アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年7月

 特集記事 | 苦難遭っなら―どうたらよい

苦難に遭ったなら

苦難に遭ったなら

だれいつか何らか苦難経験するものです。恵ま境遇ある例外ありません。

聖書こう述べいる

「速い競走を,あるいはある戦い自分ものするわけない。また賢い食物得るも,理解ある得るなく,知識あるたち恵み得るない。なぜなら,時予見ない出来事彼らすべて臨むからある」。―伝道書 9:11

ですから,問題は,逆境直面するどうなく,直面どうするいうことです。例えば,次よう逆境置かたら,どう反応ますか。

  • 自然災害見舞わ家財すべて失っ場合。

  • 脅かす病気かかっいる,と診断場合。

  • 家族亡くし場合。

本誌発行あるエホバ証人は,あなたとっ聖書が,苦難乗り越えるためだけなく,確か希望抱くうえ助けなる,と確信ます。(ローマ 15:4)どのよう助けなるか,3体験つい考えましょう。