アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2013年9月

 歴史  ひとこま

鄭和

鄭和

「我々  広大  海原  十万   *余り 航行 し,空 高く そびえる 山々  よう  大波   た。……我々  船団  はるか かなた  未開   目指し,昼   も,帆    よう  高々  広げ   の(よう  速さ で)航路  進み続け,公道  踏み行く   ごとく,荒れ狂う 波間  航行  た」。―中国  福建  長楽   ある 15 世紀  碑文。鄭和  よる もの  され  いる。

中国 は,スケール  大きな  です。人口  世界  一番 多く,国土  極めて 広大 です。史  最も  規模  建造   ある 万里  長城  あり ます。明朝  永楽帝  宣徳帝  造ら   大型  から 成る 船団 は,その   5 世紀   組ま     どんな 船団 より   規模  もの でし た。その 船団   指揮   務め   は,鄭和  いう 中国 南西  出身  イスラム 教徒 でし た。

権力,交易,貢ぎ物

この 記事  冒頭  一部 引用   碑文  よれ ば,鄭和  任務 は,「変革  もたらす(帝国 の)徳    宣揚 し,遠方    親切  処遇 する こと」でし た。その 航海  結果,「水平線  向こう  ある 国々    果て  ある 国々  みな[中国 の]属国  なり,……海  向こう  野蛮  が……貴重  物品  寄進   携え て[宮中  の]拝謁  来る よう  なっ た」と 述べ られ   ます。

鄭和  船団  寄港   幾つ   

明朝  皇帝 たち  そう   航海  行なわ   目的  つい  は,いろいろ    あり ます。例えば,鄭和  強国   いえ 平和     文化 親善 大使  見る   いれ ば,鄭和  任務  国々   対する 政治  侵略  見る    ます。鄭和 が,迎え入れ  くれる 支配    豪華  贈り物  政治  支援  差し伸べ    対し,明朝  皇帝  服従  しるし  なる もの  貢ぎ物  贈っ たり  ない 支配   は,力  圧倒   捕虜  ならせ  から です。鄭和   航海  結果,インド洋 沿岸  国々  支配  たち は,中国  使節  送っ  皇帝  敬意  表し まし た。

目的  どう  あっ   せよ,鄭和  船団 は,明  職人 たち  遠い      交易  ため  作っ た,無類  漆器,磁器,絹 など  運ぶ こと   まし た。そして,中国   好む,宝石,象牙,香辛 料,熱帯 木材 など  贅沢   運ん  戻り まし た。キリン   中国  持ち込ん   で,かなり  騒ぎ  生じ   言わ    ます。物品  思想  その よう  やり取り  よっ て,15 世紀    国々  中国  豊か  文明  触れ まし た。

そう   目覚まし  航海 は,長く  続き ませ  でし た。鄭和  航海 から ほんの 数十   に,中国  外国   貿易  交渉    向け まし た。新しい 皇帝  儒教 信奉   顧問  たち が,国境    世界    向ける 必要  感じ ず,外界 から  影響  受け ない よう  自国  封鎖  よう     です。宝船 船団  過去  もの    葬り去り,その  航海  関する 記録 だけ  なく  そのもの  さえ 破壊   よう です。その ため,鄭和   船団    帆走   華やか  時代  つい  中国 内外  知ら れる よう  なっ   は,近年  なっ  から  こと です。

^ 3節 は,中国  距離  単位 です。その 長さ  時代  よっ  異なり ます。鄭和  時代  1    500   あっ た,と 考え られ   ます。