アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2015年11月

 家族  ため に | 子育て

子どもの褒め方

子どもの褒め方

現実  問題

「子ども  いくら 褒め   褒めすぎる こと  ない」と 言う   いれ ば,「いつも 褒め  ばかり いる と,子ども  甘やかし  しまい,世界  自分  ため  ある  だから 褒め られ  当然,と 思わ せる こと  なる」と 言う    ます。

子ども  褒める   は,どれ ほど 褒める  だけ  なく,どの よう  褒める   考える 必要  あり ます。褒め方  よっ  は,子ども  励ます こと   なれ ば,その    なり ます。では,どの よう  褒めれ ば,最善  結果   られる でしょ  か。

知っ  おき たい こと

褒め言葉  どれ  同じ   あり ませ ん。以下    考え  ください。

褒め すぎ  子ども  ため  なら ない。  は,子ども  自尊   高め よう   て,褒める 理由  ない   褒め  ばかり いる    ます。しかし,デービッド  ウォルシュ 博士  こう 注意  促し   ます。子ども たち は「親  大げさ  言っ  いる   見抜く ぐらい お手   だ。そして,親  本気  そう 思っ  いる わけ   ない,と 考える。また,[そう   褒め言葉]が 自分  当てはまら ない こと  承知   おり,親  信用 でき ない,と 結論 する   しれ ない」。 *

能力  褒める ほう  よい。お子さん    才能  ある   ましょ う。あなた  その   褒め たく なる   当然 です し,お子さん  褒め られる と,その 才能  伸ばす ため  もっと 頑張ろ   思う こと でしょ う。しかし,マイナス   あり ます。才能  こと だけ  褒める なら,お子さん は,楽  できる こと だけ    いれ  よい  考える よう  なる 可能   あり ます。また,失敗 する   恐れ て,新しい 事柄  チャレンジ  なく なる   しれ ませ ん。「努力  要る こと なんて,わたし   向い   ない から,やら なく   いい」と 思う  です。

もっと よい   努力  褒める こと。才能 だけ  なく,勤勉   根気強さ  褒め られる 子ども は,大切  真理  気づく よう  なり ます。    習得 する   辛抱強さ  努力  必要 だ,と いう こと  気づく  です。その こと  知っ  いる「子ども は,望ましい 結果  得る ため  必要  こと  する。うまく いか ない  も,自分  だめ  人間    なく,これ  勉強  考える」と,「愛  信頼  うち  子ども  自立  せる」(英語)と いう   述べ   ます。

どう すれ  よい 

才能 だけ  なく,努力  褒める。お子さん に,「この   本当  よく 考え  一生 懸命  描い    ね」と 言う ほう が,「絵  才能  ある   ね」と 言う より  良い  言え ます。どちら  褒め   ます が,後者 は,才能  なけれ  うまく いか ない,と 言っ  いる よう  もの  から です。

子ども  努力  褒める なら,練習 すれ  能力  向上 する  教える こと  なり ます。そうすれば,お子さん  もっと 自信  持っ  新しい こと  チャレンジ する   しれ ませ ん。―聖書  原則: 箴言 14:23

失敗  対処 する よう 子ども  助ける。よく 努力   いる       失敗 する もの です。(箴言 24:16)しかし,その たび  立ち上がり,経験 から 学ん    進み ます。そう   積極   姿勢  培う よう 子ども  助ける   どう すれ  よい でしょ  か。

その 場合 も,努力  注目  ましょ う。こんな   考え    ください。あなた  お子さん に,「あなた   持っ  生ま   数学  才能  ある」と よく 言っ  いる   ましょ う。しかし,お子さん  数学  試験  落ち  しまい ます。そして,自分   もう 数学  才能  ない から,努力    無駄   結論 する   しれ ませ ん。

しかし,努力  注目 する なら,逆境  立ち向かう   育てる こと  でき,「失敗  失敗  すぎ ず,最悪  事態   ない」と 考える よう 助ける こと  なり ます。そうすれば,お子さん  あきらめる こと なく,別  やり方  試す か,少なく   さらに 努力  する こと でしょ う。―聖書  原則: ヤコブ 3:2

改善   指摘 する。否定   コメント も,適切  方法  述べる なら 子ども  ため  なり,やる気  くじく こと   なり ませ ん。また,日ごろ から ふさわしい 褒め方    いる なら,お子さん  どう すれ  さらに 進歩 できる   教え  ほしい  思う もの です。その よう    成果  上がる なら,親    満足    られる こと でしょ う。―聖書  原則: 箴言 13:4

^ 8節 「だめ: 何      言う 必要  ある ― その 理由  方法」(英語)と いう  から  引用。

もっと調べる

子どもをしっかり教える

懲らしめを与えることには,単に決まりを作ったり罰したりする以上のことが関係しています。