内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2015年2月

 だれ   設計?

滑空する鳥の翼の先端にある上向きの羽根

滑空する鳥の翼の先端にある上向きの羽根

飛行   ジェット     先端   は,らせん   激しい 気流    発生  ます。この  気流  空気 抵抗  なり,燃費  悪く  ます。また,すぐ 後ろ  続く 飛行   巻き込む こと  あり ます。ですから,同じ 滑走  から 離陸  よう  する 後続  は,先行   十分  間隔  取り,この  気流  収まる   待つ 必要  あり ます。

航空   エンジニア は,この 問題  対処 する 方法  発見  まし た。その 対策  は,ウイングレット です。滑空 する タカ  ワシ  コウノトリ など    先端  ある 上向き  羽根 から ヒント    造ら   もの です。

考え    ください: そう   大型    飛ん  いる 時,その   先端  ある 羽根    ほぼ 垂直  曲がっ   ます。その よう  形状  よっ て,最小限  翼長  最大限  揚力  得る こと  でき ます。飛行 能力  向上  ます。エンジニア たち  航空     それ  同じ よう     まし た。革新   風洞 実験  より,翼  先端  適切  角度  曲げ  空気  流れ  合わせる なら,現在  ところ 航空   性能  10  まで,あるいは それ 以上 向上 する こと  分かり まし た。それ  ウイングレット   気流  小さく する こと  よっ  空気 抵抗  最小限  する から です。また ウイングレット     推力  生み出し,「航空   通常 発生 する 空気 抵抗  一部  相殺 する」,と「航空 百科 事典」(英語)は 述べ   ます。

この よう に,ウイングレット  おかげ で,航空   より 遠く まで 飛べ て,より 重い もの  運べる よう  なり まし た。また   短く できる  で,駐機    都合 です。燃料  節約 できる よう  なり まし た。例えば 2010   は,航空 会社 は「世界  ジェット   燃料  20億 ガロン[76億 ㍑]節約 でき」,航空  排ガス  大幅  削減  貢献  た,と NASA  ニュースリリース  述べ   ます

どう 思わ  ます か: 滑空 する     先端  ある 上向き  羽根 は,進化  よる もの でしょ  か。それ   だれ   設計    でしょ  か。