アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年2月

 歴史ひとこま

コンスタンティヌス

コンスタンティヌス

コンスタンティヌスは,歴代ローマ皇帝初めてキリスト奉じです。同皇帝そうすることより,世界非常大きな影響与えました。それまで迫害キリスト受け入れて,キリスト世界形成れる開いです。こうて,いわゆるキリストは,歴史動向影響及ぼす「社会また政治最強勢力」となった,と「ブリタニカ百科事典」(英語)は述べます。

なぜ古代ローマ皇帝こと留めるべきでしょか。キリスト関心あるなら,政治宗教関するコンスタンティヌス決定が,今この時代至るまで多く教会信条慣行影響及ぼしこと知る必要あります。そのつい調べましょう。

教会 ― 公認利用

西暦313年,コンスタンティヌス西ローマ帝国支配おり,東ローマ帝国リキニウスマクシミヌス支配ありました。コンスタンティヌスリキニウスは,キリスト教徒含め,すべて崇拝自由与えました。コンスタンティヌスは,自分帝国キリストよっ統一できる考え,その宗教保護ました。 *

そのため,コンスタンティヌスは,諸教会論争よっ分裂いることに,がく然ました。それで,何合意至らせるために,“正しい”教理確立受け入れさせようました。司教たち皇帝好意勝ち取る宗教関し妥協ざるず,妥協たち免除寛大支援受けました。歴史チャールズフリーマンは,「キリスト教理の“正しい”解釈受け入れるは,天国行けるだけなく,地上莫大資産入れることできた」と述べます。聖職たちそのよう て,俗界有力なりました。歴史AHMジョーンズよれば,「教会保護置かが,同時支配置かた」のです。

「教会保護置かが,同時支配置かた」。―歴史家,AHMジョーンズ

どんなキリスト

コンスタンティヌス司教たち組ん結果,キリスト異教融合宗教出来上がりました。それ以外ものなりませでした。皇帝目指しものが,宗教真理探求なく,宗教多元共存だっからです。コンスタンティヌスそもそも,異教帝国支配でした。どちら宗教陣営喜ばせるために,「自分行動行政一般おい故意あいまいな」立場取った,とある歴史書います。

コンスタンティヌスは,キリスト支持する唱えましが,異教かかわっました。聖書されいる,占星占い行なっことなどその一例です。(申命記 18:10‐12)また,ローマあるコンスタンティヌス凱旋は,同皇帝異教神々犠牲ささげいる様子描かます。さらに,太陽あがめ続けて,種々硬貨その象徴鋳込ませ,太陽祭儀奨励ました。晩年は,イタリアウンブリアある小さなに,自分自分家族ため神殿建てられ,そこで祭司たち仕えるよう任じられる許すことさえました。

コンスタンティヌスは,“クリスチャンなるための”バプテスマ先延ばしし,西暦337亡くなる少し受けました。同皇帝ずっ受けなかっは,帝国キリスト勢力異教勢力から政治支持保つためあった,と多く考えます。確かに,その生涯関する記録バプテスマ遅かっ事実から,キリスト対する信仰誠実ものあっどう疑わしい,と言わざるません。といえ,コンスタンティヌス公認教会が,政治また宗教強力組織,キリスト向け受け入れ組織なっこと確かです。しかしイエスは,弟子たち関して,「わたしものない同じように,彼らものない」と言っです。(ヨハネ 17:14)今やものなっその教会から,無数宗派生じました。

こうことすべてから,どんな教訓学び取れるでしょか。どの教会教えも,うのみするなく,聖書照らし吟味べきある,という教訓です。―ヨハネ一 4:1

^ 6節 コンスタンティヌスキリストどれほど誠実信じついは,大いに議論ました。なぜなら一つて,ある文献よれば,同皇帝が「その治世晩年なっ異教祭儀許容よう思われる」からです。

もっと調べる

真の崇拝の側に立つ

自分の信じていることを他の人に伝える時,どんなことが難しいかもしれませんか。相手の気分を害さずに説明するには,どうしたらよいでしょうか。