アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

「目ざめよ!」 2013年8月

 だれ   設計?

ワタリアホウドリの省エネ飛行

ワタリアホウドリの省エネ飛行

 高く 飛翔 する  は,最小限    空中  とどまる こと  でき ます。その  で,ワタリアホウドリ  際立っ   ます。この  は,翼長   3.4   体重  8.5   です が,エネルギー  ほとんど 使わ   何千 キロ  飛ぶ こと  できる  です。その 秘密 は,この   生体 構造  飛翔    あり ます。

考え    ください: アホウドリ は,飛ん  いる 間,特殊    使っ    いっぱい  広げ  状態  固定 し,筋肉  休ま せる こと  でき ます。この    時間  飛び 続け られる  は,海洋   乗る から   あり ます。

海上  飛ぶ   アホウドリ は,絶え    描い  上昇  たり 旋回  たり 下降  たり  ます。その よう   て,空気 抵抗  よっ  失わ   推進   補う  です。どの よう    そう する    科学  たち  探り当て   は,ごく 最近  こと です。高 感度  追跡 装置  特別  コンピューター  ソフト  用い  発見   ところ  よる と,アホウドリ  上昇   最も 高い   風上 から 風下  回転 し,必要  エネルギー     まし た。「エネルギー  引き出す その 方法」は「スムーズ かつ 継続 的」で ある,と 科学  たち  述べ   ます。この   その よう   て,翼     羽ばたか    時間  続け  飛ぶ こと  できる  です。

こう   情報 は,技師 たち  とっ て,燃料 効率  良い 航空 機,さらに  エンジン  なく   推進   ある もの  設計 する   役立つ   しれ ませ ん。

どう 思わ  ます か: アホウドリ  省エネ 飛行 は,また その 特殊  生体 構造 は,進化  よる もの でしょ  か。それとも,だれ   設計    でしょ  か。