忠実​を​誓う​宣言​書”の​目的​と,その​書類​が​必要​に​なっ​た​経緯,また​どんな​場合​に​どの​よう​に​使う​の​か​を​考え​ましょ​う。

この​書類​は,これ​から​挙げる​理由​で​結婚​でき​ない​一​組​の​男女​が,証人​たち​の​立ち会い​の​もと​に​署名​する​宣言​書​です。この​書類​の​中​で​二​人​は,互い​に​対し​て​忠実​を​誓い,可能​に​なっ​た​時​に​は​結婚​の​ため​の​法的​な​手続き​を​取る​こと​を​誓約​し​ます。会衆​は,二​人​が​神​と​人​の​前​で​互い​に​対し​て​忠実​を​誓っ​た​と​みなす​でしょ​う。こう​し​て​その​二​人​の​結びつき​を,あたかも​民事​当局​に​よっ​て​有効​と​され​た​婚姻​関係​の​よう​に​扱える​でしょ​う。

“忠実​を​誓う​宣言​書”は​なぜ,また​どんな​場合​に​用い​られる​の​でしょ​う​か。エホバ​は​人間​の​結婚​を​創始​し,それ​を​非常​に​重んじ​て​おら​れ​ます。エホバ​の​み子​は,「神​が​くびき​で​結ば​れ​た​もの​を,人​が​離し​て​は​なり​ませ​ん」と​語り​まし​た。(マタ 19:5,6。創 2:22‐24)さらに,「だれ​で​も,淫行[性的​不​道徳]以外​の​理由​で​妻​を​離婚​し​て​別​の​女​と​結婚​する​者​は,姦淫​を​犯す​の​です」と​も​述べ​て​い​ます。(マタ 19:9)離婚​の​唯一​の​根拠​は「淫行」つまり​性的​不​道徳​で​あり,それ​に​よっ​て​聖書​的​に​見​て​婚姻​関係​を​終わらせる​こと​ が​でき​ます。例​を​挙げ​ましょ​う。夫​が​結婚​関係​外​で​性​関係​を​持つ​なら,潔白​な​側​の​妻​は​夫​と​離婚​する​か​どう​か​を​決定​でき​ます。もし​離婚​する​なら,妻​は​他​の​人​と​結婚​する​自由​を​得​ます。

ところ​が​ある​国​や​地域​で​は,主流​派​の​教会​が​聖書​の​こう​し​た​明確​な​立場​を​認め​て​い​ませ​ん。とりわけ​過去​に​その​よう​な​姿勢​が​顕著​に​見​られ​まし​た。そう​し​た​教会​は,いかなる​理由​に​よっ​て​も​離婚​は​でき​ない​と​教え​て​い​ます。その​ため,教会​が​強い​影響​力​を​行使​し​て​き​た​土地​の​中​に​は,離婚​が​民事​法​で​規定​さ​れ​て​い​ない​ところ​も​あり​ます。イエス​が​述べ​た​有効​な​根拠​に​よる​離婚​も​認め​られ​て​い​ない​の​です。別​の​国​や​地域​で​は,離婚​は​可能​で​は​あり​ます​が,手続き​が​非常​に​煩雑​で​大変​な​労力​を​要し,膨大​な​時間​が​かかり​ます。離婚​まで​に​幾​年​も​の​歳月​が​必要​な​場合​も​あり​ます。それ​は,神​が​認め​て​おら​れる​もの​を​教会​や​政府​が「妨げ」て​いる​よう​な​状況​です。―使徒 11:17

例えば,ある​カップル​が,離婚​が​不可能,または​認め​られる​の​が​極めて​困難​で,成立​する​まで​に​おそらく​何​年​も​かかる​と​いう​国​に​住ん​で​いる​と​し​ましょ​う。二​人​は,法的​な​婚姻​関係​を​終わらせる​ため​道理​に​かなっ​た​努力​を​すべて​払い,神​の​視点​から​見​て​結婚​する​資格​に​かなう​なら,“忠実​を​誓う​宣言​書”に​署名​でき​ます。これ​は,その​よう​な​国​や​地域​の​クリスチャン​会衆​に​適用​さ​れる,憐れみ​ある​備え​です。この​備え​は,離婚​が​可能​な​他​の​多く​の​国​で​は​適用​さ​れ​ませ​ん。離婚​に​かなり​の​出費​が​伴い,手続き​が​煩雑​で​ある​と​し​て​も,当てはまり​ませ​ん。

離婚​の​可能​な​土地​に​住む​人​の​中​に​は,“忠実​を​誓う​宣言​書”の​主旨​を​理解​せ​ず​に,それ​に​署名​し​たい​と​いう​意向​を​述べる​人​たち​が​い​ます。それ​は​単に,煩雑​で​不便​な​方法​を​回避​し​たい​と​思っ​て​の​こと​です。

今回​の​質問​の​場合,同棲​と​いう​不​道徳​な​生活​を​し​て​いる​男女​同士​が​結婚​し​たい​と​思っ​て​い​ます。どちら​の​側​も​聖書​的​に​は​自由​です。以前​の​配偶​者​と​の​結びつき​が​解消​さ​れ​て​い​ない,と​いう​状況​で​は​ない​の​です。ですが,男性​は​不法​滞在​者​で​あり,政府​は​そう​し​た​外国​人​の​ため​の​婚姻​の​手続き​は​扱っ​て​い​ませ​ん。(カップル​の​一方​または​双方​が​法的​な​居住​権​を​得​て​い​ない​場合​で​も,当局​が​結婚​を​認める​国​や​地域​も​少なく​あり​ませ​ん。)いま​考え​て​いる​ケース​の​場合,その​国​に​は​離婚​の​ため​の​規定​が​あり​ます。ですから,“忠実​を​誓う​宣言​書”に​署名​する​と​いう​選択​肢​は​当てはまり​ませ​ん。この​二​人​の​事例​は,どちら​か​一方​が​離婚​を​成立​さ​せる​必要​が​ある​の​に​それ​が​認め​ら​ない,と​いう​もの​で​は​あり​ませ​ん。どちら​の​側​に​も​結婚​する​自由​は​ある​の​です。では,男性​が​不法​滞在​者​で​ある​と​いう​状況​に​照らし​て,二​人​に​は​何​が​でき​ます​か。男性​の​その​立場​が​問題​に​され​ない​国​に​行く​必要​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,もし​男性​が​いま​居住​し​て​いる​国​に​合法​的​に​滞在​できる​よう​に​する​ため​の​手段​を​講じる​なら,その​国​で​結婚​する​こと​さえ​可能​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん。

この​カップル​の​場合​も,生活​を​神​の​規準​と​カエサル​の​律法​に​合わせる​こと​は​可能​です。(マル 12:17。ロマ 13:1)そう​する​こと​が​期待​さ​れ​て​い​ます。その​後,バプテスマ​の​資格​に​かなう​こと​でしょ​う。―ヘブ 13:4

^ 6節 発育​中​の​胎児​に​異常​が​見​られる​よう​に​思える​場合​や,複数​の​胚​が​着床​し​た​場合​は​どう​でしょ​う​か。妊娠​を​意図​的​に​中止​する​こと​は​中絶​に​当たり​ます。体外​受精​で​は,多胎​妊娠(双子,三つ子​や​それ​以上)の​可能​性​は​高く​なる​傾向​が​あり,早産​や​母体​から​の​出血​など​の​リスク​は​大きく​なり​ます。複数​の​胎児​を​身ごもっ​た​場合,母親​は​減数​手術​に​より​一​人​か​それ​以上​の​胎児​を​堕ろす​よう​強く​勧め​られる​こと​が​あり​ます。これ​は​意図​的​な​中絶​で​あり,殺人​に​等しい​もの​です。―出 21:22,23。詩 139:16