アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年7月

 特集記事 | 苦難遭っなら―どうたらよい

家族を亡くした場合

家族を亡くした場合

ブラジルロナルドは,自動事故遭って,両親含む家族5亡くしました。「わたし病院2か月たっようやく,あの事故ほかみんな死亡こと知らさました」と述べます。

「初めうち,みんななくなっ信じられませでした。全員死亡など考えられなかっからです。でも,本当分かると,ショックでした。そのよう苦痛感じことそれまで一度なく,『家族ないなら,もう生き仕方ない』と思いました。何か月毎日泣きました。運転ほか任せ自分責めました。自分運転いれみんな生きしれない,と考えです。

「16たって,通常生活できるようなっますが,あの惨事みんな亡くし大きな開き,今むなしさ感じます」。

どうたらよい

悲しみ押し殺しなりません。聖書も,「泣くあ(る)」と述べます。(伝道書 3:1,4)ロナルドこう言います。「泣きたくなったら,いつ泣きます。涙こらえることとにかく良くありません。泣いあとなります」。もちろん,だれ同じよう嘆き悲しむわけありません。ですから,悲しみ出さないも,押し殺しいる限らず,また流すべき思う必要ありません。

自分孤立ないようましょう。(箴言 18:1)ロナルドこう言っます。「人付き合い避けようする傾向屈しないよう努力ました。だれ訪ねくれは,歓迎ます。そして,自分気持ち親しい友人打ち明けるようました」。

だれからこと言わも,穏やか保ちましょう。例えば,「ただ受け入れるしかない」など言われるしれません。ロナルドは,「わたし慰めるつもり言葉傷つくことありました」と言います。そう言葉くよくよ考えるなく,「人々話すしれないすべて言葉向けならない」という聖書賢明アドバイス従いましょう。―伝道書 7:21

死者状態つい真実知ることです。ロナルドこう述べます。「聖書伝道書 95よれば,死者苦しんません。それ知っいるで,不安気持ちなら済んます。聖書は,復活あること,つまり死者生き返ること教えます。ですから,亡くなっ家族ことを,長旅いるよう考えます」。―使徒 24:15

ご存じでしか。聖書は,神が「死永久呑み込(んで)」くださる来ること約束ます。 *イザヤ 25:8

もっと調べる

悪いことなどしていないのに ― なぜ?

聖書は,人間が苦難に遭う根本的な3つの原因を明らかにしています。

なぜこんな苦しみに遭うのですか

聖書ははっきりと,人が苦しむのは神のせいではないと述べています。では,罪もない人がなぜ苦しみに遭うのでしょうか。