アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年3月

 世界人々

エルサルバドルを訪ねる

エルサルバドルを訪ねる

ほぼ500前,スペイン現在エルサルバドルやっ時,その地域部族自分たち領地クスカトラン呼んました。「宝石土地」という意味です。今日,エルサルバドル人々大半は,先住ヨーロッパから入植混血子孫です。

エルサルバドル人々は,勤勉親しみ深いこと知らます。また,思いやり深く礼儀正しいたちあります。会話する売り買いする丁寧に,「ブエノス ディアス」(おはようございます)とか「ブエナス タルデス」(こんにちは)とあいさつます。実際,農村小さなたちは,通りがかりそ知らぬあいさつない無礼こと考えます。

コーヒー栽培エルサルバドル歴史多大影響及ぼし

エルサルバドル特に好まいる食べ物は,ププサです。これは,トウモロコシ(または米)の作っトルティーヤに,チーズ豆,また豚肉その他詰め込んものです。ププサ多く場合,トマトソースと,クルティド ― キャベツにんじん玉ねぎ香辛入り酢漬け ― を添え出さます。ププサ食べるナイフフォーク使うますが,手ちぎるながら食べ方です。

ププサは,エルサルバドル好まいる食べ物

スチトトあるロステルシオス

 知っましエルサルバドルは,火山呼ばます。20余り火山あり,その幾つなお火山です。ロステルシオスは,火山活動でき六角形から成る高い流れ落ちます。

エルサルバドルエホバ証人3万8,000以上おり,約700会衆組織ます。聖書スペイン語,英語,およびエルサルバドル手話4万3,000ほど人々教えます。