内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

人生において真の成功を得る

人生において真の成功を得る

「あなた​は​自分​の​道​を​成功​さ​せ,賢く​行動​できる」。―ヨシュ 1:8

1,2. (イ)多く​の​人​は​何​を​成功​の​尺度​に​し​ます​か。(ロ)自分​が​何​を​成功​と​考え​て​いる​か​を​どの​よう​に​見定める​こと​が​でき​ます​か。

人生​に​おける​成功​と​は​何​でしょ​う​か。この​問い​に​対する​答え​は,人​に​よっ​て​大きく​異なる​でしょ​う。経済​面​で,あるいは​仕事​や​学業​の​面​で​成し遂げ​た​事柄​を​成功​の​尺度​に​する​人​は​少なく​あり​ませ​ん。人​と​の​かかわり,例えば​家族​や​友人​や​職場​の​同僚​と​の​良い​関係​で​判断​できる​と​考える​人​も​い​ます。また,神​に​仕える​人​の​中​に​も​成功​を,会衆​で​の​責任​ある​立場​や​宣教​で​成し遂げ​た​事柄​と​結びつける​人​が​い​ます。

2 自分​が​何​を​成功​と​考え​て​いる​か​を​見定める​ため​に,成功​し​た​と​あなた​が​見​て​いる​人​の​名前​を​書き出す​こと​が​でき​ます。つまり,あなた​が​引か​れ​尊敬​する​人​たち​です。挙げ​た​人​たち​に​は​どんな​共通​点​が​あり​ます​か。お金持ち,または​有名​で​ある​と​いう​こと​です​か。目立っ​た​立場​に​ある​と​いう​こと​です​か。その​答え​は​心​に​ある​もの​を​明らか​に​し,あなた​の​行なう​選択​や,目標​に​大きな​影響​を​与える​でしょ​う。―ルカ 6:45

3. (イ)ヨシュア​は​自分​の​道​を​成功​さ​せる​ため​に​何​を​す​べき​でし​た​か。(ロ)これ​から​どんな​こと​を​取り上げ​ます​か。

3 最も​重要​な​の​は​エホバ​から​見​て​成功​を​収め​て​いる​か​どう​か​です。わたしたち​の​命​は​エホバ​の​是認​を​得る​こと​に​かかっ​て​いる​から​です。エホバ​は​ヨシュア​に,イスラエル​人​を​約束​の​地​に​導き入れる​と​いう​重要​な​割り当て​を​与え​た​際,モーセ​の​律法​を「昼​も​夜​も」読み,そこ​に​記さ​れ​て​いる​事柄​を​注意深く​守る​よう​お命じ​に​なり​まし​た。そして,「そう​すれ​ば​あなた​は​自分​の​道​を​成功​さ​せ,賢く​行動​できる」と​保証​なさい​まし​た。(ヨシュ 1:7,8)ご承知​の​とおり,ヨシュア​は​成功​を​収め​まし​た。わたしたち​は​どう​です​か。成功​に​対する​自分​の​見方​が​神​の​見方​と​一致​し​て​いる​か​どう​か,どう​すれ​ば​分かり​ます​か。それ​を​知る​ため​に,聖書​中​の​二​人​の​人物​の​生き方​を​取り上げ​ましょ​う。

 ソロモン​は​人生​に​おい​て​成功​を​得​た​か

4. ソロモン​は​成功​し​た​と​なぜ​言え​ます​か。

4 ソロモン​は​多く​の​点​で​際立っ​た​成功​を​収め​まし​た。なぜ​そう​言え​ます​か。多年​に​わたっ​て​エホバ​を​恐れ,エホバ​に​従い,大いに​祝福​さ​れ​た​から​です。ソロモン​王​は​エホバ​から​願い​を​述べる​よう​勧め​られ​た​時,民​を​導く​ため​の​知恵​を​求め​まし​た。神​は​祝福​と​し​て​知恵​も​富​も​お与え​に​なり​まし​た。列王​第​一 3:10‐14​を​読む。ソロモン​の​知恵​は「すべて​の​東洋​人​の​知恵​と,エジプト​の​すべて​の​知恵​と​に​勝っ​て​膨大​で」,その​名声​は「周囲​の​すべて​の​国々​の​民」に​知ら​れる​よう​に​なり​まし​た。(王​一 4:30,31)財産​と​いう​点​で​は,金​だけ​で​も​毎年​22​㌧​以上​も​入っ​て​来​た​の​です。(代​二 9:13)外交​手腕​や​建設​や​通商​の​面​で​も​才能​を​発揮​し​まし​た。神​の​み前​で​良い​立場​を​保っ​て​い​た​間​は,確か​に​成功​し​て​い​た​の​です。―代​二 9:22‐24

5. 神​から​見​て​成功​し​て​いる​人​に​つい​て,ソロモン​が​述べ​た​結論​は​どの​よう​な​もの​です​か。

5 ソロモン​は,資産​家​や​目立っ​た​地位​に​ある​人​で​なけれ​ば​達成​感​や​喜び​は​得​られ​ない​と​いう​思い違い​を​し​て​は​い​ませ​ん​でし​た。「伝道​の​書」に​次​の​よう​に​書い​て​い​ます。「わたし​は,人​の​生き​て​いる​間​に​歓び,良い​こと​を​する​以上​に​彼ら​に​とっ​て​良い​もの​は​何​も​ない​こと​を,また,人​は​みな,食べ,まさしく​飲み,その​すべて​の​骨折り​に​よっ​て​良い​こと​を​見る​べき​で​ある​の​を​知る​よう​に​なっ​た。それ​は​神​の​賜物​な​の​で​ある」。(伝 3:12,13)ソロモン​は​また,そう​し​た​楽しみ​事​は,神​の​是認​を​得,神​と​良い​関係​に​ある​人​に​こそ​真に​有意義​な​もの​と​なる​こと​を​知っ​て​い​まし​た。適切​に​も​こう​述べ​て​い​ます。「すべて​の​こと​が​聞か​れ​た​いま,事​の​結論​は​こう​で​ある。まこと​の​神​を​恐れ,その​おきて​を​守れ。それ​が​人​の​務め​の​すべて​だ​から​で​ある」。―伝 12:13

6. 真​の​成功​と​は​何​か​を​考える​うえ​で,ソロモン​の​手本​から​どんな​点​を​学べ​ます​か。

6 ソロモン​は​多年​に​わたっ​て​神​へ​の​恐れ​を​抱い​て​歩み​まし​た。「その​父​ダビデ​の​法令​に​したがって​歩む​こと​に​より,エホバ​を​愛し​続け​た」と​ある​とおり​です。(王​一 3:3)これ​は​まさに​成功​で​は​ない​でしょ​う​か。ソロモン​は​神​の​導き​の​もと​に,真​の​崇拝​の​ため​の​壮麗​な​神殿​を​建て,聖書​の​三つ​の​書​を​筆記​し​まし​た。わたしたち​は,そこ​まで​は​でき​ない​でしょ​う。それでも,ソロモン​が​神​に​忠実​で​あっ​た​時​の​手本​から,真​の​成功​と​は​何​か​を​見極め,自分​の​歩み​を​成功​さ​せる​こと​は​でき​ます。この​点​で,ソロモン​が​霊感​の​もと​に​記し​た​次​の​こと​を​銘記​する​の​は​益​と​なり​ます。今日​の​ほとんど​の​人​が​成功​の​規準​と​みなす​もの,すなわち​富​や​知恵​や​名声​や​権力​は​むなしい,と​いう​こと​です。それら​は​実際​に​は​空虚​で,「風​を​追う​よう​な​もの」です。富​を​愛する​人​たち​の​願望​に​は​際限​が​ない​の​で​は​あり​ませ​ん​か。しかも,すでに​持っ​て​いる​もの​に​つい​て​も​心配​は​尽き​ませ​ん。さらに​言え​ば,それら​の​富​は​いずれ​他​の​人​の​手​に​渡り​ます。―伝道​の​書 2:8‐11,17; 5:10‐12​を​読む。

7,8. ソロモン​は​どの​よう​に​し​て​不​忠実​に​なり​まし​た​か。どんな​結果​に​なり​まし​た​か。

7 ソロモン​が​結局​は​忠実​で​従順​な​歩み​から​それ​て​しまっ​た​こと​も,知っ​て​おら​れる​でしょ​う。神​の​言葉​に​は​こう​あり​ます。「ソロモン​が​年老い​た​時,その​妻​たち​が​彼​の​心​を​傾け​させ​て,ほか​の​神々​に​従わせ​た​の​で,その​心​は​父​ダビデ​の​心​の​よう​に,その​神​エホバ​と​全く​一致​し​て​は​い​なかっ​た。……ソロモン​は​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない​はじめ(た)」。―王​一 11:4‐6

8 エホバ​が​不快​に​思わ​れ​た​の​も​当然​です。こう​告げ​て​おら​れ​ます。「あなた​は​わたし​が​命じ​て​課し​た​わたし​の​契約​と​法令​を​守ら​なかっ​た​の​で,わたし​は​必ず​王国​を​あなた​から​裂き取り,それ​を​必ず​あなた​の​僕​に​与える」。(王​一 11:11)何​と​悲惨​な​こと​でしょ​う。ソロモン​は​多く​の​点​で​成功​し​て​き​た​に​も​かかわら​ず,後​に​エホバ​を​失望​さ​せ​て​しまっ​た​の​です。人生​で​最も​重要​ な​事柄,つまり​神​に​忠実​で​ある​と​いう​点​で​失敗​し​まし​た。わたしたち​各人​は,「ソロモン​の​生涯​から​教訓​を​得​て,自分​の​歩み​を​成功​さ​せる​こと​を​決意​し​て​いる​だろ​う​か」と​自問​でき​ます。

人生​に​おい​て​真に​成功​を​得​た​人

9. 世​の​規準​から​する​と,パウロ​は​成功​し​て​い​まし​た​か。説明​し​て​ください。

9 使徒​パウロ​の​生涯​は​ソロモン​王​の​生涯​と​大きく​異なっ​て​い​まし​た。象牙​の​王座​や​王​たち​と​の​宴​は,パウロ​に​は​無縁​の​事柄​でし​た。むしろ,時​に​飢え​と​渇き​と​寒さ​と​裸​を​経験​し​まし​た。(コリ​二 11:24‐27)イエス​を​メシア​と​し​て​認め​た​時​から,ユダヤ​人​の​宗教​の​中​で​誉れ​ある​地位​を​失い​まし​た。それ​ばかり​か,ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​たち​に​憎ま​れ​まし​た。投獄​さ​れ,むち​で​打た​れ,棒むち​で​たたか​れ,石打ち​に​され​まし​た。自分​も​仲間​の​クリスチャン​たち​も,ののしら​れ,迫害​さ​れ,名誉​を​損なわ​れ​た​と​率直​に​述べ​て​い​ます。「わたしたち​は,今​に​至る​まで,世​の​くず,すべて​の​もの​の​かす​の​よう​に​なっ​て​き​まし​た」と​書い​て​い​ます。―コリ​一 4:11‐13

サウロ​は​人間​の​規準​から​すれ​ば,成功​へ​の​道のり​を​歩ん​で​いる​か​に​見え​た

10. パウロ​は​成功​する​機会​を​棒​に​振っ​た​と​見​られ​た​か​も​しれ​ませ​ん。なぜ​そう​言え​ます​か。

10 使徒​パウロ​は,サウロ​と​いう​若者​の​時​に​は​前途​有望​と​見​られ​た​こと​でしょ​う。おそらく​良家​の​出​で​あっ​た​パウロ​は,尊敬​さ​れ​た​教師​ガマリエル​の​もと​で​学び​まし​た。「自分​の​民族​の​同​年輩​の​多く​の​者​に​勝っ​て​ユダヤ​教​に​進ん​で​い​まし​た」と​後​に​書い​て​い​ます。(ガラ 1:14)ヘブライ​語​と​ギリシャ​語​に​堪能​で,ローマ​の​市民​権​を​持っ​て​い​まし​た。それ​は​種々​の​権利​を​伴う,だれ​も​が​欲しがる​もの​でし​た。世​で​の​成功​を​追い求め​て​い​た​なら,目立っ​た​立場​と​経済​的​な​安定​を​得​て​い​た​はず​です。それでも,他​の​人​から​すれ​ば​全く​愚か​と​思える​歩み方​を​選び​まし​た。たぶん​親族​の​中​に​も​そう​思っ​た​人​が​い​た​こと​でしょ​う。なぜ​そう​し​た​の​でしょ​う​か。

11. パウロ​は​どんな​事柄​を​大切​に​見,どんな​目標​を​重視​し​まし​た​か。なぜ​です​か。

11 パウロ​は​エホバ​を​愛し​て​おり,富​や​人々​の​間​で​目立つ​こと​より​も,エホバ​の​是認​を​得る​こと​を​望み​まし​た。真理​の​正確​な​知識​を​得​た​の​で,贖い,クリスチャン​の​奉仕​の​務め,天​で​の​命​の​希望​など​を​大切​に​見る​よう​に​なり​まし​た。これら​は​概して,世​の​人​が​目​も​くれ​ない​事柄​です。パウロ​は,解決​す​べき​論争​が​ある​こと​を​理解​し​まし​た。サタン​は,神​に​仕える​歩み​を​人間​に​やめ​させる​こと​が​できる​と​主張​し​て​い​まし​た。(ヨブ 1:9‐11; 2:3‐5)パウロ​は​どんな​試練​が​来​よう​と​も,神​に​忠実​を​保ち,忍耐​し​て​真​の​崇拝​を​続ける​こと​を​決意​し​まし​た。この​目標​が,世​で​成功​の​ため​の​かぎ​と​し​て​見​られる​こと​は​まず​あり​ませ​ん。

パウロ​は​真​の​成功​を​収め​た

12. あなた​が​神​に​希望​を​託す​こと​に​し​た​の​は​なぜ​です​か。

 12 あなた​も​パウロ​と​同じ​決意​を​抱い​て​い​ます​か。忠実​を​保っ​て​生活​する​の​は​必ずしも​簡単​で​は​あり​ませ​ん​が,エホバ​の​祝福​と​是認​を​もたらし​ます。それ​こそ​が​真​の​成功​な​の​です。(箴 10:22)いま​益​を​得,将来​も​確実​に​祝福​さ​れ​ます。マルコ 10:29,30​を​読む。ですから,是非とも「不​確か​な​富​に​で​は​なく,わたしたち​の​楽しみ​の​ため​に​すべて​の​もの​を​豊か​に​与え​て​くださる​神​に​希望​を​託」し​ましょ​う。わたしたち​は「自分​の​ため,将来​に​対する​りっぱ​な​土台​を​安全​に​蓄え,こう​し​て​真​の​命​を​しっかり​とら​え」ます。(テモ​一 6:17‐19)次​の​こと​を​全く​確信​でき​ます。今​から​100​年​後,1,000​年​後,また​もっと​先​に​も,過去​を​振り返る​時,「自分​は​間違い​なく​本当​の​成功​の​道​を​選ん​だ」と​言える​の​です。

あなた​の​宝​の​ある​所

13. 宝​を​蓄える​こと​に​つい​て,イエス​は​どんな​助言​を​与え​まし​た​か。

13 イエス​は,宝​に​つい​て​こう​言わ​れ​まし​た。「あなた方​は​自分​の​ため​に​地上​に​宝​を​蓄える​の​を​やめ​なさい。そこ​で​は​蛾​や​さび​が​食い尽くし,また​盗人​が​押し入っ​て​盗み​ます。むしろ,自分​の​ため​に​天​に​宝​を​蓄え​なさい。そこ​で​は​蛾​も​さび​も​食わ​ず,盗人​が​押し入っ​て​盗む​こと​も​あり​ませ​ん。あなた​の​宝​の​ある​所,そこ​に​あなた​の​心​も​ある​の​です」。―マタ 6:19‐21

14. 地上​の​宝​を​求める​の​が​賢明​で​ない​の​は​なぜ​です​か。

14 地上​の​宝​は,お金​に​限ら​れ​て​は​い​ませ​ん。ある​意味,人間​の​視点​で​の​成功​に​つい​て​ソロモン​が​記し​た​事柄,すなわち​威信,名声,権力​など​が​どれ​も​当てはまり​ます。ソロモン​が「伝道​の​書」で​述べ​た​の​と​同様​の​考え,つまり​世​の​宝​は​永続​し​ない​と​いう​点​を​イエス​も​指摘​し​て​い​ます。あなた​も​周囲​の​世界​を​見​て​お気づき​でしょ​う​が,そう​し​た​宝​は​どれ​も​朽ち​やすく,すぐ​に​失わ​れ​て​しまい​ます。その​種​の​宝​に​つい​て,F​・​デール​・​ブルナー​教授​は​次​の​よう​に​書い​て​い​ます。「よく​知ら​れ​て​いる​こと​だ​が,名声​は​移ろい​やすい。この​前​の​土曜​日​に​脚光​を​浴び​た​選手​は,翌​シーズン​に​は​もう​い​ない。財界​に​おける​今年​の​成功​者​は,翌年​に​は​破産​し​て​いる。……[イエス​は]人間​を​愛し​て​おら​れる。はか​ない​栄光​に​付きもの​の​失意​を​経験​せ​ず​に​すむ​よう​強く​勧め​て​いる。栄光​は​長続き​し​ない。イエス​は​弟子​たち​が​落胆​する​こと​を​望ん​で​は​い​ない。『世​の​中​で​は​頂点​に​立つ​人​が​毎日​の​よう​に,あっけなく​その​座​を​追い落とさ​れ​て​いる』」。ほとんど​の​人​は​この​言葉​に​同意​する​でしょ​う。それでも,この​現実​を​見据え​て​生き方​を​変え​よう​と​する​人​は​どれ​ほど​いる​でしょ​う​か。あなた​は​いかが​です​か。

15. わたしたち​は​どの​よう​な​面​で​成功​する​よう​努める​べき​です​か。

15 宗教​家​の​中​に​は,成功​を​求める​の​は​よく​ない​こと​で​あり,成功​を​目指す​態度​は​すべて​抑制​す​べき​で​ある,と​教える​人​が​い​ます。しかし, イエス​は​成功​する​ため​の​努力​すべて​を​非​と​し​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,正しい​方向​に​努力​を​傾ける​よう​弟子​たち​を​諭し,朽ち​ない​宝​を「天​に」蓄える​よう​に​と​説い​た​の​です。わたしたち​が​第​一​に​願う​べき​な​の​は,エホバ​の​観点​で​成功​する​よう​努める​こと​です。イエス​の​言葉​から,人​は​何​を​追い求める​か​を​選べる​こと​が​分かり​ます。と​は​いえ​結局​の​ところ,心​に​ある​もの,自分​に​とっ​て​価値​ある​もの​を​追い求め​ます。

16. わたしたち​は​何​に​全幅​の​信頼​を​置け​ます​か。

16 エホバ​を​喜ばせ​たい​と​いう​願い​が​心​に​ある​なら,エホバ​は​必要​な​もの​が​備わる​よう​に​し​て​くださる​と​確信​でき​ます。エホバ​は​わたしたち​が​使徒​パウロ​と​同様,一時​的​に​飢え​や​渇き​を​経験​する​こと​を​お許し​に​なる​こと​が​あり​ます。(コリ​一 4:11)それでも,イエス​の​次​の​賢明​な​勧め​の​言葉​に​全幅​の​信頼​を​置け​ます。「思い煩っ​て,『わたしたち​は​何​を​食べる​の​か』,『何​を​飲む​の​か』,『何​を​身​に​着ける​の​か』など​と​言っ​て​は​なり​ませ​ん。これら​は​みな,諸​国民​が​しきり​に​追い求め​て​いる​もの​な​の​です。あなた方​の​天​の​父​は,あなた方​が​これら​の​もの​を​すべて​必要​と​し​て​いる​こと​を​知っ​て​おら​れる​の​です。ですから,王国​と​神​の​義​を​いつも​第​一​に​求め​なさい。そうすれば,これら​ほか​の​もの​は​みな​あなた方​に​加え​られる​の​です」。―マタ 6:31‐33

神​の​観点​から​成功​する

17,18. (イ)真​の​成功​は​何​に​依存​し​て​い​ます​か。(ロ)成功​は​何​に​は​依存​し​て​い​ませ​ん​か。

17 要点​は​次​の​とおり​です。真​の​成功​は,成し遂げ​た​事柄​や​世​の​人々​の​目​から​見​た​立場​に​依存​し​て​は​い​ない,と​いう​点​です。さらに​言え​ば,クリスチャン​の​取り決め​の​中​に​おける​特定​の​責任​に​よっ​て​測れる​わけ​で​も​あり​ませ​ん。もちろん,その​よう​な​祝福​は,成功​の​真​の​基盤​で​ある​神​へ​の​従順​また​忠実​さ​と​無​関係​な​わけ​で​は​あり​ませ​ん。神​は,「家令​に​求め​られる​の​は,忠実​で​ある​こと​です」と​述べ​て​おら​れる​から​です。(コリ​一 4:2)しかも,忠実​さ​を​貫か​なけれ​ば​なら​ない​の​です。イエス​は,「終わり​まで​耐え忍ん​だ​人​が​救わ​れる​者​です」と​語り​まし​た。(マタ 10:22)救わ​れる​と​いう​の​は,成功​し​た​こと​の​紛れ​も​ない​証拠​で​は​ない​でしょ​う​か。

18 これら​の​点​を​考える​と,神​へ​の​忠実​さ​は​目立つ​こと,教育​レベル,財産​の​有無,社会​的​な​立場​と​は​何​の​関係​も​ない​こと​が​分かる​でしょ​う。また,忠実​さ​は​知性​や​才能​や​能力​に​依存​し​て​いる​わけ​で​も​あり​ませ​ん。どんな​状況​に​置か​れ​て​も,神​に​忠実​で​ある​こと​は​可能​です。1​世紀​の​神​の​民​の​中​に​は,富ん​だ​人​も​貧しい​人​も​い​まし​た。富ん​だ​人​に​対し​て​パウロ​は,「善​を​行ない,りっぱ​な​業​に​富み,惜しみなく​施し,進ん​で​分け​合」う​よう​助言​し​まし​た​が,それ​は​当​を​得​た​もの​でし​た。同時​に,富ん​だ​人​も​貧しい​人​も,「真​の​命​を​しっかり​とらえる」こと​が​でき​まし​た。(テモ​一 6:17‐19)この​こと​は​今日​で​も​真実​です。すべて​の​人​に​は​同じ​機会​また​責任​が​あり​ます。忠実​で​あり​続け,「りっぱ​な​業​に​富」ん​で​い​なけれ​ば​なら​ない​の​です。そうすれば,創造​者​から​見​て​成功​し,うれしい​こと​に,創造​者​を​喜ばせる​こと​が​でき​ます。―箴 27:11

19. 成功​と​いう​点​で,あなた​は​どんな​こと​を​決意​し​て​い​ます​か。

19 置か​れ​た​状況​は​思いどおり​に​は​コントロール​で​き​ない​と​し​て​も,その​状況​へ​の​対応​の​仕方​を​コントロール​する​こと​は​でき​ます。どんな​状況​に​ある​と​し​て​も,ぜひ​忠実​で​ある​よう​努め​ましょ​う。その​努力​は​無駄​に​は​なり​ませ​ん。エホバ​が​あなた​を​今​も,とこしえ​まで​も​豊か​に​祝福​し​て​くださる​こと​を​確信​し​て​ください。油そそが​れ​た​クリスチャン​に​対する​イエス​の​次​の​言葉​を​忘れ​ない​で​ください。「忠実​で​ある​こと​を​死​に​至る​まで​も​示し​なさい。そうすれば,命​の​冠​を​あなた​に​与え​よう」。(啓 2:10)これ​こそ​真​の​成功​な​の​です。