内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

 だれ   設計?

クモヒトデの骨格にある“目”

クモヒトデの骨格にある“目”

浅瀬  いる クモヒトデ は,硬い 骨格  覆わ    ます。その 骨格   驚く べき 機能  あり ます。それ    守れる だけ  なく,無数  小さな レンズ  つい   て,複眼  よう  働き  する  です。

骨格  ある 透明  突起   品質  マイクロレンズ  よう  働き  する

考え    ください: ナチュラル  ヒストリー 誌(英語)に よれ ば,科学  たち  クモヒトデ  骨格  表面  調べ  ところ,「人間     より  細い 透明  突起  密集   並ん  いる」の  分かり まし た。それら  突起  炭酸 カルシウム(方解 石)で でき   て,まるで  品質  マイクロレンズ  よう に,骨格  すぐ   ある 神経    集め ます。その 神経    感知 する  思わ  ます。さらに レンズ は,像  結ぶ   ちょうど よい   なっ   ます。

化学   ジョアナ  アイゼンバーグ  よる と,二つ  機能  持つ クモヒトデ  骨格 は「ある 重要  原則  実証」し   ます。「生体 組織  構成 要素  大抵,複数  機能  果たせる よう 最適  造り  なっ  いる」と いう 原則 です。

研究  たち  クモヒトデ  生体 組織  参考  し,炭酸 カルシウム   マイクロレンズ 配列   コスト  簡単  作る 方法  考案  まし た。その 配列   多く  用途  考え られ ます。例えば  ファイバー  通し  信号  伝達  せ,電気 通信  利用 でき ます。

どう 思わ  ます か: クモヒトデ  骨格  ある“目”は,進化  よっ  生じ   でしょ  か。それとも,だれ   設計    でしょ  か。