内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2014年2月

 聖書見方

心霊術

心霊術

死者交信ようするは,間違っことです

「あなた霊媒寄せいけない。……それらよっ汚れることないためある」。―レビ記 19:31

一般考え

だれしも,身内亡くし場合,亡くなっ苦しんないこと願い,そのこと確認安心たい思うものです。それで,「故人連絡取れるよう,霊媒霊能頼もう。そうすれば,何分かって,少し安らぐだろう」と言うしれません。

聖書教え

死者交信ようすることは,古代おい一般慣習でした。その是非関し聖書あいまいところありません。例えば,イスラエル国民対するエホバ律法は,「あなたに,……霊媒相談する者,……死者問い尋ねるなどいけない。すべてこう行なうエホバとっ忌むべきものあ(る)」と述べられました。(申命記 18:10‐12)聖書また,どんな形態ものあれ心霊行なうが「神王国受け継ぐことありません」と述べられます。―ガラテア 5:19‐21

 死者は,生きいる影響及ぼせます

「生きいる自分死ぬこと知っいる。しかし,死ん意識な(い)」。―伝道書 9:5

一般考え

死者何らか生き続けいる,と言う少なくありません。そう考えて,死者交信ようます。情報得るためか,生きいる平安かき乱さないくれるよう死者なだめるため,と思わます。

聖書教え

「生きいる自分死ぬこと知っいる。しかし,死ん意識な(い)。……その[生き抱いた]愛憎しみねたみ既に滅びうせ(た)」。(伝道書 9:5,6)そうです,死んまさに文字どおり死んいる,と聖書教えいるです。死者は,考えること行動することできず,神崇拝することさえできません。「死者は[神を]賛美ない。また,沈黙下っ行くだれひとりそうない」と詩編 11517述べられます。

霊媒細か正確述べることあるありませ

「生きいるたちため死者問い合わせることあっよいだろか」。―イザヤ 8:19

一般考え

霊媒は,死者その遺族友人しか知らないようこと明らかする能力ある,と言うます。

聖書教え

サムエル一 28は,サウルいう忠実が,霊媒相談ならないいうおきてどのよう背いか,記さます。なんとサウルは,ある霊媒もとに,つまり亡くなっサムエルいう預言交信できそう女性もとに,伺い立て行きました。しかし,その女性実際サムエル言葉交わしありません。実偽者,死んサムエル成り済まし交信です。

その偽者は,邪悪でした。「偽り父」サタン使いです。(ヨハネ 8:44)邪悪霊,つまり悪霊が,死者生きいるいう考え広めるは,神中傷するため,また書き記さみ言葉 聖書けなすためです。―テモテ二 3:16

いえ,死ん希望ない,ということありません。聖書は,墓いわば「眠って」いる死者将来復活すること約束ます。 *ヨハネ 11:11‐13。使徒 24:15)その待ち望むわたしたちは,亡くなっ愛する苦しんないで,安心いらます。

^ 16節 「聖書実際教えますか」という7主題は,「亡くなっ愛するつい確か希望」となっます。

もっと調べる

聖書の質問に答える

悪魔は人間を操れますか

悪魔はどのように人々に影響を及ぼしますか。どうすれば悪魔のわなを避けられるでしょうか。