「外国​人​また​一時​的​居留​者​で​ある​あなた方​に​勧め​ます​が,つね​に​肉​の​欲望​を​避け​なさい」。―ペテ​一 2:11

1,2. ペテロ​が​述べ​た「選ば​れ​た​者​たち」と​は,だれ​の​こと​でし​た​か。ペテロ​が​それら​の​人​を「一時​的​居留​者​たち」と​呼ん​だ​の​は​なぜ​です​か。

イエス​の​昇天​から​30​年​ほど​後,使徒​ペテロ​は,「ポントス,ガラテア,カパドキア,アジア,ビチニア​の​各地​に​散っ​て​いる​一時​的​居留​者​たち,……選ば​れ​た​者​たち」に​手紙​を​書き​まし​た。(ペテ​一 1:1,2)この「選ば​れ​た​者​たち」と​は​明らか​に,ペテロ​と​同じく,天​で​キリスト​と​共​に​支配​する​ため​に,聖霊​に​よっ​て​油そそが​れ​て「生ける​希望​へ​の​新た​な​誕生」を​与え​られ​た​人​たち​の​こと​です。ペテロ​第​一 1:3,4​を​読む。ペテロ​が​後​の​ほう​で,それら​選ば​れ​た​者​たち​を「外国​人​また​一時​的​居留​者」と​呼ん​だ​の​は​なぜ​でしょ​う​か。(ペテ​一 2:11)その​こと​は,油そそが​れ​て​いる​こと​を​表明​する​人​が​世界​中​の​活発​な​証人​の​約​650​人​に​1​人​しか​い​ない​今日,わたしたち​に​とっ​て,どんな​意味​が​あり​ます​か。

2 1​世紀​の​油そそが​れ​た​者​たち​に「一時​的​居留​者​たち」と​いう​表現​を​用いる​の​は​適切​でし​た。その​人​たち​は,今日​生き​て​いる​この​グループ​の​残り​の​者​たち​と​同様,地上​に​永久​に​いる​わけ​で​は​なかっ​た​から​です。使徒​パウロ​は,自ら​も​油そそが​れ​た「小さな​群れ」の​一員​でし​た​が,こう​説明​し​て​い​ます。「わたしたち​に​つい​て​言え​ば,わたしたち​の​市民​権​は​天​に​あり,わたしたち​は​また,そこ​から​救い主,主​イエス​・​キリスト​が​来​られる​の​を​切​に​待っ​て​い​ます」。(ルカ 12:32。フィリ 3:20)その「市民​権​は​天​に」ある​の​で,油そそが​れ​た​者​たち​は​死ぬ​と,はるか​に​良い​もの,天​で​の​不滅​の​命​の​ため​に,地​を​去り​ます。フィリピ 1:21‐23​を​読む。それで,まさに​文字どおり,サタン​の​支配​する​地​の「一時​的​居留​者​たち」と​言え​まし​た。

3. 「ほか​の​羊」に​つい​て​どんな​疑問​が​生じ​ます​か。

 3 では,「ほか​の​羊」は​どう​でしょ​う​か。(ヨハ 10:16)地​の​永住​者​に​なる​と​いう​聖書​に​しっかり​基づく​希望​を​抱い​て​い​ませ​ん​か。その​とおり​です。地球​に​永久​に​住む​の​です。それでも,ある​意味​で,今​は​一時​的​居留​者​と​考える​こと​が​でき​ます。なぜ​でしょ​う​か。

『創造​物​すべて​は​うめい​て​いる』

4. 世界​の​指導​者​は​何​を​防ぐ​こと​は​でき​ませ​ん​か。

4 サタン​の​邪悪​な​体制​が​存続​を​許さ​れ​て​いる​限り,クリスチャン​を​含め,すべて​の​人​は,エホバ​に​対する​サタン​の​反逆​の​結果​に​苦しみ​ます。ローマ 8​章​22​節​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたしたち​が​知る​とおり,創造​物​すべて​は​今​に​至る​まで​共​に​うめき,共​に​苦痛​を​抱い​て​いる​の​です」。世界​の​指導​者,科学​者,人道​主義​者​は,どれ​ほど​誠実​で​あっ​て​も,これ​を​防ぐ​こと​は​でき​ませ​ん。

5. 1914​年​以来,幾百万​も​の​人​が​どんな​段階​を​踏ん​で​い​ます​か。なぜ​です​か。

5 それ​で​1914​年​以来,幾百万​も​の​人​が,神​の​即位​さ​せ​た​王​キリスト​・​イエス​の​臣民​に​なる​こと​を​選​ん​でき​まし​た。それら​の​人​は,サタン​の​世​の​体制​の​一部​に​なろ​う​と​は​全く​思わず,サタン​の​世​を​支持​し​よう​と​は​し​ませ​ん。むしろ,自分​の​命​と​資産​を​用い​て​神​の​王国​を​支持​し,その​関心事​の​ため​に​奉仕​し​ます。―ロマ 14:7,8

6. エホバ​の​証人​は​どんな​意味​で​外国​人​と​言え​ます​か。

6 エホバ​の​証人​は​200​以上​の​国​に​おり,法律​を​守る​市民​です​が,どこ​に​住ん​で​い​て​も,外国​人​の​よう​です。政治​問題​や​社会​問題​に​つい​て​厳正​中立​を​保ち​ます。今​で​さえ,自分​たち​は​新しい​世​の​市民​だ​と​考え​て​い​ます。神​の​お造り​に​なる​新しい​世​の​市民​です。そして,不​完全​な​世​の​体制​で​の​一時​的​居留​者​の​日々​が​もう​少し​で​終わる​こと​を​喜ん​で​い​ます。

わたしたち​は,サタン​の​世​を​救お​う​と​は​し​ない。神​の​新しい​世​を​宣伝​し​て​いる

7. どの​よう​に​し​て,神​の​僕​は​永住​者​に​なり​ます​か。どこ​の​永住​者​です​か。

7 間​も​なく​キリスト​は​権威​を​行使​し​て,サタン​の​邪悪​な​体制​を​滅ぼし​ます。キリスト​の​完全​な​政府​は,地​から​罪​と​悲しみ​を​除き去り​ます。 また,エホバ​の​主権​に​反逆​する​者​たち​を​一掃​し​ます。神​の​忠節​な​僕​は,地上​の​楽園​の​永住​者​に​なる​こと​が​でき​ます。啓示 21:1‐5​を​読む。その​時​に​は,創造​物​は​完全​な​意味​で,「腐朽​へ​の​奴隷​状態​から​自由​に​され,神​の​子供​の​栄光​ある​自由​を​持つ​よう​に​な」っ​て​い​ます。―ロマ 8:21

真​の​クリスチャン​に​は​何​が​求め​られ​て​いる​か

8,9. ペテロ​が​どういう​意味​で「肉​の​欲望​を​避け​なさい」と​述べ​た​か,説明​し​て​ください。

8 ペテロ​は​クリスチャン​に​求め​られ​て​いる​事柄​を​説明​し,こう​述べ​て​い​ます。「愛する​者​たち​よ,外国​人​また​一時​的​居留​者​で​ある​あなた方​に​勧め​ます​が,つね​に​肉​の​欲望​を​避け​なさい。そう​し​た​欲望​こそ,魂​に​対し​て​闘い​つづける​もの​な​の​です」。(ペテ​一 2:11)この​助言​は,そもそも​油そそが​れ​た​クリスチャン​に​対する​もの​です​が,イエス​の​ほか​の​羊​に​も​等しく​当てはまり​ます。

9 人間​が​抱く​欲望​の​中​に​は,創造​者​が​命じ​た​仕方​で​満たさ​れる​なら,それ​自体​は​悪く​ない​もの​も​あり​ます。むしろ,人生​の​喜び​を​増し加え​て​くれ​ます。例えば,おいしい​物​を​食べ​たり​飲ん​だり​し​たい,さわやか​に​なる​活動​を​し​たい,健全​な​交友​を​楽しみ​たい,と​いっ​た​普通​の​欲望​が​あり​ます。結婚​関係​内​で​性的​な​喜び​を​得​たい​と​いう​気持ち​も,ふさわしい​もの​で,しかる​べき​位置​が​あり​ます。(コリ​一 7:3‐5)と​は​いえ​ペテロ​は,「魂​に​対し​て​闘い​つづける」「肉​の​欲望」だけ​に​つい​て​述べ​て​い​まし​た。ある​聖書​翻訳​で​は,その​意味​する​ところ​を​明確​に​し​て,「肉​の​欲情」(「ジェームズ​王​欽定​訳」[英語])や「罪深い​欲望」(「新​国際​訳」[英語])と​いう​表現​を​用い​て​い​ます。エホバ​の​明示​さ​れ​た​目的​に​対し​て​闘う​欲望​は,神​と​の​良い​関係​を​損ない​かね​ず,抑制​し​なけれ​ば​なら​ない​の​です。そう​し​なけれ​ば,魂​を​生き長らえ​させる​と​いう​クリスチャン​の​希望​は,重大​な​危険​に​さら​され​かね​ませ​ん。

10. サタン​は,クリスチャン​を​自分​の​世​の​一部​に​ならせ​よう​と​し​て,どんな​方法​を​用い​ます​か。

10 真​の​クリスチャン​は,現在​の​体制​に​おい​て「一時​的​居留​者」で​ある​こと​を​決意​し​て​い​ます。しかし​サタン​の​狙い​は,その​決意​を​弱める​こと​です。物質​主義​や​不​道徳​や​目立っ​た​立場​を​魅力​的​に​思わ​せ​たり,自分​第​一​主義​や​国家​主義​を​良い​もの​に​思わ​せ​たり​し​ます。これら​は​すべて​サタン​の​わな​です。その​点​を​認識​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。こう​し​た​良く​ない​肉​の​欲望​を​断固​と​し​て​退ける​こと​に​より,サタン​の​邪悪​な​世​の​一部​に​は​なり​たく​ない​と​いう​思い​を​はっきり​示せ​ます。その​世​に​一時​的​に​住ん​で​いる​に​過ぎ​ない​と​いう​証拠​を​示す​の​です。わたしたち​が​心​から​願い,達成​し​よう​と​懸命​に​励ん​で​いる​の​は,義​の​行き渡る​神​の​新しい​世​に​永住​する​こと​です。

りっぱ​な​行動

11,12. 外国​人​は​どう​見​られる​こと​が​あり​ます​か。エホバ​の​証人​に​つい​て​は​何​と​言え​ます​か。

11 ペテロ​は,クリスチャン​の「一時​的​居留​者」に​求め​られる​事柄​の​説明​を​続け,12​節で​こう​述べ​て​い​ます。「諸​国民​の​中​に​あっ​て​いつも​りっぱ​に​行動​し​なさい。それ​は,彼ら​が,あなた方​を​悪行​者​と​し​て​悪く​言っ​て​いる​その​事柄​に​関し​て​あなた方​の​りっぱ​な​業​を​実際​に​見,その​業​の​ゆえに​検分​の​日​に​神​の​栄光​を​たたえる​よう​に​なる​ため​です」。外国​人,自国​以外​で​暮らす​一時​的​居留​者​は,批判​さ​れる​こと​が​あり​ます。周り​の​人​と​違っ​て​いる​と​いう​だけ​で,悪行​者​で​ある​か​の​よう​に​見​られる​こと​さえ​あり​ます。話し方,行動,服装,さらに​は​ 外見​が​異なっ​て​いる​の​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,良い​業​を​行なう​と,つまり​りっぱ​に​行動​する​と,否定​的​な​言葉​に​根拠​の​ない​こと​が​明らか​に​なり​ます。

12 同様​に,真​の​クリスチャン​は,会話​や​娯楽​の​選択​など,ある​面​で​周囲​の​多く​の​人​と​違っ​て​い​ます。服装​や​身だしなみ​に​よっ​て,地域​社会​の​多く​の​人​と​異なっ​て​いる​こと​が​分かる​場合​も​少なく​あり​ませ​ん。そう​し​た​違い​が​きっかけ​で,誤っ​た​情報​を​与え​られ​た​人​が​クリスチャン​を​悪行​者​と​し​て​非難​する​こと​が​あり​ます。一方,クリスチャン​の​生き方​を​称賛​する​人​も​い​ます。

13,14. どの​よう​に​知恵​は「その​働き​に​よっ​て​義​に​かなっ​て​いる​こと​が​示さ​れ」ます​か。例​を​挙げ​て​説明​し​て​ください。

13 りっぱ​な​行動​は,不当​な​批判​を​打ち消す​の​に​役立ち​ます。神​へ​の​完全​な​忠実​を​保っ​た​唯一​の​人​イエス​で​さえ,偽り​の​非難​を​受け​まし​た。イエス​の​こと​を「食い意地​の​張っ​た,ぶどう​酒​に​ふける​男,収税​人​や​罪人​たち​の​友」と​呼ぶ​人​が​い​た​の​です。しかし,神​に​仕え,知恵​を​もっ​て​歩む​こと​に​より,イエス​が​悪行​者​だ​と​いう​主張​は​偽り​で​ある​こと​が​証明​さ​れ​まし​た。「知恵​は​その​働き​に​よっ​て​義​に​かなっ​て​いる​こと​が​示さ​れる​の​です」。(マタ 11:19)今日​で​も​そう​です。例えば,ドイツ​の​ゼルターズ​に​ある​ベテル​の​近隣​住民​の​中​に​は,そこで​働く​兄弟​姉妹​は​変わっ​て​いる​と​思う​人​たち​が​い​ます。しかし,地方​自治​体​の​長​が​兄弟​たち​の​ため​に​語り,こう​論じ​まし​た。「そこで​働く​エホバ​の​証人​たち​は​独自​の​生き方​を​し​て​い​ます。しかし,それ​は​決して,地域​社会​の​人​たち​の​生活​を​乱す​もの​で​は​あり​ませ​ん」。

聖書​の​真理​は,この​ロシア​の​家族​が​一致​する​助け​に​なっ​て​いる

14 ロシア​の​モスクワ​の​エホバ​の​証人​に​関し​て​も,最近,同様​の​結論​が​下さ​れ​まし​た。彼ら​は,数々​の​悪行​を​し​た​と​いう​偽り​の​訴え​を​受け​て​い​まし​た。そして​2010​年​6​月,フランス​の​ストラスブール​に​ある​ヨーロッパ​人権​裁判​所​は​次​の​よう​な​判断​を​下し​まし​た。「当​裁判​所​は,信教​と​結社​の​自由​に​関する​申立​人​の​権利​に​対する[モスクワ​の]干渉​は​正当​で​ない​と​判断​する。国内​の​裁判​所​は,申立​人​で​ある​団体​が」家族​を​破壊​し,自殺​を​唆し,医療​を​拒否​する​と​いっ​た​罪​を​犯し​た​こと​を​示す「『関連​性​が​あっ​て​十分​な』理由​を​挙げ​て​い​ない」。それゆえ,「国内​の​裁判​所​が​宣告​し​た​制裁​は,国内​法​に​柔軟​性​が​欠如​し​て​い​て​厳し​過ぎ,いかなる​合法​的​な​目的​が​追求​さ​れ​て​い​た​に​し​て​も​不​相応​で​ある」。

ふさわしく​服する​こと

15. 世界​中​の​真​の​クリスチャン​は,どんな​聖書​の​原則​に​従っ​て​い​ます​か。

15 エホバ​の​証人​は​モスクワ​で,そして​世界​中​で,クリスチャン​へ​の​別​の​要求​も​果たし​て​い​ます。ペテロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「人間​の​創造​し​た​もの​すべて​に,主​の​ため​に​服し​なさい。上位​者​と​し​て​の​王​に​対し​て​で​あろ​う​と,あるいは, ……総督​に​対し​て​で​あろ​う​と​その​よう​に​し​なさい」。(ペテ​一 2:13,14)真​の​クリスチャン​は,邪悪​な​世​の​もの​で​は​あり​ませ​ん​が,「相対​的​な​地位」に​ある​政府​の​権威​に​進ん​で​服し​ます。パウロ​が​諭し​た​とおり​です。―ローマ 13:1,5‐7​を​読む。

16,17. (イ)エホバ​の​証人​が​政府​に​反対​し​ない​こと​は​何​から​分かり​ます​か。(ロ)政治​指導​者​の​中​に​は,どんな​こと​を​認める​人​も​い​ます​か。

16 エホバ​の​証人​は,現在​の​体制​で「一時​的​居留​者」と​し​て​行動​し​ます​が,無言​の​市民​的​抵抗​を​行なう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。また,他​の​人​たち​が​政治​的​また​社会​的​な​決定​を​下す​こと​に​反対​し​たり​干渉​し​たり​も​し​ませ​ん。政治​に​かかわる​宗教​団体​も​あり​ます​が,エホバ​の​証人​は​そう​し​ませ​ん。民事​当局​に​政策​を​指示​し​よう​と​する​こと​は​あり​ませ​ん。エホバ​の​証人​は​公共​の​秩序​を​乱し​たり​政府​を​転覆​さ​せ​たり​する​と​いう​考え​は,全く​事実​に​反し​て​い​ます。

17 クリスチャン​は,「王​を​敬い​なさい」と​いう​ペテロ​の​助言​に​沿っ​て​役人​に​従う​こと​に​より,それら​の​人​の​立場​に​ふさわしい​敬意​を​示し​ます。(ペテ​一 2:17)エホバ​の​証人​に​不安​を​感じる​正当​な​理由​など​ない​こと​を​認める​役人​も​い​ます。例えば,ドイツ​の​ブランデンブルク​州​の​元​閣僚​で​後​に​ドイツ​連邦​議会​議員​に​なっ​た​シュテフェン​・​ライヒ​は,こう​述べ​て​い​ます。「強制​収容​所​や​刑務​所​に​おける​エホバ​の​証人​の​行動​に​は​徳​が​表われ​て​いる。その​徳​は,過去​と​同じく​現在​に​おい​て​も​立憲​民主​制​国家​の​存続​に​不可欠​な​もの​だ。彼ら​は,親衛​隊​に​対し​て​確固​たる​態度​を,仲間​の​囚人​に​対し​て​同情​心​を​示し​た。外国​人​へ​の​蛮行,また​政治​や​思想​の​面​で​意見​の​異なる​人​へ​の​蛮行​が​増加​し​て​いる​現在,そう​し​た​徳​は​我​が​国​の​市民​一人一人​が​培う​べき​もの​で​ある」。

愛​を​示す

18. (イ)わたしたち​が​仲間​の​兄弟​全体​を​愛する​の​は​自然​な​こと​です。なぜ​です​か。(ロ)証人​で​ない​人​の​中​に​は,どんな​こと​に​注目​し​た​人​も​い​ます​か。

18 「仲間​の​兄弟​全体​を​愛し,神​を​恐れ……なさい」と​使徒​ペテロ​は​述べ​て​い​ます。(ペテ​一 2:17)エホバ​の​証人​は,神​を​不快​に​させる​こと​に​対する​健全​な​恐れ​を​抱い​て​おり,それ​に​よっ​て​ご意志​を​行なう​動機​を​強め​られ​て​い​ます。同じ​願い​を​持つ​世界​的​な​仲間​の​一員​と​し​て​エホバ​に​仕え​られる​こと​を​幸せ​に​感じ​て​い​ます。それゆえ,「仲間​の​兄弟​全体​を​愛」する​の​は​ごく​自然​な​こと​です。そう​し​た​兄弟​愛​は,今日​の​利己​的​な​社会​で​は​めった​に​見​られ​ない​の​で,エホバ​の​証人​で​ない​人​たち​を​驚か​せる​こと​が​あり​ます。例えば,アメリカ​の​旅行​会社​で​働く​ある​観光​ガイド​は,2009​年​に​ドイツ​で​開か​れ​た​国際​大会​で,証人​たち​が​外国​から​の​代表​者​たち​に​愛情​や​助け​を​差し伸べる​の​を​見​て,驚嘆​し​まし​た。これ​まで​ガイド​と​し​て​働い​て​き​た​が,こんな​様子​を​目​に​する​の​は​初めて​だ,と​言い​まし​た。証人​たち​の​一​人​は​後​に,こう​語り​まし​た。「彼女​が​わたしたち​に​つい​て​話す​時​に​は,いつも​驚き​と​興奮​で​いっぱい​でし​た」。あなた​が​出席​し​た​大会​で​も,エホバ​の​証人​を​観察​し​た​人​が​同様​の​反応​を​示す​こと​が​あっ​た​でしょ​う​か。

19. どんな​こと​を​決意​し​て​いる​べき​です​か。なぜ​です​か。

19 エホバ​の​証人​は,これ​まで​見​て​き​た​方法​で,また​別​の​方法​で​も,サタン​の​現在​の​体制​に​おい​て​本当​の​意味​で「一時​的​居留​者」で​ある​こと​を​示し​て​き​まし​た。そして,喜び​の​うち​に,その​状態​を​保つ​こと​を​決意​し​て​い​ます。間​も​なく​神​の​義​の​新しい​世​の​永住​者​と​なる​と​いう,根拠​の​ある​強い​希望​を​抱い​て​いる​の​です。あなた​も​その​時​を​待ち望ん​で​いる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。