アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年7月

 特集記事 | 苦難遭っなら―どうたらよい

家財を失った場合

家財を失った場合

2011311日,金曜日,日本マグニチュード9.0地震起きました。死者1万5,000上回り,被害総額20兆超えました。慶いう32男性は,津波警報聞いて,高台避難ました。こう述べます。「翌朝,自分住んアパート残っない確認行っましが,何流さました。残っ建物土台だけでした。

「しばらくたっようやく,身回りすべてを,つまり自分作り上げ環境そっくり失った,ということ把握できるようなりました。自動車,仕事ためコンピューター周辺機器,友人たちもてなす使っテーブル椅子ソファー,電子ピアノや,ギター,ウクレレ,フルート,また水彩,油彩,パステルなど画材,および絵画作品など,すべて失っです」。

どうたらよい

失っなくあるもの向けるよう努力ましょう。聖書は,「満ちあふれるほど豊かあっも,人その所有いるから生じない」と述べられます。(ルカ 12:15)慶は,当時こと思い起こして,こう言っます。「最初頃,欲しいリスト作りましが,そうするは,失っ思い出すことしかなりませでした。それで,当面必要だけ書き出すことました。そして,必要われるごとリスト更新ました。このリストは,生活再建する役立ちました」。

自分ことばかり考えるなく,自分経験生かし慰めるようましょう。慶こう述べます。「公的救援個人支援より,多くもらいましが,もらっばかりいると,それ当然考えしまい,自尊保ちにくく感じました。それで,聖書使徒 2035ある『受けるより与えるほう幸福ある』という言葉留意ました。物質与えることできるもの限らで,他被災たち励みなること話すようました。そのよう寛大示すことは,わたしとっなりました」。

状況対処するため実際知恵求め祈りましょう。慶は,聖書の,「神は,すべてもの奪わたち祈り必ず顧みくださ(る)」という保証言葉信じました。(詩編 102:17)あなた同じようするよいでしょう。

ご存じでしか。聖書予告よれば,自然災害見舞わ家財失ういっ心配する必要ないます。 *イザヤ 65:21‐23

^ 9節 地球対する目的ついは,エホバ証人発行「聖書実際教えますか」という3ご覧ください。

もっと調べる

自然災害は神からの罰ですか

聖書に記されている神の裁きの3つの特徴について考えてみましょう。

災害はもはやない!

自然災害がなくなるとは思えないでしょう。しかし聖書は,今の状況が間もなく変化すると言える根拠を示しています。