アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年3月

 聖書見方

お金

お金

お金諸悪根源です

「金銭対するあらゆる有害事柄ある」。―テモテ一 6:10

こう考えるいる

お金諸悪根源ある。

聖書こう述べいる

「有害事柄」の原因なるは,金銭そのものなく,「金銭対する」です。聖書で,裕福だっソロモンは,お金愛するしばしば経験する有害こと3つ,指摘ました。一つは,心配することです。「富ん豊富これ眠り許さない」と述べいるとおりです。(伝道書 5:12)もう一つは,満足できないことです。「ただ愛する満ち足りることなく,富愛する収入満ち足りることない」とあります。(伝道書 5:10)さらに,違法行為走ることです。「富よう急いいる潔白保てない」のです。―箴言 28:20

 お金どんなこと役立ちます

「金(は)身守りある」。―伝道書 7:12

こう考えるいる

お金あれば,安心でき,幸福なる。

聖書こう述べいる

幸福安全お金買える,という神話通念は,「富欺き力」の一部です。(マルコ 4:19)といえ,「金すべてこと反応生じさせる」とあるとおり,あらゆる必要応じます。(伝道書 10:19)例えば,食物医薬など,暮らし必要もの買うことできます。―テサロニケ二 3:12

お金また,自分家族世話する助けなります。実際,聖書は,「自分属する人々,こと自分必要備えないいるなら,その信仰否認いることな(る)」と述べられます。―テモテ一 5:8

どうすれお金ふさわしく用いることできます

「まず座っ費用計算し」なさい。―ルカ 14:28

聖書こう述べいる

お金用い方是認れるものあるようましょう。(ルカ 16:9)責任もっ正直使うよいことです。(ヘブライ 13:18)分相応生活重荷背負い込んしまわないよう,「生活態度(を)金銭対するないものし」ましょう。―ヘブライ 13:5

聖書は,借金とがめませが,「借りる貸すなる」と警告ます。(箴言 22:7)衝動買いないようましょう。「性急みな必ず窮乏向かう」からです。(箴言 21:5)性急買うなく,「都合つくところ応じて,幾らかし」,自分とっ重要事柄ため蓄えおきましょう。―コリント一 16:2

聖書は,「いつも与えなさい」と勧めます。(ルカ 6:38)神喜ばせたい思うなら,物惜しみ与えなけれなりません。「神快く与える愛される」からです。(コリント二 9:7)ですから,「善行なうこと,そして,他分かち合うこと忘れなりません。神そのよう犠牲大いに喜ばれるです」。―ヘブライ 13:16