内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年8月

「鳥をよく観察しなさい」

「鳥をよく観察しなさい」

  どこ    生息   おり,とても 観察  やすい 動物 です。しかも,その   色,鳴き声  しぐさ  習性  多種 多様   で,余暇  バードウォッチング  すれ ば,楽しく  報い  多い ひととき  過ごせ ます。

メンガタハタオリ

もしか  たら 台所   から,鳥  毎日  行動  観察 できる   しれ ませ ん。クロウタドリ        ついばん   たり,タイランチョウ  昆虫  捕まえ   たり,ハト  求愛   いたり,ツバメ  せっせ  巣作り  励ん   たり,ヒワ  おなか  すか   ひな たち    運ん だり   いる こと でしょ う。

ホロホロチョウ

印象      ます。空中  パトロール   いる  の,ワシ  ハヤブサ  タカ など です。また,ある      て,笑っ  しまう   あり ます。スズメ  小さな 食べ物  めぐっ  小競り合い     たり,雄  ハト    膨らませ   関心  様子      引こ     いたり,灰色  薄い ピンク   モモイロインコ  群れ  わめき声  上げ ながら 電線  止まっ   て,揺れる  バランス  崩し,逆さま  ぶら下がる もの   たり  ます。また,上空  渡っ  行く コウノトリ  ツル あるいは ガン  一群    する と,感動 する こと でしょ う。その よう  渡り は,実際,幾千      から 観察     まし た。それ  見る  は,長 距離  非常  正確  飛行 する   能力  畏敬    覚える もの です。事実,鳥  創造    ご自身,「天  こうのとり さえ ― その 定め られ    よく 知っ  いる。やまばと,あまつばめ,ブルブル ― それら  各々 自分  やっ  来る   よく 守る」と 述べ られ まし た。―エレミヤ 8:7

聖書 時代  野鳥

聖書  は,鳥  言及   いる 箇所  たくさん あり,多く  場合 そこ  は,貴重  教訓  含ま    ます。例えば,ダチョウ  その 信じ られ ない よう    速さ  関し て,神  ヨブ  いう 男性 に,「これ  高い   羽ばたく 時,馬  その 乗り手  あざ笑う」と 述べ まし た。 *ヨブ 39:13,18)さらに,「はやぶさ  舞い上がる  は,あなた  理解   よる  か。……あるいは,鷲  高く 飛び上がる  は,あなた  命令  よる  か」と 問いかけ まし た。(ヨブ 39:26,27)教訓 は,鳥  その 離れ業  人間  助け など 借り   やってのける   あり,そう   能力  人間  知恵   なく   知恵  証明 する もの  ある,と いう こと です。

ソロモン     一部 に,春  訪れ  告げる「やまばと  声」と いう 表現  使い まし た。(ソロモン  歌 2:12)詩編 作者    は,自分    神殿  仕える   待ち焦がれ  いる こと  述べ     で,ツバメ  言及  まし た。うらやましい  いう 気持ち  こめ て,こう 書い   ます。「鳥  さえ   見つけ,つばめ  自分  ため    見つけ,そこ  ひな  置き まし た ― あなた  大いなる 祭壇[の 近く に],ああ,万軍  エホバ,……わたし   よ」。―詩編 84:1‐3

「あなた方      これ  養っ  おら  ます。あなた方  それら より 価値  ある もの   あり ませ  か」。―マタイ 6:26

  こと  述べ  言葉     特に 麗しい  は,イエス  キリスト  言葉 です。マタイ 6  26   は,こう 記さ    ます。「天    よく 観察  なさい。種  まい たり,刈り取っ たり,倉  集め入れ たり   ませ ん。それでも,あなた方      これ  養っ  おら  ます。あなた方  それら より 価値  ある もの   あり ませ  か」。イエス  従う  たち は,心  打つ その 例え  思い起こせ ば,自分    とっ  貴重  存在  あり,生き  ゆく   必要    心配  なく   よい,と いう こと  確信 でき ます。―マタイ 6:31‐33

今日,バードウォッチング は,人気  ある レクリエーション  一つ です。確か に,良い 気晴らし  なり ます。わたしたち は,鳥  しぐさ,美しさ,求愛 行動,鳴き声 など  感銘  受ける から です。それ だけ  なく,観察  ながら よく 考える  は,人生  関する 貴重  教訓  得る こと  でき ます。どうぞ「鳥  よく 観察」し  ください。

^ 6節 ダチョウ は,現存 する   一番 大きな   あり,走る 速度  一番 速く,短 距離  あれ  時速  72    なり ます。

もっと調べる

「ものみの塔」

天の鳥から学ぶ

鳥類は神の手による創造の業を示しているだけではなく,何が本当に重要なことかをよく考えるよう促してくれます。