『神​は,ご自分​より​偉大​な​者​に​かけ​て​誓う​こと​が​でき​なかっ​た​の​で,ご自身​に​かけ​て​誓っ​た』。―ヘブ 6:13

1. エホバ​の​言葉​は,罪深い​人間​の​言葉​と​どう​違い​ます​か。

エホバ​は「真理​の​神」です。(詩 31:5)罪深い​人間​は​いつ​で​も​信頼​できる​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,神​は「偽る​こと​の​でき​ない」方​です。(ヘブ 6:18。民数記 23:19​を​読む。神​が​人類​の​ため​に​意図​さ​れる​事柄​は,必ず​実現​し​ます。例えば,それぞれ​の​創造​の​日​の​初め​に​神​が​言わ​れ​た​事柄​は​すべて,「その​よう​に​な(り​ま​し)た」。こう​し​て,創造​の​六​日​目​の​終わり​に​なり​ます。「神​は​自分​の​造っ​た​すべて​の​もの​を​ご覧​に​なっ​た​が,見よ,それ​は​非常​に​良かっ​た」と​記さ​れ​て​い​ます。―創 1:6,7,30,31

2. 神​の​休み​の​日​と​は​何​です​か。神​が「それ​を​神聖​に​され​た」の​は​なぜ​です​か。

2 エホバ​神​は​創造​の​業​を​振り返り,七​日​目​の​始まり​を​告げ​ます。それ​は​24​時間​の​1​日​で​は​なく,神​が​地上​で​の​創造​の​業​を​休ま​れる​長い​期間​の​こと​です。(創 2:2)神​の​休み​の​日​は​まだ​終わっ​て​い​ませ​ん。(ヘブ 4:9,10)聖書​は​その​日​が​始まっ​た​時​を​はっきり​述べ​て​い​ませ​ん​が,それ​は​約​6,000​年​前​に​アダム​の​妻​エバ​が​創造​さ​れ​た​しばらく​後​の​こと​でし​た。前途​に​控える​イエス​・​キリスト​の​千​年​統治​に​おい​て,地球​を​永遠​の​楽園​と​し​て​完全​な​人類​で​満たす​と​いう​神​の​目的​が​成就​し​ます。(創 1:27,28。啓 20:6)将来​その​よう​な​幸福​を​経験​できる​と​確信​できる​でしょ​う​か。もちろん​です。「神​は​七​日​目​を​祝福​し​て​それ​を​神聖​に​され​た」から​です。これ​は,予期​せ​ぬ​どんな​問題​が​生じ​て​も,神​の​休み​の​日​の​終わり​まで​に​神​の​目的​が​必ず​実現​する,と​いう​保証​な​の​です。―創 2:3

3. (イ)神​の​休み​の​日​が​始まっ​た​後,どんな​反逆​が​生じ​まし​た​か。(ロ)エホバ​は,反逆​を​鎮圧​する​と​いう​意向​を​どの​よう​に​表明​さ​れ​まし​た​か。

3 しかし,神​の​休み​の​日​が​始まっ​た​後,災い​が​生じ​ます。 神​の​子​で​み使い​で​あっ​た​サタン​が,対抗​する​神​と​し​て​自分​を​高め​た​の​です。最初​の​うそ​を​つき,エバ​を​欺い​て​エホバ​に​背か​せ​まし​た。(テモ​一 2:14)次い​で​エバ​は,夫​を​反逆​に​加わら​せ​ます。(創 3:1‐6)神​の​真実​さ​に​疑問​が​投げかけ​られ​た,宇宙​の​歴史​に​おける​この​最悪​と​も​言える​時​に​も,エホバ​は,ご自分​の​目的​の​実現​を​誓い​を​もっ​て​確証​する​必要​性​を​感じ​られ​ませ​ん​でし​た。むしろ,反逆​が​どの​よう​に​鎮圧​さ​れる​か​を​ただ​述べ​られ​ます。神​の​定め​の​時​に​分かる​よう​に​なる​次​の​よう​な​言葉​です。「わたし​は,お前[サタン]と​女​と​の​間,また​お前​の​胤​と​女​の​胤​と​の​間​に​敵意​を​置く。彼[約束​の​胤]は​お前​の​頭​を​砕き,お前​は​彼​の​かかと​を​砕く​で​あろ​う」。―創 3:15。啓 12:9

誓い ― 有用​な​法的​手段

4,5. アブラハム​は​どんな​法的​な​手段​を​用い​まし​た​か。

4 人類​史​の​初期​に,真実​さ​を​誓う​と​いう​言葉​は,神​が​アダム​と​エバ​に​お与え​に​なっ​た​語彙​に​含ま​れ​て​は​い​なかっ​た​でしょ​う。神​を​愛し​て​見倣う​完全​な​創造​物​は,誓い​を​する​必要​が​あり​ませ​ん。常​に​真実​を​語り,互い​を​全く​信頼​する​から​です。しかし,人間​が​罪​と​不​完全​さ​を​持つ​よう​に​なる​と,事態​は​変化​し​ます。やがて,うそ​や​欺き​は​人々​の​間​で​当たり前​に​なり,重要​な​事柄​に​つい​て​は,それ​が​真実​で​ある​こと​を​誓う​必要​が​生じ​まし​た。

5 誓い​を​する​こと​は,族長​アブラハム​が​少なく​と​も​3​回​用い​た​法的​な​手段​です。(創 21:22‐24; 24:2‐4,9)一例​を​考え​ましょ​う。アブラハム​が​エラム​の​王​と​その​同盟​者​たち​を​撃ち破っ​て​戻っ​て​来​た​時,サレム​の​王​と​ソドム​の​王​が​会い​に​来​ます。サレム​の​王​メルキゼデク​は,「至高​の​神​の​祭司」でし​た。アブラハム​を​祝福​し,アブラハム​に​勝利​を​お与え​に​なっ​た​神​を​賛美​し​ます。(創 14:17‐20)その​後,ソドム​の​王​が,民​を​侵略​者​から​救っ​て​くれ​た​アブラハム​に​お礼​を​し​よう​と​する​と,アブラハム​は​こう​誓い​ます。「至高​の​神​エホバ,天地​を​作り出さ​れ​た​方​に​向かっ​て​はっきり​誓い​の​手​を​挙げ​ます​が,縫い糸​から​サンダル​の​締めひも​に​至る​まで,そう​です,わたし​は,およそ​あなた​の​もの​から​は​何一つ​受け取り​ませ​ん。『わたし​が​アブラム​を​富ま​せ​た​の​だ』と​あなた​が​言わ​ない​ため​です」。―創 14:21‐23

エホバ​が​アブラハム​に​誓っ​た​約束

6. (イ)アブラハム​は​どんな​手本​を​示し​まし​た​か。(ロ)アブラハム​の​従順​から​どの​よう​な​益​が​得​られ​ます​か。

6 罪深い​人類​の​ため​に,エホバ​神​も,「『わたし​は​生き​て​いる』と,主権​者​なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる」と​いっ​た​表現​を​使っ​て,誓い​を​なさい​まし​た。(エゼ 17:16)聖書​に​は,エホバ​が​誓い​を​し​た​時​の​こと​が​40​回​以上​出​て​き​ます。最も​よく​知ら​れ​た​例​は,アブラハム​と​の​関係​で​なさ​れ​た​もの​でしょ​う。長年​の​間​に,エホバ​は​アブラハム​と,契約​に​関連​し​た​幾つ​か​の​約束​を​なさい​まし​た。それら​の​約束​から,約束​の​胤​が​息子​イサク​を​通し​て​アブラハム​の​家系​から​出る​こと​が​分かり​ます。(創 12:1‐3,7; 13:14‐17; 15:5,18; 21:12)その​後,エホバ​は​アブラハム​を​厳しい​試練​に​遭わ​せ​ます。愛する​息子​を​ささげる​よう​に​と​命じ​た​の​です。アブラハム​が​すぐ​に​従い,イサク​を​犠牲​と​し​て​ささげ​よう​と​し​た​時,神​の​み使い​が​止め​に​入り​ます。その​時,神​は,「わたし​は​自ら​に​かけ​て​まさに​誓う」と​述べ,次​の​よう​な​誓い​を​なさい​まし​た。「あなた​が​この​こと​を​行ない,あなた​の​子,あなた​の​ひとり子​ を​さえ​与える​こと​を​差し控え​なかっ​た​ゆえ​に,わたし​は​確か​に​あなた​を​祝福​し,あなた​の​胤​を​確か​に​殖やし​て​天​の​星​の​よう​に,海辺​の​砂​の​粒​の​よう​に​する。あなた​の​胤​は​その​敵​の​門​を​手​に​入れる​で​あろ​う。そして,あなた​の​胤​に​よっ​て​地​の​すべて​の​国​の​民​は​必ず​自ら​を​祝福​する​で​あろ​う。あなた​が​わたし​の​声​に​聴き従っ​た​から​で​ある」。―創 22:1‐3,9‐12,15‐18

7,8 (イ)神​は​どんな​目的​で​アブラハム​に​誓わ​れ​まし​た​か。(ロ)神​が​誓っ​た​約束​から,イエス​の「ほか​の​羊」は​どの​よう​に​益​を​受け​ます​か。

7 神​が​アブラハム​に​約束​の​実現​を​誓っ​た​の​は​なぜ​でしょ​う​か。キリスト​の​共同​の​相続​人​と​なっ​て​約束​の「胤」の​副次​的​な​部分​を​構成​する​人​たち​に​保証​を​与える​ため,また​その​人​たち​の​信仰​を​強める​ため​でし​た。ヘブライ 6:13‐18​を​読む。ガラ 3:29)使徒​パウロ​が​説明​し​て​いる​よう​に,エホバ​は「誓い​を​もっ​て​踏み込ま​れ​まし​た。それ​は,神​が​偽る​こと​の​でき​ない​二つ​の​不変​の​事柄[神​の​約束​と​誓い]に​よっ​て,……わたしたち​が,自分​の​前​に​置か​れ​た​希望​を​とらえる​ため​の​強い​励み​を​持つ​ため​でし​た」。

アブラハム​は​間​も​なく,エホバ​の​約束​が​実現​する​の​を​見る

8 アブラハム​に​対する​神​の​誓い​から​益​を​得る​の​は,油そそが​れ​た​クリスチャン​だけ​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​は,アブラハム​の「胤」に​よっ​て「地​の​すべて​の​国​の​民​は​必ず​自ら​を​祝福​する」と​誓わ​れ​まし​た。(創 22:18)それら​祝福​さ​れ​た​者​たち​の​中​に​は,キリスト​の​従順​な「ほか​の​羊」,すなわち​地上​の​楽園​で​の​永遠​の​命​の​希望​を​抱く​人​たち​が​含ま​れ​ます。(ヨハ 10:16)天的​な​希望​で​あれ,地的​な​希望​で​あれ,神​に​従順​な​生き方​を​続ける​こと​に​よっ​て,その​希望​を「とらえ」ましょ​う。―ヘブライ 6:11,12​を​読む。

関連​し​た​神​の​誓い

9. アブラハム​の​子孫​が​エジプト​人​の​奴隷​と​なっ​て​い​た​時,神​は​どんな​誓い​を​し​まし​た​か。

9 上​に​述べ​た​約束​に​関し​て,エホバ​は​数百​年​後​に​再び,誓い​を​され​ます。モーセ​を​遣わし,エジプト​人​の​奴隷​と​なっ​て​い​た​アブラハム​の​子孫​に​語ら​せ​まし​た。(出 6:6‐8)その​時​の​こと​に​つい​て,神​は​こう​述べ​て​い​ます。「わたし​が​イスラエル​を​選ん​だ​日​に,わたし​は……,彼ら​を​エジプト​から,わたし​が​彼ら​の​ため​に​探っ​て​おい​た​地,乳​と​蜜​の​流れる​地​に​連れ出す​と,彼ら​に​誓い​の​手​を​挙げ​た」。―エゼ 20:5,6

10. 神​は,イスラエル​を​エジプト​から​救出​し​た​後,どんな​約束​を​し​まし​た​か。

 10 イスラエル​を​エジプト​から​救出​し​た​後,エホバ​は​誓い​を​伴う​別​の​約束​を​され​まし​た。「もし​わたし​の​声​に​固く​従い,わたし​と​の​契約​を​ほんとう​に​守る​なら,あなた方​は​あらゆる​民​の​中​に​あっ​て​必ず​わたし​の​特別​な​所有​物​と​なる。全地​は​わたし​の​もの​だ​から​で​ある。そして​あなた方​は,わたし​に​対し​て​祭司​の​王国,聖​なる​国民​と​なる」。(出 19:5,6)神​は,何​と​誉れ​ある​立場​を​イスラエル​に​差し伸べ​られ​た​の​でしょ​う。その​国民​の​人​たち​に​は,従順​で​ある​なら,人類​の​それ​以外​の​人々​を​祝福​する​ため​に​祭司​の​王国​と​し​て​神​に​用い​られる​と​いう​希望​が​ある​の​です。後​に​エホバ​は,その​時​イスラエル​に​し​た​事柄​に​つい​て,こう​言わ​れ​ます。「わたし​は……あなた​に​誓い​の​ことば​を​述べ,あなた​と​の​契約​に​入っ​た」。―エゼ 16:8

11. イスラエル​は,選ば​れ​た​民​と​し​て​神​と​の​契約​関係​に​入る​よう​に​と​の​招き​に​どう​応じ​まし​た​か。

11 この​時,エホバ​は​イスラエル​に,従順​で​ある​と​の​誓い​を​立てる​こと​を​強い​たり​し​ませ​ん​でし​た。また,誉れ​ある​関係​に​無理​に​入ら​せ​た​の​で​も​あり​ませ​ん。民​が​自ら​の​自由​意志​で,「エホバ​の​話さ​れ​た​すべて​の​こと​を​わたしたち​は​喜ん​で​行ない​ます」と​言っ​た​の​です。(出 19:8)3​日​後,エホバ​神​は​イスラエル​に,選ば​れ​た​国民​に​お求め​に​なる​事柄​を​知らせ​ます。民​は​最初,十​の​おきて​を​聞き,それ​から​モーセ​が​さらに​命令​を​告げ​ます。その​命令​は​出エジプト​記 20​章​22​節​から​23​章​33​節​に​記録​さ​れ​て​い​ます。イスラエル​は​どう​応じ​た​でしょ​う​か。「民​は​みな​声​を​そろえ​て​答え……,『エホバ​の​話さ​れ​た​すべて​の​言葉​を​わたしたち​は​喜ん​で​行ない​ます』」と​言い​まし​た。(出 24:3)次い​で​モーセ​は,律法​を「契約​の​書」に​書き記し,読み上げ​て​国民​全体​が​もう​一度​聞ける​よう​に​し​ます。その​後,民​は​3​度​目​に​こう​誓約​し​ます。「エホバ​の​話さ​れ​た​すべて​の​こと​を​わたしたち​は​喜ん​で​行ない,また​それ​に​従い​ます」。―出 24:4,7,8

12. エホバ​と​選ば​れ​た​民​は,両者​の​間​で​成立​し​た​契約​に​関し​て​どう​行動​し​まし​た​か。

12 エホバ​は,律法​契約​に​おける​ご自分​の​分​を​即座​に​果たし​始め,罪深い​人間​が​ご自分​に​近づける​よう​崇拝​用​の​天幕​と​祭司​職​に​関する​取り決め​を​設け​ます。一方,イスラエル​は,神​へ​の​献身​を​すぐ​に​忘れ,「イスラエル​の​聖​なる​方​に​痛み​を​与え」まし​た。(詩 78:41)例えば,モーセ​が​さらに​指示​を​受ける​ため​に​シナイ​山​に​出かけ​て​い​た​間​に,イスラエル​人​は​辛抱​し​切れ​ず,モーセ​に​見捨て​られ​た​と​考え​て​神​へ​の​信仰​を​失い​始め​まし​た。それで,金​の​子牛​の​像​を​造り,こう​言い​ます。「イスラエル​よ,これ​が​あなた​を​エジプト​の​地​から​導き上っ​た​あなた​の​神​だ」。(出 32:1,4)その​後,「エホバ​へ​の​祭り」だ​と​言っ​て,自分​たち​で​造っ​た​像​に​身​を​かがめ,犠牲​を​ささげ​ます。それ​を​ご覧​に​なっ​た​エホバ​は​モーセ​に,「彼ら​は​早く​も,わたし​が​命じ​た​道​から​それ​た」と​お告げ​に​なり​まし​た。(出 32:5,6,8)悲しい​こと​に,それ​以降,イスラエル​は,神​に​誓約​を​し​て​は​破る​と​いう​こと​を​繰り返し​ます。―民 30:2

別​の​二つ​の​誓い

13. 神​は​ダビデ​王​に,誓い​を​伴う​どんな​約束​を​され​まし​た​か。それ​は​約束​の​胤​と​どんな​関係​が​あり​ます​か。

13 ダビデ​王​の​治世​中​に,エホバ​は​ご自分​に​従う​人​すべて​の​益​の​ため​に,誓い​を​伴う​さらに​二つ​の​約束​を​し​まし​た。まず,ダビデ​に,その​王座​が​永久​に​続く​こと​を​誓わ​れ​まし​た。(詩 89:35,36; 132:11,12)それで,約束​の​ 胤​は「ダビデ​の​子」と​呼ば​れ​ます。(マタ 1:1; 21:9)ダビデ​は,この​子孫​の​こと​を​謙遜​に「主」と​呼び​まし​た。キリスト​の​ほう​が​勝っ​た​立場​を​占める​から​です。―マタ 22:42‐44

14. 約束​の​胤​に​つい​て,エホバ​は​誓い​を​伴う​どんな​約束​を​され​まし​た​か。わたしたち​は,どんな​益​を​受け​て​い​ます​か。

14 また,エホバ​は​ダビデ​に​霊感​を​与え,その​比類​の​ない​王​が​人類​の​大​祭司​と​し​て​も​仕える​こと​を​予告​さ​せ​まし​た。イスラエル​で​は,王権​と​祭司​職​は​完全​に​分離​さ​れ​て​い​まし​た。祭司​は​レビ​族​から,王​は​ユダ​族​から​出​まし​た。しかし​ダビデ​は,将来​の​輝かしい​相続​者​に​つい​て,こう​予告​し​ます。「わたし​の​主​に​対する​エホバ​の​お告げ​は​こう​です。『わたし​が​あなた​の​敵​を​あなた​の​足台​と​し​て​置く​まで​は,わたし​の​右​に​座し​て​いよ』。エホバ​は​誓い​を​お立て​に​なり​まし​た。(そして​悔やま​れ​ませ​ん。)『あなた​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで,メルキゼデク​の​さま​に​したがう​祭司​で​ある!』」(詩 110:1,4)この​預言​の​成就​と​し​て,約束​の​胤​で​ある​イエス​・​キリスト​は,現在,天​から​支配​を​行なっ​て​い​ます。さらに,人類​の​大​祭司​と​し​て​仕え,悔い改める​人​たち​が​神​と​の​良い​関係​に​入る​の​を​助け​て​い​ます。―ヘブライ 7:21,25,26​を​読む。

新しい「神​の​イスラエル」

15,16. (イ)聖書​中​に,どんな​二つ​の​イスラエル​が​出​て​き​ます​か。今日,神​の​祝福​を​得​て​いる​の​は​どちら​です​か。(ロ)イエス​は,誓う​こと​に​関し​て​追随​者​に​どんな​命令​を​与え​まし​た​か。

15 イスラエル​国民​は,イエス​・​キリスト​を​退け​た​の​で​最終​的​に,神​の​み前​に​おける​恵ま​れ​た​立場​を​失い,「祭司​の​王国」に​なる​と​いう​見込み​も​なくなり​まし​た。イエス​が​ユダヤ​人​の​指導​者​たち​に,「神​の​王国​は​あなた方​から​取ら​れ,その​実​を​生み出す​国民​に​与え​られる」と​述べ​た​とおり​です。(マタ 21:43)新しい​国民​は,西暦​33​年​の​ペンテコステ​の​際,エルサレム​に​集まっ​て​い​た​120​人​ほど​の​イエス​の​弟子​たち​の​上​に​神​の​霊​が​注が​れ​た​時​に,誕生​し​まし​た。「神​の​イスラエル」と​し​て​知ら​れる​よう​に​なり​ます。その​国民​は,間​も​なく​数千​人​に​なり,当時​の​世界​の​あらゆる​国​の​人々​から​成っ​て​い​まし​た。―ガラ 6:16

16 神​の​新しい​霊的​国民​は,生来​の​イスラエル​と​は​異​なり,神​へ​の​従順​を​保っ​て​良い​実​を​生み出し​続け​て​い​ます。その​成員​が​従う​命令​の​一つ​は,誓う​こと​に​関する​もの​です。イエス​が​地上​に​おら​れ​た​時,誓い​は​乱用​さ​れ,人々​は,偽り​の​誓い​を​し​たり,つまら​ない​こと​で​誓っ​たり​し​て​い​まし​た。(マタ 23:16‐22)イエス​は​追随​者​に​こう​教え​ます。「いっさい​誓っ​て​は​なり​ませ​ん。……ただ,あなた方​の“はい”と​いう​言葉​は,はい​を,“いいえ”は,いいえ​を​意味​する​よう​に​し​なさい。これ​を​越え​た​事柄​は​邪悪​な​者​から​出る​の​です」。―マタ 5:34,37

エホバ​の​約束​は​必ず​実現​する

17. 次​の​研究​記事​で​は,どんな​点​を​考え​ます​か。

17 誓い​を​する​こと​は​いつ​で​も​間違っ​て​いる​の​でしょ​う​か。さらに​重要​な​点​と​し​て,“はい”が,はい​を​意味​する​よう​に​する​こと​に​は,何​が​関係​し​て​い​ます​か。これら​の​点​を​次​の​研究​記事​で​考え​ます。引き続き​神​の​言葉​を​黙想​し,動機づけ​を​得​て​エホバ​に​従っ​て​ゆけ​ます​よう​に。そう​する​なら,エホバ​は,ご自分​の​誓っ​た​貴重​な​約束​に​従っ​て​永久​に​祝福​し​て​ください​ます。