内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

喜んで自分を差し出した人たち ― ブラジル

喜んで自分を差し出した人たち ― ブラジル

現在​30​歳​に​なる​ルビア​は​数​年​前,ブラジル​南部​の​小さな​会衆​で​奉仕​する​開拓​者​サンドラ​に​会い​に​行き​まし​た。その​時​に​大きく​心​を​動かさ​れる​出来事​が​あり,生き方​が​変わり​まし​た。どんな​こと​が​あっ​た​の​でしょ​う​か。ルビア​本人​に​語っ​て​もらい​ましょ​う。

「耳​を​疑い​まし​た」

「サンドラ​は,ある​女性​と​の​聖書​研究​に​連れ​て​行っ​て​くれ​まし​た。研究​中,その​女性​が​何気なく​こう​言い​まし​た。『うち​の​職場​の​女​の​子​3​人​が​聖書​研究​を​し​たい​そう​よ。でも,順番​待ち​に​なる​って​言っ​て​おい​た​わ。今年​は​もう​手​が​回ら​ない​って​聞い​た​から』。わたし​は​耳​を​疑い​まし​た。エホバ​に​つい​て​知り​たい​人​は​順番​待ち​リスト​に​載せ​て​もらわ​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​の​ です。当時​わたし​が​交わっ​て​い​た​会衆​で​は,研究​を​1​件​見つける​の​も​大変​でし​た。それ​で​その​話​を​聞い​た​時,すぐ​に,ぜひ​この​小さな​町​の​人々​を​助け​たい​と​思い​まし​た。しばらく​し​て,わたし​は​住ん​で​い​た​大​都市​から,サンドラ​が​奉仕​する​その​町​へ​移動​し​まし​た」。

どんな​結果​に​なっ​た​でしょ​う​か。ルビア​は​こう​述べ​て​い​ます。「移動​し​て​2​か月​も​し​ない​うち​に,研究​を​15​件​司会​し​て​い​まし​た。そして​何​と,すぐ​に,サンドラ​の​よう​に​順番​待ち​リスト​を​持つ​よう​に​なっ​た​ん​です!」

自分​の​宣教​を​再​吟味​する​よう​促さ​れる

現在​20​代​前半​の​ジエゴ​と​いう​兄弟​は,ブラジル​南部​の​小さな​町​プルデントーポリス​で​奉仕​する​開拓​者​たち​を​訪ね​まし​た。兄弟​は​その​時​の​こと​が​深く​印象​に​残り,自分​の​宣教​を​再​吟味​する​よう​促さ​れ​まし​た。こう​語っ​て​い​ます。「わたし​は​月​に​数​時間​だけ​奉仕​を​し,会衆​で​普通​に​やっ​て​い​まし​た。でも,開拓​者​たち​から​色々​な​経験​を​聞い​て,兄弟​たち​の​喜び​に​満ち​た​姿​と,宣教​に​対する​自分​の​のんき​な​態度​と​の​違い​を​感じ​ず​に​は​いら​れ​ませ​ん​でし​た。みんな​生き生き​し​て​幸せ​そう​な​の​を​見​て,自分​も​同じ​よう​な​意義​ある​生き方​が​でき​たら​と​思い​まし​た」。ジエゴ​は​その​後,開拓​奉仕​を​始め​まし​た。

あなた​も​若い​ジエゴ​の​よう​に,宣べ伝える​活動​に​参加​し,集会​に​出席​し​て​いる​もの​の,宣教​が​形式​的​な​もの​に​なっ​て​い​て​あまり​楽しめ​て​い​ない​と​感じ​ます​か。もし​そう​なら,王国​伝道​者​の​必要​が​大きな​所​で​奉仕​する​喜び​を​味わえる​よう,生活​を​調整​できる​でしょ​う​か。確か​に,快適​な​生活​を​後​に​する​こと​を​考える​と​心配​に​なる​か​も​しれ​ませ​ん​が,多く​の​若い​人​が​まさに​そう​し​て​き​まし​た。もっと​十分​に​エホバ​に​仕える​ため​に,思い切っ​て​自分​の​目標​や​願望​を​調整​し​た​の​です。ブルーノ​の​例​も​考え​ましょ​う。

音楽​家? それ​と​も​奉仕​者?

現在​28​歳​に​なる​ブルーノ​は,何​年​か​前,有名​な​音楽院​で​学び,オーケストラ​の​指揮​者​を​目指し​て​い​まし​た。実際,成績​が​優秀​だっ​た​ブルーノ​は​ある​交響​楽団​を​指揮​する​よう​何​度​も​招か​れ​まし​た。成功​へ​の​道​を​進ん​で​い​た​の​です。 「しかし,人生​に​何​か​が​足り​ない​と​感じ​て​い​まし​た」と​ブルーノ​は​言い​ます。「すでに​エホバ​に​献身​し​て​い​た​もの​の,すべて​を​ささげ​て​い​た​わけ​で​は​なく,その​こと​が​気​に​なっ​て​い​まし​た。それで,自分​の​気持ち​を​エホバ​に​打ち明ける​と​とも​に,会衆​内​の​経験​を​積ん​だ​兄弟​たち​に​相談​し​まし​た。真剣​に​考え​た​後,音楽​より​宣教​を​優先​する​こと​に​決め​まし​た。音楽院​を​やめ,王国​伝道​者​が​大いに​必要​と​され​て​いる​地域​で​の​奉仕​に​取り組み​まし​た」。その​後,どう​なっ​た​でしょ​う​か。

ブルーノ​は,サンパウロ​から​260​㌔​ほど​離れ​た​人口​約​7,000​人​の​町,グアピアラ​に​移動​し​まし​た。これ​は​大きな​変化​でし​た。こう​述べ​て​い​ます。「冷蔵​庫​や​テレビ​が​なく,インターネット​が​使え​ない​小さな​家​に​引っ越し​まし​た。でも​その​家​に​は,これ​まで​は​なかっ​た​もの ― 菜園​と​果樹​園 ― が​あり​まし​た」。ブルーノ​は​小さな​会衆​で​奉仕​し,週​に​一度,かばん​に​食料​と​水​と​文書​を​詰め​て​もっと​田舎​まで​バイク​を​走ら​せ,そこで​伝道​を​行ない​まし​た。その​地域​で​は,良い​たより​を​一度​も​聞い​た​こと​が​ない​と​いう​人​が​少なく​あり​ませ​ん​でし​た。ブルーノ​は​こう​言い​ます。「聖書​研究​を​18​件​も​司会​し​まし​た。研究​生​たち​が​生き方​を​変化​さ​せる​の​を​見る​の​は,本当​に​大きな​喜び​でし​た。ようやく,自分​の​人生​に​足り​なかっ​た​もの​を​見いだし​まし​た。王国​の​関心事​を​第​一​に​する​こと​から​来る​深い​満足​感​が​欠け​て​い​た​の​です。物質​主義​的​な​目標​を​追い求め​て​い​たら,この​気持ち​は​決して​味わえ​なかっ​た​でしょ​う」。ところで,グアピアラ​で​どの​よう​に​生活​費​を​稼い​だ​の​でしょ​う​か。「ギター​を​教え​て​い​まし​た」と,ブルーノ​は​ほほえみ​ながら​答え​ます。ある​意味,まだ​音楽​家​だっ​た​の​です。

「とどまら​ざる​を​得​ませ​ん​でし​た」

現在​20​代​後半​の​マリアナ​は,ブルーノ​と​似​た​状況​に​あり​まし​た。弁護​士​を​し​て​い​まし​た​が,収入​は​多く​て​も​真​の​満足​は​得​られ​ませ​ん​でし​た。「『風​を​追っ​て​いる』よう​に​感じ​て​い​まし​た」と​述べ​て​い​ます。(伝 1:17)何​人​か​の​兄弟​姉妹​から,開拓​奉仕​に​つい​て​考え​て​みる​よう​励まさ​れ​まし​た。少し​考え​た​後,友人​の​ビアンカ,カロリーン,ジュリアナ​と​共​に,バラ​・​ド​・​ブグレス​の​会衆​を​助ける​ こと​に​し​まし​た。この​町​は​ボリビア​に​近く,自分​たち​の​家​から​何千​キロ​も​離れ​て​い​まし​た。どう​なっ​た​でしょ​う​か。

マリアナ​は​こう​言い​ます。「そこ​に​3​か月​間​いる​つもり​でし​た。でも,3​か月​たっ​た​時​に​は,聖書​研究​を​15​件​も​司会​し​て​い​まし​た。言う​まで​も​なく,それら​研究​生​たち​は,真理​に​おい​て​進歩​する​ため​に​さらに​助け​を​必要​と​し​て​い​まし​た。その​ため,『帰り​ます』と​は​とても​言え​ませ​ん​でし​た。とどまら​ざる​を​得​ませ​ん​でし​た」。姉妹​たち​は​4​人​と​も,そう​し​まし​た。では,マリアナ​は​新しい​一歩​を​踏み出し​て,いっそう​意義​ある​生活​を​送れる​よう​に​なっ​た​でしょ​う​か。こう​言っ​て​い​ます。「人々​の​生活​を​より​良い​もの​に​する​ため​に​エホバ​に​用い​て​いただける​の​で,幸せ​です。自分​の​時間​と​エネルギー​を​真に​価値​ある​事柄​の​ため​に​用い​て​いる​と​感じ​られる​の​は,祝福​です」。カロリーン​の​次​の​言葉​は​4​人​の​気持ち​を​よく​表わし​て​い​ます。「夜,寝る​時,深い​満足​感​が​あり​ます。王国​の​関心事​を​追い求める​ため​に​自分​を​費やし​て​いる​から​です。わたし​は​聖書​研究​生​の​援助​を​中心​に​し​た​生活​を​送っ​て​い​ます。研究​生​の​進歩​を​見る​の​は​素晴らしい​こと​です。『エホバ​が​善良​で​ある​こと​を​味わい知る』こと​が​でき​て​い​ます」。―詩 34:8

世界​じゅう​の​ますます​多く​の​若い​兄弟​姉妹​が,へんぴ​な​地域​で​王国​の​良い​たより​を​宣べ伝える​ため​に「進ん​で​自ら​を​ささげ」て​い​ます。エホバ​は​それ​を​見​て​本当​に​喜ん​で​おら​れる​に​違いあり​ませ​ん。(詩 110:3。箴 27:11)そして,それら​進ん​で​働く​人々​は,エホバ​の​豊か​な​祝福​を​経験​し​て​いる​の​です。―箴 10:22