アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2015年4月

 聖書見方

動物

動物

動物は,ほとんどすべて生活に,多かれ少なかれ影響与えます。わたしたち人間は,動物どう扱う関し,責任あるでしょか。

人間動物どう扱うべきです

一般考え

思いどおり利用よい,と考えるいれば,人間同じよう扱うべきだ,と考えるます。

  • 動物権利関する,ある著名活動は,動物も「専ら資源商品扱われることない基本権利」があるはず論じ,「我々人間動物自分所有扱うことやめるべきある」と述べます。

  • 多くから極端みなさいるあります。億万長者レオナヘルムズリーいう女性が,飼い犬ため信託基金1200万㌦(約13億2000万円)を残し,その死んだら自分葬るよう遺言です。

どう思いますか: 動物どう扱われるべきでしょか。

聖書教え

創造エホバ人間に,「海飛ぶ生き物動くあらゆる生き物服従せよ」お告げなりました。(創世記 1:28)ですから,神見方よれ動物より人間ほう上位ある,と結論するかなっことです。

この結論は,いま引用聖句ある意味深い言葉からも,納得できます。聖書その言葉よれば,「神ご自分創造ゆき,神これ創造た。男性女性これ創造た」のです。―創世記 1:27

わたしたち人間は「神に」創造いるで,知恵,公正,愛いった,神特質示す特異存在です。また人間生来,道徳霊性発揮する能力あります。人間そのよう能力動物ありません。動物は,「神に」創造ないからです。人間より下位あり,人間同等扱い受けるよう造らないです。

しかしそれは,人間動物好きよう扱う権利ある,ということありません。

  • は,イスラエル授け律法規定設け,動物休息食物与えられ,苦しんいる助けられ,危害から保護れるようなさいました。―出エジプト記 23:4,5。申命記 22:10; 25:4

「六日あなた自分仕事する。しかしそれ行なわない。あなたろば休[む]ためある」。出エジプト記 23:12

 動物殺す間違っことです

一般考え

など獲るたちは,追いかけたり捕まえたりすることスリル感じ,娯楽殺すます。一方,ロシア小説で,動物殺し食べるは「全く背徳」である書いた,レフトルストイ意見賛同するたちいることでしょう。

聖書教え

人間に,人守るため,あるいは衣服作る目的動物殺すこと許しおらます。(出エジプト記 21:28。マルコ 1:6)聖書よれば,動物殺し食物すること認められます。創世記 93に,「生きいる動く生き物すべてあなた方ため食物い」とあるとおりです。イエス弟子たち食用獲る助けことあります。―ヨハネ 21:4‐13

いえ,聖書よれば,神は「暴虐愛する必ず憎」まれます。(詩編 11:5)ですから当然,人単に娯楽動物傷つけたり殺したりする,あるいは面白半分そうすることは,望んおらません。

聖書は,神動物貴重ものおられること示します。

  • 創造際「神は,地野獣その種類したがい,家畜その種類したがい,地面あらゆる動く生き物その種類したがって造っゆかた。そしてそれ良いご覧なった」書かます。―創世記 1:25

  • エホバ関して,「神に……食物与えおられる」と述べられます。(詩編 147:9)神動物適し生態造って,必要食物住みか十二分あるようされです。

  • イスラエルダビデ祈りで,「エホバよ,あなた救わます」と述べました。(詩編 36:6)エホバが,全地覆う洪水もたらし邪悪人々滅ぼすに,8人間あらゆる種類動物保護ことなどは,その一例です。―創世記 6:19

ですから明らかに,エホバ動物良いもの認め,人間動物適正扱うよう期待おらます。

「義なるその家畜気遣っいる」。箴言 12:10

もっと調べる

創造者は人間に楽園を与える

聖書は,人間がどのように創造されたことを示していますか。神は最初の人間夫婦にどんな命令を与えましたか。

神は地球についてどんな目的をお持ちですか

聖書は,神がなぜ地球を創造したか,苦しみはいつ終わるか,将来の地球とそこでの暮らしがどうなるかについて述べています。