アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

内容へ

エホバの証人

日本語

「ものみの塔」(研究用) 2006年11月

エホバの懲らしめを常に受け入れなさい

エホバの懲らしめを常に受け入れなさい

「エホバ懲らしめ退けならない」。―箴言 3:11

1 神から懲らしめ受け入れるべきなぜですか。

古代イスラエルソロモンわたしたち一人一人に,神から懲らしめ受け入れるべきもっとも理由明らかし,こう述べます。「我よ,エホバ懲らしめ退けならない。その戒め憎悪ならない。エホバは,父その楽しみする戒めるように,ご自分愛する戒められるからある」。(箴言 3:11,12)そうです,天あなた愛するゆえに懲らしめお与えなるです。

2 「懲らしめ」はどのよう定義ますか。人どんな方法懲らしめ受けることありますか。

2 「懲らしめ」とは,懲罰,矯正,教訓,教育与えることです。「どんな懲らしめ当座喜ばしいもの思えず,かえってつらいこと思えます。しかしは,それよっ訓練に,平和実,すなわち生み出すです」と使徒パウロ書います。(ヘブライ 12:11)神から懲らしめ受け入れ当てはめるなら,義歩むよう助けられ,その結果なるエホバ近づいゆくことできます。(詩編 99:5)矯正は,信仰仲間から与えられることあれば,クリスチャン集会学ん事柄よって,また言葉や「忠実家令」の出版個人研究結果,与えられることあります。(ルカ 12:42‐44)調整必要そのよう方法気づかもらえるは,なんと感謝べきことでしょう。しかし,重大犯し場合は,どんな懲らしめ受けること必要でしょか。

一部人々排斥れるなぜか

3 どんな場合排斥処置取らますか。

3 たち聖書クリスチャン出版研究ます。集会大会エホバ規準取り上げ られます。ですから,クリスチャンエホバ求めおられる事柄よく知っます。だれ会衆から排斥れるたら,それ甚だ犯し悔い改めない場合だけです。

4,5 ここ聖書排斥処置どんな挙げられますか。会衆が,その排斥復帰せるよう勧められなぜですか。

4 聖書排斥処置つい考えましょう。コリントあっ会衆は,「諸国民さえないほど淫行」を容認ました。「ある自分有して(いた)」のです。パウロコリント会衆人々に,「そのよう滅びためサタン引き渡し,こうて……霊救われるようする」こと勧めました。(コリント一 5:1‐5)罪犯しそのは,排斥サタン引き渡さ時,再び悪魔一部なりました。(ヨハネ一 5:19)その追放ことより,会衆から悪い肉的要素除かて,会衆敬虔な「霊」つまり全体敬虔精神保たました。―テモテ二 4:22。コリント一 5:11‐13

5 そのしばらくて,パウロコリントクリスチャンたちに,悪行なっその復帰せるよう勧めました。なぜでしょか。それが「サタン乗ぜられる」ことないためある,とパウロ述べました。罪犯しそのは,悔い改め生活清いものようです。(コリント二 2:8‐11)コリント会衆人々は,もしその悔い改め復帰ようなければ,サタン乗ぜられることなります。悪魔望むとおりの,人許そない無情なっしまうです。おそらくコリント会衆すぐに,その改心実際に「許し慰め(た)」ことでしょう。―コリント二 2:5‐7

6 排斥処置よっなさますか。

6 排斥処置よっなされるでしょか。エホバなるみ名非難ないよう守られ,神良い評判失わすみます。(ペテロ一 1:14‐16)また,悪行悔い改めない会衆から除くことより,神規準擁護れ,会衆霊的清さ保たます。さらに,悔い改めなかっ当人も,本心立ち返るしれません。

使徒パウロなぜコリント会衆排斥つい指示書き送っだろ

悔い改めいること重要

7 ダビデは,自分違犯告白なかっことから,どんな影響被りましか。

7 重大犯しも,大抵から悔い改めるで,会衆から排斥れることありません。もちろん,真に悔い改めること必ずしも容易ことありません。イスラエルダビデこと考えください。ダビデ詩編 32作りました。そのは,ダビデバテシバこと思われる重大当座告白なかっこと明らかます。告白なかっため,ダビデは,犯しこと苦もんし,樹木乾燥熱気水分奪われるように,生気失いました。身体精神苦しみましが,『自分違犯告白た』時,『エホバお赦しなりました』。(詩編 32:3‐5)それダビデは,「エホバとが負わさない人……は幸いだ」と歌いました。(詩編 32:1,2)なんと素晴らしいことでしょう。神憐れみ受けです。

8,9 悔い改めいることどのよう表わさますか。それは,排斥復帰関連どれほど重要ですか。

8 ですから,明らかことですが,罪犯しは,憐れみ受けるため悔い改めなけれなりません。といえ,悔い改めは,恥ずかしく思うことも,罪暴かれる恐れることありません。「悔い改める」とは,悪い行ない関して,後悔いるゆえに「思い変える」ということです。悔い改めは,「砕かれ,打ちひしが心」を持っおり,可能なら「悪正す」こと望みます。―詩編 51:17。コリント二 7:11

9 悔い改めは,クリスチャン会衆復帰関連て,非常重要要素なります。排斥は,一定期間過ぎさえすれ再び会衆受け入れられる,というわけありません。復帰できるようなるは,心状態大きく変化なけれなりません。犯し重大や,エホバ会衆及ん非難つい深く認識いる必要あります。罪犯しそのは,悔い改め,許し求め真剣祈り,神要求従っ行動なけれなりません。 復帰願い出すは,悔い改めて「悔い改めふさわしい業」を行なっいること証拠示せるようあるべきです。―使徒 26:20

悪行告白べきなぜか

10,11 罪隠そべきないなぜですか。

10 犯したちは,こう考えるいるしれません。『もし自分だれ話せば,いろいろ尋ねられ気まずい思いながら答えなけれならず,排斥れるしれない。でも,黙っいれば,そういうこと避けられるし,会衆だれ知られることない』。そう考えるは,幾つ重要要素考慮入れません。それでしょか。

11 エホバは「憐れみ慈しみ富み,怒ること遅く,愛ある親切真実満ちる神,愛ある親切幾千まで保ち,とが違犯赦す(神)」です。といえ,ご自分矯正ます。「適度に」そうれるです。(出エジプト記 34:6,7。エレミヤ 30:11)あなた重大犯し場合,その隠そするなら,どうして憐れみ受けられるでしょか。エホバその悪行気づいおられ,見過ごしたりされません。―箴言 15:3。ハバクク 1:13

12,13 悪行隠そすると,どんな結果なる場合ありますか。

12 重大犯ししまっ場合,告白すること正しい良心取り戻す役立ちます。(テモテ一 1:18‐20)一方,告白ないいると,良心汚れ,罪重ねることなりかねません。忘れないください,犯し単に会衆対するものありません。神対するものです。詩編作者こう歌いました。「エホバは―その王座ある。その見,その輝く調べる。エホバなる邪悪自ら調べ(る)」。―詩編 11:4,5

13 エホバは,甚だ隠しまま清いクリスチャン会衆とどまろする祝福ません。(ヤコブ 4:6)ですから,もしあなた陥っしまい,正しいことたい思うあれば,ためらうことなく正直告白ください。そうなければ,良心とがめ感じることでしょう。そのよう重大事柄関する助言聞いたり読んだりするなおさらです。もしもエホバが,サウル場合ように,ご自分あなたから取り上げられるたら,どうでしょか。(サムエル一 16:14)神除かたら,一層重大陥っしまうしれません。

忠実兄弟たち信頼なさい

14 悪行犯しヤコブ 514,15助言従うべきは,なぜですか。

14 では,悪行悔い改めどうべきでしょか。「その会衆年長たち自分ところ呼びなさい。そして,エホバおい塗っもらい,自分ため祈っもらいなさい。そうすれば,信仰祈り病んいるよくし,エホバその起き上がらくださるでしょう」。(ヤコブ 5:14,15)長老たち近づい話すことは,「悔い改めふさわしい生み出し(ている)」こと一つ表われです。(マタイ 3:8)それら忠実思いやりある男子は,『エホバおいその塗り,そのため祈る』でしょう。長老聖書から与える諭しは,痛み和らげるように,本当悔い改めいる慰めなることでしょう。―エレミヤ 8:22

15,16 クリスチャン長老たちは,エゼキエル 3415,16記さいる,神手本どのよう倣いますか。

15 わたしたち牧者エホバは,愛あふれ手本示しくださいました。西暦537ユダヤバビロン捕囚から自由し,西暦1919霊的イスラエルを「大いなるバビロン」から解放です。(啓示 17:3‐5。ガラテア 6:16)そのようて,「わたしわたし養い,わたしこれ横たわらせる……。わたし失わもの尋ね求め,追い散らさもの連れ戻し,打ち砕かもの包帯し,病んいるもの強める」という約束果たさました。―エゼキエル 34:15,16

16 エホバは,比喩意味ご自分養い,これ安全横たわらせ,失わもの尋ね求め られました。同様クリスチャン牧者たちも,神群れ霊的よく養われ,安全あるようしっかり見届けます。長老たちは,会衆からさまよい出る尋ね求めます。神が「打ち砕かもの包帯を」されように,監督たちも,羊言葉あるいは自分行動よっ傷ついなら,そのに「包帯」をます。また,神が「病んいるもの強め」られように,長老たちは,だれおそらく個人悪行ゆえに霊的病気なっなら,その助けます。

牧者どのよう助け差し伸べる

17 長老たち霊的助け求めることためらうべきないなぜですか。

17 長老たちは,「引き続き憐れみ示しなさい。それ恐れ気持ちもっなさい」という助言に,喜ん従います。(ユダ 23)クリスチャンは,性道徳いう重大犯します。しかし,それらから悔い改めいるなら,長老から憐れみ深く,愛こもっ扱い受けられる,と考えることできます。長老たちは,霊的助け差し伸べたい願っいるからです。パウロは,自分自身含め,そのよう長老たち関して,「わたしたちあなた方信仰対する主人あるいうありません。わたしたちあなた方喜びため同労です」と述べました。(コリント二 1:24)ですから,決して長老たち霊的援助求めることためらっなりません。

18 長老たちは,過ち犯し信仰仲間どのよう扱いますか。

18 重大犯ししまっ場合,長老たち信頼できるなぜでしょか。なぜなら,長老たちまずに,神群れ牧者からです。(ペテロ一 5:1‐4)愛ある羊飼いあれば,子羊けがからいって,その泣いいるおとなしい打ちたたいたりません。ですから,長老たちは,過ち犯し信仰仲間扱う際,犯罪処罰するようなく,できるだけ罪人霊的回復せるよう扱います。(ヤコブ 5:13‐20)長老もっ裁き,「群れ優しく扱わ」なけれなりません。(使徒 20:29,30。イザヤ 32:1,2)他クリスチャンすべて同じように,「公正行ない,親切愛し,慎みもって……神歩む」べきです。(ミカ 6:8)「[エホバ]の放牧羊」の神聖奉仕関係する決定下すは,ぜひともそのよう特質発揮なけれなりません。―詩編 100:3

クリスチャン長老たちは,古代羊飼い同じように,神傷ついに『包帯する』

19 クリスチャン長老だれ調整施そするとき,どんな態度そうますか。

19 クリスチャン牧者たちは,聖霊よっ任命おり,聖霊導かれるようます。もしだれ が―油断わな捕らえられように―「それ知ら誤っ歩みする」場合,霊的資格ある男子は「温和もっそのよう調整施す」よう努力ます。(ガラテア 6:1。使徒 20:28)長老その考え方調整するとき,温和態度で,しかも規準しっかり従っ行なうよう努めます。それちょうど,思いやりある医師が,患者骨折手当てするとき,不必要痛み生じさせないようながら適正治療施すよう,慎重行なう同じです。(コロサイ 3:12)憐れみ差し伸べられるどんな場合祈り聖書基づいことあり,長老たち決定問題対する見方反映いるはずです。―マタイ 18:18

20 どんな場合は,ある戒め与えられ事実会衆発表する必要ありますか。

20 犯さ広く知らいるか,必ず知られるようなる場合,会衆評判守るために,会衆発表するふさわしいことでしょう。会衆知っおく必要ある場合も,発表なさます。審理戒め受け霊的いやされゆく期間,けがから回復ゆく場合同じように,一時活動制限ます。悔い改め当人とって,しばらく間,集会注解述べるよりむしろ傾けるほう有益でしょう。長老たちは,その弱いところ強め再び『信仰健全に』なれるよう,当人聖書研究行なう取り決め設けるしれません。(テトス 2:2)そうことすべては,悪行罰するためなく,愛うちなさます。

21 悪行は,事例よっどのよう扱われる場合ありますか。

21 長老たち様々方法霊的助け差し伸べることできます。例えば,かつて飲酒問題抱え兄弟が,家一,二飲み過ぎましょう。あるいは,喫煙ずっやめが,弱くなっ時,ひそか一,二たばこ吸うしれません。当人祈って,神許しいただい信じも,そのよう常習ならないよう長老助け求めるべきでしょう。そのよう問題は,長老扱えるしれません。それでも,扱う長老(たち)はそのこと主宰監督知らせます。他要素関係いるしれないからです。

から懲らしめ受け入れゆきなさい

22,23 神から懲らしめ受け入れゆくべきなぜですか。

22 クリスチャン各自,神是認受けるために,エホバ懲らしめ注意払わなけれなりません。(テモテ一 5:20)ですから,聖書クリスチャン出版研究たり,エホバ集会大会助言聞いたり矯正受けなら,それ銘記ましょう。エホバご意志行なうこと関して,目覚ましましょう。そうすれば,神から懲らしめは,霊的堡塁―つまり,罪対する強固城壁よう防備―を固く保つ役立ちます。

23 から懲らしめ受け入れるなら,神うちとどまることできます。クリスチャン会衆から追放確かますが,そのようことは,あなたが『心守って』「賢い歩き方」をする限り,あなた生じないでしょう。(箴言 4:23。エフェソス 5:15)しかし,いま排斥いるなら,復帰向け行動起こしいかがですか。神は,ご自分献身すべて忠実に,「心喜び」をもっ崇拝すること望んおらます。(申命記 28:47)だれも,エホバ懲らしめ受け入れるなら,永久そうすることできるです。―詩編 100:2