「あなた​の​ご意志​を​行なう​こと​を​わたし​に​教え​て​ください。あなた​は​わたし​の​神​だ​から​です」。―詩 143:10

1,2. 神​の​ご意志​を​考慮​に​入れる​なら​どんな​益​が​得​られ​ます​か。ダビデ​に​つい​て,これ​から​どんな​こと​を​学べ​ます​か。

出かける​際​に​ナビゲーション​装置​を​利用​し​た​こと​が​あり​ます​か。空​から​見下ろす​か​の​よう​に​地図​上​で​目的​地​を​特定​できる​と,どの​道​を​行け​ば​よい​か​が​分かり​ます。同じ​よう​に,わたしたち​が​重要​な​決定​を​下す​際​に​役立つ​方法​が​あり​ます。創造​者​の​高い​視点​から​物事​を​見る​なら,エホバ​の​是認​さ​れる「道」を​歩む​こと​が​でき​ます。―イザ 30:21

2 古代​イスラエル​の​ダビデ​王​は,生涯​の​ほとんど​の​時期​を​通じ​て,神​の​ご意志​を​考慮​に​入れる​と​いう​点​で​立派​な​手本​を​示し​まし​た。その​生涯​中​の​幾つ​か​の​出来事​を​振り返り,心​が​エホバ​神​と​全く​一致​し​て​い​た​ダビデ​の​行動​から​教訓​を​得​ましょ​う。―王​一 11:4

ダビデ​は​エホバ​の​み名​を​とても​大切​に​考え​た

3,4. (イ)ダビデ​が​ゴリアテ​に​立ち向かっ​た​の​は​なぜ​です​か。(ロ)ダビデ​は​神​の​み名​を​どの​よう​に​見​て​い​まし​た​か。

3 ダビデ​が​フィリスティア​人​の​代表​闘士​ゴリアテ​と​対決​し​た​時​の​こと​を​考え​ましょ​う。まだ​若い​ダビデ​が,完全​武装​し​た​身長​2.9​㍍​も​の​巨人​の​挑戦​に​応じ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。(サム​一 17:4,脚注)勇気​が​あっ​た​から​です​か。神​へ​の​信仰​が​あっ​た​から​です​か。勇敢​な​行動​を​取る​に​は,どちら​の​特質​も​欠か​せ​ませ​ん​でし​た。と​は​いえ,何​より​も​エホバ​と​その​偉大​な​み名​に​敬意​を​抱い​て​い​た​から​こそ,そびえる​よう​な​巨人​に​立ち向かっ​た​の​です。義憤​に​駆ら​れ​た​ダビデ​は,「生ける​神​の​戦列​を​嘲弄​する​と​は,この​割礼​を​受け​て​い​ない​フィリスティア​人​は​何者​な​の​です​か」と​尋ね​まし​た。―サム​一 17:26

4 ゴリアテ​の​面前​で​若者​ダビデ​は​きっぱり​こう​言い​まし​た。「あなた​は​剣​と​槍​と​投げ槍​と​を​持っ​て​わたし​に​向かっ​て​来る​が,わたし​は​あなた​が​嘲弄​し​た​イスラエル​の​戦列​の​神,万軍​ の​エホバ​の​み名​を​もっ​て​あなた​に​向かっ​て​行く」。(サム​一 17:45)まこと​の​神​を​信頼​し​て​い​た​ダビデ​は​フィリスティア​人​の​代表​闘士​を,石投げ​器​の​わずか​1​個​の​石​で​討ち倒し​た​の​です。その​時​も​それ​以降​の​生涯​も​ずっ​と,ダビデ​は​エホバ​を​信頼​し,神​の​み名​を​最も​大切​な​もの​と​考え​まし​た。実際​ダビデ​は​同胞​の​イスラエル​人​たち​に,エホバ​の「聖​なる​み名​を​あなた方​の​誇り​と​せよ」と​促し​て​い​ます。―歴代​第​一 16:8‐10を​読む。

5. ゴリアテ​に​よる​嘲弄​に​も​似​た,どんな​状況​に​直面​する​こと​が​あり​ます​か。

5 あなた​も​エホバ​が​自分​の​神​で​ある​こと​を​誇り​と​し​て​い​ます​か。(エレ 9:24)近所​の​人,同僚,クラスメート,親族​が​エホバ​を​悪く​言い,エホバ​の​証人​を​ばか​に​する​なら,どう​反応​し​ます​か。エホバ​の​み名​が​そしら​れる​時,エホバ​の​支え​を​確信​し​て,はっきり​語り​ます​か。確か​に「黙っ​て​いる​の​に​時​が​あり」ます​が,自分​が​エホバ​神​の​証人,また​イエス​に​付き従う​者​で​ある​こと​を​恥じる​べき​で​は​あり​ませ​ん。(伝 3:1,7。マル 8:38)好意​的​で​ない​人​に​も​巧み​さ​や​礼儀​を​示す​こと​は​必要​です​が,ゴリアテ​が​嘲弄​する​の​を​聞い​て「おびえ,大いに​恐れ​た」イスラエル​人​の​よう​に​なら​ない​よう​に​し​ましょ​う。(サム​一 17:11)むしろ,エホバ​神​の​み名​を​神聖​な​もの​と​する​ため​に​堂々​と​行動​し​ましょ​う。わたしたち​は,エホバ​が​本当​の​神​で​ある​こと​を​人々​が​知る​よう​助け​たい​と​思っ​て​い​ます。その​目的​で​神​の​言葉​を​用い,人々​が​神​に​近づく​こと​の​大切​さ​を​理解​する​ため​の​助け​を​与え​て​い​ます。―ヤコ 4:8

6. ダビデ​は​ゴリアテ​と​の​対決​に​よっ​て​何​を​成し遂げ​たい​と​思っ​て​い​まし​た​か。何​が​わたしたち​の​おも​な​関心事​と​なる​べき​です​か。

6 ダビデ​と​ゴリアテ​と​の​対決​から​学べる​重要​な​点​が​もう​一つ​あり​ます。ダビデ​は​戦列​に​向かっ​て​走っ​て​行き,こう​尋ね​まし​た。「向こう​の​あの​フィリスティア​人​を​討ち倒し,実際​イスラエル​から​そしり​を​追いのける​人​に​は​どう​さ​れる​の​です​か」。すると​人々​は​以前​の​答え​を​繰り返し,ゴリアテ​を「討ち倒す​人​を,王​は​大いなる​富​で​富ま​せ,自分​の​娘​を​その​人​に​与え……る​こと​に​なる​の​だ」と​言い​まし​た。(サム​一 17:25‐27)と​は​いえ,ダビデ​の​おも​な​関心事​は​物質​面​で​の​報酬​を​得る​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。もっと​高い​目的​が​あり​まし​た。まこと​の​神​の​栄光​を​たたえ​たい​と​思っ​て​い​た​の​です。サムエル​第​一 17:46,47を​読む。わたしたち​は​どう​です​か。富​を​蓄え​世​で​目立つ​存在​と​なっ​て​自分​の​名​を​揚げる​こと​に​おもに​関心​が​向い​て​い​ます​か。むしろ,次​の​よう​に​歌っ​た​ダビデ​に​倣い​たい​と​思う​でしょ​う。「あなた方​は​わたし​と​共​に​エホバ​を​大いなる​もの​と​せよ。わたしたち​は​相​共​に​その​み名​を​高め​よう」。(詩 34:3)この​よう​に,神​を​信頼​し,神​の​み名​を​自分​の​名声​より​も​優先​さ​せ​たい​もの​です。―マタ 6:9

7. どう​すれ​ば​強い​信仰​を​培い,好意​的​で​ない​人々​に​出会っ​て​も​奉仕​を​続け​られ​ます​か。

7 ダビデ​が​勇気​を​もっ​て​ゴリアテ​に​立ち向かう​に​は,エホバ​へ​の​全き​確信​が​必要​でし​た。若者​ダビデ​は​強い​信仰​を​持っ​て​い​まし​た。信仰​を​築い​た​一つ​の​方法​は,羊飼い​を​し​て​い​た​時​に​神​に​頼っ​た​こと​でし​た。(サム​一 17:34‐37)わたしたち​も​宣教​奉仕​を​続ける​ため​に​強い​信仰​が​必要​です。好意​的​で​ない​人々​に​出会う​時​は​特に​そう​です。その​よう​な​強い​信仰​を,日々​の​活動​の​中​で​神​に​頼る​こと​に​よっ​て​培う​こと​が​でき​ます。例えば,公共​の​乗り物​で​隣​に​座っ​た​人​に​話しかけ,聖書​の​真理​を​伝える​こと​が​でき​ます。さらに,家​から​家​の​宣教​を​行なう​時​に​道​で​会う​人​に​話し​て​みる​の​も​良い​こと​です。―使徒 20:20,21

ダビデ​は​エホバ​を​待った

サウル​の​命​を​奪える​状況​で​も​ダビデ​が​そう​し​なかっ​た​の​は​なぜ​です​か

8,9. ダビデ​は​サウル​王​と​接し​た​際,エホバ​の​ご意志​を​絶え​ず​意識​し​て​いる​こと​を​どの​よう​に​示し​まし​た​か。

8 エホバ​を​進ん​で​信頼​し​た​ダビデ​の​別​の​手本​ を​取り上げ​ましょ​う。それ​は,イスラエル​の​最初​の​王​サウル​に​かかわる​もの​です。サウル​は​ダビデ​を​ねたん​で​3​回​も,槍​で​ダビデ​を​壁​に​突き刺そ​う​と​し​まし​た。ダビデ​は​その​たび​に​身​を​かわし,報復​し​よう​と​は​し​ませ​ん​でし​た。最後​は​サウル​の​前​から​逃げ​まし​た。(サム​一 18:7‐11; 19:10)次い​で​サウル​は​全​イスラエル​から​3,000​人​の​選ば​れ​た​者​たち​を​率い​て,荒野​に​いる​ダビデ​を​捜し​に​出​まし​た。(サム​一 24:2)やがて​サウル​は​それ​と​は​知ら​ず​に,ダビデ​と​部下​たち​が​潜む​洞くつ​に​入り​まし​た。ダビデ​は​その​折​に,自分​の​命​を​ねらう​王​を​手​に​掛ける​こと​も​でき​まし​た。そもそも​サウル​に​替わっ​て​ダビデ​が​イスラエル​の​王​に​なる​の​が​神​の​ご意志​でし​た。(サム​一 16:1,13)ダビデ​が​部下​の​勧め​を​聞き入れ​て​い​た​なら,サウル​王​は​命​を​落とし​た​こと​でしょ​う。しかし​ダビデ​は​こう​言い​まし​た。「わたし​の​主​に,エホバ​の​油そそが​れ​た​者​に​この​よう​な​事​を​する​など,わたし​に​は,エホバ​の​見地​から​し​て​考え​られ​ない​こと​だ」。サムエル​第​一 24:4‐7を​読む。サウル​は​まだ​神​の​油そそが​れ​た​王​でし​た。ダビデ​は,サウル​の​王権​を​奪い​たい​と​は​思い​ませ​ん​でし​た。エホバ​が​まだ​サウル​を​取り除い​て​おら​れ​なかっ​た​から​です。それで,サウル​の​そでなし​の​上着​の​すそ​を​ただ​切り取っ​て,危害​を​加える​つもり​の​ない​こと​を​示し​まし​た。―サム​一 24:11

9 ダビデ​は​最後​に​サウル​を​目​に​し​た​時​も,神​の​油そそが​れ​た​者​に​敬意​を​示し​まし​た。その​際,ダビデ​と​アビシャイ​は,サウル​が​陣営​を​敷い​て​い​た​場所​に​行き​まし​た​が,サウル​は​眠っ​て​い​まし​た。アビシャイ​は,神​が​敵​を​ダビデ​の​手​に​引き渡さ​れ​た​と​考え,サウル​を​槍​で​地​に​刺し通す​こと​を​申し出​まし​た。しかし,ダビデ​は​許し​を​与え​ませ​ん​でし​た。(サム​一 26:8‐11)神​の​導き​を​絶え​ず​求め​て​い​た​の​で,アビシャイ​に​強く​勧め​られ​て​も,エホバ​の​ご意志​に​従っ​て​行動​する​決意​は​揺らが​なかっ​た​の​です。

10. わたしたち​各人​は,試み​と​なる​どんな​状況​に​ぶつかる​こと​が​あり​ます​か。どう​すれ​ば​確固​と​し​た​立場​を​取れ​ます​か。

10 わたしたち​も​試み​と​なる​状況​に​ぶつかる​こと​が​あり​ます。周り​の​人​が​エホバ​の​ご意志​を​行なう​ため​の​支え​を​与える​の​で​は​なく,むしろ​その​人​の​持つ​人間​的​な​考え方​に​従う​よう​圧力​を​かけ​て​くる​と​いう​状況​です。アビシャイ​に​似​た​勧め​を​し,ある​物事​に​関係​する​神​の​ご意志​を​考え​ず​に​行動​する​よう​促す​人​も​いる​でしょ​う。確固​と​し​た​立場​を​取る​に​は,その​件​を​エホバ​が​どう​見​て​おら​れる​か​を​しっかり​銘記​し,エホバ​の​物事​の​行ない​方​に​付き従う​よう​決意​する​必要​が​あり​ます。

11. 神​の​ご意志​を​いつも​最​優先​する​と​いう​点​で,あなた​は​ダビデ​から​どんな​こと​を​学び​まし​た​か。

 11 ダビデ​は​エホバ​神​に,「あなた​の​ご意志​を​行なう​こと​を​わたし​に​教え​て​ください」と​祈り​まし​た。詩編 143:5,8,10を​読む。自分​の​考え​に​頼っ​たり,他​の​人​に​強く​勧め​られ​て​信念​を​曲げ​たり​する​の​で​は​なく,ぜひ​神​に​教え​て​いただこ​う​と​し​た​の​です。エホバ​の「すべて​の​働き​を​思い巡らし,……自ら​進ん​で[神]の​み手​の​業​に​思い​を​留め​まし​た」。わたしたち​も,聖書​を​掘り下げ​て​調べ,エホバ​が​人々​を​どう​扱わ​れ​た​か​を​示す​いろいろ​な​記述​を​思い巡らす​なら,神​の​ご意志​を​見極める​こと​が​でき​ます。

ダビデ​は​律法​の​背後​に​ある​原則​を​認識​し​た

12,13. 3​人​の​部下​が​持ち帰っ​た​水​を​ダビデ​が​注ぎ出し​た​の​は​なぜ​です​か。

12 ダビデ​は​律法​の​背後​に​ある​原則​を​認識​し,それ​に​付き従い​たい​と​願っ​て​い​まし​た。その​点​で​も​わたしたち​の​見倣う​べき​手本​です。ダビデ​が​渇望​を​言い表わし,「ベツレヘム​の​水溜め​の​水​を​一杯​飲め​たら​よい​の​だが」と​述べ​た​時​に​起き​た​事​を​考え​ましょ​う。3​人​の​部下​たち​は,当時​フィリスティア​人​に​占拠​さ​れ​て​い​た​市内​に​無理​に​突入​し,その​水​を​持ち帰り​まし​た。ところが「ダビデ​は​それ​を​飲も​う​と​は​せ​ず,それ​を​エホバ​に​注ぎ出し​た」の​です。なぜ​でしょ​う​か。こう​言っ​て​い​ます。「この​よう​な​こと​を​する​など,わたし​の​神​に​関し​て,わたし​に​は​考え​られ​ない​こと​です! わたし​は​これら​の​人々​の​魂​を​かけ​て​その​血​を​飲む​べき​でしょ​う​か。自分​の​魂​を​かけ​て​彼ら​は​それ​を​持っ​て​来​た​の​です」。―代​一 11:15‐19

部下​が​持ち帰っ​た​水​を​ダビデ​が​飲も​う​と​し​なかっ​た​こと​から​何​を​学べ​ます​か

13 ダビデ​は​律法​から,血​は​エホバ​に​対し​て​注ぎ出す​べき​で​食べ​て​は​なら​ない,と​いう​こと​を​知っ​て​い​まし​た。さらに,その​理由​も​理解​し​て​い​まし​た。「肉​の​魂​は​血​に​ある」こと​を​知っ​て​い​た​の​です。それにしても,持ち帰っ​た​の​は​血​で​は​なく​水​でし​た。なぜ​飲も​う​と​し​なかっ​た​の​でしょ​う​か。法的​な​要求​の​背後​に​ある​原則​を​認識​し​て​い​た​から​です。ダビデ​に​とっ​て,その​水​は​3​人​の​血​と​同じ​ほど​貴重​でし​た。ですから,その​水​を​飲む​の​は​考え​られ​ない​こと​でし​た。飲ま​ず​に​地面​に​注ぎ出す​べき​で​ある​と​結論​し​た​の​です。―レビ 17:11。申 12:23,24

14. ダビデ​は​どの​よう​に​し​て​エホバ​の​見方​を​持つ​こと​が​でき​まし​た​か。

 14 ダビデ​は​神​の​律法​に​ひたすら​思い​を​向ける​よう​努め​まし​た。こう​歌っ​て​い​ます。「わたし​の​神​よ,あなた​の​ご意志​を​行なう​こと​を​わたし​は​喜び​と​し​まし​た。あなた​の​律法​は​わたし​の​内​なる​所​に​あり​ます」。(詩 40:8)ダビデ​は​神​の​律法​を​研究​し,深く​思い巡らし​まし​た。エホバ​の​おきて​が​知恵​の​道​で​ある​こと​を​信頼​し​て​い​まし​た。結果​と​し​て,モーセ​の​律法​の​字句​に​従う​だけ​で​なく,律法​の​精神​を​くみ取っ​て​当てはめる​こと​を​切望​し​た​の​です。聖書​を​学ぶ​時,読ん​だ​事柄​を​思い巡らし,心​に​蓄える​の​は​賢明​です。そうすれば,ある​状況​で​エホバ​に​喜ん​で​いただく​ため​に​何​が​できる​か​を​見極め​られる​でしょ​う。

15. ソロモン​が​神​の​律法​を​敬わ​なく​なっ​た​こと​は,どんな​行動​に​表われ​まし​た​か。

15 ダビデ​の​子​ソロモン​も​大いに​エホバ​の​恵み​を​得​まし​た。しかし,時​たつ​うち​に​神​の​律法​を​敬わ​なく​なり​まし​た。イスラエル​人​の​王​に​与え​られ​た,「自分​の​ため​に​妻​たち​を​増やし​て​は​いけ​ない」と​いう​エホバ​の​命令​に​留意​し​ませ​ん​でし​た。(申 17:17)それどころか,大勢​の​異国​の​女性​と​結婚​し​まし​た。そして​年老い​た​時,「その​妻​たち​が​彼​の​心​を​傾け​させ​て,ほか​の​神々​に​従わせ」まし​た。自分​の​行動​を​どの​よう​に​正当​化​し​た​か​は​分かり​ませ​ん​が,「ソロモン​は​エホバ​の​目​に​悪い​こと​を​行ない​はじめ,その​父​ダビデ​の​よう​に​エホバ​に​全く​は​従わ​なかっ​た」の​です。(王​一 11:1‐6)神​の​言葉​の​律法​と​原則​に​付き従う​こと​は​本当​に​重要​です。例えば,結婚​を​考える​時,この​こと​は​極めて​大切​です。

16. 結婚​を​願う​人​は,「主​に​ある​者​と​だけ」と​いう​命令​の​精神​を​見極め​て​いる​こと​を​どの​よう​に​示せ​ます​か。

16 もし​信者​で​ない​異性​が​わたしたち​の​気​を​引こ​う​と​する​なら,どんな​反応​を​する​でしょ​う​か。その​反応​は​ダビデ​と​ソロモン​の​どちら​の​見方​に​倣っ​た​もの​です​か。真​の​崇拝​を​行なう​人​は,「主​に​ある​者​と​だけ」結婚​する​よう​に​と​告げ​られ​て​い​ます。(コリ​一 7:39)クリスチャン​が​結婚​する​場合,その​相手​は​仲間​の​信者​で​ある​べき​です。聖書​に​基づく​この​要求​に​含ま​れる​精神​を​見極め​て​いる​なら,ただ​不​信者​と​結婚​し​ない​と​いう​だけ​で​なく,不​信者​から​の​誘い​を​喜ぶ​よう​な​態度​を​取る​こと​も​し​ない​でしょ​う。

17. どう​すれ​ば​ポルノ​と​いう​わな​に​掛から​ない​で​済み​ます​か。

17 神​の​導き​を​切​に​求め​た​ダビデ​の​手本​は,ポルノ​画像​を​見る​と​いう​誘惑​に​抵抗​する​ため​の​助け​に​も​なり​ます。以下​の​聖句​を​読み,そこ​に​含ま​れ​て​いる​原則​に​つい​て​考え,この​点​に​関する​エホバ​の​ご意志​を​見極める​よう​に​し​て​ください。詩編 119:37; マタイ 5:28,29; コロサイ 3:5を​読む。エホバ​の​高い​規準​を​思い巡らす​なら,ポルノ​と​いう​わな​に​掛から​ない​で​済む​でしょ​う。

いつも​神​と​同じ​見方​を​する

18,19. (イ)ダビデ​は​不​完全​でし​た​が,なぜ​神​の​恵み​の​うち​に​とどまる​こと​が​でき​まし​た​か。(ロ)あなた​は​どんな​こと​を​決意​し​て​い​ます​か。

18 ダビデ​は​多く​の​点​で​模範​を​残し​まし​た​が,重大​な​罪​を​幾つ​か​犯し​まし​た。(サム​二 11:2‐4,14,15,22‐27。代​一 21:1,7)それでも​生涯​を​通じ,罪​を​犯し​て​しまっ​た​時​に​悔い改め​まし​た。「心​の​忠誠​さ」を​もっ​て​神​の​み前​に​歩み​まし​た。(王​一 9:4)なぜ​そう​言える​の​でしょ​う​か。ダビデ​は,エホバ​の​ご意志​に​従っ​て​行動​する​よう​努め​た​から​です。

19 わたしたち​も​不​完全​な​存在​です​が,エホバ​の​恵み​の​うち​に​とどまれ​ます。その​こと​を​目指し​て,神​の​言葉​を​勤勉​に​学び,学ん​だ​事柄​を​深く​思い巡らし,心​に​蓄え​た​事柄​に​従っ​て​果断​に​行動​し​ましょ​う。そうすれば,謙遜​な​態度​で「あなた​の​ご意志​を​行なう​こと​を​わたし​に​教え​て​ください」と​嘆願​し​た​詩編​作者​ダビデ​の​よう​に​祈っ​て​いる​こと​に​なる​でしょ​う。