内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

読者からの質問

読者からの質問

マタイ 19​章​10‐12​節の​イエス​の​言葉​は,独身​で​いる​こと​を​選ぶ​人​は​神秘​的​な​方法​で​独身​の​賜物​を​与え​られ​て​いる,と​いう​こと​を​示唆​し​て​い​ます​か。

イエス​が​独身​に​つい​て​語っ​た​時​の​状況​を​考え​て​み​ましょ​う。パリサイ​人​が​やっ​て​来​て​離婚​に​つい​て​の​問題​を​持ち出し​た​時,イエス​は​結婚​に​関する​エホバ​の​規準​を​はっきり​さ​せ​まし​た。律法​で​は,妻​に「何​か​みだり​な​点」を​見つけ​た​場合,夫​は​離婚​証書​を​したためる​こと​が​でき​まし​た​が,初め​から​そう​なっ​て​い​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(申 24:1,2)そして​イエス​は,「だれ​で​も,淫行​以外​の​理由​で​妻​を​離婚​し​て​別​の​女​と​結婚​する​者​は,姦淫​を​犯す​の​です」と​述べ​まし​た。―マタ 19:3‐9

それ​を​聞い​た​弟子​たち​が,「妻​に​対し​て​男​の​立場​が​その​よう​な​もの​で​あれ​ば,結婚​する​こと​は​勧め​られ​ませ​ん」と​述べる​と,イエス​は​こう​答え​ます。「すべて​の​人​が​その​ことば​を​受け入れる​わけ​で​は​なく,ただ​その​賜物​を​持つ​人​たち​だけ​が​そう​し​ます。母​の​胎​から​その​よう​に​生まれつい​た​閹人​が​あり,人​に​よっ​て​閹人​に​され​た​閹人​が​あり,天​の​王国​の​ゆえに​自ら​を​閹人​と​し​た​閹人​が​いる​の​です。それ​を​受け入れる​こと​の​できる​人​は,受け入れ​なさい」。―マタ 19:10‐12

文字どおり​の​閹人​と​は,先天​性​の​異常​に​より,また​事故​や​去勢​に​より​閹人​と​なっ​た​人​でし​た。しかし​自ら​進ん​で​閹人​と​なっ​た​人​も​い​ます。その​人​は​結婚​する​こと​も​でき​まし​た​が,「天​の​王国​の​ゆえに」自制​心​を​働か​せ​て​独身​を​保ち​まし​た。イエス​の​よう​に,王国​奉仕​に​専念​する​ため​に​独身​で​いる​こと​を​選ん​だ​の​です。生まれつき​独身​の​賜物​を​持っ​て​い​た​わけ​で​も,そう​し​た​賜物​を​授かっ​た​わけ​で​も​あり​ませ​ん。それ​を​受け入れ​た,つまり​その​賜物​を​意図​的​に​獲得​し​た​の​です。

イエス​の​言葉​を​踏まえ​て​使徒​パウロ​が​説明​し​て​いる​よう​に,独身​者​で​あれ​既婚​者​で​あれ,すべて​の​クリスチャン​は​神​に​受け入れ​られる​仕方​で​奉仕​でき​ます​が,自分​の​立場​に​つい​て「心​の​中​で​しっかり​と​定め​て」いる​独身​者​の​ほう​が「りっぱ​に​行動​し​て​いる」こと​に​なり​ます。なぜ​でしょ​う​か。結婚​し​て​いる​人​は,配偶​者​を​喜ばせ​顧みる​ため​に​自分​の​時間​や​エネルギー​が​分かた​れ​て​しまい​ます。一方,そう​し​た​責任​の​ない​独身​の​クリスチャン​は,主​の​奉仕​に​打ち込む​こと​が​でき​ます。そして,自分​たち​の​立場​を​神​から​の「賜物」と​考え​ます。―コリ​一 7:7,32‐38

ですから,聖書​は,クリスチャン​が​何らか​の​神秘​的​な​方法​で​独身​の​賜物​を​受ける​と​は​述べ​て​い​ませ​ん。その​人​は,独身​を​保つ​こと​に​より,その​賜物​を​培い​ます。気​を​散らす​こと​なく​王国​の​関心事​を​推し進める​ため​です。今日,こう​し​た​理由​で​多く​の​兄弟​姉妹​は​独身​で​いる​こと​を​決意​し​て​い​ます。そう​し​た​人​たち​を​励ます​の​は​良い​こと​です。