内容へ

目次へ

 特集​記事

宗教は消滅する?

宗教は消滅する?

トルコ​で​生ま​れ​た​ガファル​は,自分​の​宗教​で​は​神​が​執念深い​方​だ​と​教え​られ​て​いる​こと​に​当惑​し​て​い​まし​た。妻​の​ヘディエ​は,まだ​9​歳​だっ​た​時​に,自分​の​宗教​に​疑問​を​抱く​よう​に​なり​まし​た。こう​述べ​て​い​ます。「運命​を​信じる​よう​に​と​言わ​れ​まし​た。わたし​は​孤児​な​の​で,『わたし​が​何​を​し​た​から​こう​なっ​た​と​言う​の?』と​思い​まし​た。一​晩​中​泣き明かす​こと​も​よく​あり​まし​た。15​歳​に​なる​ころ​に​は,心​の​中​で​は​自分​の​宗教​を​捨て​て​い​まし​た」。

あなた​も​宗教​に​失望​し​て​い​ます​か。それ​は,決して​あなた​だけ​で​は​あり​ませ​ん。多く​の​国​で,自分​は「信仰​心​が​薄い」と​言う​人​の​数​が​増え​て​い​ます。こう​し​た​傾向​は,宗教​組織​の​将来​が​おぼつか​ない​こと​を​示し​て​い​ます。以下​は,幾つ​か​の​国​の​状況​です。

 なぜ​宗教​離れ​が​進ん​で​いる​の​か

人々​は​宗教​組織​に​幻滅​する​よう​に​なっ​て​い​ます。その​理由​と​し​て​は,宗教​的​信念​に​基づく,あるいは​宗教​の​支持​を​受け​た​暴力​や​テロ,宗教​指導​者​に​よる​性的​な​スキャンダル​など​が​あり​ます。そして,それ​ほど​取りざた​され​ない​理由​で​も,宗教​離れ​に​いっそう​の​拍車​が​かかっ​て​い​ます。幾つ​か​取り上げ​て​み​ましょ​う。

  • 物質​的​な​繁栄: 「人​は​富め​ば​富む​ほど,自分​は​信仰​の​あつい​人間​だ,と​言わ​なく​なる」と,「宗教​と​無神​論​に​関する​国際​指標」と​いう​資料​は​述べ​て​い​ます。意味深い​観察​です。多く​の​国​で​は​物質​的​繁栄​が​急速​に​進ん​で​き​た​から​です。経済​学​教授​ジョン​・​V​・​C​・​ナイ​に​よる​と,場所​に​よっ​て​は,人々​が「200​年​ほど​前​なら​世界​一​の​王​で​さえ​ひどく​ねたん​だ​で​あろ​う​生活​水準」を​享受​し​て​いる​ところ​も​あり​ます。

    聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か: 聖書​は,「終わり​の​日」に​は,金銭​や​快楽​に​対する​愛​が​神​や​隣人​に​対する​愛​に​取って代わる​と​いう​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。(テモテ​第​二 3:1‐5)富​が​神​と​の​絆​を​弱め​か​ね​ない​こと​を​知っ​て​い​た​聖書​筆者​は,エホバ​神​に,「わたし​に​貧しさ​を​も​富​を​も​与え​ない​で​ください」と​願い​まし​た。どうして​そう​願っ​た​の​でしょ​う​か。「わたし​が​満ち足り​て​あなた​を​実際​に​否[む]こと​の​ない​ため​です」と​述べ​て​い​ます。―箴言 30:8,9

  • 宗教​上​の​伝統​と​道徳: 多く​の​人,特に​若者​は,宗教​など​自分​に​は​関係​ない,時代​後れ​だ,と​考え​て​い​ます。宗教​に​対する​信頼​を​失っ​た​人​も​い​ます。スコットランド​の​ヒューマニスト​協会​の​広報​担当​者​ティム​・​マグワイア​は​こう​言い​ます。「諸​教会​が​何​世紀​に​も​わたっ​て​行なっ​て​き​た​こと​を​見れ​ば,人々​が​諸​教会​に​背​を​向け​て​来​た​の​も​うなずける。それら​を​もはや​道徳​の​権威​と​みなし​て​い​ない​から​だ」。

    聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か: 偽​教師​に​関し​て,イエス​・​キリスト​は​こう​警告​し​まし​た。「あなた方​は,その​実​に​よっ​て​彼ら​を​見分ける​でしょ​う。……良い​木​は​みな​りっぱ​な​実​を​生み出し,腐っ​た​木​は​みな​無​価値​な​実​を​生み出す​の​です」。(マタイ 7:15‐18)「無​価値​な​実」に​は,政治​に​干渉​する​こと​や,神​を​不快​に​させる,同性​愛​の​よう​な​行ない​を​是認​する​こと​が​含ま​れ​ます。(ヨハネ 15:19。ローマ 1:25‐27)また,聖書​の​健全​な​教え​の​代わり​に,形​だけ​の​儀式​や​伝統​を​持ち込む​こと​も​含ま​れ​ます。(マタイ 15:3,9)「わたし​の​小さな​羊​たち​を​養い​なさい」と​イエス​は​述べ​まし​た。(ヨハネ 21:17)しかし​今日,多く​の​人​は​神​から​の​導き​を​得る​面​で​飢え​を​感じ​て​い​ます。

  •   宗教​と​お金: ピュー​・​リサーチ​・​センター​に​よる​と,多く​の​人​は,宗教​が​お金​に​重き​を​置き過ぎ​て​いる,と​感じ​て​い​ます。それ​に​加え​て,一部​の​宗教​の​幹部​たち​は,一般​の​信者​と​は​違い,贅沢​な​生活​を​送っ​て​い​ます。例えば,ドイツ​の​ある​都市​で​は,多く​の​教会​員​が​苦労​し​て​生計​を​立て​て​いる​の​に,司教​は​ひどく​贅沢​な​暮らし​を​し​て​いる,と​の​非難​の​声​が​上がっ​て​おり,そう​し​た​生活​の​仕方​に​地元​の​多く​の​カトリック​教徒​が​腹​を​立て​て​い​ます。また,ジェオ​誌(フランス​語)に​よる​と,「1億​人​の​人​が​毎日​1​ユーロ​未満​で​暮らし​て​いる」ナイジェリア​で​は,「一部​の​牧師​たち​の​きらびやか​な​生活​が​問題​に​なり​つつ​あり」ます。

    聖書​は​何​と​述べ​て​いる​か: 聖書​筆者​パウロ​は,「わたしたち​は……神​の​言葉[から]利得​を​得る​者​では​な[い]」と​書い​て​い​ます。(コリント​第​二 2:17,脚注)パウロ​は,初期​の​クリスチャン​の​会衆​で​著名​な​奉仕​者​で​あっ​た​に​も​かかわら​ず,しばしば​肉体​労働​に​携わり,他​の​人​に​経済​的​な​負担​を​負わ​せ​ない​よう​に​し​まし​た。(使徒 20:34)「あなた方​は​ただ​で​受け​た​の​です,ただ​で​与え​なさい」と​いう​イエス​の​命令​に​従っ​て​い​た​の​です。―マタイ 10:7,8

そう​し​た​教え​と​調和​し​て,エホバ​の​証人​は​聖書​に​基づく​出版​物​や​教育​活動​の​費用​を​取り​ませ​ん。集会​で,十分​の​一​税​や​寄付​を​集め​たり​も​し​ませ​ん。必要​な​資金​は,個人​に​よる​自発​的​な​寄付​に​よっ​て​賄わ​れ​て​い​ます。―マタイ 6:2,3

宗教​離れ​は​予告​さ​れ​て​い​た

ほんの​二,三十​年​前​で​あれ​ば,宗教​組織​の​苦しい​現状​など​想像​すら​でき​なかっ​た​こと​でしょ​う。しかし​神​は,こう​し​た​展開​を​見越し​て,その​こと​を​あらかじめ​聖書​の​中​で​明らか​に​し​て​おら​れ​まし​た。象徴​的​な​言葉​を​用い,ご自分​に​不​忠実​な​宗教​すべて​を,けばけばしい​装い​を​し​た「大いなる​バビロン」と​いう​名​の​娼婦​に​例え​まし​た。―啓示 17:1,5

娼婦​に​例える​の​は​ふさわしい​こと​です。偽り​の​宗教​は,神​に​忠実​で​ある​と​主張​し​ながら,権力​と​富​を​得る​ため​に​世界​の​支配​者​たち​と​関係​を​持っ​て​き​た​から​です。「地​の​王​たち」は「彼女​と​淫行​を​犯し」た,と​啓示 18​章​9​節​は​述べ​て​い​ます。「バビロン」と​いう​言葉​も​ふさわしい​と​言え​ます。魂​の​不滅,三位一体​の​神,心霊​術​や​占星​術​など,様々​な​偽り​の​教え​や​慣行​は,偽り​の​宗教​と​迷信​に​染まっ​た​都市,古代​バビロン​に​由来​する​から​です。 *イザヤ 47:1,8‐11

強大​な​バビロン​が​陥落​し​た​の​は,都市​を​守っ​て​い​た​水,つまり​ユーフラテス​川​を​利用​し​た​堀​が「干​上​が」った​時​で​し​た。メディア​人​と​ペルシャ​人​の​軍​は​そこ​を​渡っ​て​都市​を​征服​する​こと​が​でき​まし​た。(エレミヤ 50:1,2,38)実際,バビロン​は​一夜​の​うち​に​攻め落とさ​れ​た​の​です。―ダニエル 5:7,28,30

大いなる​バビロン​も「多く​の​水​の​上​に​座」っ​て​い​ます。聖書​に​よる​と,その​水​は「もろもろ​の​民​と​群衆」を​表わし​て​い​ます。偽り​の​宗教​を​支持​し​て​いる​膨大​な​数​の​人々​を​指し​て​いる​の​です。(啓示 17:1,15)聖書​は,この​象徴​的​な​水​が​干上がる​ こと​を​予告​し​て​い​まし​た。それ​は​現代​の​バビロン​に​突然​の​滅び​が​差し迫っ​て​いる​こと​の​前兆​です。(啓示 16:12; 18:8)と​は​いえ,だれ​が​滅ぼす​の​でしょ​う​か。これ​まで​関係​を​持っ​て​き​た​政治​支配​者​たち​です。大いなる​バビロン​に​対する​愛​が​憎しみ​に​変わる​の​です。彼ら​は​彼女​から​略奪​し,その“肉”を​むさぼり食う​こと​に​なっ​て​い​ます。―啓示 17:16,17 *

バビロン​の​堀​の​水​の​減少​は,多く​の​人々​が​大いなる​バビロン​から​出る​こと​の​象徴

「彼女​から​出​なさい」!

神​は,大いなる​バビロン​の​前途​に​何​が​控え​て​いる​か​を​知っ​て​いる​の​で,愛​の​気持ち​から​こう​警告​し​て​おら​れ​ます。「わたし​の​民​よ,彼女​の​罪​に​あずかる​こと​を​望ま​ず,彼女​の​災厄​を​共​に​受ける​こと​を​望ま​ない​なら,彼女​から​出​なさい」。(啓示 18:4)神​の​この​警告​は,前述​の​ガファル​や​ヘディエ​の​よう​に,有害​な​教え​に​困惑​し​て​いる​人​や​神​の​恵み​を​得​たい​と​思っ​て​いる​人​に​対する​もの​な​の​です。

ガファル​は,聖書​を​学ぶ前​は,神​の​こと​を,主​に​恐れ​の​気持ち​から​従う​べき​存在​と​みなし​て​い​まし​た。それで,「エホバ​は​愛​の​神​で​あり,人​が​主​に​愛​の​動機​から​ご自分​に​従う​こと​を​望ん​で​おら​れる,と​いう​こと​が​分かっ​て​ほっ​と​し​まし​た」と​述べ​て​い​ます。(ヨハネ​第​一 4:8; 5:3)ヘディエ​は,自分​が​孤児​な​の​は​神​の​せい​で​も​運命​の​せい​で​も​ない,と​いう​こと​を​知っ​て,心​の​安らぎ​を​得​まし​た。ヤコブ 1​章​13​節​など​の​聖句​に​も​慰め​られ​まし​た。そこ​に​は,神​が​悪い​事柄​で​人​に​試練​を​与える​こと​は​ない,と​述べ​られ​て​い​ます。ヘディエ​も​ガファル​も,聖書​の​真理​を​受け入れ,「バビロン」から​逃れ​まし​た。―ヨハネ 17:17

神​の​言葉​に​従っ​て​大いなる​バビロン​から​逃れ,「霊​と​真理​を​もっ​て​父​を​崇拝​する」人​たち​は,大いなる​バビロン​が​滅ぼさ​れる​時​に​害​を​被る​こと​が​あり​ませ​ん。(ヨハネ 4:23)その​人​たち​に​は,「水​が​海​を​覆っ​て​いる​よう​に,地[が]必ず​エホバ​に​つい​て​の​知識​で​満ちる」の​を​見る​と​いう​希望​が​ある​の​です。―イザヤ 11:9

偽り​の​宗教と​それ​が​生み出し​て​いる​醜い​実​は​終わり​を​迎え​ます。神​は「偽る​こと​の​でき​ない」方​だ​から​です。(テトス 1:2)一方,真​の​崇拝​は​永遠​に​わたっ​て​栄える​の​です!

^ 16節 大いなる​バビロンに​つい​て,また死者​の​状態オカルト神​の​本質に​関する​聖書​の​教え​に​つい​て,詳しく​は「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​を​ご覧​ください。ウェブサイト​www.jw.org​で​読む​こと​も​でき​ます。

^ 18節 「目ざめよ!」誌​の​この​号​の「聖書​の​見方 世​の​終わり」と​いう​記事​を​ご覧​ください。