内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2014年1月

 インタビュー | 楊 鳳玲

微生物学者が自分の信仰について語る

微生物学者が自分の信仰について語る

楊 鳳玲は,台湾台北<タイペイ>にある中央研究主任です。その研究成果幾つ科学雑誌載せられます。楊 副主任は,かつて進化信じましが,考え直しました。本誌ご本人に,研究分野信仰つい伺いました。

生い立ちつい教えください。

両親とても貧しく,母読み書き学んことありません。わたしたちは,台北近郊よく洪水起きる地域住んて,豚飼育たり野菜栽培たりました。両親は,一生懸命働くこと価値や,他助けること教えくれました。

ご家族信心深いほうでしか。

家族道教信奉し,天それ犠牲ささげましが,そのつい知りませでした。わたしよく,『人苦しむなぜだろう。利己なぜだろか』と考えました。それで,道教仏教,また東洋西洋歴史つい様々読みました。幾つ教会行っことあります。でも,疑問答え見いだせませでした。

科学勉強なぜですか。

数学好きでしし,物構造物理また化学法則のっとっものあること興味引かました。広大宇宙から極小分子まで,どんな構造あります。みな法則基づい造りなっいるです。わたしは,それら法則理解たい思いました。

進化事実信じなぜですか。

反論なる事柄教えられなかっからです。中学から大学までずっと,聞い説明言えば,進化だけでした。それに,生命科学研究いるだから進化受け入れる当然,と思わからです。

生命科学研究から進化受け入れる当然,と思わまし

どうして聖書読むようなっですか。

大学院研究始めるため,1996ドイツ生活するようなりました。翌年,シモーヌいう女性知り合いました。シモーヌ エホバ証人で,わたし抱い疑問対する聖書答え示しくれました。わたしは,聖書人生目的説明いるいう,シモーヌ言葉興味そそらました。それで,毎朝4起きて,1時間ほど聖書読んあと,散歩ながら黙想ました。そうに,全巻読み終えました。わたしは,聖書預言正確感銘受け,次第に,聖書から書物だ,という確信抱くようなりました。

生命起源ついどう考えおらましか。

1990年代に,そうこと真剣考え始め頃,分子生物たちは,生物化学性質それまで考えられよりはるか複雑ものあること気づき始めました。もちろん,昔から,存在する化学精巧造り様々分子も,生き細胞タンパク質以上高度ものない,ということ知らました。しかしは,タンパク質集合が,可動部分備え優美機械なるよう,いかに組織いる分かりかけます。もしかたら,分子機械150余りタンパク質できいるしれません。そして,最も単純細胞も,幾つ異なっ機械一式必要です。例えば,動力発生せる機械,情報複製する機械,細胞通過制御する機械などです。

どんな結論至りましか。

わたしは,『これらタンパク質機械どうしてこんなうまくできいるだろう』と自問ました。その頃,細胞意外複雑知っわたし同じよう自問科学たちました。米国ある生化学教授は,生き細胞分子機械あまりに複雑作為生じることなどあり得ない,と論じる出版ました。わたし同感で,生命創造違いない,思いました。

わたしは,『これらタンパク質機械どうしてこんなうまくできいるだろう』と自問まし

エホバ証人なっなぜですか。

わたしは,シモーヌ健康問題抱えかかわらず,聖書教えるため毎週56道のり通っくれること感銘受けました。また,ドイツナチ政権時代エホバ証人政治中立ゆえに強制収容入れられこと知り,その勇気感動ました。神対するそのようて,わたし証人たちようなりたい思いました。

存在信じご自身変わりましか。

同僚たちは,今わたし以前より幸福そうだ,と言います。わたし貧しい家庭育っ劣等抱いで,自分出身ことだれませでした。でも聖書から,神社会地位など関心抱いおらない,ということ学びました。イエス多分わたし同じぐらい貧しい家庭育っです。今わたしは,両親世話おり,喜ん友人たち紹介ます。