聖書  古代  記さ   書物 です が,そこ  収め られ  いる 数々  原則  いつ  時代   当てはまり ます。仕事  つい   聖書  教え は,記さ   時代  同じく 現代     立ち ます。

仕事  対する 正しい 考え方   どんな もの です 

こう 考える   いる

競争  激しい 労働 市場  生き残る  は,自分  仕事     より  優先  なけれ  なら ない。そう 考え て,仕事  精力  つぎ込む あまり 自分  家族  健康  顧み なく なっ     ます。

聖書    述べ  いる 

聖書 は,仕事  対する バランス  取れ  考え方  する よう 勧め  おり,勤勉    褒め,怠惰    戒め   ます。(箴言 6:6‐11; 13:4)同時 に,仕事 中毒  なる ほど 働く こと は,よし     ませ ん。くつろぐ 時間  程良く 取る よう 勧め   ます。伝道  書 4  6   は,「一握り  憩い は,二握り  骨折り    追う こと  勝る」と あり ます。ですから,自分  家族  健康  顧み なく なる ほど 仕事  のめり込ん   なり ませ ん。命  削っ  まで 働く こと     メリット  ない  です。

「人  とっ て,食べ,まさしく 飲み,自分  骨折り  よっ    良い もの   させる こと  勝る もの    ない」。伝道  書 2:24

 どんな 仕事  就く   重要  こと です 

こう 考える   いる

給料  良けれ  良い 仕事 だ。そう 考え,しかも   もうけ   持ちかけ られ て,不正  商行為  携わっ たり,さらに  違法  仕事  引き受け たり      ます。

また,  追う   好き  こと  する  いう 主義  従っ て,絶え  刺激  感じ られる 仕事 しか  ない    ます。もし   仕事  自分 の“天職”で  ない もの,あるいは“アドレナリン”が  ない もの なら,退屈  仕事  みなす  です。その ため,仕事  対し  消極   考え方  し,首  なら ない 程度  意欲 しか 示し ませ ん。良い 就職  機会  差し伸べ られ  も,そんな 体裁  悪い 仕事  でき ない  考え  断わる こと さえ あり ます。

聖書    述べ  いる 

聖書 は,不 正直  仕事    傷つける こと  なる よう  仕事       ます。(レビ 記 19:11,13。ローマ 13:10)良い 仕事    人々  ため  なり,それ  行なう  は「正しい 良心  保」て ます。―ペテロ  一 3:16

聖書  また,仕事  価値 ある 目的  達成 する ため  もの  ある,と 教え   ます。その 目的 は,主  自分  充足  せる こと   なく,生計  立て,家族  養う こと です。仕事  楽しむ   間違っ  こと   あり ませ  が,仕事  目的  成し遂げる ため  手段  あっ て,目的 そのもの   ない  です。

「父 は,とても 忙しい  です。家族  ため  働く だけ  なく,エホバ  証人  わたしたち 家族  交わる 会衆   責任  果たし   ます。でも,仕事  対する 正しい 見方  持っ   て,する 必要  ある   きちんと  ます が,わたし      ため   時間  割い  くれ ます。し なけれ  なら ない   たくさん あっ  も,すべて  バランス よく 行なっ   ます」。―アランナ。

確か に,インフレ  進ん  物価  高騰 する と,どう やっ  家計  やりくり  たら よい  思い煩う よう  なる こと  あり ます。しかし 聖書 は,節度  保つ べき こと  強調 し,「命  支える     覆う    あれ ば,わたしたち  それ  満足 する  です」と 述べ   ます。(テモテ  一 6:8)これ は,禁欲 主義   なる  いう こと   あり ませ ん。しかし わたしたち は,どれ ほど  経済  余裕  ある   つい  現実   なけれ  なら ず,どれ だけ    所有 する   つい  分別  働か  なけれ  なり ませ ん。―ルカ 12:15

どの よう  当てはめ たら よい 

自分  仕事  勤勉  行ない ましょ う。その 仕事  興味  持っ  ください。たとえ,つまら ない  か,自分   向い   ない  思える 仕事  も,上達 する よう 努力  ましょ う。勤勉  働け  達成   味わう こと  でき,技術  伸ばせ  実際  満足   深まる こと でしょ う。

それ  同時 に,バランス  保ち ましょ う。時折,休息  取っ て,くつろい  ください。その よう  ひととき は,一生 懸命  働い  あと  あれ  一層 心地よい もの  なり ます。また,働い  自分  必要    得る なら,自尊   持つ こと  でき,家族     たち  敬意  払っ  くれ ます。―テサロニケ  二 3:12

「思い煩っ て,『わたしたち    食べる  か』,『何  飲む  か』,『何    着ける  か』など  言っ   なり ませ ん。……あなた方     は,あなた方  これら  もの  すべて 必要    いる こと  知っ  おら れる  です」。マタイ 6:31,32