内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

「あなた方は,その日もその時刻も知らない」

「あなた方は,その日もその時刻も知らない」

「それゆえ,ずっ​と​見張っ​て​い​なさい。あなた方​は,その​日​も​その​時刻​も​知ら​ない​から​です」。―マタ 25:13

1‐3. (イ)どんな​状況​を​考える​と,イエス​の​二つ​の​たとえ​話​の​要点​が​よく​分かり​ます​か。(ロ)どんな​質問​に​答える​必要​が​あり​ます​か。

政府​の​高官​から,重要​な​会合​に​車​で​送っ​て​行っ​て​ほしい​と​頼ま​れ​た​と​し​ましょ​う。ところが,迎え​に​行く​数​分​前​に,ガソリン​が​足り​ない​こと​に​気づき​ます。急い​で​入れ​て​来​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​間​に​高官​が​出​て​来​ます​が,あなた​が​見当たら​ない​の​で,会合​に​遅れ​ない​よう​別​の​人​に​送っ​て​もらう​こと​に​し​ます。戻っ​て​来​た​あなた​は,高官​が​行っ​て​しまっ​た​こと​を​知り​ます。どう​感じる​でしょ​う​か。

2 今度​は,あなた​が​高官​だ​と​し​ましょ​う。出張​前​に,3​人​の​有能​な​人​を​選び,重要​な​仕事​を​し​て​もらう​こと​に​し​ます。仕事​の​内容​を​説明​する​と,3​人​と​も​喜ん​で​応じ​ます。しかし,戻っ​て​来​た​時,二​人​しか​仕事​を​し​て​い​ない​こと​を​知り​ます。しかも,もう​一​人​は​言い訳​を​述べる​の​です。仕事​に​手​を​着け​て​も​い​ませ​ん。どう​感じる​でしょ​う​か。

3 イエス​は​十​人​の​処女​と​タラント​の​たとえ​話​で,同様​の​状況​を​取り上げ​て​い​ます。終わり​の​時​に,油そそが​れ​た​クリスチャン​の​うち,ある​人々​が​忠実​で​思慮深い​こと​を​実証​できる​の​は​なぜか,また​他​の​人々​が​実証​でき​ない​の​は​なぜか,その​理由​を​示す​ため​です。 *マタ 25:1‐30)そして​要点​を​強調​する​ため​に,「それゆえ,ずっ​と​見張っ​て​い​なさい。あなた方​は,その​日​も​その​時刻​も​知ら​ない​から​です」と​述べ​ます。その​日​また​時刻​と​は,イエス​が​サタン​の​世​に​対する​神​の​裁き​を​執行​する​時​の​こと​です。(マタ 25:13)この​助言​は​今日​の​わたしたち​に​も​当てはまり​ます。イエス​の​勧め​どおり​ずっ​と​見張っ​て​いる​こと​に​は,どんな​益​が​あり​ます​か。生き残る​ 用意​が​でき​て​いる​こと​を​示し​て​いる​の​は,だれ​です​か。ずっ​と​見張っ​て​いる​ため​に,いま​何​を​し​なけれ​ば​なら​ない​でしょ​う​か。

ずっ​と​見張っ​て​いる​こと​の​益

4. 目ざめ​て​いる​と​は​終わる​時間​を​気​に​する​こと​で​は​ない,と​言える​の​は​なぜ​です​か。

4 工場​で​作業​する,医師​に​かかる,交通​機関​を​利用​する​と​いっ​た​場合,時間​を​守る​必要​が​あり​ます。一方,消火​作業​や​災害​救助​など​の​場合,終わる​時間​を​気​に​する​なら,注意​が​そら​され,危険​な​こと​も​あり​ます。こう​し​た​場合,今​の​作業​に​注意​を​集中​する​ほう​が​はるか​に​重要​です。この​体制​の​終わり​が​近づく​に​つれ,エホバ​の​救い​の​備え​を​指し示す​業​は​かつて​なく​重要​な​もの​と​なっ​て​い​ます。クリスチャン​と​し​て​目ざめ​て​いる​と​は,終わる​時間​を​気​に​する​こと​で​は​あり​ませ​ん。終わり​が​来る​正確​な​日​と​時刻​を​知ら​ない​こと​に​は,少なく​と​も​五つ​の​益​が​あり​ます。

5. その​日​と​時刻​を​知ら​ない​ゆえ​に,どの​よう​に,心​の​うち​に​ある​もの​を​明らか​に​する​こと​が​でき​ます​か。

5 第​一​に,終わり​が​到来​する​時​を​知ら​ない​ゆえ​に,本当​に​自分​の​心​に​ある​もの​を​明らか​に​する​こと​が​でき​ます。自由​意志​に​基づい​て​エホバ​へ​の​忠節​を​示す​こと​が​でき,各自​の​尊厳​が​重んじ​られる​こと​に​なり​ます。この​体制​の​終わり​を​生き残る​こと​を​楽しみ​に​し​て​いる​と​は​いえ,エホバ​に​仕える​の​は,エホバ​を​愛し​て​いる​から​で​あっ​て,単に​命​を​得る​ため​で​は​あり​ませ​ん。詩編 37:4​を​読む。ご意志​を​行なう​こと​に​喜び​を​見いだし​て​おり,神​が​わたしたち​を​益する​こと​を​教え​て​くださる​こと​を​よく​知っ​て​い​ます。(イザ 48:17)神​の​おきて​を​重荷​と​思っ​て​は​い​ませ​ん。―ヨハ​一 5:3

6. 愛​ゆえに​神​に​仕える​なら,神​は​どう​お感じ​に​なり​ます​か。なぜ​です​か。

6 その​日​と​時刻​を​知ら​ない​こと​の​二​つ​目​の​益​は,エホバ​の​心​を​喜ばせる​機会​が​ある​こと​です。一定​の​日付​や​年代​と​か​報い​の​ため​で​なく,愛​ゆえに​仕える​なら,敵対​者​サタン​の​いわれ​の​ない​嘲弄​に​返答​する​エホバ​の​助け​に​なれ​ます。(ヨブ 2:4,5。箴言 27:11​を​読む。悪魔​が​引き起こし​て​き​た​数々​の​痛み​や​悲しみ​を​考え​て,喜ん​で​エホバ​の​主権​を​擁護​し,サタン​の​邪悪​な​支配​を​退け​ます。

7. 自己​犠牲​の​生活​を​送る​の​が​望ましい​の​は​なぜ​だ​と​思い​ます​か。

7 3​番​目​と​し​て,特定​の​日​を​思い​に​留め​ず​に​仕える​なら,自己​犠牲​の​生活​を​送る​よう​促さ​れ​ます。今日,神​を​知ら​なく​て​も,現在​の​世界​が​長く​は​続か​ない​と​考え​て​いる​人​も​い​ます。迫り来る​災害​を​恐れ​て​おり,「ただ​食べ​たり​飲ん​だり​し​よう。明日​は​死ぬ​の​だから」と​いう​態度​を​取っ​て​い​ます。(コリ​一 15:32)しかし,わたしたち​は​恐れ​を​抱い​て​い​ませ​ん。利己​的​な​願望​の​ため​に​自分​を​孤立​さ​せる​こと​も​あり​ませ​ん。(箴 18:1)むしろ,自分​を​捨て,自分​の​時間​や​体力​など​を​惜しま​ず​に​用い​て​神​の​王国​の​良い​たより​を​宣べ伝え​ます。マタイ 16:24​を​読む。神​に​仕える​こと,とりわけ,神​を​知る​よう​人々​を​助ける​こと​に,喜び​を​見いだし​て​い​ます。

8. エホバ​と​み言葉​に​いっそう​依り頼む​必要​が​ある​こと​は,聖書​中​の​どんな​例​から​分かり​ます​か。

8 その​日​と​時刻​を​知ら​ない​こと​の​四​つ​目​の​益​は,エホバ​に​いっそう​依り頼み,み言葉​を​勤勉​に​生活​に​適用​する​助け​に​なる​こと​です。罪深い​人間​の​特徴​と​し​て,自分​に​頼る​傾向​が​あり​ます。パウロ​は​すべて​の​クリスチャン​に,「立っ​て​いる​と​思う​人​は,倒れる​こと​が​ない​よう​に​気​を​つけ​なさい」と​訓戒​し​て​い​ます。ヨシュア​が​神​の​民​を​約束​の​地​に​導き入れる​直前,2万3,000​人​が​エホバ​の​好意​を​失い​まし​た。パウロ​が​述べる​とおり,「これら​の​事…… が​書か​れ​た​の​は,事物​の​諸​体制​の​終わり​に​臨ん​で​いる​わたしたち​に​対する​警告​の​ため​です」。―コリ​一 10:8,11,12

9. 逆境​に​よっ​て,どの​よう​に​精錬​さ​れ,エホバ​に​引き寄せ​られ​ます​か。

9 終わり​が​来る​時​を​知ら​ない​こと​の​五​つ​目​の​益​は,現在​の​逆境​に​よっ​て​精錬​さ​れる​こと​です。詩編 119:71​を​読む。この​体制​の​終わり​の​日​は,まさに「対処​し​にくい​危機​の​時代」です。(テモ​二 3:1‐5)サタン​の​世​の​多く​の​人​から​憎ま​れる​わたしたち​は,信仰​ゆえに​迫害​を​受ける​こと​も​あり​ます。(ヨハ 15:19; 16:2)そう​し​た​試練​の​際,謙遜​に​なっ​て​神​の​導き​を​求める​なら,信仰​が​火​に​よる​か​の​よう​に​精錬​さ​れ,純化​さ​れ​ます。わたしたち​は​力尽き​たり​し​ませ​ん。それ​まで​想像​でき​なかっ​た​ほど​エホバ​に​引き寄せ​られ​ます。―ヤコ 1:2‐4; 4:8

10. 時間​が​速く​過ぎる​よう​に​思える​の​は,どんな​時​です​か。

10 時間​の​経過​は​相対​的​な​もの​です。時計​を​見​て​いる​の​で​は​なく​忙しく​活動​し​て​いる​と,時間​は​速く​過ぎ​て​ゆく​よう​に​思え​ます。同じ​よう​に,エホバ​から​与え​られ​た​興奮​を​誘う​業​に​打ち込む​なら,気​が​つい​た​時​に​は​その​日​と​時刻​が​来​て​いる​こと​でしょ​う。この​点​に​関し​て,油そそが​れ​た​者​たち​の​多く​は​素晴らしい​手本​を​示し​て​き​まし​た。1914​年​に​イエス​が​王​と​し​て​即位​し​た​後​に​起き​た​事柄​を​少し​振り返り,用意​の​でき​て​いる​こと​を​示し​た​人​たち​と​そう​で​なかっ​た​人​たち​に​つい​て​見​て​み​ましょ​う。

油そそが​れ​た​者​たち​は​用意​の​でき​て​いる​こと​を​示す

11. 1914​年​の​後,一部​の​油そそが​れ​た​者​たち​が​主​は​遅れ​て​いる​と​考え​た​の​は​なぜ​です​か。

11 イエス​が​語っ​た​十​人​の​処女​と​タラント​の​たとえ​話​を​思い出し​て​ください。たとえ​話​の​処女​や​奴隷​が,花婿​や​主人​の​来る​時​を​知っ​て​い​た​なら,ずっ​と​見張っ​て​いる​必要​は​なかっ​た​でしょ​う。しかし,知ら​なかっ​た​の​で,ずっ​と​用意​し​て​いる​必要​が​あり​まし​た。油そそが​れ​た​者​たち​は,1914​年​の​数十​年​前​から​その​年​に​注目​し​て​い​まし​た​が,何​が​起きる​か​は​はっきり​理解​し​て​い​ませ​ん​でし​た。期待​し​て​い​た​事​が​起き​なかっ​た​時,花婿​が​遅れ​て​いる​よう​に​見え​た​か​も​しれ​ませ​ん。ある​兄弟​は​こう​述懐​し​て​い​ます。「わたしたち​数​人​は,その​年​の​10​月​の​第​1​週​に​天​へ​行く​と​まじめ​に​考え​て​い​まし​た」。

12. 油そそが​れ​た​者​たち​は​忠実​で​思慮深い​こと​を,どの​よう​に​実証​し​まし​た​か。

12 期待​し​て​い​た​終わり​が​来​なかっ​たら,どれ​ほど​落胆​する​でしょ​う​か。しかも,兄弟​たち​は​第​一​次​世界​大戦​に​関連​し​て​反対​に​直面​し​まし​た。眠り​の​よう​な​比較​的​無​活動​の​時期​に​入り​ます。しかし​1919​年,目ざめ​させ​られ​ます。イエス​は​すでに​神​の​霊的​神殿​に​来​て​い​まし​た。検分​の​時​でし​た。一部​の​人​は​その​検分​を​通過​でき​ず,王国​の「商売」を​続ける​特権​を​失い​まし​た。(マタ 25:16)愚か​な​処女​たち​の​よう​に,霊的​な​油​を​補充​する​面​で​の​熱心​さ​が​欠け​て​い​まし​た。また,無精​な​奴隷​の​よう​に,王国​の​ため​に​犠牲​を​払お​う​と​し​ませ​ん​でし​た。しかし,油そそが​れ​た​者​たち​の​大半​は​難しい​戦争​の​時期​に​も,揺るぎない​忠節​を​表わし,主人​に​仕え​たい​と​の​強い​願い​を​示し​て​い​まし​た。

13. 1914​年​の​後,奴隷​級​は​どの​よう​な​態度​を​示し​まし​た​か。今日​は​どう​です​か。

13 1914​年​の​後,「ものみの塔」誌(英語)に,次​の​よう​な​意義深い​言葉​が​載り​まし​た。「兄弟​たち,我々​が​神​に​対し​て​正しい​態度​を​持っ​て​いる​なら,神​の​どんな​取り決め​に​関し​て​も​失望​する​こと​は​ない。我々​は​自分​たち​の​意志​が​なさ​れる​こと​を​願っ​た​わけ​で​は​ない。したがって,1914​年​10​月​に​間違っ​た​事柄​を​期待​し​ て​い​た​と​いう​こと​が​明らか​に​なっ​た​時,我々​は,主​が​我々​に​合わせ​て​その​計画​を​変更​さ​れ​なかっ​た​こと​を​喜ん​だ。主​が​その​よう​に​変更​な​さること​は,我々​の​願い​で​は​なかっ​た。我々​は,主​の​計画​と​目的​が​理解​できる​よう​に​なる​こと​を​願う​のみ​で​ある」。この​謙遜​で​献身​的​な​態度​は​今​で​も,主​の​油そそが​れ​た​者​たち​の​特徴​です。自分​たち​が​霊感​を​受け​て​いる​と​は​主張​し​ませ​ん​が,地上​で​主​の「商売」を​行なう​決意​を​抱い​て​い​ます。現在,その​油断​なく​見張る​態度​と​熱心​さ​に,「ほか​の​羊」の「大​群衆」で​ある​地的​な​希望​を​持つ​クリスチャン​が​見倣っ​て​い​ます。―ヨハ 10:16。啓 7:9

用意​の​でき​て​いる​こと​を​示す

難しい​状況​で​も,霊的​食物​を​得る​よう​努め​なさい

14. 霊的​食物​を​分配​する​神​の​経路​に​固く​付く​なら,どの​よう​に​保護​さ​れ​ます​か。

14 油そそが​れ​た​クリスチャン​と​同様,注意​を​怠ら​ない​大​群衆​の​人​たち​は,神​が​霊的​食物​を​分配​する​ため​に​任命​し​た​経路​に​固く​付い​て​い​ます。その​結果,彼ら​も​神​の​言葉​と​霊​から​霊的​な​油​を​補充​し​て​いる​か​の​よう​です。詩編 119:130; ヨハネ 16:13​を​読む。その​よう​に​強め​られ​て,キリスト​の​再来​に​対し​て​用意​の​でき​て​いる​こと​を​示し,厳しい​試練​の​もと​で​も​活動​を​続け​ます。例えば,ナチス​の​ある​収容​所​で,兄弟​たち​は,聖書​が​1​冊​しか​あり​ませ​ん​でし​た。それで,さらに​多く​の​霊的​食物​を​祈り​求め​ます。しばらく​し​て​兄弟​たち​は,新た​に​収容​さ​れ​た​兄弟​が「ものみの塔」誌​の​新しい​号​を​数​冊,木製​の​義足​に​隠し​て​持ち込ん​だ​こと​を​知り​まし​た。生存​者​の​一​人​で​油そそが​れ​た​兄弟​で​あっ​た​エルンスト​・​バウワー​は,後​に​こう​述べ​まし​た。「エホバ​は,私たち​が​記事​の​中​の​元気づけ​られる​考え​を​記憶​する​よう,すばらしい​方法​で​援助​し​て​ください​まし​た。……今日​わたしたち​は​容易​に​霊的​食物​を​手​に​入れる​こと​が​でき​ます​が,わたしたち​は​それ​を​いつも​感謝​し​て​いる​でしょ​う​か。私​は,エホバ​が​ご自分​に​依り頼み,忠実​を​保ち,その​食卓​に​あずかり​続ける​人​すべて​に​豊か​な​祝福​を​蓄え​て​おら​れる​こと​を​確信​し​て​い​ます」。

15,16. クリスチャン​宣教​に​対する​一​夫婦​の​熱心​さ​は​どの​よう​に​報わ​れ​まし​た​か。そう​し​た​経験​から,どんな​こと​を​学べ​ます​か。

15 また,ほか​の​羊​は​主​の​業​に​忙しく​携わり,キリスト​の​兄弟​たち​を​心​から​支持​し​て​い​ます。(マタ 25:40)イエス​の​たとえ​話​の​邪悪​で​無精​な​奴隷​と​は​異​なり,進ん​で​犠牲​を​払い,王国​ の​関心事​を​第​一​に​する​ため​に​努力​し​て​い​ます。一例​と​し​て,ジョン​と​マサコ​は,ケニア​の​中国​語​の​区域​で​奉仕​する​よう​招か​れ​た​時,すぐ​に​返事​は​でき​ませ​ん​でし​た。しかし,祈り​の​うち​に​事情​を​考慮​し​た​後,移動​する​こと​に​し​まし​た。

16 その​努力​は,大いに​報わ​れ​まし​た。「素晴らしい​区域​です」と​語っ​て​い​ます。聖書​研究​を​7​件​取り決め,胸​の​躍る​経験​を​いろいろ​し​まし​た。「ここ​で​奉仕​できる​こと​を​エホバ​に​毎日​感謝​し​て​い​ます」と​述べ​て​い​ます。他​の​大勢​の​兄弟​姉妹​も,終わり​が​いつ​来る​と​し​て​も​神​へ​の​奉仕​を​十分​に​行ない​たい​と​の​決意​を​行動​に​移し​て​い​ます。ギレアデ​学校​を​卒業​し​て​宣教​者​奉仕​を​し​て​いる​数千​人​の​兄弟​姉妹​の​こと​を​考え​て​み​て​ください。「ものみの塔」2001​年​10​月​15​日​号​の「わたしたち​は​最善​を​尽くし​ます」と​いう​記事​を​読む​なら,その​特別​な​奉仕​に​つい​て​少し​知る​こと​が​でき​ます。宣教​者​奉仕​の​一日​を​扱っ​た​その​楽しい​記事​を​読み​ながら,神​へ​の​賛美​を​どの​よう​に​増し加え​られる​か​を​考え​ましょ​う。結果​と​し​て,いっそう​喜び​を​得​られる​でしょ​う。

あなた​も​ずっ​と​見張っ​て​い​なさい

クリスチャン​の​活動​に​集中​し​て​いる​と,時間​は​速く​過ぎる

17. その​日​や​時刻​を​知ら​ない​こと​は,どの​よう​に​祝福​と​なっ​て​い​ます​か。

17 明らか​に,この​体制​が​終わる​正確​な​日​や​時刻​を​知ら​ない​こと​は,祝福​と​なっ​て​い​ます。不満​や​失望​を​味わう​どころ​か,愛​ある​父​エホバ​に​いっそう​引き寄せ​られ​て,ご意志​を​行なう​こと​に​打ち込め​ます。手​を​すき​から​離さ​ず,気​を​散らす​もの​を​避け​て​いる​ゆえ​に,主人​に​仕える​こと​から​豊か​な​喜び​を​味わっ​て​い​ます。―ルカ 9:62

18. 信仰​の​点​で​力尽きる​こと​を​望ま​ない​の​は,なぜ​です​か。

18 神​の​裁き​の​日​は​急速​に​近づい​て​い​ます。わたしたち​の​だれ​も,エホバ​と​イエス​を​失望​さ​せ​たく​は​あり​ませ​ん。この​終わり​の​日​に​貴重​な​奉仕​の​特権​を​ゆだね​て​くださっ​た​の​です。その​よう​に​信頼​さ​れ​て​いる​こと​を​本当​に​うれしく​思う​の​で​は​ない​でしょ​う​か。―テモテ​第​一 1:12​を​読む。

19. 用意​の​でき​て​いる​こと​を​どの​よう​に​示せ​ます​か。

19 天​で​の​命,地上​の​楽園​で​の​命,どちら​の​希望​を​抱い​て​いる​と​し​て​も,宣べ伝え​て​弟子​を​作る​と​いう​神​から​の​割り当て​を​忠実​に​果たし​続ける​こと​を​決意​し​ましょ​う。わたしたち​は,エホバ​の​日​が​到来​する​正確​な​日​と​時刻​を​知り​ませ​ん。そもそも,知る​必要​が​ある​でしょ​う​か。わたしたち​は,用意​の​でき​て​いる​こと​を​示し​続ける​こと​が​でき,実際​に​そう​し​ます。(マタ 24:36,44)エホバ​に​全幅​の​信頼​を​置き,神​の​王国​を​第​一​に​する​限り,失望​さ​せ​られる​こと​は​ない​の​です。―ロマ 10:11

^ 3節 「ものみの塔」2004​年​3​月​1​日​号​14‐18​ページ​を​参照。