アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年3月

 だれ設計?

ヘビの皮膚

ヘビの皮膚

ヘビ手足ないで,動くためは,頻繁摩擦耐える丈夫皮膚必要です。ごつごつ登るヘビいれば,ざらざら潜り込むヘビます。ヘビ皮膚それほど耐久あるなぜでしょか。

考えください: ヘビ皮膚は,種類よっ厚さ構造異なります。しかし,どのヘビ皮膚1共通あります。表面硬く,外から次第軟らかくなっいることです。それどんな利点あるでしょか。「外側硬く内部向かうほど柔軟なっいるは,外部から衝撃内部より広い範囲分散できる」と,研究マリークリスティンクライン述べます。ヘビは,皮膚そのよう独特構造なっいるで,体地面十分牽引摩擦生じ動ける同時に,とがっから受ける一様分散れるため,皮膚あまり損なわないすみます。耐久肝要です。なぜなら,ヘビ普通,二,三か月一度しか脱皮ないからです。

ヘビ皮膚特性備えあれば,医学分野で,例えば,滑らない,耐久優れ人工移植開発する役立つしれません。また,ヘビ皮膚構造コンベヤー装置造れば,汚染もたらす潤滑使うこと少なくすむでしょう。

どう思わますか: ヘビ皮膚は,進化よるものでしょか。それとも,だれ設計でしょか。