内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2015年4月

 世界人々

ホンジュラスを訪ねる

ホンジュラスを訪ねる

ホンジュラスは,スペインで「深み」を意味ます。クリストファーコロンブスこの大西洋沿岸海域そう呼ん言わます。一説よると,それホンジュラス名前由来です。

ホンジュラス人々は,家族対する忠節協調重んじます。例えば,家計子ども教育など関する重要ことは,多く場合,夫婦2決めます。

ホンジュラスほとんどは,メスティソ,つまりヨーロッパ先住混血です。今残っいる先住グループは,チョルティなどます。また,ガリフナように,先祖土地からやっ人々ます。

堅木太鼓たたいいるガリフナ演奏

ガリフナは,セントビンセント住んカリブインディオアフリカ子孫で,1797ごろ,バイア諸島(イスラスバイア)にやっました。その後,中央アメリカ 本土カリブ沿岸定住し,そこからやがて中央アメリカ地域アメリカ広がっゆきました。

ガリフナ人々は,堅木作っ太鼓合わせ陽気ダンス踊ります。ガリフナ文化ほかも,鮮やか伝統衣装,語り,エレバ(キャッサバ原料する大きな薄いケーキ)など食べ物あります。

ホンジュラスは,エホバ証人会衆400あります。集会は,スペインほかに,英語,ガリフナ語,中国語(北京<ペキン>語),ホンジュラス手話,ミスキート開かます。

エレバ。キャッサバ原料する大きな薄いケーキ