西暦​49​年​の​こと​です。「柱​と​思え​た​人​たち」で​ある​ペテロ​と​ヤコブ​と​ヨハネ​は,使徒​パウロ​と​その​同労​者​バルナバ​に​一つ​の​任務​を​与え​まし​た。二​人​は,諸​国民​に​宣べ伝え​て​ゆく​際​に​貧しい​クリスチャン​の​こと​を​覚え​て​おく​よう​に​と​いう​指示​を​受け​た​の​です。(ガラ 2:9,10)この​務め​を​どの​よう​に​果たし​た​の​でしょ​う​か。

パウロ​の​手紙​に​は,この​件​を​どの​よう​に​扱っ​た​か​が​明らか​に​され​て​い​ます。例えば,コリント​の​クリスチャン​に​あて​て​こう​書い​て​い​ます。「聖​なる​者​たち​の​ため​の​募金​に​つい​て​です​が,わたし​が​ガラテア​の​諸​会衆​に​命じ​た​とおり​に,あなた方​も​行なっ​て​ください。週​の​初め​の​日​ごと​に,各自​その​都合​が​つく​ところ​に​応じ​て,幾らか​を​別​に​し​て​自分​の​家​に​蓄え​て​お​き,わたし​が​到着​し​た​その​時​に​なっ​て​募金​を​行なう​こと​の​ない​よう​に​し​なさい。そして,わたし​が​そちら​に​着い​たら,だれ​で​も​あなた方​が​手紙​で​よい​と​認める​人​たち,その​人​たち​を​遣わし​て,あなた方​の​親切​な​贈り物​を​エルサレム​に​運ん​で​もらう​こと​に​なる​でしょ​う」。―コリ​一 16:1‐3

霊感​の​もと​に​記し​た​コリント​人​へ​の​第​二​の​手紙​で​は,この​募金​の​目的​に​つい​て​再び​述べ​て​い​ます。「均等​を​図る​こと​に​よっ​て,あなた方​の​当面​の​余分​が​彼ら​の​欠乏​を​埋め合わせ」る​と​いう​の​が​その​目的​でし​た。―コリ​二 8:12‐15

パウロ​が​ローマ​の​クリスチャン​に​対し​て​手紙​を​書い​た​西暦​56​年​ごろ​に​は,募金​の​活動​は​ほぼ​完了​し​て​い​まし​た。パウロ​は​こう​述べ​て​い​ます。「聖​なる​者​たち​に​奉仕​する​ため​エルサレム​に​旅​を​する​ところ​です。マケドニア​と​アカイア​の​人々​が,エルサレム​に​いる​聖​なる​者​たち​の​うち​の​貧しい​人々​に​寄付​を​し​て,自分​たち​の​物​を​喜ん​で​分け合お​う​と​し​た​から​です」。(ロマ 15:25,26)その​後​ま​も​なく,パウロ​は​任務​を​成し遂げ​まし​た。エルサレム​に​戻っ​て​そこで​捕縛​さ​れ​た​後​に,ローマ​総督​フェリクス​に​この​よう​に​語っ​て​い​ます。「わたし​は,憐れみ​の​施し​を​自分​の​国民​に,そして​捧げ物​を​持っ​て​来る​ため​に……到着​し​まし​た」。―使徒 24:17

1​世紀​の​クリスチャン​が​どんな​精神​を​示し​た​か​は,マケドニア​の​人々​に​関する​パウロ​の​言葉​から​分かり​ます。彼ら​が「親切​に​与える​特権……を​わたしたち​に​請い求め,しきり​に​懇願​し​た」と​述べ​て​い​ます。そして,その​手本​に​見倣う​よう​コリント​の​人​たち​に​次​の​よう​に​促し​て​い​ます。「各自​いやいや​ながら​で​も,強い​られ​て​で​も​なく,ただ​その​心​に​決め​た​とおり​に​行ない​なさい。神​は​快く​与える​人​を​愛さ​れる​の​です」。それら​の​会衆​の​人々​が​寛大​さ​を​示そ​う​と​し​た​の​は​なぜ​です​か。根底​に​ある​願い​は,「単に​聖​なる​者​たち​の​乏しい​ところ​を​満ちあふれる​ほど​に​補う​ため​だけ​で​は​なく,神​に​対する​数々​の​感謝​の​表現​に​伴っ​て​豊か​に​なる​ため​で​も」あり​まし​た。(コリ​二 8:4; 9:7,12)わたしたち​も​同様​の​目的​で​寛大​さ​を​示し​て​いる​こと​でしょ​う。エホバ​神​は,その​よう​な​りっぱ​で​利他​的​な​精神​を​持つ​人​を​祝福​し​て​くださる​に​違いあり​ませ​ん。その​祝福​こそ​人​を​富ま​せる​もの​な​の​です。―箴 10:22

この​よう​な​方法​で​世界​的​な​業​へ​の​寄付​を​する​人​も​いる

使徒​パウロ​の​時代​と​同様,多く​の​人​は「世界​的​な​業」と​表示​さ​れ​た​会衆​の​寄付​箱​に​入れる​ため​に,「幾らか​を​別​に​し​て……蓄え​て」おい​たり​予算​に​組み入れ​たり​し​て​い​ます。(コリ​一 16:2)会衆​は​毎月​それら​の​寄付​を,その​国​を​担当​する​エホバ​の​証人​の​事務​所​に​送り​ます。寄付​は,あなた​の​住む​国​で​エホバ​の​証人​が​用い​て​いる​法人​組織​に​直接​送る​こと​も​でき​ます。お住まい​の​国​で​エホバ​の​証人​が​用い​て​いる​主​な​法人​組織​の​名称​を​知る​に​は,その​国​を​担当​する​支部​事務​所​に​お尋ね​ください。支部​事務​所​の​住所​は​www.jw.org/contact​に​載せ​られ​て​い​ます。直接​送る​こと​の​できる​寄付​の​種類​は​次​の​とおり​です。

無​条件​の​寄付

  • 現金,宝石​や​貴​金属,高額​な​物品​の​寄付。

  • 現金​や​物品​が​無​条件​の​寄付​で​ある​こと​を​記し​た​手紙​を​添える。

条件​付き​寄付​の​取り決め

  • 必要​が​生じ​た​場合​に,寄付​者​が,寄付​額​未満​の​金銭​的​な​援助​を​協会​に​要望​できる​と​いう​条件​が​付い​た​現金​の​寄付。

  • 詳しい​情報​を​得る​ため,事前​に,日本​支部​の​会計​事務​所​に​電話​か​手紙​で​問い合わせる。

その他​の​寄付

金銭​や​高額​な​物品​の​贈与​の​ほか​に​も,世界​的​な​王国​奉仕​の​ため​に​寄付​する​方法​が​あり​ます。それ​は​以下​の​とおり​です。どの​方法​を​用い​たい​と​思わ​れる​か​に​かかわり​なく,まず​あなた​の​国​を​担当​する​支部​事務​所​と​連絡​を​取り,どの​方法​が​国内​で​採用​さ​れ​て​いる​か​を​確かめ​て​ください。

不​動産: 売却​可能​な​不​動産​を,無​条件​の​贈与​と​し​て,ものみの塔​聖書​冊子​協会​に​寄付​する​こと​が​でき​ます。その​よう​な​寄付​を​望ま​れる​場合​は,必ず​前もって,日本​支部​の​法律​部門​と​連絡​を​お取り​ください。

保険: 保険​の​種類​や​取り扱う​保険​会社​に​より​異なり​ます​が,保険​金​が​支払わ​れる​際,ものみの塔​聖書​冊子​協会​へ​寄付​さ​れる​よう​に​し​て​おく​こと​が​できる​場合​が​あり​ます。

遺贈: 法律​に​従っ​て​作成​さ​れ​た​遺言​書​に​よっ​て,金銭,預貯金,有価​証券,不​動産,動産​を​ものみの塔​聖書​冊子​協会​に​遺贈​する​こと​が​でき​ます。作成​する​遺言​書​に​つい​て​は,公正​証書​の​形式​を​取る​こと​が​勧め​られ​て​い​ます。日本​で​は,遺贈​さ​れ​た​財産​が​宗教​団体​の​宗教​的​活動​に​用い​られる​こと​が​確実​な​場合,相続​税​の​課税​価格​に​算入​さ​れ​ない「非​課税​財産」と​みなさ​れ​ます。なお,不​動産​の​遺贈​を​望ま​れる​場合​に​は,必ず​前もって,日本​支部​の​法律​部門​と​連絡​を​お取り​ください。

こう​し​た​寄付​の​場合​は​一般​に,寄付​者​の​側​で​一定​の​手続き​を​踏む​こと​が​求め​られ​ます。この​よう​な​方法​に​よっ​て​わたしたち​の​世界​的​な​業​に​貢献​し​たい​と​願っ​て​おら​れる​方​たち​の​ため​に,支部​は​参考​と​なる​資料​を​準備​し​て​い​ます。

資料​や​支部​から​の​援助​を​ご希望​の​方​は,下記​の​住所​の​日本​支部​の​法律​部門​に​手紙​か​電話​で​お問い合わせ​ください。あるいは,お住まい​の​国​を​担当​する​支部​事務​所​に​ご連絡​ください。