アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2014年1月

 だれ設計?

オオヒメグモ ― 粘着力の秘密

オオヒメグモ ― 粘着力の秘密

オオヒメグモ(Parasteatoda tepidariorum)は付着ある張りますが,その壁面からはがないほど強く,また床面からすぐはがれるほど弱く,歩い獲物捕らえるばね仕掛けわななります。このクモ付着を,単一粘液どのよう強いもの弱いものとおりするでしょか。

上部付着

考えください: このクモは,上部付着呼べる,付着強い広がり作ることより,その天井など表面つなぎ留めます。米国オハイオアクロン大学研究たちは,もう一方下部付着言える,下方張り付けられ広がりが,全く異なる構造なっいること発見ました。下部付着は,上部付着より接点少なく,獲物歩いそこ入るすぐはがれ,網引き上げられる仕組みなっいるです。

下部付着

アクロン大学研究発表よれば,自然この驚異気づい研究たちは,「オオヒメグモ使っいるこのインテリジェントデザインよる粘液模倣合成接着開発向けて,すでに動き出して」います。科学たちは,ばんそうこう骨折治療使える接着作り出せる考えます。

どう思わますか: 同一粘液付着弱く強くすることできるこのクモ能力は,進化所産でしょか。それだれ設計でしょか。