アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2012年10月

 ライフ  ストーリー

60年来の友情は始まったばかり

60年来の友情は始まったばかり

1951   ある     こと です。米国 ニューヨーク  イサカ で,20  初め  4   青年  それぞれ 電話  ブース  立ち,ミシガン 州,アイオワ 州,カリフォルニア    距離 電話  かけ まし た。すぐ    知らせ たい こと  あっ   です。

同じ   2 月,ニューヨーク  サウスランシング  122   開拓   集まり まし た。ギレアデ 学校   17   クラス  出席 する ため です。宣教   なる ため  訓練  受ける    に,ローウェル  ターナー,ウィリアム(ビル)・ カステン,リチャード  ケルシー,ラモン  テンプルトン   まし た。ローウェル  ビル  ミシガン 州,リチャード  アイオワ 州,ラモン  カリフォルニア  出身 で,4   すぐ  意気 投合  まし た。

 から 右: リチャード,ローウェル,ラモン,ビル  ギレアデ  友達  なっ 

 5 か月 後,期待  高まっ   まし た。世界 本部  ネイサン  ノア 兄弟    生徒 たち    する こと  知らさ    です。それ より 前,4   兄弟 たち は,できれ  同じ   奉仕  たい  いう 願い  伝え   まし た。宣教     どの   割り当て られる   これ  分かる  でしょ  か。その とおり でし た。

ノア 兄弟  クラス 全体       割り当て    発表  はじめる と,生徒 たち  沸き立ち まし た。最初  ステージ  呼ば    は,緊張   面持ち  この 4  でし た。もっとも,行き先  同じ  ある こと  ついに 分かり,ほっ   まし た。でも どこ でしょ  か。ドイツ  知らさ れる と,生徒 たち  歓声  上がり,拍手  起こり ます。

その ころ,各国  エホバ  証人 は,ドイツ  仲間 たち  1933  以降 ヒトラー 政権  もと  忠実  保っ    こと  感銘  受け   まし た。クラス  生徒 たち  多く は,第   世界 大戦   ヨーロッパ  兄弟 たち  衣類    支援 物資  送る  いう 経験     まし た。ドイツ     は,信仰,決意,勇気,エホバ   信頼    際立っ  手本 でし た。4     ローウェル は,「それら 愛す べき 兄弟 姉妹  じかに 知る こと  できる」と 思い まし た。その 晩,皆  興奮  包ま れ,早く 電話  たかっ  こと  は,この よう  理由  あっ   です。

ドイツ 

王国 宣教 学校  授業  行なう ラモン

1951  7  27 日,蒸気  ホームランド   ニューヨーク  イースト   埠頭  離れ ます。4   ドイツ   11    航海   ます。ギレアデ  教訓     で,後  統治   成員  なっ  アルバート  シュローダー から,ドイツ   少し だけ 教わっ   まし た。船内   ドイツ    乗客  いる  で,さらに 教わる 機会  持て そう です。ところが,乗客  話す   ドイツ 各地  方言 だっ  よう です。頭  付い  いき ませ ん。

8  7 日,火曜   朝,船酔い  耐え    4   ついに ドイツ  ハンブルク  降り立ち ます。市内  各所 に,6    終わっ  ばかり  戦争  爪痕  残さ    まし た。周囲  光景    痛め つつ,ウィースバーデン  向かう 夜行 列車  乗り込み ます。そこ  当時,支部  あっ  場所 です。

ウィースバーデン  ベテル  宛名 印刷   操作 する リチャード

水曜   早朝,ドイツ    初めて エホバ  証人  会い ます。いかにも ドイツ  らしい 名前   です。ハンス  いう その 兄弟 は,4    から   ベテル  連れ  行き ます。そして,厳し そう  感じ  年配  姉妹  あと  任せ ます。姉妹  英語  全く 話せ ず,大きな   話せ  通じる  考え  よう です。声  大きく なれ  なる ほど,姉妹  4   ますます 困惑  ます。そうこう する うち に,支部    エーリヒ  フロスト 兄弟  現われ,英語  温かく 迎え  くれ ます。これ  一安心 です。

8   終わり に,4   ドイツ  初めて  大会  出席  まし た。フランクフルト  開か  た「清い 崇拝」大会 です。最高  4万7,432   出席 し,2,373   バプテスマ  受け  その 大会 で,4   宣教      熱意  強め,宣べ伝え たい  いう 気持ち  駆ら  まし た。ところ      ノア 兄弟 から,ベテル  とどまり そこで 働く よう 割り当て られる  知らさ  ます。

割り当て られ  奉仕 から 喜び  得,何  最善   一番 よく ご存じ    エホバ  ある  いう 全き 確信  持つ よう  なり まし 

宣教  奉仕  強く 希望     ラモン は,米国  ベテル  行く 機会  辞退   こと  あり まし た。リチャード  ビル も,ベテル 奉仕  考え  こと  あり ませ  でし た。それでも,4   割り当て られ  奉仕 から 喜び  得,何  最善   一番 よく ご存じ    エホバ  ある  いう 全き 確信  持つ よう  なり まし た。自分  願い  こだわる より も,エホバ  導き  信頼 する ほう  賢明   です。この 教訓  学ぶ  は,どこ で,どんな 割り当て  与え られる    も,エホバ  幸福  仕える こと  できる  です。

 フェアボーテン!

ドイツ  ベテル 家族    は,アメリカ     こと  英語  良い 練習 相手  なる  喜ぶ   少なく あり ませ  でし た。しかし,その 期待  あっけなく 崩れ ます。ある 日,食堂 でフロスト 兄弟  ドイツ  で,熱意  あふれ    口調    始め まし た。何  重大  こと  述べ  いる  いう 気配  伝わっ   ます。家族  静まり返り,うつむい  まま でし た。新入り  4  は,内容  理解 でき なかっ  もの の,自分 たち  こと  言っ  いる   だんだん 分かっ   まし た。それで,フロスト 兄弟  大声 で「フェアボーテン!」(禁止)と 言い,語気  強め ながら それ  繰り返す  つれ,不安  なり まし た。何  まずい こと    しまっ   でしょ  か。

ノア 兄弟(左)の 訪問   に,フロスト 兄弟(右)と  

食事  終わり,全員  そそくさ  部屋  戻り まし た。後     兄弟  こう 説明   くれ まし た。「あなたたち  わたしたち  援助 する  は,ドイツ   話せ ない  だめ です。だから フロスト 兄弟 は,あなたたち  ドイツ   覚える まで  英語  話す  は“フェアボーテン”だ  言っ   です」。

ベテル 家族  その 指示  すぐ  従い まし た。その おかげ で,新入り  4   ドイツ   覚える こと  でき まし た。また,仲間  兄弟    動かさ   与える 助言 は,最初  当てはめる   難しく  も,たいてい 自分 たち    なる  いう こと  学び まし た。フロスト 兄弟 は,エホバ  組織    考え,また 兄弟 たち  愛し    から こそ,その よう  助言  与え   です。 * 4   フロスト 兄弟  慕う よう  なっ   も,うなずけ ます。

 たち から 学ぶ

1952   スイス   休暇

  恐れる  たち から 貴重  教訓  学べ ます。その 教訓 は,わたしたち  エホバ  良い   なる   役立ち ます。4  は,ドイツ  忠実  兄弟 姉妹 から たくさん  こと  学び まし た。それら 兄弟 姉妹  非常  多く,全員  名前  挙げる こと  でき ない ほど です。4   また,互い  学び合い まし た。リチャード  こう 語り ます。「ローウェル  ドイツ   幾らか 知っ    上手  使え まし  が,他  3   苦労  まし た。ローウェル   年長 だっ  こと  あり,言語    助け  くれ,物事  行なう   まとめ   なっ  くれ まし た」。ラモン  こう 回想  ます。「スイス  兄弟  別荘  わたしたち  使わ   くれる こと  なっ   で,とても 楽しみ でし た。ドイツ  1  やっ      初めて   休暇 です。2    内輪 だけ で,ドイツ  から 解放  れる  です。しかし,ローウェル  一緒  ある こと  忘れ   まし た。ローウェル は,日々  聖句  毎朝 ドイツ   読ん  討議  べき   言っ  譲り ませ  でし た。彼  どうして  折れ なかっ   で,わたし  がっかり  まし た。ですが,大切  教訓  学び まし た。自分  最善    考え  くれ  いる   勧め  従う べき  ある  いう 教訓 です。同意 でき ない よう  思える   従う  です。この 見方  持つ こと  その  わたしたち    なり,神権   指示  服する   容易  なり まし た」。

4   また,互い  長所  認め合う こと  でき まし た。フィリピ 2  3  の,「他    自分 より   ある  考え  へりくだっ  思い  持」つ よう   いう 勧め  とおり     です。ビル  しばしば,他  3   全員 一致 で,ビル なら 上手  扱える  考え  仕事  果たし まし た。ローウェル  こう 回想  ます。「わたしたち  難しい 状況  生じ て,慎重  扱う べき 事柄 や,あまり   進ま ない 事柄  持ち上がる と,ビル  頼り    もの です。扱わ なけれ  いけ ない  4  全員  認め   ながら,不安  能力 不足  ため    進ま ない 状況  も,ビル  その 扱い方  こつ  知っ   まし た」。

幸せ  結婚 生活

やがて 4   それぞれ 結婚  決意  ます。エホバ   時間 奉仕  対する   その 友情   だっ   で,4   も,エホバ   優先 する   探し まし た。4    時間 奉仕  行なっ て,与える こと  受ける こと より  報い  大きく,また 個人  願い より  王国  関心事  優先  べき  ある こと  学び まし た。その ため,すでに  時間 奉仕  自分  意志  行なっ    姉妹 たち  選び まし た。結果   て,緊密  幸福  4   夫婦  生ま  まし た。

友情   夫婦     言える こと です が,その 関係  長く 続く ため   エホバ  加わら なけれ  なり ませ ん。(伝 4:12)ビル  ラモン は,後年   配偶   亡くし まし  が,それでも 忠実   から  られる 喜び  支え  経験  まし た。ローウェル  リチャード は,今  この 支え     ます。後  再婚   ビル は,相手  賢明  選び,全 時間 奉仕  続け られる よう   まし た。

4    は,後  割り当て  よっ  住む 場所  変わり まし た。主  場所 は,ドイツ,オーストリア,ルクセンブルク,カナダ,米国 です。その ため,一緒  過ごす 時間  望む ほど 取れ なく なり まし た。しかし,遠く 離れ     互い  連絡  取り合い,受け  祝福  喜び合う こと  あれ ば,悲しみ      流す こと  あり まし た。(ロマ 12:15)この よう      あり,感謝  べき エホバ から  貴重  贈り物 です。(箴 17:17)今  世界 で,真  友情  築い  いる  たち  そう 多く あり ませ ん。しかし,真  クリスチャン  その よう    大勢 持て ます。エホバ  証人  ある わたしたち は,世界 じゅう  信仰  仲間  交友   持つ こと  でき,何   まして エホバ   イエス  キリスト    できる  です。

だれ   言える こと です が,この 4      苦難  経験  まし た。配偶   亡くす  いう 痛み,重い 病気  闘う   ストレス,高齢    世話,全 時間 奉仕   ながら 子ども  育てる 苦労,新た  神権  割り当て  受け入れる   不安 など です。そして    老齢  伴う 問題  増え まし た。それでも,友  どこ  いる   かかわり なく,その 支え  あれ  エホバ  愛する   どんな 困難   対処 できる,と いう こと  経験 から 知っ  いる  です。

永遠  将来  見据え  友情

素晴らしい こと に,ローウェル,ラモン,ビル,リチャード  それぞれ 18 歳,12 歳,11 歳,10   エホバ  献身 し,17  から 21  まで    みな  時間 奉仕  始め まし た。伝道  書 12  1   ある,「あなた  若い 成年    あなた  偉大  創造   覚えよ」と いう 励まし  こたえ応じ   です。

若い クリスチャン  男子  皆さん,できる なら,全 時間 奉仕  始める よう    エホバ から  招き  受け入れ  ください。そうすれば,エホバ  過分  ご親切  より,この 4   よう  喜び  経験 できる   しれ ませ ん。それ  巡回 奉仕,地域  奉仕,地帯 監督     奉仕,ベテル 奉仕 や,さらに  支部 委員   成員    奉仕 する こと,王国 宣教 学校  開拓 奉仕 学校  教える こと,大小  大会    扱う こと など です。この 4  は,自分 たち  奉仕 から 非常  多く  仲間    受ける こと  知る  いう 喜び  味わっ   まし た。その すべて は,若い  に,魂  こめ  仕える よう    エホバ から   ある 招き  こたえ応じ  ため  可能  なっ   です。―コロ 3:23

 から 右: リチャード,ビル,ローウェル,ラモン。1984   ゼルターズ  支部  新しい 建物  献堂    

  は,ローウェル  リチャード  ラモン  再び ドイツ  支部  一緒  奉仕    ます。支部  現在 ゼルターズ  あり ます。悲しい こと に,ビル  2010   米国  特別 開拓     奉仕       亡くなり まし た。ほぼ 60   及ぶ 4   特別  友情    よっ  断た   しまっ   です。しかし,エホバ   ご自分    決して お忘れ  なり ませ ん。クリスチャン  友情      よっ  一時   断た れる    も,王国  支配  もと  その   再び 取り戻せる こと  わたしたち  確信 でき ます。

「友    過ごし  60   わたっ て,私たち    ぎくしゃく   こと  一度  なかっ  です ね」

ビル  亡くなる 少し   こう 書い   まし た。「友    過ごし  60   わたっ て,私たち    ぎくしゃく   こと  一度  なかっ  です ね。この 関係    とっ  これ まで ずっ  かけがえ  ない もの でし た」。この 言葉  読ん  3  は,新しい   再び     再会 する こと  鮮明  思い描き ながら すかさず,「4     まだ 始まっ  ばかり  よ」と 言い添え まし た。

^ 17節 フロスト 兄弟  波乱  富む ライフ  ストーリー は,「ものみの塔」1961  6  15   357‐362 ページ  掲載     ます。