アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年7月

 特集記事 | 苦難遭っなら―どうたらよい

重い病気になった場合

重い病気になった場合

アルゼンチン女性マベルは,活動生活送り,理学療法働いました。ところ2007に,極度疲労覚え,毎日ひどい頭痛するようなりました。「あちこち病院行っもらい,いろいろ治療試みましが,良くなりませでした」と述べます。そして,最後受けMRI検査腫瘍見つかりました。「わたしは,がく然し,自分こんな潜んなんて信じられませでした。

「それでも,自分病状どれほど重い実際理解ませでした。手術受け初めて分かっです。集中治療覚め時,体動かすことできず,ただ天井見つめることしかできませでした。手術受ける以前は,活動自立に,突然,何できなくなっです。集中治療毎日,何分からず,医療機器救急アラーム患者うめき声聞こえ,自分痛み苦しみ吸い込んいるよう思えました。

「今は,幾らか回復て,介助なし歩くことでき,時々独り外出することできるまでなっます。でも,物見えますし,まだ筋肉うまく動かすことできません」。

どうたらよい

いつも前向き考えるようましょう。聖書箴言 1722は,「喜び満ち治療良く効き,打ちひしが枯らす」とあります。マベル思い起こしこう述べます。「わたし回復過程あっ時,かつて担当患者たち同じ試練直面ました。リハビリとても苦痛で,あきらめたくなること度々ありました。それで,『努力続ければ,やがて回復する』と自分言い聞かせて,そのよう消極気持ち強いて振り払わなけれなりませでした」。

耐え忍ぶため希望持ちましょう。マベルこう言います。「聖書から,なぜ苦難生じる知っました。また,1経過するごと苦痛永久なくなる1近づいいること分かっました」。 *

自分個人気遣っくださっいる,ということ認識するようましょう。(ペテロ一 5:7)マベルは,それ助けなっことこう述べます。「手術連れ行かれる時,イザヤ 4110述べおられる,『恐れならない。わたしあなたいるからある』という言葉真実実感ました。自分生じいる事柄エホバかけくださっいる思うと,本当平安気持ちなりました」。

ご存じでしか。聖書は,健康問題だれ悩まされることない来る,と教えます。―イザヤ 33:24; 35:5,6

もっと調べる

慢性的な病気に悩まされている場合 ― 聖書は役立ちますか

慢性的な病気に悩まされている場合に役立つ3つの点を考えてみましょう。