内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2014年11月

 聖書  見方

清さ

清さ

  わたしたち    清潔  保つ こと  重視   おら  ます 

「肉    あらゆる 汚れ から 自分  清め」なさい。―コリント  二 7:1

聖書    述べ  いる 

人間  創造     は,人  愛し,わたしたち  健康  保っ  長生き し,充実   生活  送っ  ほしい  思っ  おら  ます。「あなた    わたし  おきて  守り行なう よう に。そうすれば,長い 日々      平和  あなた  加え られる から  ある」と 述べ  おら れる とおり です。(箴言 3:1,2)人間  対する    は,古代 イスラエル  与え  おきて  反映    おり,それら  おきて   保健  衛生  関する 明確  指示  含ま    まし た。(申命記 23:12‐14)イスラエル  は,それら 道理  かなっ  規準  従っ  とき,良い 健康 状態  保つ こと  でき まし た。その よう  高度  法典  有し   なかっ た,エジプト など,他   国民  悩まし    様々  疾患  かから   済ん   です。―申命記 7:12,15

今日  も,喫煙,アルコール  薬物  乱用 など,「あらゆる 汚れ から 自分  清め」る  は,身体   精神   病気  かかっ たり 早死に  たり する 危険   低く なり ます。また,わたしたち  大抵,人々  かかわり  持っ  生活   いる  で,清潔   関する   規準  従う なら,周り    気遣い  示し  いる こと   なり ます。―マルコ 12:30,31

   道徳  清さ  霊的 清さ    かけ  おら  ます 

「淫行,汚れ,性的 欲情,有害  欲望,また 強欲 つまり 偶像 礼拝  関し て,……あなた方  肢体  死ん  もの   なさい。こう   事柄  ゆえに   憤り  臨も     いる  です」。―コロサイ 3:5,6

聖書    述べ  いる 

前述  とおり,聖書 は,「肉    あらゆる 汚れ から 自分  清め」る よう 勧め   ます。イエス  キリスト  時代,ユダヤ   宗教 指導  たち  はじめ 多く   は,身体  清さ  保つ こと  躍起  なっ   まし  が,道徳  また 霊的  規準  無視    まし た。(マルコ 7:1‐5)イエス は,物事  正しい 視点 から 見る よう 勧め,『外 から 入っ  行く もの  何一     その   汚す こと  でき ませ ん。それ は,腸    入っ  行き,それ から 下水    行く から です』と 言い まし た。そして,さらに こう 述べ   ます。「人 から   来る もの    汚す  です。内側 から,つまり    から,害  なる 推論    来る  です。すなわち,淫行  盗み  殺人  姦淫  貪り  邪悪  行為  欺まん  みだら  行ない  ねたむ 目……理不尽  です。これら 邪悪  事柄  みな……人  汚し ます」。―マルコ 7:18‐23

イエス  よれ ば,体  衛生  関する 極端  見方  持ち ながら    道徳  また 霊的  規準  無視 する  は,外側  きれい   内側  汚い コップ  よう です。―マタイ 23:25,26

聖書  規準  道理  かなっ   ます 

「その おきて  守り行なう こと,これ  すなわち      から です。それでも,その おきて  重荷   あり ませ ん」。―ヨハネ  一 5:3

聖書    述べ  いる 

ミカ 6  8   は,「エホバ  あなた  求め  おら れる  は,ただ 公正  行ない,親切  愛し,慎み  もっ  あなた      歩む こと   ない か」と 記さ    ます。とても 道理  かなっ  要求   ない でしょ  か。それ に,創造   ある   わたしたち に,愛  動機  従っ  ほしい  思っ  おら  ます。わたしたち  そう する とき,深い 喜び  味わい ます。(詩編 40:8)たとえ 過ち  犯し     も,神 から 憐れみ  示し  いただけ ます。「父  自分     憐れむ よう に,エホバ  ご自分  恐れる  たち  憐れん  くださっ た。神 ご自身  わたしたち  造り  よく ご存じ  あり,わたしたち  塵[つまり,もろく   完全  存在]で ある こと  覚え  おら れる から だ」と 書か   いる とおり です。―詩編 103:13,14

まとめる  こう なり ます。神  人間  対し  善良 で,人間  愛する から こそ,わたしたち  身体 的,道徳 的,霊的 清さ  規準  設け  おら  ます。一方,わたしたち  賢く 歩み,神  愛する から こそ,進ん  その 規準  従う  です。

もっと調べる

「ものみの塔」

神は喫煙をどう見ておられるか

聖書には,たばこに関して何も述べられていません。では,どのようにして神の見方を知ることができるでしょうか。

「ものみの塔」

聖書は人の生き方を変える ― 2012年10月

二人の人が,アルコールや薬物の乱用という非行をやめて,本当に幸福になりました。どんないきさつがあったのでしょうか。