アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2013年11月

 聖書  見方

結婚

結婚

結婚       結びつき  すぎ ませ  

「神  くびき  結ば   もの を,人  離し   なり ませ ん」。―マタイ 19:6

聖書  見方

結婚 は,神   から  て,単に      約定   あり ませ ん。男女  神聖  結びつき   です。聖書  は,こう 述べ られ   ます。「創造  初め から,『神  これ  男性  女性  造ら  た。このゆえに,男  自分      離れ,二   一体  なる』と ある  です。……それゆえ,  くびき  結ば   もの を,人  離し   なり ませ ん」。 *マルコ 10:6‐9。創世記 2:24

「神  くびき  結ば  た」と いう 表現 は,神     結び合わせ   いう 意味   あり ませ ん。聖書 は,結婚  いう 取り決め  創始   ある   注意  向ける こと  より,この 結びつき  重大   強調   いる  です。結婚  その よう  見る 夫婦 は,結婚  神聖  もの,永続 する     受け止める  で,結婚 生活  幸せ  もの   よう   決意  強まり ます。さらに,夫    それぞれ  役割  果たす ため 聖書  導き  求める なら,幸せ  結婚 生活  送る 見込み  一層 大きく なり ます。

   役割   です 

「夫    頭……です」。―エフェソス 5:23

聖書  見方

家族  うまく 機能 する  は,様々  物事  関し  だれ   最終   決定  下さ なけれ  なり ませ ん。聖書  よれ ば,その 責任    与え られ   ます。と  いえ,夫  暴君  なっ   よい  いう こと   あり ませ ん。か  いっ て,夫     責任  転嫁    よい  いう こと   あり ませ ん。そう する なら,妻 から 敬わ  なく なる ばかり か,妻   必要  重荷  負わ   しまう こと  なり ます。それ   は,夫    顧みる ため  一生 懸命  働く こと,また   最も 親しい 信頼 できる      誉れ  配する こと  期待   おら  ます。(テモテ  一 5:8。ペテロ  一 3:7エフェソス 5  28   は,「夫  自分    よう    愛す べき です」と 述べ られ   ます。

   から 愛する  は,妻  能力  才能  高く 評価 し,妻  見方  真剣  考慮  ます。家族  影響  及ぶ よう  物事  関し   特に そう  ます。家族    から  いっ て,自分  やり方  固執    なり ませ ん。エホバ  は,敬虔   アブラハム  家族  問題  関する  から  健全  アドバイス  受け入れ なかっ  時,「その   聴き入れ よ」と おっしゃい まし た。(創世記 21:9‐12)アブラハム  謙遜  その 指示  従っ   で,家族  平和  一致  保ち,神  祝福  受け まし た。

  役割   です 

「妻 たち よ,自分    服し なさい」。―ペテロ  一 3:1

聖書  見方

 は,最初  人間  ため    創造 する 少し  に,「人  独り  まま  いる   良く ない。わたし    ため に,彼  補う もの  なる 助け手  造ろ う」と 言わ  まし た。(創世記 2:18)補う もの  は,完成  せる ため,もしくは 完全  する ため  もの  こと です。神  女性  男性  同じ よう   も,張り合う よう    なく,対  なる よう  創造     は,その ため です。それ  人間 男女 は,子ども  もうけ,自分 たち  子孫    満たす  いう,神 から 与え られ  使命  協力  合っ  果たす こと  でき ます。―創世記 1:28

 は,女性  その 役割  果たせる よう,女性  身体   精神   感情   理想   特性  付与   まし た。妻 は,それら  特性  賢明  愛情 深く 用いる とき,結婚 生活  幸せ に,また   満足   安心  に,大いに 寄与 する こと  なり ます。神   から  て,その よう  立派  女性  称賛  値し ます。 *箴言 31:28,31

^ 5節 聖書  は,配偶   不倫  行なっ  場合,離婚    よい  され   ます。―マタイ 19:9

^ 14節 「目ざめよ!」誌 の「家族  ため に」と いう シリーズ 記事  は,結婚 生活  家族 生活  関する 有益  提案  数多く 載せ られ   ます。