「引き続き​互い​に​忍び,互い​に​惜しみなく​許し合い​なさい」。―コロ 3:13

1,2. 進ん​で​許す​こと​に​つい​て​考える​の​が​ふさわしい​の​は,なぜ​です​か。

書き記さ​れ​た​み言葉​を​通し​て,罪​に​対する​エホバ​の​見方​と,わたしたち​が​罪​を​犯し​た​時​の​エホバ​の​反応​を​知る​こと​が​でき​ます。そして,許し​に​つい​て​も​多く​の​こと​が​分かり​ます。前​の​記事​で​は,ダビデ​と​マナセ​の​どの​よう​な​態度​が​エホバ​から​の​許し​に​つながっ​た​か​に​注目​し​まし​た。二​人​は,自分​の​し​た​こと​を​深く​悔い,心​から​の​悲しみ​に​促さ​れ​て,告白​し,邪悪​な​行為​を​退け,真​の​悔い改め​を​示し​まし​た。その​結果,再び​エホバ​の​恵み​を​得る​こと​が​でき​まし​た。

2 許し​に​つい​て​別​の​観点​から​見​て​み​ましょ​う。もし​あなた​の​家族​が​マナセ​の​無実​の​犠牲​者​の​一​人​だっ​た​と​し​たら,マナセ​に​対し​て​あなた​は​どう​感じ​た​でしょ​う​か。マナセ​を​許せ​た​でしょ​う​か。これ​は​今日​で​も,当​を​得​た​質問​です。今​は,不法​で,暴力​的​で,利己​的​な​時代​だ​から​です。では,クリスチャン​が​快く​許す​態度​を​培う​よう​に​す​べき​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。また,あなた​が​侮辱​や​不当​な​扱い​を​受け​た​時​に,自分​の​感情​を​制御​し​て,エホバ​が​望ま​れる​反応​を​し,進ん​で​許す​うえ​で,何​が​助け​に​なる​でしょ​う​か。

快く​許す​必要​が​ある​の​は​なぜか

3‐5. (イ)イエス​は,快く​許す​こと​の​必要​性​に​つい​て​聞き手​に​考え​させる​ため,どんな​例え​を​用い​まし​た​か。(ロ)マタイ 18​章​21‐35​節​に​記さ​れ​て​いる​イエス​の​例え​の​要点​は​何​です​か。

3 だれ​か​に​感情​を​害さ​れ​た​時,それ​が​クリスチャン​会衆​の​成員​で​あっ​て​も​なく​て​も,その​人​を​進ん​で​許す​こと​は,家族,友人,隣人,エホバ​と​の​平和​な​関係​を​保つ​の​に​不可欠​です。聖書​が​示し​て​いる​よう​に,クリスチャン​は,頻繁​に​感情​を​害さ​れ​た​と​し​て​も​相手​を​進ん​で​許さ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。イエス​は,この​要求​が​道理​に​かなっ​て​いる​こと​を​示す​ため​ に,負債​を​抱え​た​奴隷​の​例え​を​用い​まし​た。

4 この​奴隷​は​主人​に,6,000万​日​分​の​賃金​に​相当​する​借金​を​し​て​い​まし​た​が,主人​は​その​負債​を​取り消し​て​くれ​まし​た。その​後,この​奴隷​は​出​て​行っ​て,わずか​100​日​分​の​賃金​に​当たる​額​を​自分​から​借り​て​いる​仲間​の​奴隷​を​見つけ​ます。辛抱​し​て​ほしい​と​嘆願​さ​れ​ます​が,獄​に​入ら​せ​て​しまい​ます。巨額​の​負債​を​免除​さ​れ​た​この​奴隷​の​行為​は​主人​の​怒り​を​招き​ます。主人​は,「わたし​が​あなた​に​憐れみ​を​かけ​た​よう​に,今度​は​あなた​が​仲間​の​奴隷​に​憐れみ​を​かける​べき​で​は​なかっ​た​の​か」と​述べ​まし​た。「そうして,憤っ​た​主人​は,借り​て​いる​もの​すべて​を​返す​まで,[その​容赦ない​奴隷]を​牢番​たち​に​引き渡し​まし​た」。―マタ 18:21‐34

イエス​が​述べ​た​この​例え​の​要点​は​何​か

5 イエス​は,この​例え​で​何​を​言お​う​と​し​て​い​た​の​でしょ​う​か。結論​と​し​て​こう​述べ​て​い​ます。「もし​あなた方​各自​が,自分​の​兄弟​を​心​から​許さ​ない​なら,わたし​の​天​の​父​も​あなた方​を​これ​と​同じ​よう​に​扱わ​れる​でしょ​う」。(マタ 18:35)要点​は​明快​です。わたしたち​が​不​完全​な​人間​と​し​て​犯し​て​き​た​罪​は,自分​が​エホバ​の​規準​に​決して​達し​得​ない​こと​を​示し​て​い​ます。それでも,エホバ​は​わたしたち​を​進ん​で​許し,帳消し​に​し​て​くださる​の​です。そう​で​あれ​ば,エホバ​と​の​友情​を​願う​人​は​だれ​で​も,仲間​の​欠点​を​許す​義務​が​あり​ます。イエス​が​山上​の​垂訓​で​言わ​れ​た​とおり​です。「あなた方​が​人​の​罪過​を​許す​なら,あなた方​の​天​の​父​も​あなた方​を​許し​て​くださる​の​です。けれども,あなた方​が​人​の​罪過​を​許さ​ない​なら,あなた方​の​父​も​あなた方​の​罪過​を​許さ​れ​ない​でしょ​う」。―マタ 6:14,15

6. 許す​の​が​必ずしも​容易​で​ない​の​は,なぜ​です​か。

6 「確か​に​その​とおり​だが,言う​は​易く​行なう​は​難​しだ」と​思い​ます​か。そう​思う​の​は,ひどい​こと​を​され​た​時​に​は​感情​的​に​なり​がち​だ​から​です。怒り​を​抱い​たり,裏切ら​れ​た​と​感じ​たり,正義​を,さらに​は​復しゅう​を​願っ​たり​する​こと​が​あり​ます。相手​を​絶対​に​許せ​ない​と​感じる​人​も​い​ます。その​よう​に​感じる​と​し​たら,どう​ すれ​ば,エホバ​が​求め​て​おら​れる​快く​許す​態度​を​培える​でしょ​う​か。

自分​の​感情​を​分析​し​なさい

7,8. 他​の​人​の​不​親切​な​行動​に​腹​が​立っ​た​時,快く​許す​の​に​何​が​助け​に​なり​ます​か。

7 ひどい​扱い​を​受け​た​時,あるいは​そう​思える​時​の​感情​的​な​反応​は,非常​に​強く​なる​場合​が​あり​ます。怒り​に​関する​研究​報告​で​取り上げ​られ​た,ある​若い​男性​の​反応​に​つい​て​考え​て​み​て​ください。「怒り​を​爆発​さ​せ,二​度​と​戻ら​ない​と​誓っ​て​家​を​出​て​行っ​た​こと​が​あり​まし​た。天気​の​よい​夏​の​日​で,素敵​な​小道​を​ずっ​と​歩い​て​行く​うち​に,静けさ​と​美しさ​で​気持ち​が​和らい​で​ゆき,何​時間​か​する​と,ほとんど​気持ち​も​収まっ​て,後悔​し​ながら​家​に​戻り​まし​た」。この​経験​が​示す​よう​に,時間​を​取り,気持ち​が​落ち着い​て​から​状況​を​冷静​に​見つめる​なら,厳しい​反応​を​し​て​後悔​する​よう​な​こと​を​避け​られ​ます。―詩 4:4。箴 14:29。ヤコ 1:19,20

8 では,不快​な​気持ち​が​消え​ない​とき​は​どう​し​たら​よい​でしょ​う​か。自分​が​なぜ​腹​を​立て​て​いる​の​か​を​見定める​よう​に​し​ましょ​う。不当​な​扱い,失礼​な​扱い​を​受け​た​から​でしょ​う​か。それとも,相手​が​意図​的​に​傷つけ​よう​と​し​た​と​感じる​から​でしょ​う​か。相手​の​行動​は​本当​に​それ​ほど​悪かっ​た​でしょ​う​か。自分​の​反応​の​理由​を​分析​し​て​理解​できる​と,聖書​的​に​正しい​最善​の​反応​は​どの​よう​な​もの​か​を​考え​られる​よう​に​なり​ます。箴言 15:28; 17:27を​読む。そう​する​と,より​客観​的​な​見方​を​し​て​進ん​で​許せる​よう​に​なる​でしょ​う。難しい​と​し​て​も,この​よう​に​取り組む​なら,神​の​言葉​に​よっ​て,自分​の「心​の​考え​と​意向」が​調べ​られ,エホバ​の​快く​許す​態度​に​見倣える​よう​導か​れ​ます。―ヘブ 4:12

自分​に​対する​もの​と​見る​べき​か

9,10. (イ)感情​を​害さ​れる​よう​な​状況​で,どう​反応​でき​ます​か。(ロ)積極​的​で​快く​許す​精神​が​ある​と,物事​に​対する​見方​は​どう​変わり​ます​か。

9 生活​の​中​で,不快​な​気持ち​に​させ​られる​状況​は​いろいろ​あり​ます。例えば,車​を​運転​し​て​い​て,別​の​車​が​ぶつかり​そう​に​なっ​た​と​し​ましょ​う。どう​反応​し​ます​か。あなた​も,ドライバー​同士​の​けんか​に​つい​て​聞い​た​こと​が​ある​でしょ​う。かっと​なっ​て​相手​に​暴力​を​振るう​の​です。しかし,クリスチャン​と​し​て,そう​し​た​こと​は​避け​たい​と​思う​に​違いあり​ませ​ん。

10 少し​状況​を​分析​する​ほう​が​はるか​に​勝っ​て​い​ます。もしか​し​たら,あなた​に​も​不​注意​な​ところ​が​あっ​て,起き​た​こと​に​幾らか​責任​が​ある​か​も​しれ​ませ​ん。あるいは,相手​の​車​の​調子​が​悪かっ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。この​例え​の​要点​は,わたしたち​の​側​に,理解,寛容​さ,進ん​で​許す​態度​が​あれ​ば,怒り​や​失望​など​の​気持ち​を​和らげ​られる​と​いう​こと​です。伝道​の​書 7​章​9​節​は,こう​述べ​て​い​ます。「自分​の​霊​に​せき立て​られ​て​腹​を​立て​て​は​なら​ない。腹立ち​は​愚鈍​な​者​たち​の​胸​に​宿る​から​で​ある」。物事​を​何​で​も​自分​に​対する​もの​と​見​ない​よう​に​し​ましょ​う。自分​に​対し​て​故意​に​なさ​れ​た​と​思える​こと​も,多く​の​場合,そう​で​は​あり​ませ​ん。単に,不​完全​さ​や​誤解​に​よる​もの​な​の​です。不​親切​な​言動​と​感じる​もの​に​つい​て​寛容​に​なり,愛​の​気持ち​から​進ん​で​許し​ましょ​う。そう​する​なら,いっそう​幸せ​に​なり​ます。―ペテロ​第​一 4:8を​読む。

あなた方​の​平和​が​あなた方​の​もと​に​戻り​ます​よう​に

11. 良い​たより​に​対する​人々​の​反応​は,王国​宣明​者​で​ある​わたしたち​の​うち​に,どんな​反応​を​生じ​させ​ます​か。

11 野外​奉仕​の​時​に,失礼​な​態度​を​取ら​れ​たら,どの​よう​に​自制​を​示せる​でしょ​う​か。イエス​ は​70​人​の​奉仕​者​を​遣わし​た​際,訪ねる​どの​家​の​上​に​も​平和​を​願う​よう​に​指示​し​まし​た。そして​こう​述べ​て​い​ます。「平和​の​友​が​そこ​に​いる​なら,あなた方​の​平和​は​その​人​の​上​に​とどまる​でしょ​う。しかし,い​ない​なら,それ​は​あなた方​の​もと​に​戻っ​て​来る​でしょ​う」。(ルカ 10:1,5,6)宣教​奉仕​で​好意​的​な​反応​を​示す​人​が​いる​と​うれしく​なり​ます。その​人​は​わたしたち​の​音信​から​益​を​得​られる​から​です。しかし,とても​平和​的​と​は​言え​ない​反応​が​返っ​て​くる​こと​も​あり​ます。そんな​時,どう​する​でしょ​う​か。イエス​に​よれ​ば,その​家​に​ある​よう​に​と​願っ​た​平和​が​わたしたち​と​共​に​とどまっ​て​いる​べき​です。人々​に​どう​扱わ​れる​と​し​て​も,どの​戸口​も​平安​な​気持ち​で​去る​こと​が​できる​よう​で​ある​べき​です。もし​刺激​さ​れ​て​腹​を​立てる​なら,平安​を​保つ​こと​は​でき​ませ​ん。

12. エフェソス 4​章​31,32​節​の​パウロ​の​言葉​に​よれ​ば,どう​行動​す​べき​です​か。

12 クリスチャン​宣教​だけ​で​なく,あらゆる​状況​に​おい​て​平安​を​保つ​よう​に​努め​ましょ​う。もちろん,進ん​で​許す​と​は,間違っ​た​行為​を​容認​する​と​か,その​被害​を​過小​評価​する​と​いう​こと​で​は​あり​ませ​ん。そう​し​た​行為​に​対する​憤り​を​捨て,平安​を​保つ​と​いう​こと​です。しかし,消極​的​な​考え​を​抱き続け,いかに​ひどい​扱い​を​受け​た​か​を​考え​続け​て,他​の​人​の​行為​に​よっ​て​幸せ​を​奪わ​れ​て​しまう​人​も​い​ます。そう​し​た​考え​に​支配​さ​れ​て​は​なり​ませ​ん。憤り​を​宿す​なら​幸せ​に​は​なれ​ませ​ん。ですから,快く​許し​ましょ​う。―エフェソス 4:31,32を​読む。

エホバ​に​喜ば​れる​仕方​で​行動​する

13. (イ)クリスチャン​は,どの​よう​に​敵​の​頭​に「燃える​炭火」を​積み​ます​か。(ロ)刺激​さ​れ​た​時​の​温和​な​対応​は,どんな​結果​を​生む​か​も​しれ​ませ​ん​か。

13 だれ​か​に​ひどい​こと​を​され​た​時,それ​は,相手​に​クリスチャン​の​規準​を​認識​し​て​もらう​機会​と​なる​か​も​しれ​ませ​ん。使徒​パウロ​は​こう​書い​て​い​ます。「『あなた​の​敵​が​飢え​て​いる​なら,食べ​させ​なさい。渇い​て​いる​なら,飲む​物​を​与え​なさい。そうすれば,燃える​炭火​を​彼​の​頭​に​積む​こと​に​なる​の​で​ある』。悪​に​征服​さ​れ​て​は​なり​ませ​ん。むしろ,善​を​もっ​て​悪​を​征服​し​て​ゆき​なさい」。(ロマ 12:20,21)刺激​さ​れ​た​時​に​穏やか​に​応じる​こと​に​よっ​て,相手​の​非常​に​厳しい​態度​を​和らげ​て​内面​の​良い​もの​を​引き出せる​場合​が​あり​ます。理解,感情​移入,さらに​は​同情​心​を​示す​なら,聖書​の​真理​を​学ぶ​よう​助け​られる​か​も​しれ​ませ​ん。そう​で​なく​て​も,温和​な​対応​は,あなた​の​りっぱ​な​行動​に​つい​て​考える​機会​を​与える​こと​に​なり​ます。―ペテ​一 2:12; 3:16

14. どれ​ほど​ひどい​仕打ち​を​受け​た​と​し​て​も,憤り​を​宿す​べき​で​ない​の​は​なぜ​です​か。

14 ある​人​たち​と​は,交友​を​持つ​の​が​ふさわしく​ない​こと​が​あり​ます。会衆​の​成員​が​罪​を​犯し​て​悔い改め​ず,排斥​さ​れる​場合​も​そう​です。そう​し​た​人​に​よっ​て​あなた​が​傷つい​て​いる​場合,相手​が​悔い改め​て​も,感情​的​な​傷​が​いえる​の​に​は​時間​が​かかる​の​で,許す​の​が​非常​に​難しい​か​も​しれ​ませ​ん。その​よう​な​とき​に​は,悔い改め​た​悪行​者​を​快く​許す​精神​を​培える​よう,エホバ​に​助け​を​求め​続ける​こと​が​でき​ます。結局​の​ところ,相手​の​心​に​何​が​ある​か,わたしたち​に​は​知り​よう​が​ない​から​です。しかし​エホバ​は​知っ​て​おら​れ​ます。そして,人​の​内奥​の​傾向​を​調べ,悪行​者​に​対し​て​辛抱​し​て​おら​れる​の​です。(詩 7:9。箴 17:3)それ​で​聖書​は​こう​述べ​て​い​ます。「だれ​に​対し​て​も,悪​に​悪​を​返し​て​は​なり​ませ​ん。すべて​の​人​の​前​に​良い​もの​を​備え​なさい。できる​なら,あなた方​に​関する​かぎり,すべて​の​人​に​対し​て​平和​を​求め​なさい。わたし​の​愛する​者​たち,自分​で​復しゅう​を​し​て​は​なり​ませ​ん。むしろ​神​の​憤り​に​道​を​譲り​なさい。こう​書い​て​ある​から​です。『復しゅう​ は​わたし​の​もの,わたし​が​返報​する,と​エホバ​は​言わ​れる』」。(ロマ 12:17‐19)他​の​人​を​正当​に​罪​に​定める​こと​が​できる​でしょ​う​か。でき​ませ​ん。(マタ 7:1,2)それでも,エホバ​が​公正​を​行なわ​れる​こと​は​確信​でき​ます。

15. ひどい​扱い​を​し​た​人​に​関し​て,どんな​こと​を​意識​する​の​は​助け​に​なり​ます​か。

15 自分​は​ひどい​扱い​を​受け​た​犠牲​者​だ​と​感じ​て​おり,悔い改め​た​悪行​者​を​許す​の​が​難しい​なら,相手​も​犠牲​者​で​ある​と​いう​こと​を​意識​する​の​は​良い​こと​です。その​人​も,受け継い​だ​不​完全​さ​の​影響​を​被っ​て​いる​の​です。(ロマ 3:23)エホバ​は,不​完全​な​人間​すべて​に​同情​を​感じ​て​おら​れ​ます。ですから,その​人​の​ため​に​祈る​の​は​ふさわしい​こと​です。そう​し​た​祈り​を​し​ながら​怒り​を​持ち​続ける​こと​は​ない​でしょ​う。そして,自分​を​苦しめる​人​に​対し​て​さえ​憤り​を​宿す​べき​で​ない​こと​は,イエス​の​次​の​言葉​から​も​明らか​です。「あなた方​の​敵​を​愛し​つづけ,あなた方​を​迫害​し​て​いる​者​たち​の​ため​に​祈り​つづけ​なさい」。―マタ 5:44

16,17. 罪​を​犯し​た​人​が​悔い改め​て​いる​と​クリスチャン​の​長老​たち​が​判断​する​時,どう​反応​す​べき​です​か。なぜ​です​か。

16 エホバ​の​ご意志​に​したがって,クリスチャン​の​長老​たち​に​は,会衆​内​の​悪行​が​関係​する​問題​を​扱う​責任​が​委ね​られ​て​い​ます。その​兄弟​たち​は,神​の​よう​な​完全​な​洞察​力​を​持っ​て​は​い​ませ​ん​が,聖霊​の​導き​の​もと​に,自分​たち​の​決定​を​神​の​言葉​の​指示​と​調和​さ​せる​よう​に​し​ます。それで,エホバ​の​助け​を​祈り​求め​た​後​に​なさ​れる​決定​は,エホバ​の​見方​を​反映​し​た​もの​に​なり​ます。―マタ 18:18

クリスチャン​は,進ん​で​許さ​なけれ​ば​なら​ない

17 ここ​に​忠節​が​関係​し​て​き​ます。あなた​は,悔い改め​た​と​判断​さ​れ​た​人​を​許し,その​人​へ​の​愛​を​確証​する​でしょ​う​か。(コリ​二 2:5‐8)それ​が​容易​で​ない​こと​も​あり​ます。自分​や​家族​が​悪行​の​犠牲​者​で​ある​場合​は,特に​そう​でしょ​う。と​は​いえ,エホバ​に,また​会衆​を​通し​て​なさ​れる​エホバ​の​物事​の​扱い方​に,信頼​を​置く​なら,賢く​行動​でき​ます。惜しみなく​許し​て​いる​こと​を​示せる​の​です。―箴 3:5,6

18. 惜しみなく​許す​こと​から,どんな​益​が​得​られ​ます​か。

18 メンタルヘルス​の​専門​家​は,進ん​で​許す​こと​の​益​を​認め​て​い​ます。そう​する​なら,健康​に​有害​な​うっ積​し​た​感情​や​悶々​と​し​た​気持ち​が​なくなり,健全​で​良好​な​関係​が​育ま​れ​ます。それ​と​は​対照​的​に,進ん​で​許そ​う​と​し​ない​なら,健康​を​損ない,関係​が​こじれ,ストレス​を​感じ,意思​の​疎通​が​難しく​なり​ます。でも​結局​の​ところ,進ん​で​許す​こと​から​得​られる​何​に​も​まして​大切​な​祝福​は,天​の​父​エホバ​と​の​良い​関係​です。―コロサイ 3:12‐14を​読む。