内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」  |  2014年1月

 聖書見方

創造

創造

地球を,特殊創造言うように,24時間1するわずか6創造まし

「初め創造た」。―創世記 1:1

聖書述べいる

地球含む宇宙を,遠いに ― 創世記 11よれば「初めに」― 創造ました。宇宙初めあっことは,現代科学意見一致ます。最近ある科学理論は,その初めは,ほぼ140億ことあろう,とされます。

聖書また,創造6“日”間つい述べます。といえ,それぞれ124時間あった,と述べません。(創世記 1:31)事実,聖書は「日」というが,様々長さ時間期間指し用いられます。例えば,創造期間ことが,「エホバ造ら」と呼ばます。(創世記 2:4)ですから,創造1「日」は何千及ぶものあった,と思わます。―詩編 90:4

それ重要なぜか

特殊創造間違っ考え受け入れると,聖書全面否定しまうことなりかねません。一方,創造関する信頼おける記述現に聖書収められいるあれば,その「実際知恵」の宝庫から得ることできます。―箴言 3:21

 地上生物創造する進化過程用いまし

「神言わた,『地生きその種類に……したがって出すように』」。―創世記 1:24

聖書述べいる

は,単純形態生物造って,より複雑形態もの進化ありません。最初から複雑植物動物基本なる「種類」のもの創造し,それぞれが「種類したがって」繁殖するようされです。(創世記 1:11,21,24)そう繁殖過程今日続いおり,その結果,地球に,神当初創造同じ「種類」の生物満ちます。―詩編 89:11

聖書は,一つ一つ種類どれほど多く変種生じ得るつい述べません。変種は,動物種類繁殖するうち環境適応生じることあります。あるたちそのよう適応進化形態みなしますが,適応することよっ新しい種類ものなるわけありません。最新研究よっも,植物動物基本分類区分は,遠いからほとんど変化ない,ということ裏づけられます。

それ重要なぜか

生物基本な「種類」に関する聖書記述科学正確あるいうことは,歴史預言など分野記述十分信用できるいうことです。

宇宙材料どこからまし

「わたし張り伸ばし(た)」。―イザヤ 45:12

聖書述べいる

は,無限すなわちエネルギーです。(ヨブ 37:23)これ意味深いことです。なぜなら,科学たち知るとおり,エネルギー物質変換すること可能からです。聖書は,宇宙生み出した「満ちあふれる活動力」はご自身からた,と述べられます。(イザヤ 40:26)神は,創造維持するためご自分用いる,と約束おらます。聖書に,太陽関して,「神それ永久に……立たおられる」とあるです。―詩編 148:3‐6

それ重要なぜか

天文アランサンデージは,かつてこう言いました。「科学は,数々深遠疑問答えることできない。物質が,ない理由なく,ある理由なると,それもう科学答えられない」。聖書は,創造つい科学調和説明いるだけなく,科学答えられない質問答えます。神どんな目的地球人類創造か,といっ質問その一つです。 *

^ 16節 詳しくは,エホバ証人発行「聖書実際教えますか」という3ご覧ください。

もっと調べる

神からの良い知らせ

神は地球についてどんな目的をお持ちですか

聖書は,神がなぜ地球を創造したか,苦しみはいつ終わるか,将来の地球とそこでの暮らしがどうなるかについて述べています。

神からの良い知らせ

神はどんな方ですか

神には名前がありますか。人間のことを気遣っておられますか。