内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2015年3月

 歴史  ひとこま

諸大陸を分けた回勅

諸大陸を分けた回勅

1493   クリストファー  コロンブス  アメリカ 大陸   最初  航海 から 帰還 する と,スペイン 国王  ポルトガル 国王 は,新た  発見    土地  おける 交易  入植  権利  めぐっ  対立 する よう  なり まし た。スペイン  教皇 アレクサンデル 6   働きかけ,論争  決着  つけ  もらお    まし た。

  教皇   大陸  切り分ける

スペイン  ポルトガル  歴代 教皇  かねて から,新た  発見 する 土地  所有   つい  検討    まし た。1455 年,教皇 ニコラウス 5   ポルトガル に,アフリカ  大西洋 沿岸  土地    探検 し,そこで 発見   すべて  もの  所有 する 独占   権利  与え まし た。1479   は,アルカソバス 条約  より,ポルトガル  アフォンソ 5   その 息子  ある ジョアン 王子 は,カナリア 諸島  領有   スペイン   フェルナンド  イサベル  渡し まし た。その 見返り  スペイン は,アフリカ   ポルトガル  独占  交易 と,アゾレス 諸島,カボベルデ 諸島,マデイラ 諸島  対する ポルトガル  領有   認め まし た。2  後,教皇 シクストゥス 4   この 条約   確認 し,カナリア 諸島 から 南側 また 東側  新た  発見  れる 土地 など  すべて ポルトガル  帰属 する   まし た。

しかし,ポルトガル  国王  なっ    ジョアン 2  は,コロンブス  よっ  発見    土地  ポルトガル  もの   主張  まし た。スペイン   たち  その 主張  認め ず,コロンブス  発見   地域  植民     キリスト   する 権利  求め て,新しい 教皇 アレクサンデル 6   訴え まし た。

教皇 アレクサンデル 6  は,ペン    引く だけ で,諸 大陸  分け 

それ    て,アレクサンデル  3   正式  回勅  出し まし  た。第 1  回勅 は,「全能    権威  より」,スペイン  新しい 領土  独占  かつ 恒久   所有   認める もの でし た。第 2  回勅 は,南北  走る 境界   カボベルデ 諸島  西  560   ところ  引く もの でし た。アレクサンデル は,その   西側  発見   た,あるいは 発見  れる 土地  すべて スペイン  もの  ある  定め まし た。教皇 は,ペン    引く だけ で,諸 大陸  分け   です。第 3  回勅 は,スペイン  影響     インド  まで 拡大 する もの だっ  よう です。ジョアン   当然,激怒  まし た。家臣 たち  アフリカ  先端  回る こと  成功   ばかり で,ポルトガル  独占  インド洋  まで 広げ つつ あっ  から です。

地図  新しい   引く

アレクサンデル  * うんざり   ジョアン は,直接 フェルナンド および イサベル  交渉  まし た。「スペイン   たち は,残忍  ポルトガル   恐れ  おり,新 世界  勢力   置く   余念  なかっ   で,合理   妥協   歓迎  た」と 著述   ウィリアム  バーンスタイン  述べ   ます。こう  て,1494  に,スペイン   トルデシリャス  条約  調印  れる こと  なり まし た。その     取っ  トルデシリャス 条約  呼ば    ます。

トルデシリャス 条約  は,アレクサンデル  引い  南北    西  1480  移動  せる こと  なり まし た。今や,アフリカ  アジア 全土  ポルトガル に,アメリカ 大陸  スペイン に“帰属”すると 思わ  まし た。しかし,線  西  移動   こと  より,当時 まだ 発見    おら ず,後  ブラジル    知ら れる よう  なっ  土地  大部分  ポルトガル   なり まし た。

これら  回勅 は,新た  発見   土地  領有  防衛 する 権限  スペイン  ポルトガル  与える もの  あり,多く  流血 行為  根拠  され まし た。そう   回勅  より,現地  住ん    人々  人権  踏みにじら れ,征服  搾取  行なわ  まし た。また,権力  公海  自由  めぐる  国家  紛争   世紀  続く こと  なり まし た。

^ 9節 この 腐敗   悪名 高い 教皇  つい  詳しく は,「ものみの塔」2003  6  15   26‐29 ページ の「教皇 アレクサンデル 6 世 ― ローマ  忘れ ない」と いう 記事  ご覧 ください。