内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2014年9月

 だれ   設計?

バッタの脳にある動作検知ニューロン

バッタの脳にある動作検知ニューロン

バッタ は,「1 平方㌔ 当たり 8,000万 匹」と いう 密集   群れ  成し  飛ぶ こと  あり ます。それでも,互い  ぶつかり ませ ん。どうして でしょ  か。

考え    ください: バッタ  2   複眼 それぞれ  裏側  は,LGMD(小   運動 検出 器官)と 呼ば れる 動作 検知 ニューロン  あり ます。ぶつかり そう  なる と,それら  ニューロン から     信号  送ら れ,バッタ  敏速  行動  起こす よう 促さ  ます。実際,その 反応 速度 は,人間  まばたき  速さ  5   相当  ます。

科学  は,バッタ      ニューロン から ヒント   て,ある コンピューター 制御 システム  開発    まし た。移動 ロボット  複雑  レーダー  赤外線 探知   備え   なく  も,近づい  くる 物体  検知   避け られる よう  する システム です。研究  たち は,この 技術  乗り物  応用  て,衝突 事故  減らす ため  正確 な警報が 瞬時  発せ られる よう     ます。英国  リンカーン 大学  ユエ  シーガン 教授 は,「バッタ  よう  単純  昆虫 から 学べる こと  沢山 ある」と 述べ   ます。

どう 思わ  ます か: バッタ  動作 検知 ニューロン は,進化  所産 でしょ  か。それとも,だれ   設計    でしょ  か。