アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年11月

古代ローマの水道 ― 土木工学の偉業

古代  土木 工学  よる 偉業    も,ローマ  水道 は,特に 際立っ   ます。古代 ローマ  総督  水道 管理   あっ  セクストゥス  ユリウス  フロンティヌス(西暦 35 年‐103  ごろ)は,こう 書き まし た。「水  非常  多く  場所  供給 する   必要 不可欠 な,これ ほど 広範囲  わたる 構造  を,その   ある なら,無駄  ピラミッド や,有名 ながら  無用  ギリシャ  芸術 作品  比べ  みよ」。 *

水道  必要 だっ    なぜか

古代  都市  大抵,水  豊富   られる 場所  近く  建設   まし た。ローマ  例外   あり ませ ん。ごく 初期  は,ティベル 川(現在  テベレ 川)や 近く    井戸 から 十分       まし た。しかし,西暦  4 世紀 以降,ローマ  急速  発展 し,水  需要  増大  まし た。

ローマ 市民  うち 水道   自宅 まで 引ける   ごく 少数 だっ   で,私設  公設  浴場  幾百  造ら  まし た。ローマ 市内  初めて 造ら   公衆 浴場 は,完成     西暦  19  で,水  ウェルギネ 水道 から 引い   まし た。その 水道  建設  で,カエサル  アウグスツス  親交  あっ  マルクス  アグリッパ は,ローマ  給水 システム  整備  拡張  ため  巨額  私財  投じ まし た。

浴場  社交     なり,庭園  図書   併設   かなり  規模  もの さえ あり まし た。水道   流れ  止める こと  でき ず,浴場 から あふれ出    下水    流れ,浴場  共同 便所  排水  含め,絶え  汚水  汚物  流し去り まし た。

建設  維持 管理

“ローマ 水道”と 聞く と,下部  アーチ   延々  続く 高架   連想 する   しれ ませ ん。しかし 実際  は,高架   水道 全体  20   すぎ ず,導水   大部分  地下  あり まし た。その よう  経費  抑え  造り     で,浸食   なかっ  だけ  なく,畑地  居住   及ぼす  影響  最小限  済み まし た。例えば,西暦  140   完成   マルキア 水道 は,全長 92  です が,高架   なっ  いる 箇所  合計  11  しか あり ませ  でし た。

技師 たち は,水道  建設 する  に,水源  なり そう    水質  評価  まし た。水  透明   流量    調べ,また,その   飲ん  いる 地元 住民  健康 状態   注目    です。いったん そこ  水源    承認  れる と,測量  たち  導水   適正  経路  傾斜   決め,水路  大きさ  長さ  算定  まし た。労働   なっ    奴隷 たち  あっ   思わ  ます。水道  完成 する まで  は,特に 高架   必要  場合 は,長い 年月  多額  費用  かかり まし た。

加え て,維持 管理  防護 する こと  必要 でし た。その ため に,ローマ    時期 700      雇っ    ほど です。水道 は,維持 管理 する こと  見越し  造り  なっ   まし た。例えば,地下  水道   地上  マンホール から 立て坑  降り  ゆける よう  なっ  おり,大きな 修理  必要    は,技師 たち  破損 箇所 から   一時   ほか  流す こと  でき まし た。

ローマ  都市   水道

西暦 3 世紀 初期,ローマ    11  主要  水道  敷設     まし た。最初  造ら    は,西暦  312   アッピア 水道 で,全長  16  余り しか なく,その ほとんど  地下 水道 でし た。現代 まで 一部  残っ  いる クラウディア 水道 は,全長   69  あり まし た。その うち  10  ほど  高架  で,ある 箇所  高さ  27   あり まし た。

ローマ   水道  どれ ほど    供給    でしょ  か。それ  膨大   でし た。前述  マルキア 水道 は,日 ごと   19万 立方㍍    ローマ   流れ込ま  まし た。水 は,重力  よっ  都市   到達 する と,今度  幾つ   配水 水槽  入り,そこ から 枝分かれ  て,さらに   配水 水槽 へ,あるいは   使う 場所   流れ  行き まし た。ある 推定  よれ ば,ローマ  配水 システム  拡大 し,ついに  住民 1  当たり 1  1,000  以上    供給 できる まで  なり まし た。

「ローマ 帝国  水道  給水」(英語)と いう   よる と,帝国  拡大  伴っ て「ローマ  行く 先々  水道  敷設  進ん  行き」まし た。今日  も,小 アジア や,フランス,スペイン,北 アフリカ  旅行 する 人々 は,古代  それら 土木 工学  偉業  見つめ て,驚嘆  ます。

^ 2節 導水   建設  行なっ   は,ローマ  最初  いう わけ   あり ませ ん。それ 以前 に,古代    国々,例えば アッシリア,エジプト,インド,ペルシャ など  行なわ    まし た。